副業物販で稼ぐ方法
【無料レポート】副業物販ノウハウ
メニュー
【無料レポート】副業物販ノウハウ

ネットショップの開店について

船原徹雄
2019/02/26 16:10:31

売りたいものが決まったら次は売る場所を決めましょう

売りたい商品が決まったら、次は売る場所!けど、どこで売れば?

数多くあるネットショップサービスの中で一番自分にあっているサービスは一体どれ?

いくらかかるの?何が違うの?あー、わかんない。。。(´;ω;`)

悩めるあなたの助けに少しでもなれれば。

 

ネットショップの開店の費用

ネットショップの費用と一口に言っても、様々な課金方法があります。
まずはどのような種類の課金があるのかおさえてみましょう。

そして、売上を上げるために必要なコストであれば、
許容できるコストであれば支払うべきです。
コストが安いことはネットショップ運営において非常に重要ですが、
費用が安い = 売上が上がるということではありません。

そこを十分に意識されて下さい。

初期費用

初期費用とは申し込み時にかかる一度だけ課金される費用です。
最近は初期費用無料というサービスも増えてきています。
また、キャンペーンで無料になっているケースも良く見かけます。

月額固定費用

月額で課金される費用です。この金額を無料にしているサービスも
存在しますが、少ないです。
多くのサービスはこの課金で利益を得ていると思われます。

販売手数料

注文の度に課金される費用です。モール型ECでは一般的な費用ですね。
次に出て来る決済手数料と混同しないように注意してください。
ここでいう販売手数料とは決済方法にかかわらず徴収される手数料です。

決済手数料

決済の度に課金される費用です。サービスによりますが、
一般的にはクレジットカード課金の時に徴収されます。
例えば、独自ドメインECで銀行振込支払いで
自分の口座に直接振り込んで貰う場合はかからない費用です。

その他オプション費用

  • 独自ドメインを使用する費用
  • 画像の掲載枚数を増やす費用
  • 出品数を増やす費用
  • サイトの容量を増やす費用

などがあります。基本的な料金が安くてもオプションで
細かく課金されて総額は結構高い。。という場合もありますので、
よく調べてみましょう。

ネットショップの比較

モール型ネットショップの比較

 

2017-03-22_12-44-41.png

 

2017-03-22_12-39-52.png

2017-03-22_12-40-35.png

 

ショッピングモール型の
ネットショップのメリット・デメリット

モール型のショッピングサイトとは、Amazon、楽天、
Yahoo ショッピングのようなサイトのことをいいます。

メリット

  • 集客が不要であること
  • 構築が比較的簡単であること

デメリット

  • 手数料が高額なこと
  • 自社のブランディングが難しいこと
  • 規約による突然のアカウント停止など経営上の重大なリスクがあること

どんな人におすすめ?

商品そのものの比較がされやすいため、比較されても勝てる商品。

例えば、ライバルと大きく差別化できる商品がある、
他社よりも安く販売できるなどの強みがあれば売上をあげやすくなります。

集客が不要である分、商品力アップに集中できるとも言えそうです。

 

独自ドメインネットショップのメリット・デメリット

独自ネットショップとはyourname.comのように、
取得したドメインを使ったネットショップになります。

メリット

  • 規約に縛られずに自由に商売ができる。
  • 手数料が安い
  • 自社のブランディング、固定客を作ることができる。
  • アカウント停止などの経営上のリスクがない
  • サイトの売却ができる。(ビジネスが資産になる。)

デメリット

  • 集客を自分でする必要がある
  • 構築にコストがかかる

どんな人におすすめ?

規約に縛られずに自由に商売したい人にはおすすめです。
集客を自分でする必要がありますが、メルマガ、SNSなどを
活用して自由なマーケティング活動を行うことができます。

 

フリマ型のネットショップのメリット・デメリット

メリット

  • 出品が手軽
  • すぐに売れる
  • 必ず売れる(ヤフオク1円出品の場合)

デメリット

  • 購入者とのやり取りが面倒
  • 一括出品などがやりづらいため、どうしても売上の規模が上がりづらい

どんな人におすすめ?

手軽に物販をしたい人、また、在庫処分としての販路としておすすめです。フリマ型のショップだけで売上、利益を大きく上げるのは難しいと思います。(メルカリは定期的に業者の出品アカウントを停止している)

ヤフオクであれば、売上を大きく伸ばすことは可能

目標金額や販売規模を比較して出店場所を決めましょう!

さて、いかがでしたでしょうか?少しでもあなたの悩みを解決することができていれば嬉しいです。

大事なのは自分のビジネスに合っている販路を選べるかどうかです

 

A Great Offer, Just a Click Away

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit

メールにて通知をうけとる