【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

サラリーマンなら副業をするべき?メリットやおすすめの副業を詳しく紹介

船原徹雄
2020年2月13日

この記事の内容

将来への備えとして、今の仕事に加えて副業で収入をアップさせる人が増えてきています。

確かに、副業を解禁する企業が増えているなど世間的には副業に前向きな動きがみられますが、実際に始めてみるとなると、副業にはどんなメリットがあり、どんな風に選べば良いのか分からないという人も意外と多いものです。

そこで今回は、副業にこれからチャレンジしてみたいサラリーマン向けに、副業の基本的なメリットや注意点を解説しつつ、副業の選び方やおすすめの副業を紹介します。

 

副業とは?

69f28922232b05b8c953ace0cbd510ea_s-3

副業とは、本業とは別に収入を得ることを指し、株やFXなどの投資から週末アルバイト、ダブルワーク、起業に至るまでその手段はさまざまです。

副業と似た言葉に、兼業や複業がありますが、いずれも明確な違いはなく、同じような場面で使われています。

日本はかねてより公務員にならって副業を禁止していた企業も多くありますが、働き方改革や海外の影響を受けて、副業を解禁する企業も増えてきています。

また、年金問題や老後資金への懸念などから、収入アップを目指したい人が増えてきたことを背景に、副業を始めるサラリーマンが増加しています。

平日はサラリーマンとして本業をこなしながら、週末にアルバイトをして副収入を得たり、空き時間にスマホでコツコツと稼いだり、副業が当たり前になり始めているのが現状です。

 

サラリーマンが副業をするメリット

4bea7533851a8ec1ff86a2b2f6c6e05b_s

副業を始めるサラリーマンが増えていますが、副業を始めることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、サラリーマンが副業をする主なメリットとして3つ紹介します。

 

副収入ができる

副業を始める一番の魅力は、なんといっても収入が増えることにあります。

本業の収入だけでは、今後の生活が心細いようなケースでも、副収入があれば家計が安定し、気持ち的にも余裕ができます。

特に、年金問題が取りざたされる中、貯金に回すお金が少しでも増えることは、多くの人にとって嬉しいことでしょう。

また、万が一本業で働く会社が倒産したときのリスクヘッジになるというメリットもあります。

唐突にリストラされたようなケースでは、収入がゼロになってしまいますが、副業をしていて副収入があれば、その衝撃を少しでも和らげることができるわけです。

副業の中には、本業を超える利益が期待できるものもあり、サラリーマンとして副業をしながら独立の機会をうかがっているという人もいます。

 

スキルアップできる

副業をすることによって得られるメリットは、収入だけではありません。

副業の種類にもよりますが、多くの場合、自身のスキルアップにつながります。

例えば、ライティングの副業であれば文章能力や表現力が培われ、週末のアルバイトで接客をしているのなら対人スキルが身につきます。

本業とシナジーのある副業に携われば、副業で習得したスキルをそのまま本業に活かせるケースもあるでしょう。

また、本業とは全く関係のない副業であっても、その分野のスキルを習得できるのは将来的に考えても貴重です。

ライティングの技術を得て本業のプレゼンや資料作りに活かしたり、接客業で得た知識を老後の独立のために活かしたりと、可能性は多岐に渡ります。

また、趣味や得意分野を副業に選んだ人は、もともと持っているスキルをさらに向上させることもできるでしょう。

 

定年後の収入も確保できる

10_10_1_47431626

収入アップとスキルアップ以外のメリットもあります。

特に注目されているのが、老後の収入源になる可能性があるという点です。

年金が少なくなるといわれる昨今、定年後も働き続けるケースは珍しいものではなくなりました。

その中で、本業の傍らで進めていた副業を、定年後も継続することで収入が得られるというのは大きなメリットといえるでしょう。

定年後に安定的な収入があるというのは大きな安心感につながり、場合によっては定年前は副業だったものを定年後に本業にするといったことも可能になります。

退職や年金だけに頼らず、会社にも依存しない副収入を確保しておくことは、老後の生活を支えるうえでも重要なことといえます。

 

サラリーマンが副業をする際に注意したいこと

535aaa860af6aa70a6e31359dc2cec00_s

副収入やスキルアップなど、サラリーマンにとっては嬉しいメリットも多い一方で、副業には注意したいこともあります。

いくつか紹介するので、副業を始める際にはよく念頭に置いておきましょう。

 

