卸について

busokenadmin | December 22, 2015

こんにちは。

国内転売の朝野です。

 

 

先日卸の仕方について質問を

いただいたのでお答えしたのですが

気になる方もいらっしゃると思うので

それについて書かせていただきます。

 

 

Q1.以前、商品を「落札してから」交渉すると

言われていましたが「出品者へ質問」から

交渉するのはやはりマズイでしょうか?

一度落札してから交渉、というスタンスを

とられているというのはこちらの情報を

開示して信用を得てからというお考えなのでしょうか。

 

 

→結論からいうと「出品者へ質問」から

交渉するのはマズくはないです。
出品者がストアだった場合は出品者の自己紹介の

「ストア情報を見る」から

ストアの情報を見ることができます。

そこに電話番号やメールアドレスが記載されています。

 

 

電話で交渉した方が返答は早いと思います。

交渉価格はその商品の落札相場から

販売手数料5.4%を引いた額から

さらに少し引いた額で僕は交渉しています。

 

 

例)落札相場30,000円

そこから販売手数料5.4%の1,620円を引くと28,380円

そしてそこから少し引いて

27,500円〜28,000円くらいで交渉してみます。

 

 

出品の手間、梱包の手間、

送料は1回分ということを武器にして、

数個購入した場合さらに27,500円〜28,000円から

さらに少し引いた額で交渉します。

という感じで僕は交渉しています。

 

 

この場合で行くと僕は

27,000円で交渉します。

 

 

無理だと言われる可能性が高いですが

その場合は、

「何個購入したら27,000円にしてくれますか?」

と質問を少し変えます。

 

 

僕が落札してからと書いていたのは

落札できた商品の中で業者さんっぽい方が

いたらアタックするという感じで行っていたからです。

 

 

また、情報を開示して信用を得るというのはもちろんですが、

購入の意思があるということを伝えることができますし、

出品者の優先順位の上位に入ることができるからです。

買ってくれるかわからない人から

連絡がきてもたぶん忙しければ後回しになると思います。

 

 

ですが実際に商品を落札していれば

購入意思を示すことができるので返事が比較的に早い気がします。

以上の理由から「落札してから」という表現を

使っていただけなので「質問から」でも問題ありません。

 

 

Q2.あまり卸しの商品を見つけられないのですが、

根気良く探すと見つかりますか?

 

 

→もちろん見つかります。

 

しかし、ルンバやレイコップなどの

人気家電では僕は見たことがありません。

結構ニッチな商品が多いです。

見たことも聞いたこともない商品が

Amazonではかなり売れていたりするんです。

 

 

初めて卸の商品を見つけた時は

弊社の「Trade Trap」というツールで

リサーチしている時に見つけました。

 

 

Amazonの在庫切れの商品や

Amazonが出品していない商品を

抽出して一覧として表示してくれます。

 

 

他には仕入れている時にこの出品者から

前回も買ったなという出品者に

ダメもとで卸してくれるか聞いてみたりしています。

 

 

個人出品者でたまたま持っていたという場合も

結構ありますがバリバリの業者さんもたまにいます。

 

 

業者さんですがヤフオクのアカウントは

ストアアカウントではなく、個人アカウントでした。

 

 

他に卸してもらっている商品も

ヤフオクのアカウントは個人アカウントでした。

 

 

業者さんはメーカーに販売価格を決められています。

決められていると言っても明確に決められているわけではなく

あまり安売りしないでくれと言った感じです。

 

 

価格競争で相場がどんどん下がってしまいますからね。

 

 

ですからヤフオクのストアアカウントで

バンバン安売りしていると

メーカーに見つかった時に卸業者さんが

取引してもらえなくなる可能性があるわけです

 

 

その為、個人アカウントで販売している場合があります。

 

 

卸しの商品を探す場合ストアアカウントに

絞るのではなく個人アカウントの方が

可能性が高い場合もあるのでチェックしてみてください。

 

 

 

 

卸しの商品は毎月安定して

仕入れることができるので

みなさんも興味があると思います。

 

 

特別難しいことをするわけではなく

非常に簡単です。

 

 

ですがその商品を見つけることが

やはり難しいと思うので

リサーチをするしかありません。

 

 

リサーチに集中するために

時間を効率的に使いましょう。

 

 

ではでは!

 

 

朝野

 

 

完全無料で物販ビジネスを学び、毎月10万円以上の収益を得る方法を公開中!

この記事の著者: