副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

副業がバレる??-パート2-

2015/10/20 18:12:13

こんにちは、相川哲也です。

だいぶ寒くなってきましたね。
もうインフルエンザも流行りだしてるらしく、学級閉鎖の話題もちらほら聞き始めました。
体調管理には十分気をつけましょう。
さて副業をバレないようにするためには?の続きを書きますね。
昨日は税金の観点から、副業がバレないようにするには、という点を書きましたね。
ここで混乱するのはマイナンバーがこの論点にどう関わってくるのか、という点です。
基本は関係ないと考えていいと思っています。
つまりマイナンバーが導入されたら会社に副業がバレやすくなる、ということはありません。
要は、マイナンバーで副業とのヒモ付けがされたとしても、それを活用するのは行政機関のみです。とくに税務署とかですよね。
勤めている会社がマイナンバーを頼りに副業まで見つけるというのは不可能です。
ヒモ付けて本当に副業しているかどうかチェックできたとして、そんなことを人件費をかけてやるかというと実際やらないですよね。。。当たり前のことです。
あくまでマイナンバーというのは行政側にメリットがあるように導入されるだけなので、たとえば仮に将来、銀行口座にマイナンバーがヒモ付けられたとしても、銀行口座の中身が会社にバレるということはあり得ず(もちろん税務署にバレるというのはありうることですが)、したがって副業がバレるという議論はそもそも無意味なのです。
前回記載した住民税の普通徴収の手続きさえ取っていれば対策としては十分と言えます。
あと法人を作れば副業がバレないみたいな論調も散見しますが、関係ありません。
むしろ法人を作ると、2以上の事業所から給与をもらうことになるので、社会保険の手続きの観点から、副業がバレるリスクが高まります(税金ではありません、社会保険です。)
なので、基本は法人を作らず、個人事業主として普通徴収を選択する、これが一番ベストなやり方になります。
どうでしたでしょうか。
副業の観点からはマイナンバーを必要以上に恐れる必要はない、ということですね。
ではでは。

メールにて通知をうけとる