会社で副業が認められているか確認する

副業を始めるにあたって、真っ先に確認しておきたいのが、自分が所属する会社が副業を認めているかどうかです。

公務員はもちろんですが、民間企業でも依然として副業を禁止するところは多くあります。

事前に確認せず、会社のルールに違反してしまうと、処分の対象になる可能性もあるので十分に注意しましょう。

副業を始めようと思ったら、まずは就業規則の確認から始めるのが鉄則です。

就業規則を確認してもいまいち分からなければ、人事部などに直接問い合わせをするというのも一つです。

なお、収入額によっては副業が会社にバレることはない、という噂もよくありますが、これを鵜呑みにするのは危険といえます。

税金関係やマイナンバーなどによって会社に知らされるリスクは十分考えられますので、副業を行うにあたっては必ず、事前に会社に確認するようにしましょう。

 

休日の過ごし方に支障がないか考える

副業を行うことになったら、どのような影響が出てくるかも事前に確認しておきましょう。

副業は、その性質上、会社の休みの日やスキマ時間に行うことがほとんどですが、無理をすると本業や生活に支障が出るリスクがあります。

例えば、週末の副業があまりに忙しくて十分に休息を取れず、本業でミスをしてしまったり、休日も家族サービスを十分にできなかったりなどが考えられます。

就業規則を確認することも大事ですが、副業を始めたらどんな課題に直面するのか、副業を始めるのに適切な環境は整っているのか、などを事前にチェックしておきましょう。

副収入やスキルアップにつられて、本業や生活に支障が出てしまっては本末転倒です。

 

収入が増えたら納税を正しく行う

副業で副収入を得るということは、単純に収入がアップするということでもあります。

収入がアップすると、基本的に所得税がより多くかかってくることになります。

副業の種類によって税金が異なり、株なら譲渡所得、アフィリエイトやせどりなら雑所得に分類されます。

なお、副業の場合には、年間20万円を超えると確定申告が必要になりますので、こちらもよく念頭に置いておきましょう。

本業だけが収入であれば、会社が源泉徴収をして納税を代行してくれますが、副業で稼げるようになると自分で確定申告をしなくてはなりません。

税金関係のことをよく理解しないままに副業をスタートすると、本来必要なのに確定申告を忘れてしまったり、必要な納税額を納めていなかったりすることになってしまうので、事前に理解を深めておくことをおすすめします。

 

副業を選ぶときのチェックポイント

93f24ab839cd409dc6afae649c96ddd3_s

副業には様々な種類がありますが、どんな副業に挑戦してみるのが良いでしょうか?

ここでは、サラリーマンが副業を行うにあたって、注意したいチェックポイントをいくつか紹介します。

これらの点を参考にして、自分に合った副業を選んでいきましょう。

 

スキマ時間に取り組むことができるか

サラリーマンが副業をするにあたって、まず考えたいのが、時間と場所の問題です。

本業が忙しいサラリーマンにとって、副業にいつ取り組むのか、どこで取り組むのかというのはとても重要なことです。

休日が充分に確保できなければ、本業への支障も懸念されるのはもちろん、わざわざ遠くまで行って副業をするのも非効率です。

本業への支障が出ないように、通勤時間や帰宅後の時間、休日などを利用して取り組むことができる副業を探す必要があります。

特におすすめなのは、ネットで完結する副業です。

パソコンやスマホ一つあれば、時間や場所を問わず自分のペースで取り組むことができるので、サラリーマンの副業として優れています。

 

安定的な副収入を得られるか

副業を始める前に、どれくらいの副収入を得たいか明確にしておきましょう。

それを軸にして、副業を探すのがおすすめです。

作業量に応じて安定的に稼ぎたいのであれば労働を伴う副業を、大きく稼げる可能性のあるものにチャレンジするのであればアフィリエイトやせどりなどの副業を選択しましょう。

副業の中には、稼げるようになるまでに時間がかかるものや中長期的に稼ぐのは難しい性質のものなどもあるので、それぞれのメリットとデメリットをよく比較しながら、自分に合った副業を選ぶようにしましょう。

 

好きなことで継続できそうか

サラリーマンが副業をするにあたって、おすすめなのが趣味や得意分野など好きなことを副業にすることです。

副業は、本業以外のところで行うことになるので、好きなことであれば継続するモチベーションが湧きやすく、ストレスを感じずに取り組むことができるでしょう。

また、特別なスキルを要する副業は、比較的、高単価であることも魅力の一つです。

誰もができる仕事に比べて利益が期待できるので、積極的にチャレンジしてみるのをおすすめします。

また、未経験であってもスキルを積んでいくことができるので、趣味や得意分野など、好きなことと副業を関連付けて探してみるのも良いでしょう。

 

