どうすれば売れるネットショップになるのだろうか?

田辺 浩太郎 | April 22, 2017

ネットショップは個人でも簡単に作れる時代になりました。

しかし、ネットショップの約7割が売上が10万円以下、利益が残らず苦しいというデータもあります。

では、どのようにして上位30%、売れる、儲かるネットショップを作れるようになるのでしょうか?

 

売れるためのネットショップのチェックポイント

まずは売れるためのネットショップのチェックポイントを見ていきましょう。

 

ネットショップのデザインはきちんと出来ているか?

お店のコンセプトはしっかりと定まっているでしょうか?

Amazonのような大規模なお店を作るわけではない(作っても勝てない)ので、ターゲットを明確にして絞込、その人にとって最高のネットショップを目指すべきです。

ペルソナを作りこんで、その人に特化してショップを目指してみましょう。

 

写真は綺麗で、インパクトや伝えるものがあるか?

ネットショップにおけ商品写真は命です。暗い、ぼやけてるなどもってのほか。明るくて鮮明で、商品の使用状況がイメージできる写真を用意しましょう。

特にアパレル商品はモデル着用写真があればなおいいです。売れてるショップ、カタログ通販の写真を参考にしてみましょう!

 

商品説明が解りやすく説得力があるか?

写真が良くても、それだけでは不十分な場合があります。例えばこだわりのオーガニックコットン100%のシャツを写真だけで表現するのは難しいですよね。

そのこだわりの商品説明をわかりやすく、丁寧に伝えましょう。

例えば、、

「今は希少になってしまった国産、無農薬にこだわり続け、独自の栽培方法で綿を栽培している契約農家さんが生産した綿のみを使用しています。

綿畑からシャツの製造まで全て自社管理をしているため、100%農薬無使用のシャツが実現できました!

お肌に優しく、科学物質アレルギーも起きません。肌が強くない方には特におすすめです。」

そして、お客さんが抱くであろう疑問、懸念点も先回りして説明して解決して上げましょう。

例えば、

Q:「オーガニックコットン100%って普通に洗濯しても大丈夫?」

→A:「大丈夫です。通常の洋服と同じように洗濯機で洗っていただけます。ボタンの割れなどが気になる方はネットに入れて洗濯をすることをオススメします♪」

って感じですかね。

シャツの写真だけでなく、綿畑の写真、契約農家さんの写真などがあればもっと具体的にイメージをさせることができていいですね。

 

ネットショップの使い方が分かりやすいか?

せっかく写真と商品説明をがんばって、お客さんが欲しい!と思ってくれても実際に買ってくれなければもちろん売上になりません。

カートボタンは見やすい大きさになってますか?価格は?サイズは?送料は?決済方法は?配送方法は?

これらの情報をわかり易く整理して載せましょう。

この情報がどこに書いてあるかわからない。探すのめんどくさいから買うのやーめた!ってなるお客さん、非常に多いです。超もったいないですね。

 

お客様の声(レビュー)や販売実績などお店に賑わいがあるか?

レビュー、口コミは非常に重要です。食べログでお店探して、評価が2点台だといかないですよね。。

レビューを集める工夫をしましょう。

「よかったらレビューを書いてください!」と表示しているだけでは集まりません。「レビューを書いてくれた方、送料無料、500円割引」などお客さんにインセンティブを与えることが重要です。

また、悪いレビューもそのまま表示しておきましょう。

あまりにいい評価だけが並んでいるとレビューそのものの信用がなくなってしまいます。レビューに返信できる場合は返信も忘れずに。

例えばこんな悪いレビューがあったとしますと、

「2日後に届くと書いてあったのに1週間経っても届かなかった。電話で確認すると、発送漏れがあったとの回答。その際の電話対応があまり気持ちのよいものではなかった。」

返信「この度はご迷惑をおかけして大変申しわけございませんでした。

発送漏れについては、GW前の繁忙期で弊社のチェックが追いつかずに発生していまいました。出荷数が多くても出荷漏れが発生しないよう改めて社内体制を見直し、強化を図ってまいります。

また、電話対応についても不愉快な思いをさせてしまい大変申し訳ございませんでした。スタッフへの教育が行き届いておりませんでした。

電話対応マナーなど再度見直しをして改善を図ってまいります。」

と書けば、素直に悪いレビューを受け入れて改善を図ろうとしているお店だと認識してもらえますね。お店の姿勢が問われます。

 

決済方法の種類や配送方法・費用が解りやすいか?

欲しい!買おう!、、おや、買い方がわからん。。いつ着くかわからん。。え、クレカ使えないの?などなどここでつまづく人のなんて多いことか。。

まず、「納期」をきっちり表示しましょう。

プレゼント用など届く日を気にする方はあなたが思っているより多いです。例えば、午後14時までのご注文で神奈川より即日発送!関東は翌日、その他の地方は翌々日に届きます!

