副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

物総研が無料で秘書を付けちゃいます!!

橘 流星
2015/11/10 23:57:45

ニーハオマー

中国輸入の

非公認ファッションバイヤーの桑田です〜

 

 

藤谷さん、スンマセン!

思わずパクってしましました〜

 

今は橘は中国にいるのでパクってもいいかなぁ〜っと思いまして。

 

 

 

ただいま、中国の物総研の事務所を輸入代行会社として

もっとレベルアップするために受注のシステムを組み込むために

さらにOEM先拡大のため中国にいます。

 

さて、そのシステムですが、

代行会社としてはおそらく今までないシステムで

かなり便利で発注側も受注側もとても楽になります。

 

いきなりタイトルのネタを言いますが、

まさに秘書的な役割をします。

 

知りたいですか?

知りたいですよね?

 

知りたくなくても知ってください!

 

 

ではどのようなシステムなのか?

説明します。

 

代行発注した時のした時のアルアル疑問ですが、

発注した商品がメーカーさんを出たのか?

中国倉庫に到着したのか?

請求書は?

関税は?

FBAに到着した?

などなど、代行会社を通した場合

自分でコントロールできないので

いろいろな不安や疑問が出てきます。

そして、商品が今どこにあるのか?

や、いつ到着するの?

などを毎回質問しなければいけませんね?

 

しかし!

このシステムにログインすれば、

一目でその商品のステータスがわかります。

わざわざ問い合わせる必要がなくなります。

 

しかし、中国人スタッフに使用してもらうには

このシステムの使用方法を理解してもらう必要があります。

間違えた使い方であれば

いくら良いシステムでも意味がありません。

 

また、中国スタッフからも

もっと簡単な受注システムや配送管理システムはないのか?

と、要望がありました。

 

そこを今回は解消させるため、

便利に使ってもらうために中国に来ました。

 

もちろん桑田はシステム専門家ではないので

現場サイドから意見を言うだけで、

システム作りは、物総研のシステム担当が

中国事務所にやってきて最終調整してもらいます。

 

中国輸入物販をしていて

まさか中国に自社でシステム導入して

スタッフの育成までするとは思ってもみませんでした。

 

自分で中国輸入するときにこんなのがあれば便利だなぁ〜

って、思っていたことを物総研で実現させ

中国事務所のスタッフも一生懸命勉強し

毎日、如何に効率よくできるかを追求していて

おそらく、中国輸入代行としては最強な軍団に仕上がるのでは?

と、とても楽しみです。

 

このシステムをちょっと宣伝しますと、

①タオバオやアリババのURLを記入し

見積もり依頼のボタンを押すだけです。

その後、中国事務所の担当が確認し

仕入れ先と交渉しています。

 

②交渉完了後、仕入れ可能数や値引き金額を記入しています。

特殊な問題がある場合は見積もり内にチャット機能があるので

その商品についてのみ会話できます。

 

③無事買い付けができれば、

商品ごとに仕入れ先を出荷完了や中国事務所に到着など

全ての商品のステータスを見ることができます。

不良などあれば数量を変更し、返金手続きをします。

返金金額は発送時の運賃から引きます。

 

④さらに、関税や運賃の精算も行ってしまいます。

通常FBA納品する場合は、

FBAは関税は支払ってくれませんので、

いったん自宅なり倉庫に到着させて

日本で支払いますね?

その関税までもシステム内で把握し

中国側の支払いということにして

FBAで受け取ってもらえるようにします。

 

⑤FBAで受け取ってもらうということは

FBA納品ラベルやバーコドまで貼って

輸送します。

なので、気がついたら販売開始です。

 

まとめると、

・発注商品ごとに商品の最終価格がわかる

・中国事務所で検品後の不良や欠品などもわかる。

・FBAに直送できる

・関税は先払いでFBA納品できる

・ラベルの貼り付け作業がいらない

・いま、商品がどこに来ているのかすぐにわかる

※じつは、スマホでも見れます!

副業の方でも本業の合間にスマホを見れば、

気がつけばFBAに商品が到着して販売が始まっている!!