サラリーマンにおすすめの副業

de23e88ffc45a3142d80dfb57b9e2431_s

サラリーマンが副業をするメリットや注意点について理解したところで、ここからはおすすめの副業について見ていきましょう。

副業と一言でいっても実に多様な種類がありますが、今回はサラリーマンに向いている代表的な副業を4つ紹介します。

 

週末バイト

3926c2b1a5744a25d505e8e8abdc918a_s

最も手っ取り早く収入を得ることができ、お金が必要なときだけ取り組むことができるのが本業の休日を利用して稼ぐ週末バイトです。

土日限定のイベント業務や、夜の清掃スタッフ、警備スタッフなど、さまざまな種類の仕事があるのが魅力で、採用されれば安定的な収入を得ることができるのがポイントです。

取り組むのは本業が休みの日のみなので、スケジュール的な支障はありません。

ただし、業務内容によっては疲労などが本業に影響する可能性もあるので注意が必要です。

また、中長期的な副業とはいえないため、継続的に稼げるかというとムラがある点、業務内容がその都度変わるようなケースではスキルが身につかない点などの懸念材料もあります。

中長期的な目線ではなく、お金が必要なときの補填として従事するのが良いといえるでしょう。

 

投資

a3c491311fee50b1a5a9b383d45c6b27_s

株や投資信託、FXや仮想通貨などの投資もサラリーマンの副業として人気があります。

労働を伴わないため、副業としては異質かもしれませんが、不労所得を狙える可能性を秘めています。

投資には配当や株主優待など保有しているだけで得ることができるインカムゲインと、価格変動などを利用して稼ぐキャピタルゲインの2つの側面で利益が期待できます。

元本割れのリスクはありますが、しっかりと投資対象の知識を身に付けたうえで、リスクコントロールをして参入すれば、リスクを抑えつつリターンが期待できます。

また、少額から始めることができる投資対象も増えていますが、より多くの利益を狙うなら元手が必要になるケースも多いのが特徴です。

投資を始めるのであれば、正しい知識を身に付けたうえで、お金が減る可能性もあることを覚悟する必要があります。

 

ブログ

120acaa6eba19909ce34be3169adc8c6_s

ネット社会においては、ブログを使って稼ぐ副業も人気があります。

ブログで稼ぐためには、自身が運営するブログに広告を貼り付ける必要があります。

その広告がクリックされたり、経由して商品が購入されたりした場合に報酬が手に入るという仕組みです。

ライティング力や表現力が必要になるほか、ブログにアクセスを集めるためのSEO対策や、マーケティング力も求められます。

また、ブログは忍耐が必要な副業ともいわれています。

アクセス数を集められない内は収益がゼロであることも珍しくなく、稼げるようになるまで時間を要するという欠点もあります。

一度軌道に乗れば、不労所得のような感覚で収益を得ることができるので、夢のある副業ということもいえるでしょう。

 

せどり

88378faca440579c1ab868b660b71764_s

せどりとは、安く仕入れた商品を高く売ることによって、その利ザヤを得る副業のことです。

転売ビジネスや物販とも呼ばれます。スマホ一つあれば、商品の仕入れから出品、顧客とのやり取りに至るまで完結するため、サラリーマンの副業として優れています。

また、初期コストとしてかかるのは仕入れ代金のみで、商品が売れればすぐに利益が生じる即金性も魅力の一つです。

総じて、ハードルが低い副業といえるので、これから副業を始める人にはおすすめといえるでしょう。

せどりに興味がある方は、「物販総合研究所」のメールアドレス登録をすると、より有益な情報を得ることができるので、こちらもおすすめです。

 

注意点を押さえて自分に合った副業に挑戦してみよう!

a769c04ffabbad9016cda07270b15e09_s

副業の解禁や年金問題を背景に、副業を始めるサラリーマンも多くなってきていますが、副業をするにあたっては就業規則を正しく確認する必要があり、本業に支障が出ない範囲で取り組むなどの注意が必要です。

とはいえ、サラリーマンがする副業には、副収入やスキルが得られるなどメリットも多くあります。

取り組む際には注意点をしっかりと押さえたうえで、よく比較して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。


物販総合研究所は年商12億円の物販ビジネスを運営しながら
物販に関する本格的な情報発信を行っています

リアルタイムに情報を配信中 → Twitter

ノウハウ動画を毎週配信中 → Youtube

参加者募集中 → セミナー情報


 

すでに48503名の方が無料メール講座に登録しネット物販をスタートしています