副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

秘密をばらします・・・

船原徹雄
2015/04/26 7:00:39

船原のことに関しまして、
あえて言っていなかったことがありまして、
これからも言わないでおこうと思ったのですが、
いろいろ考えまして、
言うことにしました。

ちなみに、
この話を知っている人はそんなにいません。

船原のブランド戦略上、
あまりバラさないほうがいいのですが、
やっぱり真実を語りたいので、
ばらしちゃうことにします。

船原といえば
「輸入ビジネス」
と思っている方が多いと思います。

確かに
最初に教材を出したのが輸入ビジネスですし、
売上の比率を考えても
輸入ビジネスが最強に大きかったことは事実です。

ということで、
船原 = 輸入ビジネス
という構図が出来上がっているのですが・・・

実は、船原、
「輸出ビジネス」
なんです。

物販を始めた時に、
やろうと思ったことが輸出ビジネスでして、
それなりに成功した初めてのビジネスが
輸出ビジネスだったのです。

こんなこと言うと
「おいおい、輸入じゃねーのかよ!輸入が儲かるんじゃねーのかよ」
と言われると思い、
あまり言ってませんでした。

ちなみに、
輸入が儲かるとか輸出が儲かるとかいう話がしたいわけではなく、
単純に船原が最初に儲けた物販ビジネスが輸出ビジネスであり、
その後、輸入ビジネスの方に移行しているということが言いたかったのです。

では、どんな輸出ビジネスをしていたかというと、
なんと
バイクの輸出
なのです。

そもそも、
僕がネットでのモノの取引を始めた動機が
バイクやパーツをを買いたい、売りたいということでして、
それを日本だけではなく、
世界にも発展させてみました。

当時、僕が乗っていたバイクの愛好家がヨーロッパに多いということを知って、
その愛好家たちとネットで連絡を取り合い、
彼らが欲しい物をガンガン日本からヨーロッパに送ってました。

確か、大学生か大学院生の時だったと思うのですが、
バイクパーツの問屋さんにアタックして契約を結び、
卸値で卸してもらって、
ヨーロッパに送ってました。

そのうち、
規模が大きくなってきまして、
ヨーロッパのパーツ販売業者から圧力がかかり(苦笑)
卸のアカウントは閉鎖されました。

それからもガンガン受注は来ていたので、
ネットショップで買って、
ヨーロッパに送るということをやり続けていたのですが、
就職と同時にその事業は一旦やめたのです。

ちなみに就職した会社は10ヶ月で辞めました(爆)

その後、2年位ニートして、
起業して、輸入ビジネスを初めて、
いろいろあって、
今に至ります。

ということで、
最初は輸出ビジネスをやってたんですねー。
売れてから仕入れるという、
今で言えば「無在庫」のビジネスをやっていたので、
すごく資金の効率が良かったです。

銀行から
「また、海外からお金が振り込まれましたが、これは何ですか?」
と、かなり電話がかかってきましたね。

そして、この売上は
これも今だから言ってしまいますが確定申告をしておらず
(そもそも申告するとか知らなかった・・・)
後々、税務調査が入った時に指摘され、
追加納税をした記憶がありますね。

輸入ビジネスを始めてから、
輸出ビジネスはストップして、
輸入に集中していましたが、
最近はまた、輸出ビジネスを頑張っています。

2015年12月に、日本から海外への輸出だけで月商1億円くらいを目標としています。
なんだか行けそうな気がするんですが、
そのためにはやらないといけないことがたんまりありますね。

で、
いろいろと情報を集めているのですが、
正直いいまして、
一番役に立っているサービスがこちらになります。

エグゼクティブクラブ

 

友人の吉田さんが主催しているクラブなのですが、
はっきり言って輸出ビジネスの情報量はここが一番です。

今だけ、無料で情報を公開しているので、
気になる方はぜひダウンロードしてください。

ネット輸出ビジネスの良い点は
無在庫であることと
無在庫でも結構売れるということです。

逆に、悪い点はアカウントが育つのに時間がかかることですね。

例えば、
eBayでガンガン販売できるようになるには
大体半年くらいはかかると思います。

昔は1000商品でも1万商品でも
アカウントを作ったらすぐに登録できたのですが、
今は、アカウントを「育てて」
いっぱい出品できるようにする必要があるのです。

Amazonも、はじめたばかりのアカウントより
評価の高いアカウントの方がガンガン売れるのです。
(カートを取りやすい)

年末にいっぱい売るためには
今からアカウントを育てる必要があるんですよねー。

ということで、
今はほそぼそと売り上げているのですが、
年末にはがつーーんと行ってみようと思ってます。

ということで
本当は輸出でスタートした船原ですが、
今も当初のような新鮮な気持ちで輸出に取り組んでいます。

あなたもぜひ、やってみてくださいね。

追伸

人にはいろんな秘密がありますよねー。

上記はかる~い秘密ですが、
もちろん、もっともっと重い秘密もありまして、
そういうのは本当に近しい人にしか教えられません。

あなたも秘密があると思いますが、
誰かと共有していますか?

秘密の共有って、
ある種の信頼関係ですよね。

メールにて通知をうけとる