副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

愛人を経費で囲ってもいいのか?

船原徹雄
2015/02/26 7:00:49

 

昨日紹介したワールドバイヤーズですが、
僕もびっくりするくらいの申し込みが来てしまいまして、
このペースで増えると現場が対応しきれないので、
本日で一旦募集をストップします。

オフライン買い付けの完全人力サービスなので、
人数を増やすのが難しいのです。

応募を考えている人は
本日中にお願いします。

ワールドバイヤーズの詳細

 

さて、
そろそろ3月ということで、
個人で確定申告をされる方も多いと思います。

シンガポールは基本的に
収入がある国民全員が確定申告をする必要がありまして
(日本の様な源泉徴収がない)
3月1日から申告スタートになります。

日本と違うところは
申告から納税まで、
全部オンラインでパパっとできることですね。

Singpassという、
国民がもっているパスワードがあり、
そのパスワードと自分のビザ番号(国民の人は国民番号)で
申告専用のWEBサイトにログインして申告します。

その他、いろんなことが
Singpassを使ってオンラインで出来てしまう、
なんとも合理的な国家です。

さておき、
日本は3月中には確定申告を行わないといけないということで、
今、切羽詰まりながら領収書の整理をされている方も多いでしょう。

領収書をみながら

「これは・・・経費になるのか?」

と頭を抱える人も多いと思います。

経費になるかどうかというのは
確固とした基準がある部分もあるのですが、
多くは極めて曖昧な感じです。

合理的な方法で、
収益を得るために必要だった場合

は経費として認定されることが多いですね。

そんなこんなで・・・

こんな特集を見かけました。
めっちゃ面白いです。

「どこまで経費で落ちるか税理士に聞いてみた」

 

いちいち質問はバカバカしいのですが、
なんとなく確信を付いている感じが面白いですね。

例えば、
愛人を経費で雇うことはできない。
でも、
既存の社員の中に愛人を作ってしまった場合はOKとか。
(言わなければ)

合理的なような感じで、
かなり人間の判断が入りますよね。

そもそも税理士さんって
「これが経費になるのか?」
ということから
「これを経費にするにはどういうロジックが必要なのか?」
ということを相談する相手かなと思います。

もちろん、
本来的に経費にはならない出費を
無理やり経費にするのはダメです。

しかし、
「これは人によって判断が別れる」
というような出費がかなりあるので、
ではそれをどうやって経費にするのか?というロジックを作って
そのロジックとともに経費を申告する必要が有るため
その相談相手として税理士さんが必要という感じではありますね。

ちなみに難しい話で言うと、
経費を経費として申告する責任は
申告側にあります。

つまり、
将来的に税務署がやってきて
「この出費が経費であることを証明してください」
と言われた時に、
きちんと経費であると申告できなければ
経費と認められないということです。
(その分、利益が増えて追加納税になります)

こちらが説明できなければいけないというのがミソで、
つまりは領収書を保管しておかないといけないということです。

この領収書も、
ついこの間までは紙の領収書を保管しておかないといけませんでした。
スキャンしてPDFで保存とかダメだったのです。

現在は、3万円以下の出費に関しては
スキャンでもOKになってます。
詳細はこちら

国税庁【電子帳簿保存法が改定されました】

よくありがちな失敗として、
コンビニとかで出てくる感熱紙のレシートを保存していたら、
5年後に真っ白になっていて経費として証明できない・・・

みたいなこともよくあります。
(なので感熱紙は文字が書いてある方を内側に折りたたんで保存しましょう)

というTIPSもいっぱいあるので、
申告って本当に面倒で
でも間違えると将来的にお金が減る可能性がある作業なんですねー。

最近は、
freee(先ほどの記事を提供しているサービス)

のようなサービスも出てきまして、
申告がかなり簡単になっています。

自動でクレジットカードの明細や
銀行のステートメントを読み込んでくれるのです。

使ってみていただくとわかりますが、
めちゃめちゃ便利です。

我々のレベルの深刻ですと
freeeを使うことでかなり簡単になります。

確定申告一歩手前まで、
帳簿を作れちゃう感じですね。

ちなみに弊社サービス

MIT

は、
このfreeeと連携していまして、
例えば、オークションやネットショップの入金確認なんかを
freeeと連携して行うことが出来ます。

かなり時間の短縮になるので、
ぜひお使いください。

ということで、
申告をされる方、
あと1ヶ月位なので
ラストスパートでがんばってくださいねー。

追伸

先ほどの記事ですが、
個人的には
「スイスから通勤」
というところでかなり受けました。

例えば、
大阪から東京に新幹線で通勤する場合は
ギリギリセーフな気がしますが、
スイスから通勤は難しそうですよね。

12時間かかるから、
日帰りでは無理ですし。

と、
バカバカしいことに対して
本気で考えるというもいいことですね。

メールにて通知をうけとる