【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

せどりと転売って違うの?方法や副業にするメリット・デメリット

船原徹雄
2019年9月16日

この記事の内容

クラウドソーシングサイトや大手企業の副業解禁などにより、副業のハードルが徐々に低くなってきている昨今。

特に転売やせどりは個人でも始めやすい商売形態で、興味があるという人も少なくないでしょう。

今回の記事では、これから副業を始めようという人のために、転売とせどりについて詳しく解説していきます。

両者の違い、メリットとデメリット、失敗しないためのコツなど、事前に知っておけば成功への近道となるはずです。

せどりと転売の違いは?

15_15_1_43280593

せどりとは、古書業界で使われていた言葉です。
 
古書を仕入れてできるだけ高く売る、業者間の「競り」に由来し、漢字では「競取り」と書きます。
 
この行為そのもの、またこれによって利益を得る人々のことをせどりと呼びます。
 
一方、転売もせどりと同じように、商品を仕入れてそれを売ることにより収入を得るビジネスモデルです。
 
大別すれば同じ商売であり、「転売」の中に「せどり」が含まれるとイメージすればよいでしょう。
 
ただし、オークションサイトやショッピングサイトの普及によってさまざまな商品が売買されるようになり、現在では両者は同じ意味で使われることが多くなっています。
 
古書の売買以外についても「せどり」と表現するようになってきているのです。
 
いずれにせよ、きちんと手順を踏めば違法になるものではありません。
 
ニュースなどで話題になることがあり、「転売」と聞くとマイナスなイメージを持つ人もいるでしょう。
 
不当に入手した商品や偽ブランド品などの転売は確かに違法ですが、そうでないものについては基本的には違法にはあたりませんので安心です。
 

 

せどりや転売は捉え方が販売とは異なる

ea48a0b7e0cc9e05905d08f7389fecb7_t

転売やせどりについて理解を深めていくと、実は世の中の商売の多くは「転売」であることに気付きます。
 
例えば、街のスーパーマーケットを見てみましょう。
 
スーパーではさまざまな商品が売られていますが、これらはもともと第三者の手によって作られたものです。
 
野菜や肉などの生鮮食品、調味料や冷凍食品などの加工食品、あるいは日用品など商品はいろいろとありますが、それぞれ製造元や卸業者から仕入れ、そして店頭に並べ消費者に販売しています。
 
例外的に、プライベートブランドを展開するスーパーの場合は製造も行っていることもありますが、基本的にはスーパーも「転売」で成り立っているといえるでしょう。
 
本屋、ドラッグストア、アパレルショップ、スポーツ用品ショップと、街にはさまざまなお店が並んでいますが、これらも原理は同じです。
 
製造元などからなるべく安く仕入れ、仕入れ価格よりも高い価格で消費者に買ってもらうことで利益を得ています。
 
しかし、一般的にはこのように店舗を構え商品を売っているビジネル形態を「転売」あるいは「せどり」とは呼びません。
 
これらはあくまで「販売店」であり、転売などとは一線を画します。
 
やっていることは同じでも、「誰が」「どういう形態で」行うかによって呼び名が変わってくるのです。
 
では、どういった形態がせどりあるいは転売と呼ばれるかというと、インターネットを使って個人でビジネスを行う場合です。
 
明確な言葉の定義があるわけではありませんが、一般的にはそのように認識されています。
 

 

せどりや転売の方法を押さえてから始めよう!

86e6b2d85e401d083110d7eb659f3f1e_t

副業もいろいろありますが、株式投資やFXなどは初心者にはハードルが高く、なかなか手が出せないと思っている人も少なくないでしょう。
 
飲食店などのアルバイトであれば一定の収入を得ることは期待できますが、決められた時間を働かなくてはならず、本業がある人にとっては気軽にできるとは断言しづらい副業です。
 
その点、せどり、転売は特別な技術を必要とせず、インターネットさえ接続できれば誰でも始めることができます。
 
また、空いた時間を使って作業ができるので、本業とのバランスもとりやすいでしょう。
 
そのため、誰にとっても挑戦しやすい副業といえるかもしれません。
 
いざせどりや転売を始めるときには、まずは家にある不用品をフリマアプリやAmazonに出品するところから始めてみましょう。
 
資金不要で始めることができ、スマートフォンさえあればできるのでハードルは低いはずです。
 
収入が得られるだけでなく、家の中で眠っている不用品を整理整頓するチャンスにもなります。
 
リサイクルショップや古本屋に持っていくこともできますが、そういったところでは期待するような買い取り価格にならないことが多いです。
 
その点、フリマアプリなどでは自分で価格設定ができますので、利益を得やすいでしょう。
 
そして、不用品を売って得たお金を元手にして本格的に転売を始めます。
 
この時点で販売についてはある程度慣れているでしょうから、あとはどういった商品を取り扱うのかを決めるだけです。
 
その際、重要なことは「適正な販売ルートを構築する」ことです。
 
仕入れ先、商品の掲載先などを間違えれば思うように利益が得られないことがあります。
 
それどころか、法に触れてしまう恐れもありますので、始める前に販売ルートについてはよく検討しましょう。
 

 

せどりや転売を始めるタイミングは?

