副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

買い取りというビジネスモデル

船原徹雄
2015/05/06 7:00:31

先日から、中古品に関するセミナーの案内をしていますが、
船原は、実は、
中古品の販売について、
現在、なみなみならぬ情熱を持っています。

というのも、
「買い取り」
というビジネスに非常に興味があるからです。

どのくらい興味が有るのかというと、
実際に、いろんな買い取りのフランチャイズに申し込み、
説明会を聞きに行ったり、
担当の方にお話を聞きに行ったりするくらいです。

例えば、
先日、某スポーツ系商材の最大手のフランチャイズ(FC)の説明を聞きにいきました。
(日本です)

いわゆるNDA(秘密保持契約)を結んでいるので、
詳しくはかけませんが・・・

そして、
なんと担当の方が
「船原さんですよね、メルマガ拝見してます」
と、なぜが僕の記事を購読されていたので、
本当に書き方には気をつけないといけないのですが・・・

こんな感じでした。

大体2000万円くらいかけて、
買い取りを販売を行う店舗を作る。

店舗の場所については、
FC本部がリサーチする。

初期の在庫1000万円は
本部から買い取ってもらう。

で、大体、販売価格の半額以下で買い取って、
お店でバンバン売りましょう!

という感じでした。

上手く行っているところでは、
利益が何百万円も出ているとか。

もちろん、赤字の店舗もあるようです。

ここのFCが扱っている商材はややニッチなので、
業界では一人勝ち状態です。

なので、看板を使わせてもらえることも考えると
安いのかなーとは思いましたが、
要検討ですね。

初期費用に対して、
利益額が少なすぎる気がしまして。

買い取りというビジネスと
買取専門店というビジネスは
また違ってきます。

後者はその文字の如く、
店舗では販売しません。

では、どこで販売するのか?

というと、
業者間オークションに流したりもしますが、
大抵はインターネットで販売しています。

つまり
実店舗で買い取って、
ネットで販売する
という流れですね。

実は、先述のFCの商材が
ネットで、特に海外のネットでガッツリ売れそうな商材だったので

「実店舗で買い取って、eBayで売ればウハウハーーー♫」
と思って説明を聞きに行ったのですが、
原則的に買い取った商品は店舗で販売する必要があるという縛りがあったので、
万が一の時にネットでさばけないのは
リスクが高いなーと思った次第です。

また、
実は買い取りって、
リスクがかなり小さいビジネスなのです。

なぜなら、
「絶対にこの価格以上で売れる!」
という値段以下で買い取れば、
かならず利益になるからですね。

例えば、
ヤフオクで50万円で販売利益がバンバンある時計があったとして、
それを30万円で買い取ることができれば、
ほぼ利益が確定なわけです。

という、
結構、美味しいビジネスなのですが、
美味しいので、
ライバルも増えています。

試しに、
「自転車 買い取り」
とグーグルで検索してみてください。

すると・・・
ものすごい数のPPC広告が表示されるでしょう。

ネット経由での買い取りは、
相当ニッチな商材に行かない限りは、
かなりクリック単価が上がっている印象です。

まだまだいけるところもあるんですが、
かなり門が狭くなってきています。

しかし!

リアル買い取り、
つまり、
実店舗を作って、
そこで買い取るというのは
ネットのように商圏が世界中じゃないので、
まだまだ穴が空いている印象ですね。

ということで、
どこかで買い取り店舗をやってみたいなーと
船原は考えています。

また、
シンガポールでも同様のことを考えていまして、
現在、シンガポールで買い取りライセンスを申請中です。

面白いことになりそうな予感ですが、
買取ビジネスの問題点としては、
買い取ってから売れるまでのキャッシュフローにありまして、
そこを何とか改善できないか頑張る所存です。

いろいろ、夢が広がりますねぇ。

ということで、
そういうことも将来的にできるようになりそうな、
セミナーが開催されます。

定員30人ですが、
多分、本当にもう、いっぱいになります。

あとは大きな会場に変えられれば、
もうちょっと募集を続ける可能性もあります。

ぜひお早めにお申込みくださいね。

「中古品無在庫国内転売でノーリスクで稼ぐセミナー」

追伸

中古品の販売って、
面倒なんですが、
利益率が高いのです。

なので、
実は資金が少ない人にとっては、
とても資金効率のよいビジネスなんですね。

日本は中古品を買ってくれるお客さんはいっぱいいます。
(シンガポールはいません・・・)

とても市場には恵まれていますね。

今、ちょっと始めてみると、
将来的に面白いことになると思いますよ。

メールにて通知をうけとる