副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

 【橋本の副業①】

2015/09/30 18:03:02

国内転売担当、橋本です。

 

毎日コラムを書いているとネタがなくなって

しまうので、物販とは少し外れることも

書いてみます。

 

今回は橋本がしている副業について、

2つの記事に分けて書いてみたいと思います。

 

もともと僕は会社を経営しています。

(そもそも副業なのか?)

 

ただスタッフもいないし、登記も実家なので、

プライベートカンパニーみたいなもんです。

 

 

その会社では、太陽光設備機器の卸をやっていて、

全国にお客様がいます。

 

また銀行から6000万弱借入をして、

投資用の太陽光設備を、群馬と茨城に設置してます。

 

 

(2014年度)

設備卸事業:年間粗利1100万

自社発電所:年間売上700万~800万、銀行返済約400万

 

 

卸事業は年間粗利3000万くらい出ていたのですが、

前職にいたときに立ち上げた事業なので、

7割くらいの粗利を前いた会社に渡してました。

なので僕自身はそんなに儲かりませんでした。笑

 

こんな感じで自社の発電所も卸事業も

毎月利益が出ているので、そこそこ

うまくいってるとは思います。

 

 

でもネットの情報を見てると、太陽光投資は

ネガティブな記事がいっぱい出てきます。笑

 

情報ソースが偏ると、判断を誤る可能性が

十分ありえますね。

 

基本僕はネットの情報信じてしまう

情報弱者なんですが、太陽光に関しては

2年くらいビジネスをやっているので、

 

「・・・何を根拠にこんなこと言ってるんだろう?」

 

って思うことが多々ありますし、

みんなニュースやネットに影響されまくってるなー

と思うばかりです。

 

太陽光画像

(出所:日経BP)

 

この画像、見覚えありますか?

 

6月の突風の際、太陽光設備が吹っ飛んだよ!

とテレビで大々的に放送されました。

 

確かにどうみても吹っ飛んでますし、

保険に入っていなければ。

借り入れの方は基本自己破産です。

 

 

このニュースを毎日みてると、太陽光ってやばいな。。。

と思ってしまいますが、現実的にこんなことが

起こるのは、はっきり言って1%以下の確率です。

 

しかもちゃんと国内の保険会社に入っていれば、仮に壊れても

再建設をする2~3ヶ月の間の売電料金まで保証されます。

 

つまり大概の天災は、ちゃんと建設されて、

しっかり保険に入っていれば、ほぼリスクはありません。

 

 

何が言いたいかというと、情報ソースをネットだけに

頼ったり、ニュースで見たものを鵜呑みにするのは

最短効率に見えて、損する事が大いにあるということです。

 

百聞は一見に如かず。

 

情報に踊らされる前に、

 

同じ情報を別の媒体から見て、

やっている人から直接話を聞いて、

自分でテストやシミュレーションをしてみましょう。

 

 

次回は橋本副業編②ということで最近流行りのAirbnbを

やってみたので、そのことについて書いてみます。

 

橋本

 

 

メールにて通知をうけとる