副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

 海外売上金の受け取り方

2015/08/04 22:20:55

こんにちは。物販総合研究所・輸出担当の戸部です。

 

今回は、海外で売上げたお金の受け取り方についてご紹介します。

外貨を受け取るには、海外の銀行口座を作らなくてはならないのではないか、と思われる方も多いと思います。

 

日本にいながら海外の口座を開くには、三菱東京UFJ銀行からユニオンバンクという米国銀行の口座を開設することができます。

インターネットで依頼ができて、しかも日本語対応サービスがあります!

 

しかし、こちらは厳密にいうと、個人利用か商用かによって口座の種類が変わってきますので、

売上金を受け取るとなると商用とみなされて凍結の心配がありました。

(商用となると、海外法人化が必要だったりするのでハードルが上がります…)

 

現在は、銀行口座を作らなくても売上金を受け取る方法があります。その一つがPayoneer(ペイオニア)です。

必要なものは、住所と名前、メールアドレス、誕生日、電話番号、日本の銀行口座です。(カード不要の場合)

 

ちなみに日本の銀行口座は、外国送金対応しているところが必要でして、

ゆうちょ銀行や三菱東京UFJ銀行は対応、ジャパンネットバンクは今のところ非対応です。

 

外国送金に対応している銀行は、SWIFTコードないしBICコードを持っています。

SWIFTコードは8ケタないし11ケタのアルファベットが割り当てられており、国が違っても通信できるようになっているのです。

 

少し難しく感じるかもしれませんが、日本の銀行でSWIFTコードがあるところはかなり多いので安心してください。

銀行名+SWIFTで検索すると対応しているかどうかわかると思います。直接銀行に電話で聞いてもいいですね。

銀行口座さえあれば、Payoneerに登録するには30分程でできると思います。

(登録後、承認までに2-3日程かかります)

 

Payoneerの承認を終えると、Payoneerから銀行名、口座の種類、口座番号等が発行されますので、

これらを海外Amazonの設定に入力する、という流れになります。

 

更にPayoneerの他には、World First(ワールドファースト)というものがあります。

こちらは送金するには最低$1000以上という条件がありますが、手数料が比較的安いです。

 

面白いのは、World First内の外貨を日本の銀行口座に送る際に数十秒ごとに為替レートが変動する点です。

ついつい、1円でも多くなるようにと、私はいつもタイミングを待ちすぎてしまいます(笑)

 

PayoneerとWorld Firstどちらがいいということはなく、金額の規模に応じて使い分けると良いと思います。

どちらも便利で使い勝手も良いですよ!

 

先日、東京で行われたeBay輸出セミナーに行って参りました。

売上を上げるために皆さん熱心に質問されていて、大変刺激になりました。

女性の参加者もいらして、嬉しかったですね。次回はeBayについて書きます。

メールにて通知をうけとる