※※

まさに、個人でも優秀な秘書を雇っています。

しかも、物総研が監修して育てた秘書です。

 

もう少し付け加えます。

 

OEM生産するときも

オーダーシートに

発注したい会社のURLや特定できる会社の名前など

記入しておき、

チャット機能部分に箱のデザインやラベルのデザインなどを

UPしておきます。

 

アマゾンのFBAに中国より直接納入するときは

バーコードラベルや配送ラベルもそのシステム内で

送信できます。

オーダーした商品ごとにラベルを添付できるので

間違いも起こりにくくわかりやすいです。

 

さらに、過去のオーダーのデーターがシステムに残ります。

なので、今まで何を発注したのかを

エクセルシートで管理しているととても検索しづらく、

再発注のときとても面倒です。

 

さらに、日々売れる商品をリサーチしますよね?

それをエクセルに毎日溜め込んで行き、

ある程度溜ればオーダーしますね?

このシステムに溜めたデーターをCSVにして一括登録し

見積もり オーダー まで進められます。

 

仕入れ資金をデポジットしている場合は、

残高もわかります。

 

などなど色々あるのですが、

中国輸入&販売の現役の橘の監修で作られているので

まさに無料秘書(システム)と最強軍団!

代行のみを行っている会社や

アマゾン販売しか経験がなく、転売の域を抜け出していない

OEM ODM生産の経験のない輸入代行とは

まったく違ったシステム&物流代行が出来上がります。

 

さて、長くなってきましたが、

このシステムの料金なのですが、

実は無料です。

無料秘書(システム)は

最強軍団(代行会社)の会員さんになっていただければ

無料で使用いただけます。

 

厳密にいうと今は無料です。

 

いつかは、有料になるかもしれませんが

今のところ、会員さんは無料ということです。

 

このシステムだけを使いたい

ということはできません。

 

なので、会員さんはずっと無料です。

有料になるときは、

今のバージョンではなく

もっとすごいバージョンを考えていますので

そのときに有料で一般公開するかもしれません。

 

 

せっかくなので、

弊社の最強軍団(中国輸入代行)を使っていただけることを前提で

この無料秘書(システム)を使ってみませんか?

 

会員さんになっていただく必要がありますが、

システムプレオープンということで

特典を付けます。

 

特典は、

すでに会員さんにはお渡ししたもの

最近の情報

担当スタッフによるアドバイス

など、他にもありますが

こちらのコラムのみの特典です。

 

特典だけでも有料級でお得なのですが

システムを使ってみたいという方は

メールにてご連絡ください。

 

メールをいただいた方に特典の内容詳細を

お知らせいたします。

 

システムの使用開始は、

今月の後半までには使用できるようになります。

初心者さんや中国に行きたいけど行けない

時間のない方にも中国輸入が不安なく

使用していただけることを目的にしています。

 

パソコン初心者さんでも大丈夫です。

最初は使い方がわからなければ

直接聞くこともできますし、

特典の中に中国輸入で稼ぐための質問や

実際の仕入れに関しての質問など

普段できない質問でもお答えする特典も

つけようと思います。

 

まずは、メールで使ってみたい、とか

会員登録してくれ!というメールをください。

 

人数に限界が出ると思いますので

お早めにお願いします。

まさに無料秘書(システム)と最強軍団を使ってみたい

という場合は、

締め切りは今月内なのですが、

10人〜20人くらいで締め切る予定です。

橘の限界はこのくらいなので(笑)

 

それでは長くなりましたのでこの辺りで失礼します。

 

それでは!

再見!!

 

P.S

昨日、広東省広州市から浙江杭州市に飛行機で3時間。

空港からホテルまで45分。

ここは西湖という有名な観光地があります。

しかし、工場を2箇所アポ取っています。

今日、ホテルから武義(ウーイー)まで4時間かけて行き

現地打ち合わせ2時間、

帰り同じルートで4時間。

ありえんハードなスケジュール。

しかも、気温は8度でやばいくらい寒い。

単車に布団ってこれあったかいの?

寒すぎやんけ‼︎

広州の服装で来たので半袖で死にかけました。

明日の夜に広州に帰ります。

しかし、この期間中は

中国事務所の女子大学新卒の童さんが46時中ずっと一緒で

代行の仕事や今後の商社的な仕事内容

さらに、飛行機の予約や不測の事態の対応を

教え込んでいました。

中国事務所のメンバーに会ったことがある人は分かるかもしれませんが、

美人女史の童さんを鍛え上げています。

優秀なお客様担当者になってくれると思います。

 

余談。

中国でミゼット復活?!

エンジン音を聞く限り2ストの音が。。。

三輪車?

 

 

 

メールにて通知をうけとる