副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

ネット物販ってどうよ?

2016/01/27 21:06:26

おはようございます。

桑田です。

 

私は日頃から

中国輸入からのアマゾン 楽天 ヤフオクなどで

売り上げ 利益を作っています。

 

初心者さんからよく言われるのは

どこから手をつけたらいいのか?

何を売ればいいのか?

何が売れますか?

売れる商品が見つかりません。

です。

 

確かに私自身も

あなたが初心者さんであって

私も同じ状況なら

同じことを言っていたかもしれません。

 

ネット物販を始めた時は

当然私も初心者です。

何もわから似状況で

パソコンの使い方も怪しかったですww

 

人差し指でキーボードを叩き

中国のサイトにアクセスはできますが

翻訳機能などなく

今でいうタオバオ アリババのサイトも

当時は出来たばかりで

かなり見にくく

海外サイトなので速度も遅くて

イライラ

でした。

 

しかし、どうしても

中国から欲しい商品がありました。

 

特に転売用ということではなく

自分用に欲しかったのですね。

 

それをなんとか欲しいので

当時、アリババでは

アリババジャパンというものがあるのを知って

そこから問い合わせを日本語でできました。

 

どのようにすたかというと、

に日本語でメール文章を書いて

その下に下手くそな英文も書きました。

 

御社の商品がきになるので

まずはサンプルから発注したい。

みたいな。

で、自分のSkypeアドレスも書いて

直接連絡ください。って感じですね。

 

すると、

意外とSkypeに新規登録が来て

いざドキドキしながら

英語で話しかけると

日本語でOKですよ〜

みたいな文章が来ました。

 

当時は日本のマーケットは強くて

中国のメーカーさんには

日本人担当者で日本語ができる

営業さんがほとんどの会社にいてましたね。

なので、

意外と日本にいながら英語も中国語も

必要なかったです。

 

今では日本語ができる

日本担当を置いている会社は

本当に少なくなりました。

 

なので、

当時は日本語でSkypeで

商談を進めて

自分の欲しい商品を

自分用に購入していました。

 

で、ある日

この商品はヤフオクで売れば???

と気がついてヤフオクで売ってみました。

 

当時150万円分仕入れで

ヤフオクで1ヶ月後には

500万円に変わっていました。

 

そこからネット物販に目覚めたんですが

当時かなりボロ儲けでしたね。

遅れバブルがやってきました。

 

しかし、今ではもう無理なのか?

ということですが、

当時を思い浮かべると

今は中国のサイトを見ても

GoogleChromeを使えば

自動翻訳もしてくれて

QQという中国の

チャットアプリを使えば

会話も翻訳してくれます。

 

また、便利な

仕入れ代行会社も存在します。

なので、中国人と交渉してくれて

こちらは中国語が必要ない。

 

さらにアマゾンがあるので

売ってみたい商品は

アマゾンランキングとモノレートを使い

KEEPAも駆使すれば月間どのくらいの数量が売れているのか

が、一目瞭然なので

今月は何個仕入れればいいかすぐにわかるんですよね。

 

昔に比べてとても

稼ぎやすくなっています。

 

でも、

飽和したとか

稼げないとか

売れないとか

というのは

ライバルに勝てないからだと思うんです。

 

当然ライバルもこのやりやすい環境を享受しているので

売っているライバル以上のことをしなければ

勝てないんですね。

 

7年くらい前は

アマゾンがなかったので

ヤフオクが今のアマゾンのように

ライバルがぎっしりで

みんなでライバルの潰し合いのようなことがありました。

 

しかし、アマゾンのように

相乗りがなく

自分でページを作って

いい写真撮って

商品説明文で勝負する

みたいな感じで

その当時に鍛えられた私は

今の相乗りってライバルが増えて

稼ぎにくいけど

本当に商品の出品が楽で

いいと思いますね〜

 

なので

いつの時代でも

どうやって今の現状を克服していくか

これに尽きるんだと思いますね。

 

克服の仕方ですが、

やはり最新の情報を仕入れていくことです。

 

昔、

私がアリババを知らなければ

中国まで旅費を払って渡航し

闇雲に町中回って

何も発見できず

時間とお金を無駄にしたかもしれません。

 

でも、

アリババを知っていたので

簡単に自宅にいながら稼げたんですね。

 

販売先も

お店を開くのではなく

ヤフオクを知っていたんで

中国商品をヤフオクに出してみる

という、

当時あまりライバルがいなかったので

簡単に稼げたんですね。

 

考え方の問題で

まだまだ中国仕入れで

ネット物販は利益が出せます。

 

要するに

どうすれば稼げるかを

絶えず考えればいいということです。

 

決して

楽をしようとは思わないことです。

 

楽して稼ぐを

先に持ってくれば

いつまでも稼げないのです。

この辺りは話し出すと長くなるので

別の機会ですが、

楽をして稼ぐを先に持ってくると

今は簡単に稼げても

そのあと全く続かないです。

 

最初は多少面倒なことも

慣れると楽になりますし

経験値が上がり

別次元に素早くいけます。

 

中国輸入→ネット物販を

9年くらいやっていますが

一貫してやってきてまして

まだまだ可能性があり

実績を伸ばしているので間違いないです。

 

ちょっと今日は抽象的な話ばかりになったので

この辺りで

 

 

それでは

チャオ!

メールにて通知をうけとる