72b28f52f76353ff1ca6e38dd501f833_t

せどりや転売による副業はいつでも始められますが、特にこだわりがないのであれば1月に始めるのがおすすめです。
 
本業とは別に副業を持つ場合、副業の収入が20万円を超える場合には確定申告をする必要があります。
 
そして、確定申告の書類は該当年の1月1日~12月31日の所得金額を正しく計算して作成する必要があります。
 
1月から始めれば書類管理などもしやすいので、スマートに始められるのではないでしょうか。
 
確定申告を行うときには、「白色申告」ではなく「青色申告」がおすすめです。
 
青色申告の場合、青色申告特別控除を受けることができ、最大で65万円を差し引くことができるからです。
 
課税額に関わってきますから、利用しない手はないでしょう。
 
また、万が一損失が出てしまっても翌年以後3年間にわたって繰り越しできるのも青色申告の特徴です。
 
実際に副業を進めていけば、思うように利益が出ない事態もありえないとは言い切れません。
 
しかし、青色申告をしておけば損失を各年分の所得から差し引きできるので安心です。
 
ちなみに、確定申告に関しては収入が20万円以下でも、申告が必要になるケースもあります。
 
自分が該当するかどうか、事前に確認しておきましょう。
 
会社勤めをしながらせどりを始めようという人は、仕事は辞めずに副業として始めるほうがベターです。
 
仕事を辞めてから始めたとして、利益が出なかった場合には事業を続けられないだけでなく日々の生活にも困る事態になりかねません。
 
まずは副業として始め、軌道に乗ってきたら独立を考えるのでも遅くはありません。
 
リスクを減らすためにも、本業は別に持っていたほうがいいでしょう。
 

 

副業としてせどりや転売をするメリット

099e93dd00f4121565cd12fe182aa57f_t

せどり、あるいは転売を副業とするメリットは、なんといっても収入が増えることでしょう。
 
自由に使えるお金が増えますので、趣味や貯蓄に回せるお金が増えます。
 
お金がなくて断っていた仲間との飲み会も、ボーナスが出てからとためらっていた買い物も、収入が増えれば我慢する必要がなくなります。
 
夏休みの旅行も、国内ではなく思い切って海外に行くことができるかもしれません。
 
子供がいる人の場合は、公立の学校ではなく私立に通わせることができるなど子供の教育の選択肢を増やすこともできます。
 
もちろん、「お金がたくさんある=幸せ」と単純に言えるものではありません。
 
物の感じ方は人それぞれですから、収入が低くても幸福感を得ている人はいるでしょう。
 
しかし、お金があれば選択肢が増えることは事実です。
 
副業によって収入が増えれば、人生の選択肢を増やすことができ、充実感の増進に一役買ってくれるのではないでしょうか。
 
また、収入が増えれば家族や周囲の人の理解も得やすくなります。
 

 

副業としてせどりや転売をするデメリット

d74ee7a40de8c5a88b12fbc3eee4a9d6_t

副業にはいろいろとメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。
 
一番は、本業との両立が難しいという点でしょう。
 
一般的なサラリーマンであれば、朝9時に出社して夕方5~7時まで働く、というのが1日の流れです。
 
それから副業をするとなると、1日に作業できるのは3~4時間程度です。
 
食事時間や睡眠時間を削ればもっと時間は増えますが、それによって健康を害してしまっては元も子もありません。
 
副業に集中しすぎて本業がおろそかにならないように、反対に本業が忙しくて副業にかける時間がなくならないように、うまくバランスを取っていく必要があります。
 
また、会社によっては副業禁止の会社もあります。
 
そういった会社に所属しながら副業するとなると、いろいろと神経を使わなくてはいけないことが出てくるでしょう。
 
会社に知られた場合には、契約書の内容にもよりますが解雇になることもありえます。
 
そのリスクを冒してまで副業をすることにどれだけのメリットがあるのか、よく考えてみる必要があります。
 
可能ならば、副業を許可している会社を選んだほうがベターです。
 
他にも、確定申告の手間もデメリットに挙げられます。
 
書類作成に時間がかかるだけでなく、レシートや領収書の保管も必要になりますので、日ごろから気にかけている必要があります。
 

 

