【無料レポート】副業物販ノウハウ
メニュー
【無料レポート】副業物販ノウハウ

中国輸入でアパレル仕入れ

藤谷 銀
2019年2月27日

中国輸入でアパレル仕入れをおすすめする理由

・初心者が取り掛かりやすい

アパレル商品はリサーチで見つけやすく、仕入れやすいのと、利益率もいいので取り掛かりやすいと思います。

・ノーブランドなら偽物の心配がない

ノーブランド商品の場合は99%中国製品であるという判断もでき、そういったどこのブランドにも属していない、ノーブランド商品であれば偽物の心配がありません。

・同じ商品を回転できる

トレンドだったり、定番商品を取り入れることで同じ商品で回転していくことができます。

アパレル商品のリサーチ方法

・Amazonでファッションカテゴリに絞る

基本的には、ファッションカテゴリーに絞り売れている商品をリサーチします。

・「ノーブランド」で検索する

ノーブランドで検索して中国製品を見つけます。

・ランキングとレビューを見る

ランキングと商品レビューを見て商品を仕入れていいのか、ダメなのかが判断できます。服&ファッション小物 であれば目安は3万位以内になります。

・仕入れ先サイトで商品名を検索(中国語)

タオバオやアリババのサイトでgoogole翻訳やエキサイト翻訳を使って、日本語の商品タイトルを中国語に翻訳し検索していきます。

・Amazonの画面と照らし合わせる

種類は膨大ですので似ている商品も沢山あります。相乗りの場合は商品が一緒か照らし合わせましょう。

・利益計算と仕入れ個数を決める

仕入れにかかるコストは商品原価の他に、代行会社の手数料(買付、検品、梱包)や国際送料、関税消費税などの計算をし仕入れ個数を決めるのですが季節ものでしたりトレンドの商品は仕入れ個数の見極めが重要です。

中国輸入 アパレル商品を仕入れる前の心得

・日本の感覚と比べるとかなり適当

ほつれていたり、糸の始末など縫製が甘かったりと日本の感覚と比べるとかなり適当の部分があります。検品がかなりの割合で重要になってきます。

・サイズはストアによって違う

サイズも適当な部分があり、 ストアによって違うのは当たり前ですし記載されている寸法より小さいこともありますので頭に入れておくといいでしょう。

・デザインは似ていれば許容範囲

相乗り出品の場合は同じ商品でなければいけませんが、新しくページを作る際に仕入れる場合はまず、サンプルで数量を仕入れて見極めてみましょう。

・あまりにも安い商品は買わない

あまりにも安い商品はそれなりの縫製や、それなりの生地だったりしますので安い商品はなるべく避けたほうがいいでしょう。

・色々な値段の商品を仕入れてみよう

まずは色々な値段の商品を仕入れて自分の目見てみるといいかもしれません。

アパレル商品の検品で必ず確認したい項目

・ファッションとして着用可能か

粗悪品ではないか、というのも重要ですが思いもよらぬデザインだったり着用できないような生地、裏地がついているか、石油臭を放っていないかなども必ず確認しましょう。

・糸のほつれ・ボタンの取れ

特に糸のほつれはよくありますので販売した時にクレームにならないよう細かく検品するといいでしょう。

・素材やブランドの表示が正しいか

記入してある素材と、実際使われている素材が違うこともあります。またノーブランドのはずが、どこかのブランドの名前が入っていたりして販売できなくなることもありますので、表示が正しく記載されているか確認する必要があります。

・生地が薄すぎないか

画像だけでは判断しづらいのが特に生地だと思います。生地は実際に見て見ないとわかりづらい部分があると思いますので販売できるレベルか見極めましょう。

中国輸入 アパレル商品の主な仕入れ先と特徴

・タオバオ

企業が一般消費者向けに販売を行っているショッピングサイトで、日本のサイトでいうとAmazonや楽天などと同じです。

・アリババ

問屋や工場と直接取引ができる業務用の卸しサイトです。

・アリエクスプレス

AliExpress とはアリババが海外向けにはじめた通販サイトです。商品的には同じものばかりで、タオバオから買った方が簡単です。

・その他卸サイト

天猫(Tmall)も人気です。この卸サイトはBtoCで法人が個人に商品やサービスを販売サイトになります。こちらも日本のサイトでいうとAmazonや楽天などと同じです。

・初心者はタオバオから始めてみよう

自社サイトにアパレル商品を出品するコツ

・写真を綺麗に複数枚取る

まずは写真をいかに綺麗に撮るのかが1番重要になってきます。服が一番綺麗に見えるよう写真を撮りたいのでモデルさん選びも大事です。

・素材・サイズ・色は必ず書く

ネットショップを利用するユーザーは実際目で見て触ることができないので、素材・サイズ・色はもちろん、S、M、Lとういう一般的な表記合わせて、着丈、身幅、袖丈情報など細かいサイズまで記載する気配りは必須です。

・商品説明を充実させて安心感を与える

写真の次に商品の魅力を伝えれるのが商品説明になります。また独自のコーディネートを提案するのも購買意欲が上がっていいかもしれません。

・検索結果を重視したタイトル付け

検索のサジェストを利用して、どんなキーワードが検索されているかチェックして、タイトルに検索されているキーワードも付け足しましょう。

・価格は高くしすぎない

ネットショップを利用するユーザーは品質を図るための一つの指標として信頼はもちろんのこと価格も参考にしています。

アパレル商品をOEM生産して仕入れる

・OEM生産とは?

OEM(オーイーエム、英: original equipment manufacturer)とは他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業である。ウキペディアより

・リスクは高いが独占販売できる

初心者にはリスクがありますがOEMした商品を販売ページで一人で独占販売ができセラーからの相乗りを防ぐことができます。

・ある程度慣れてから始めよう

しっかり理解していれば初心者でも可能です。

・上手くいけば1商品で稼ぐことも可能

しっかりマーケティングを理解して、新規出品の戦略を立てていけば高利益率を叩き出すことも可能です。

無料レポートを入手する