副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

輸入ビジネスで利益率50%を出すには?

船原徹雄
2015/06/06 7:00:44
昨日紹介したこちらの映像は
ご覧いただけましたでしょうか??
ぶっちゃけていってしまいます。
この逆バリビジネスの中身はなんと・・・
「輸入ビジネス」
です。
「なにー、この1ドル=125円の時代に輸入ビジネスなんて笑っちゃう」
と思う人もいると思います。
というか、
そういう人が大半かなと。
はい、そういう人が大半ですので、
実は輸入ビジネスは今、ガラガラなんですよね。
みんな国内転売や輸出に向かっていっています。
それは、別に悪いことではありません。
みなさん、
自分が稼ぎやすいと考えたところで
カンバっているからですね。
ちなみになんですが、
当社も輸出や国内転売は頑張っています。
船原は個人的に
輸出を結構がんばっていますよ。
そういう人が多くなりましたので、
本当に輸入って
「穴場」
なんですよね。
この話をしたら
輸入ビジネスをしている人は
「うんうん」
と頷いてくれるでしょう。
やったことない人は
「そんなわけない」
と拒絶するでしょう。
まぁ、そういうことなんですが、
拒絶しないで一度、
僕とGOROさんの話を聞いて欲しいんですよねぇ。
そもそも、
僕のビジネスの始まりが
輸入ビジネスでした。
何億円も売り上げまして、
利益でも億に届いていると思います。
もちろん、
今でも形を変えながらやってます。
(ちょっと規模がでかくなってきましたが・・・)
来週、
イタリアにオーダーしていた数百万円分の仕入れがようやく届くんですが
イタリア人って本当に、ガチで、いい加減(苦笑)
オーダーしてから、1ヶ月位ほっとかれて、
ようやく発送してくれたんです。
数百万とか言うと信ぴょう性がないんで、
ガチの数字を書きますと
22963ユーロの仕入れと
4180ユーロの仕入れです。
合計27143ユーロで、
支払った時の為替で考えると
だいたい366万円です。
この商品を日本でガッツリと販売するのですが、
おそらく倍額では売れるので、
350万円くらいは儲けることが可能です。
もちろん、
これは船原だからできる仕入れでして、
あなたがいきなりこの仕入れをすることは難しいと思います。
船原は8年間も輸入ビジネスをやってきて
いろいろルートを構築してきましたので、
こういうことが出来るのです。
周りの人が
「やれ国内だ!」
「やれ輸出だ!」
と言っている間でも
海外からの仕入先を開拓し続けてきたので、
こういうことができます。
何がいいたいのかというと、
船原がすごいんだぞーということではなく、
輸入ビジネスって、
スケールをかなり大きくできるし、
円安のこの時期でも
半端ない利益率を出せるということなのです。
もちろん、
すぐに稼ぐこともできます。
数日前の、
ニューバランスの記事を読み返してみてください。
一部抜粋すると・・・
------
これとか
30000円で落札されているんですが、
eBayではこの価格です。
-------
この商品を見つけるだけで、
1万円弱くらいは儲かるのです。
それを10個見つければ
10万円は稼げますよね。
それをガンガン見つける実力をつければ
30万、50万と儲かります。
リサーチと仕入れと販売の仕組みを作れば
100万円を労力無く稼げます。
最終的に
仕入れを上流で行うことができれば、
利益率は跳ね上がるわけです。
すぐに稼ぐこともできますし、
その後のスケールもものすごく大きく出来るのが特徴です。
もしあなたが
今月、いきなり10万円稼ぎたい場合、
輸入ビジネスはそれに対応できます。
もしあなたが、
10年後、年商10億円、利益2億円のビジネスを創りあげたい場合、
輸入ビジネスはそれに対応できます。
(ただし、継続すれば)
為替なんて毎秒変化しています。
円が高い時もあれば
円が安い時もあります。
揺れます。
でも、
ビジネスは揺れないほうがいいですね。
GOROさんも
円高の時も
円安の時も、
継続して輸入ビジネスを続けているから
現在はシンガポールで遊んでいても稼げるわけです。
もう一度いいますが、
国内転売とか輸出ビジネスが悪いと言っているわけではありません。
(僕もやってます)
ただ、軸を決めて、
仕組みをつくり上げることができれば、
輸入ビジネスってものすごく理想的な形で
お金を生み出し続けてくれるビジネスなのです。
だから、この円安の今、
「逆に」
やって欲しいんですよねー。
今、儲かれば、
円高になった時は
大変な事になりますからね。
(ただし、一瞬ですが)
(だって、またいろんな人がぞろぞろやってきますからね)
(その時は輸出がいいかもですね)
ということで、
ぜひ軸を作って欲しいなーという深い意図を込めて
GOROさんとシンガポールを遊びまわっている動画とともに、
そのビジネスの秘訣を聞いています。
単純に、
GOROさんがバンジーで飛んだりするのも面白いので、
ぜひご登録くださいね。
追伸
それにしても、
イタリア人に限らず、
海外の人って結構いい加減。
まぁ、日本人が生真面目すぎるんですが。
すぐにバカンス行くし。
でも・・・
この円安で、
そういうバカンスに行きまくっている人たちよりも
平均年収が低いんですよねー、日本人。
こんなに生真面目に頑張ってるのに。
なんでですかね。

 

メールにて通知をうけとる