副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

次のシーズンの仕込みはしていますか?

2016/01/29 10:18:55

みなさん、こんにちは。

中国輸入を担当している、橘と申します。

 

広州から戻って、まだ日本の気温に慣れない橘です。

羽田空港から出た時、極寒の一言でした。

 

 

ちょっと前に暖冬の日本で、

ダウン、コートなどの防寒衣料の販売が不振でしたが、

2月末まで冷え込むみたいなので、

冬商材はまだまだ伸びがあるじゃないですかね。

 

って言いながらも、

そろそろ春夏商品を仕込まないといけません。

実は今からの仕込みはちょっと遅めのスタートになるんです。

 

 

OEM商品の場合、今からオーダーすると、

中国は2月中旬から店や工場が稼働し始めますので、

早ければ2月末、通常なら3月中旬、

遅い場合は3月下旬の発送になるでしょう。

 

3月下旬って遅くないですか?

と疑問に思うかもしれませんが、

春・夏商品に関して、

オーダーはだいたい1月にかけることが多いです。

 

そのあとにオーダーをかけると、

メーカーも材料などを用意しないといけないので、

その分時間がかかるのと、

注文したオーダーも後回しにされてしまいます。

 

 

ちなみに橘と桑田も現在、次のシーズンに向け、

OEM商品を何点か作っていて、

今のところ、

2月下旬にメーカーから出荷して、

3月上旬に日本に到着する予定です。

 

 

ただ、これはあくまで予定でして、

トラブったりすると、

より納期がかかってしまうケースがありますので、

なるべく早めのオーダーがお勧めしますね。

 

 

つい先日、

初仕入れの商品を中国倉庫に納品された時に、

電気関係の商品でしたので、

商品の電源アダプターをチェックしたところ、

プラグがヨーロッパ式の商品を送られてきました。

 

発注したスタッフのミスかなって思っていたら、

日本仕様のプラグを注文したところ、

メーカーが間違えて発送したとのことでした。

 

 

中国輸入をある程度経験している人だと、

こういうことあるあるって思うかもしれませんが、

初心者だと、

日本常識で考えてしまうので、

ありえないって思ってしまいますよね。

 

 

なぜこういうことを話すかというと、

OEM商品を作る時、

商品が完成しても、

何かまたトラブルかわからないので、

中国側で徹底的に検品する必要があります。

 

 

問題点のある商品を日本まで持ってくると、

また送り返したりしないといけませんので、

時間がよりかかってしまいます。

 

 

特に中国において、

商品がしばらく到着して、問題点が出てきた時、

対応してくれないメーカーもいるので、

解決できることは

なるべく早い段階で解決したほうがいいですよね。

中国側で解決して、

なるべく問題点がない状態で、

仕入れた商品を日本に到着させとく。

 

 

これも、中国倉庫の検品スタッフの質が求められます。

検品せずに、

そのまま日本に送ってもらうビジネスプレイヤーもいますが、

確かに検品代は省けて、

コスト削減できますが、

トラブルが起こった時は泣き寝入りしかできませんよね。

 

 

ちなみに弊社の商品は全てリードエクスプレスの検品スタッフに任せて、

検品をしてもらっています。

検品後日本に送ってもらっていますので、

その分、トラブルはほとんどない状態です。

検品は必ずしてもらいましょう。

 

代行業者リードエクスプレス 

 

不良品や商品トラブルを日本で、

全部自分で対応するのか、

あるいは、

不良品や商品トラブルを

最小限に代行業者に抑えてもらって、

日本のマーケットで販売するのか、

絶対後者の方が楽ですよね。

 

 

商品の質が上がれば、

購入者も良いレビュー書いてくれますので、

アカウントも確実に良いアカウントに育てられます。

 

 

楽天も店舗レビューに対して、

かなり厳しくなっていまして、

お店のレビュー評価が3点代の場合、

いつ店閉められてもおかしくない状態ですね。

 

 

最近だとレビューが1の場合、

楽天から『レビューの内容について、どうされましたか?』と

すぐ電話がかかってきます。

 

これも三木谷さんの指示で、

お客様を大事にするために、

楽天全体が動いております。

 

 

中国輸入ビジネスはただの転売屋ではなく、

立派なビジネスモデルです。

 

一発屋になるより、

安定して、長く稼いた方が絶対にいいです。

 

 

今年一年はどういう進歩かもう決まっているかと思いますので、

一緒に中国輸入ビジネスで稼いでいきましょう。

 

 

 

PS

現段階では、

中国国内の物流が半分以上ストップしていて、

リードエクスプレスの国際運送最終締め切り日が

2月2日(午前中)になります。

 

 

タオバオ・アリババの商品発送地が広東省近辺なら、

国内の物流日数が1-3日を目安として、

1月29日までに

オーダーしてもギリ2月2日(午前中)に

間に合うかもしれません。

 

なるべく早めのオーダーでお願いします。

 

 

タオバオ・アリババの店はオープンしており、

各店舗に対してのオーダーは受付しております。

リードエクスプレスの商品の付け締め日は

2月4日までですので、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

メールにて通知をうけとる