副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

 物販の基礎を最速で学ぶには。

2015/07/30 22:02:39

こんにちは。物販総合研究所・輸出担当の戸部です。
今回は物販の足掛かりについて書きます。

時々、「物販を全くやったことがないのですが、何から始めればよいでしょうか?」という質問をいただきます。
これには、迷わず「ヤフオクをやりましょう」とお答えしています。
ヤフオクは、物販に関する一連を短時間で学ぶのに最適の場所です。

私自身も輸出だけでなくヤフオクも現役です。
物販を始めた頃は年に1回何か買う程度でしたので、取引ナビで自分の住所を伝えることすらわからず、
出品者に怒られたこともありました。
今は評価1500を超えていますので、継続していれば積み重なるものですね。

では具体的にどうやると効率よくヤフオクをマスターできるか?説明していきます。
(登録についてはここでは割愛します)

まずは「ヤフオクで落札する」という経験を積みます。
私の場合は、2週間で20回取引すると決めてその通りに実行しました。1日に1~2個落札するペースです。
日用品や文房具などあっても困らないもの、安いもの(1円~300円位)を探しては入札していきました。

ヤフオクで20回も取引していると、取引の流れはほぼわかります。
また、複数の人と取引をすることで、どういった支払方法や発送方法があるのか一通り把握することができます。

支払をすると間もなく商品が家に届くわけですが、ここで梱包状態を目にします。
ヤフオクの梱包は出品者によって様々です。新品の封筒+OPP袋に入れて綺麗に梱包してくれる人もいれば、
商品がそのまま剥き出しで入っている、宛先に電話番号を書く人もいます。
色々なパターンの梱包を見ることで、後々自分が出品する際の参考になります。

落札に慣れたら、次はいよいよ出品です。
最初は自宅不用品を売ることからはじめれば大丈夫です。
家にある本やCD、雑誌の付録、ジュースに付属のおまけなども売れたりします。
不要品が現金に変わると嬉しいですよ!

出品は落札に比べると多少やることは多いですが、先に商品の撮影や重さの計量を済ませてしまえば、
あとはパソコンを使った作業になります。
出品ページには支払方法と送料、発送方法は明示した方が売れやすいと感じます。
あとは売れたら梱包と発送をしますが、落札したときに梱包を見ていますので、イメージは掴めますよね。

このように1ヶ月足らずでヤフオクはマスターできます。
ヤフオクの落札と出品の経験が、ゆくゆくは物販の仕入、販売、発送に活きてきます。
ヤフオクをされたことがない方は是非、挑戦してみてください!

次回は海外売上金の受け取り方についてご紹介します。

メールにて通知をうけとる