副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

カネになるスキル

船原徹雄
2015/04/30 7:00:26

自分の力でお金を稼ぐということは、
何らかのスキルを持つ必要があります。

もちろん、
会社を経営し、
誰かにすべてを託してお金を稼いでいる人もいます。

ワードもエクセルも使えないのに、
年間で何十億という売上を
全部、人に任せて上げる人もいます。

そういう人も、決して何もできないわけではなく
きちんと管理スキルや経営スキル、
そして人を選ぶスキルがあるのです。

人間、何らかのスキルを持っていて、
それを使ってお金を稼いでいるのです。
(もちろん、お金以外もスキルによって生み出されます)

では、
どんなスキルがお金になるのでしょうか?

例えばなんですが、
「英語」
が扱えるスキル。

これがお金になるのか?

現状、英語が使えるというスキルは
非常にお金になります。

実はその前に、
我々には世界の殆どの人がもっていない
「完璧な日本語を使える」
という特殊スキルをもっているので、
この特殊スキルと英語を使えるという平凡スキルが組み合わさると
ものすごくカネになるのです。

もちろん、
「英語を話せるだけではお金は稼げないよ」
という人もいます。

それも一理あるんですが、
正直、現状では英語が話せるというだけで、
話せない人をぶっちぎっていい仕事につくことが可能です。

シンガポールでも香港でもロンドンでもニューヨークでも、
ベトナムでもタイでもインドネシアでも
英語が話せる日本人を欲しがる企業はたくさんあります。

完璧な日本語と普通の英語という組み合わせは
意外とカネになるんですね。

ということで、
とりあえずお給料を増やしたかったら
英語を普通に使いこなせるようになることが重要です。

さて、
そんな普通の話は置いておいて、
一見、重要そうに見えないけれど、
身に付けるだけでものすごくお金が稼げてしまうスキルって何でしょう?

実は・・・

文章を書く能力です。

もちろん、
単に文章を書くだけなら
小学1年生の夏休みの宿題の読書感想文で大体マスターできるのですが、
そういう文章ではありません。

なんらかの目的を持って、
誰かを動かせる文章を書く力です。

これは事実をありのままに報道する新聞記事とは違います。
何らかの商品や物体を紹介する雑誌記事とも違います。

人を動かす、文章力です。

この「動かす」にはいろんな動作が含まれます。

例えば、笑わせる。
人を笑わせる文章が書ける人は、
それだけでかなり稼ぐことが可能です。

超典型的な例で言いますと、
お笑いのテレビは、
大体が放送作家さんの筋書き通りに進んでいます。

また、普通におもしろい文章をかければ、
その文章のファンができますから、
SNSでも、
メルマガでもブログでも、
ファンをあつめて、
そこで何らかのビジネスをすることが可能です。

例えば、怒らせる。

怒らせるというと、非常にネガティブな感じもしますが、
人を文章で怒らせるというのはとても難しいです。

最も簡便に怒らせる方法としては、
愛国心や民族愛などを利用します。

まったくニュートラルな話題でも、
それが愛国心をくすぶるように仕向ければ、
多くの人が反応して怒ります。

そして、簡単に思っている方向に動かすことができます。
(ヒトラーもそういう感じでした)

しかし、やはり、
一番、お金になるのは
「売る」文章力です。

何らかの商品を買って欲しい価格で買ってもらう、
その行動をとってもらう文章を書く力ですね。

コピーライティングとか言ったりしますが、
あれは非常に表面的な話です。

どのように人を動かせば、
気持よくお金を払ってくれるのかがわかって、
そのための文章を書くことができれば、
いくらでもお金を稼ぐことが出来るのです。

では、そういう力はどうやったら身につくのでしょうか?

これが結構、難しい課題です。
船原もよくわかりません。

ものすごく文章がうまい人がいれば、
それを真似るというのも1つです。

ただ、やはり真似は真似なので、
自分の言葉になるには時間がかかります。

とにかく文章を書きまくるというのも1つです。
船原も5年位毎日文章を書いているので、
ある程度、人を動かす文章をかけるようになりました。

「型」を学ぶというのも1つです。
人を動かす文章のテンプレートは存在するので、
それを学んで、応用します。

船原もその型を使うことは多々ありますが、
多分、気付かれてないと思います。

というくらい、
自然なテンプレートはあります。

動かす文章を書くことができれば、
あとはそれがどのくらいの人に立直できるかを考えましょう。

どれだけ人を動かす文章をかけたとしても、
1人にしか届かないのであれば、
稼げる量もたかが知れています。

100人、1000人、それ以上に届くようになれば、
かなりの金額を稼ぐ事ができるでしょう。

今はインターネットがあるので、
多くの人に自分の文章を読んでもらうことは
簡単になっています。

せっかく、こんなチャンスがある時代に生きているわけですから、
ぜひ人を動かす文章力を身につけてください。

ほんと、ものすごい利益があなたのものにやってくるのです。

・・・
と言っても、
やる人は少ないんですよねぇ。

ということで、
やっぱり書ける人が利益を寡占するという、
そういう世の中です。

追伸

そろそろゴールデンウィーク。
物販の売り上げは・・・基本下がります。

なので、こういう暇になる時期は
いろいろと見直しをかけていく絶好の機会ですね。

暇な時に何をするかで、
次の発射角度が変わります。

ぜひゴールデンウィークは
日頃忙しくてできなかったことをやってみてくださいね。

メールにて通知をうけとる