などと書いてあれば安心して買い物できますよね。また、「お急ぎの方はお電話下さい○○-○○○-○○○○」など電話で相談しやすい環境を作ってあげるのもいいですね。

決済方法は、「クレジットカード」「銀行振込」「代引き」「Amazon Pay」「後払い(コンビニ決済)」がおすすめです。

可能であれば全て揃えましょう。

特にAmazon Payは急速に拡大しています。Amazonのアカウントを持っていれば、住所、カード番号などを入力する手間が省けます。また、事業者側のメリットとして、入金サイクルが早いことがあげられます。

「代引き」や「後払い(コンビニ)」もおすすめです。

一定数の方は前払いに不安を抱いています。お客さんの不安をなるべく解消してあげましょう。

あとは、細かいですが送料表示のコツ。

商品は5,000円だと思ってて最後の最後、決済の時に「商品代金5,000円 送料800円 計5,800円」と書いてあると、え?って躊躇していまいますよね。損した気分になります。

同じ800円の送料を請求するのであれば、なるべく最初に表示してあげることを心がけましょう。

 

個人情報を守るセキュリティがしっかりしているか?

個人情報保護が叫ばれて久しいです。

住所、名前、電話番号、クレジットカード番号は絶対に漏洩しないよう心がけて下さい。

個人情報保護法にのっとり、適切な保管をしている。自社のプロモーション以外には使用しない。外部へ公開しないなど、ポリシーをしっかり定めてサイト上に記載して下さい。

特にクレジットカード番号は自社で保管するのは危険です。クレジトカード番号を自社で保管する必要のない決済代行サービスを使用して下さい。

データ通信も「SSL」を必ず使用して下さい。(http://始まりではなく、https://始まりのURL)最近のブラウザはSSLを使用していないサイトは「通信が保護されていないサイト」と表示されてしまいます。

 

売れる ネット ショップ

 

それだけでお客さんは不安に思って離脱してしまいます。必ずSSL適用してください!

 

お店の情報がきちんと開示されているか?

ネットショップといえども、結局、裏にいるのは人です。どんな人がどんな思いで営業しているのか、販売しているのかを伝えるのは安心感を与える、信頼を得るうえでも大事です。

 

売れるネットショップの店長さんとは?

まず大事なことは、真剣かどうか!真剣に売上を上げたいと頑張って試行錯誤し続ければ必ず売れます。

とりあえず作って放置という状況では売れません。これからネットショップを作ろうとしている方は気をつけて下さい。とりあえず作っただけでは売れませんよ!

 

ネットショップを楽しんで経営している!

好きこそものの上手なれとはよく行ったものです。好きな商品を販売するだけで楽しい、嬉しいという方はネットショップに向いてます!

逆に、HTMLとかCSSとか苦手。。PCアレルギー。。って人は止めたほうがいいです。もしくは、WEB周りに強い人にお願いをして、自分が得意な仕入などに取り組みましょう!

 

売っている商品にこだわり・自信を持って販売している!

繁盛店はどこも自分が売っている商品に自信をもって販売しています。胸を張って本当にいい!と誇れる商品を販売しましょう。

 

他のネットショップの良い所や悪い所をしっかりと見て自分のショップに反映することが出来る

他のショップからヒントを得ようと常に心がけている人は成長が早いです。よいところは徹底的にマネをしていきましょう!

 

売上の方程式を理解している。

ネットショップの売上方程式

売上 = アクセス数 × CVR(転換率) × 注文単価

これを理解して、自社の状況を理解し、足りないところを補い、得意なところを伸ばす。

これが出来る人が最強です。根性論ではどうにもなりません。

ショップを徹底的に分析して対策を立て、実行し、結果を確認し、また新しい施策の実行。

この繰り返し以外にネットショップの売上を上げることは出来ません。

完全無料で物販ビジネスを学び、毎月10万円以上の収益を得る方法を公開中!

この記事の著者: 田辺 浩太郎 外資系ITコンサルタントとして多忙ながらも充実した日々を送っていたが、 物販総研所長、船原の伝説的教材、「オークションアービトラージ」と「マネートラップ」によりネット物販の世界に出会う。 2012年から副業でeBay→ヤフオクの転売を開始し、開始3ヶ月後に月収100万円を突破 副業を開始、6ヶ月後に無在庫販売のネットショップを開設、 初月の売上41,300円→494,100円→791,800円と売上を伸ばす。 2016年より正式に物販総研のネットショップ担当として活動開始。 月商700万円程度だった自社サイトを月商4,000万円規模まで成長させる。 得意技はネットショップ全般とその他に、外注化、チームビルディングなど 好きな言葉はABテスト 嫁と子を愛する1児の父 地元、福岡をこよなく愛する