副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

中国で見つけた商品の儲け方

2016/05/05 23:44:29

こんにちは

桑田です。

 

今日は中国買い付けツアーの帰国の日です。

今日になって大事件勃発です。

 

 

中国南方航空という会社があり

この会社は安くて直行便で

JALやANAに次いで有名な会社なのですが、

とにかくフライト時間を守ってくれません。

たいてい平気で1時間遅れの出発になります。

 

しかし、今日はもっと大事件です!

なんと、フライトがキャンセルされた〜!

要するに今日は帰れないということでした。

乗る予定の便をキャンセルして

他の航空会社に乗り換えれば良いのですが

すでに出発が3時間遅れになっていて

さぁもうすぐ飛行機に乗り込むぞ〜

っていう時にキャンセルになったと連絡が。。。

時間も遅いので飛行機がない。。。

 

普通だったらパニックになりますよね?

 

とりあえずは

飛行機会社が用意したホテルについて

食事はできましたが

キャリーケースが到着していない

着替え出来ないし。。。

 

手荷物には

パソコンと財布、充電器、

ポケットWIFI、バッテリーのみ。

まぁ、これだけあれば

なんとかなるもんですね。

 

メルマガも書けていますし、

さっきまで暇だったので

アマゾンプライムの映画も見ています。

 

GW中で明日は特には予定はないので

とりあえずは良かったですが

明日にセミナーとか入れていたら

やばかったです。

 

次からはJALにしようと決意しました。

 

さて、展示会や街中での買い付けですが

たいていの方は良い商品を探し出せています。

おそらくこのツアーに来られた方は

全員仕入れはバッチリです。

 

仕入れができたということは

あとは販売するだけです。

 

販売ができれば利益が出るという方程式なのですが、

仕入れてからどの期間までに利益が出るか?

また、一番大事なことは

その商品がどれだけ売れるのか?

その商品単品で年間数百万円以上の

利益を出せるのか?

ですね。

 

商品を仕入れてから販売して

入金されてくる日数はどのくらいがベストなのか?

仕入れ資金にもよりますが

早い段階で入金されることは

すごく大事ですが

インターネットで販売している場合

たいていは30日以上かかりますね。

 

今まで販売したことのない商品なら

もっと日数がかかると思います。

 

中国まで来てどのような商品を仕入れようとするのか

と言うと、

「ヒットする商品」

を仕入れます。

ヒットの具合は人それぞれですが、

単品商品で1ヶ月で100万円くらいの利益で

年間で1000万円以上の利益は欲しいですね。

 

基本的に展示会や街中では

最新の商品を仕入れることが多いです。

ですので見たことのない商品で

需要がありそう

そして興味をそそるものですね。

要するに誰も売っていないようなものです。

自分が先行者利益を得られるか?です。

それがヒットにつながります。

 

で、販売先はネット上です。

なので、アマゾンでは

相乗り出品ではなく新規出品を目指します。

楽天ではライバルが弱そうな商品や

ライバルがいない商品を狙います。

 

商品が見つかると

サンプルを仕入れます。

そのサンプルは何に使うのかというと

テスト販売です。

自分でも使うのですが、

売れ行きをチェックします。

 

アマゾンや楽天 ヤフオク等で

販売してみようと思うと

まず商品ページを新規で作成します。

作成するためには、商品の現物が必要です。

ですので私の場合は

中国で仕入れて持ち帰れるなら

サンプルを5個くらい購入します。

それを撮影してスペックや使い心地などの

キャッチコピーを作って、

さらに使用動画を撮影します。

その後、ヤフオクでテスト販売します。

 

テスト販売なので、

ヤフオクで1円スタートで売り切っていきます。

 

で、だいたい仕入原価以上になれば

本格的に仕入れ先にコンタクトをとって

OEMとして

30〜100個くらいの仕入れから始めます。

 

そこで大事なのが

ヤフオクで原価以上にならない時です。

要するに仕入れ原価を割っている時ですね。

(ヤフオクでもしかりページを作っている仮定です)

この場合の考え方は3つです。

 

1、すでに飽和している

もしくは需要はあるが

ブームが去ってしまっている。

 

2、ただ単純に認知されていない。

 

3、認知されているが需要が低い。

 

1の場合は、

オークファンなどを見て

過去1年や3年と遡って見て

過去には入札が多く

1ヶ月間でも販売個数も多い

しかし最近では

減少傾向にあるという時です。

 

 

2の場合

オークファンでも

過去1年や3年でも

商品が出てこない。

ということは売られていない可能性が。

 

3の場合

これは分かり難いのですが、

「あ〜〜あれね」

というような商品です。

 

過去からたまに売れているが

昔から価格が変わらず

低価格のまま推移している。

 

1〜3はどれもネガティブな発想ですが

実は大きく違います。

大事なのは2番です。

 

2番の場合は

全く新規の商品ということで

売れ行きがわからないのですね。

要するに

すでに存在していない商品です。

または、似たようなものはあるが

用途が違っていて

性能や機能が違いデザインまで違う

全く別物と判断できる。

とううことです。

 

なのでこういう商品を見つけると

ヤフオクで販売されていない

アマゾンでもページがない。

この場合は、

海外サイトを確認してみます。

e-bayやAmazon.comですね。

 

Amazon.comで売れているとは

モノレートのグラフが動きつつあり

もしくはすでに激しく動いている。

 

e-bayでここ最近で同じ価格で売れていっている。

 

海外では独自ブランドとして

すでにブランディングされている。

 

YOUTUBEで海外の人が

使用していて

コメントしている動画がある。

 

このような場合は

2番として判断して

桑田的にはお宝発見〜と大喜びで

積極的にヤフオクで売っていきます。

 

ヤフオクでるために

いきなりOEMはせずに

そのままの姿で中国から仕入れて

ヤフオク出品です。

 

この辺はスピード命なので。

 

それをしながら

パッケージや

ちょっとした性能や機能の変更

説明書やオプションなど

ヤフオクで売りながら

次のことを同時進行します。

 

要はOEMで商品を完成させる

ではなく、

既存の物を売りながら

OEMをしていき

ライバルが真似をする頃には

次のモデルを作ってしまっている。

ということです。

 

とにかく売ればいいんだ!

という考えもありますが

それはそれでいいのですが

売りながら次に起こることを想定して

商品を作っていく感じですね。

 

今日はネット販売主体での

中国商品のみつけ方でした。

しかも、アマゾンでの

相乗りではなく新規出品

楽天 ヤフオク向けでした。

 

また近いうちに

BtoB向けも書いてみようと思います。

 

P.S

明日の飛行機が満席だったらどうなるんだろう??

そうだったらいっその事、

2、3日延泊して

アパレルの卸の街で個人的な買い付けするか。。。

 

 

メールにて通知をうけとる