副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

TOP1%の所得を得る方法

船原徹雄
2015/02/23 7:00:35

フランスにピケティさんという学者さんがいて、
その人が書いた本が馬鹿売れしているようです。

「21世紀の資本」

5940円もする分厚い書籍で、
もちろん船原は読んでません・・・

どうやら

資本収益率 > 経済成長率

ということが書いてあるそうです。

お金を持っている人がお金を生み出すスピードと
お金を(比較的)持っていない人が労働で稼ぐスピードを比較すると
前者の方が早いため、
格差がどんどん開いていくということみたいです。

難しい話ですが、
超簡単に言うと、
金持ちはそのお金を使ってどんどん金持ちになり、
貧乏人はどれだけ労働してもお金持ちには追いつけない
って感じですかね。

資本収益率は大体4%くらいで、
経済成長率は先進国で1.5%くらい。

ということで、
金持ちがドンドン金持ちになっちゃうやーん、
というのがピケティさんの言いたいことです。

そこで、
格差を無くすために
若者や資産のない人に所得を配分する必要があるとのこと。

もちろん
富裕層からの税収を主にその財源に当てる必要がありますね。

ところで、
ピケティさんあたりの議論をみていると、
TOP1%というフレーズを良く聞きます。

これは、
TOP1%くらい稼いでいる人が、
その市場の大部分の稼ぎを取って行ってしまうということです。

アメリカでは
TOP1%が国民全体の収入の20%くらいを稼いでいるみたいです。

さらにTOP10%で見ると、
半分くらいを稼いでいるとか。

すごい・・

ちなみに日本はTOP1%が9%位を稼いでいます。
TOP10%でみると40%位を稼ぎます。

アメリカまでとはいいませんが、
まずまずの格差社会になってきています。

そして、これも問題になっているのですが、
この数年で増えた国民全体の収入のうちのほとんどを
この1%とか10%の人たちがかっさらっているということですね。

つまり、ピケティさんの言うとおり、
お金がお金を生んでいるような状況の人が
増加する富のほとんどを手に入れているのです。

ゆるせん!!

と、怒る方も多いと思います。
あいつらが大部分を奪っているから
自分は貧乏なんだ。

だから、あいつらからたんまり税収をとって、
自分たちに分配しなければいけない。

確かに、
所得格差をならすための方法としてもっともよく使わるのが、
累進的な課税です。

つまり、
お金持ちはいっぱい税金をはらって、
貧乏な人はあんまり払わない。

それによって、最終的に残る所得を調整しましょうということですね。

ただ問題は、
最近は企業も個人もかなりグローバル化していまして、
タックスヘイブンなど税制を使うと、
意外と簡単に、合法的に税金を少なくすることが出来てしまうのです。

GoogleもAppleもAmazonも
ほとんど税金払ってないですからね。

それでもなお、
累進的な課税は有効的な方法ではありますね。

さて、
ちょっと確認したいのですが、
そもそも
「TOP1%」
とか
「TOP10%」
というのは、
どのくらい稼いでいる人のことを言うのでしょうか??

ちょっと予測してみてください。

1%とか、かなりやばいんで、
もしかしたら年収1億?10億?

という想像をされる方もいらっしゃるでしょう。

ちょっと確認してみましょう。

「あなたの年収、日本で何番目?」

こういうサイトが有りました。

いろいろ数字を入れていくと、
1%を切るのが大体

年収1500万円

くらいです。

ただ、
これは給与所得者のランキングでして、
事業所得や配当所得、株のキャピタル所得なども考えると、
ちょっと違う結果にはなると思います。

でも、感覚的に
年収1億とか10億ではなく、
年収1500万円くらいがTOP1%なんだと、
理解して頂いていいです。

どうでしょう?

僕は
「意外と低い」
と感じました。

というのも、
普通に物販ビジネスをやっていて、
月収120万とか130万円くらい稼いでいる人、
つまり年収1500万円以上ある人は結構いるからです。

もちろん、
普通に会社に入って、
お給料で年収1500万円というと
結構頑張らないといけないと思います。

でも、
自分でリスクをとってビジネスをつくれば
TOP1%の世界は手の届く所にありますよね。

むしろ、
一度、その1%の世界に入って、
資産を築いていかなければ、
今後は格差の下の方に入っていってしまう可能性が高いです。

お金がお金を生むような状況を作らないと、
どれだけ働いても金持ちになれない状況が
日本にもやってきてしまうでしょう。

ということで、
今はちょっと苦しいかもしれませんが、
本当のTOP1%に入ってしまえば、
あとは資産が膨張する仕組みを作るのみとなります。

その世界までくれば、
将来的に経済的な不安からは逃れられることになりますね。

追伸

ちなみに・・・

世界の所得ランキングも確認できます。

Global Rich List

年収300万円くらいでみると
世界ランキングで1.67%ですね。

日本に生まれるって、
ものすごいことなんだなと思いました。

メールにて通知をうけとる