せどりや転売で失敗しないための対策1:成功体験を積み重ねる

c3dd77de3ca10df3284a65e37a66ffb4_t

せどりや転売で成功しようと思うのなら、まずは自分のできる範囲で始めてみることが重要です。
 
いきなり知識もない商品の売買をしようと思ってもなかなかうまくいきません。
 
思うように売れずに仕入れ額ばかりが膨らみ、赤字になって途方に暮れてしまうという事態にならないためにも、最初から大きな冒険はしないようにしましょう。
 
しかし、だからといって仕入れ損を恐れて商品を仕入れないでいると、売るものがなく利益も得られません。
 
それでは副業の意味がありませんから、思い切りもときには重要です。
 
リスクをうまくコントロールし、ビジネスを軌道に乗せるためには小さな成功体験を積み重ねていくことが重要です。
 
まずは身の回りのものを売ったり、少額の取引をしたりするところから始めましょう。
 
その中でうまくいったこと、反対に失敗したことを振り返ることでビジネスの知識やスキルが身についていきます。
 
そして、それらが十分に身についたと思ったら、ビジネスの範囲を広げてみましょう。
 

 

せどりや転売で失敗しないための対策2:商品をリストアップする

7ad5ca7232792c1f45a0bdbeaafd6eb2_t

せどり、転売は誰でも取り組みやすいビジネスですが、その分ライバルも多いのが難点です。
 
利益が出そうな商品を見極め、ライバルよりも早く仕入れ、早く転売しなければ継続的に利益を出すのは難しくなってきます。
 
そのため、実行力がものをいう副業といえます。
 
しかし、スピード感を重視しすぎて商品管理をおろそかにしていると、実はすでに在庫を抱えている商品を仕入れてしまったといった事態にもなりかねません。
 
素早い判断は大事ですが、適切な商品管理も同じくらい重要です。
 
商品管理にはエクセルの活用が欠かせません。
 
商品の仕入れ先や仕入れ価格、販売価格、在庫数などをリストアップしておけば、無駄な仕入れも減るでしょう。
 
また、仕入れた商品だけでなくリサーチした商品も同じようにリストアップしておけば、同じ商品を見つけたときに価格の比較ができます。
 
商品価格は常に変わっていくものですので、データを残しておくことで効率的な仕入れができるようになるでしょう。
 

 

せどりや転売で違法になるケース

772688fec84dd6446eeae18f18d863bb_t

適正な販売ルートを構築し、仕入れや販売を適切に行えば、せどりを副業とするのはそれほど難しいものではありません。
 
しかし、商品の特性を理解していないと違法になってしまうこともありますので注意しましょう。代表的な違法転売といえば、チケットの転売です。
 
コンサートなどのチケットは、購入した金額よりも高い値段で販売することが禁止されています。これは某転売サイトが告発されたことで大きく話題になりました。
 
そのサイトでは人気アイドルグループのコンサートチケットなどが販売価格以上の値段で取引されており、大問題となったのです。
 
補足しておくと、「購入した金額と同額」もしくはそれ以下であれば違法にはあたりません。
 
また、偽ブランド品の販売も違法です。これは商標法違反となり、「10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、又はそれらの併科」が科されます。
 
CDやDVDなどのコピー品も販売禁止品ですので、そういった商品を仕入れる際には十分に注意しましょう。
 
商品や販売ルートそのものに違法性がなくても、確定申告を忘れていたり、申告した内容に誤りがあったりすると脱税行為とみなされてしまうこともあります。
 
「知らなかった」では済まされませんから、きちんと知識をつけておくことが重要です。
 
物販総合研究所ではこういった副業に関する情報をいろいろと発信しています。
 
登録を行い、常に最新の情報にアップデートできるようにしておいてはいかがでしょうか。
 

 

せどりや転売についての情報を得ながら経験を積もう!

c11affc103a3dc082e29672e2aeb6360_t

せどり、転売は誰にとっても始めやすい副業のひとつです。

しかし、知識がゼロのまま始めてしまうと思うように利益が上がらなかったり、法に触れてしまったりすることがありますので注意が必要です。

公明正大な取引を行い、収入を得ていくためにも専門サイトで必要な情報を調べておきましょう。

知識やスキルを身に付けて経験を重ねていけば、副業でひと儲けするのも夢ではありません。