副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

土日も働くべきか?

船原徹雄
2015/04/06 7:00:06

こんにちは、船原です。

さて、昨日は
「時間を作る工夫をしましょう」
という話をしました。

例えば、
睡眠をちょっと削ったり、
通勤を短くしたり、
不要と思われるテレビを見ないだけでも、
年間で100日位は時間を増やすことが可能です。

しかし、
もっと簡単に時間を増やす方法があります。

それは・・・

「土日も働く」

ということです。

こんなことを書くと

「お、ついに船原もブラック企業の仲間入りか」

と、喜ぶ人もいるでしょう。

もちろんですが、
当社は法律で決められている以上の休暇がある会社でして、
そんなにブラックな環境ではないと思います。

セミナーや買い付け等で土日も働いている人もいますが、
平日に休んでもらうようにしています。
また、在宅での勤務でも問題無いと考えられる人は
在宅で働いてもらっています。

ですが、船原自身は
365日、24時間働いています。

もちろん、
ずっとパソコンで文字を打っているわけでも
リサーチをしているわけでも
顧客対応のメールをしているわけでもないですが、
とにかく休日とかオフとかそういう概念はなく
常に働いています。

現に、この記事は日曜日に書いてますしね。

別にいいんです。

土日はゆっくりして、
きちんと切り替えて
平日にマックスパフォーマンスを出します!

という考えなら。

昨日の話ともかぶってくるんですが、
才能のある人や
お金のある人でしたら、
そんなに時間を使わなくても、
人並み以上のパフォーマンスを出せると思います。

なので、
人並み以上のパフォーマンスを出そうと考えていて、
自分に才能があるのでしたら、
休みを多くとっても構わないと思います。

ただ、
人並み以上の才能やお金がなく、
それでいて人並み以上のパフォーマンスが欲しい、
つまりはカネをいっぱい稼ぎたいと考えているなら、
何かを犠牲にして時間を作るしか無いと思います。

そして、
面白いことに、
人並み以上の才能があり、
お金も持っている人の方が、
土日も働いているのです。

これは
「土日も働いているから金持ちになった」
のか
「金持ちだけれど土日も働いている」
のかはわかりません。

単なる現象として、
才能があり、お金もある人は、
常に働いているのです。

そして、そういう人ほど、
時間をいかに有効に使うかについて
それもビジネスの一部と捉えていて、
仕事ばっかりやっているかと思ったら、
家ではとてもいいパパやママだったりするのです。

もちろん、
大前提として
仕事をして。お金を稼ぎ、お金持ちになるだけが
人生の幸せではないと思います。

ただ、
心のなかではお金持ちになることを願っているにもかかわらず、
自分にハードワークを課さない理由付けとして、
何か(例えば家族)をスケープゴートにするのは
あまり良くないですね。

働いて、お金を稼いでも、
家族に使える時間はたっぷり残ると思いますし、
そんなことできない!と考える人は
そうじゃなくて、
どうやったらそうできるか?
を考える必要があるでしょう。

何人も子どもがいるママで
会社を設立し、
上場まで持っていった人もいます。

もちろん、何度も言いますが、
そういう生き方が絶対に正解ということではありません。

問題は、
そうなりたいと考えた時に、
「やっぱ、無理。ナイター見たいし」
と諦めるのではなく
「どうやったら、理想の人生を創っていけるのか?」
を考えて、実行することが重要ですね。

才能があろうがなかろうが、
考えて、実行しないと、その人生は手にはいりませんからね。

そして、
多くの人にとって、
一番改善しやすい時間が
土日ですね。

土日の使い方を工夫することで、
またもや年間100日位、余裕時間を増やせますから、
これでまた、
他人より一歩抜きん出ることができるでしょう。

追伸

この文章は
弊社社員に対して
「土日も働きましょう」
と言っているわけではさらさら無いです。

が、
もし将来的に自分で会社をつくったり、
事業を作っていきたいと考えている人は、
土日を有効に使って
スキルアップしていくことが重要かなと思います。

会社は単なる人生を良くする「箱」なので、
箱のなかにいないときも、
何か人生を良くする環境を見つけることができればいいですね。

メールにて通知をうけとる