【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

ジモティーの評判を深掘り!トラブル例・安心して利用するためのコツを紹介

船原徹雄
更新日:2020年10月6日
投稿日:2020年10月6日

この記事の内容

ジモティーは、気軽に不用品の売買や譲渡ができるため、副業や物販ビジネスにも活用できます。

ただし、中にはトラブルの経験がある利用者もいるのが現状です。

安全に利用するためには、評判や実態をチェックしておく必要があります。

この記事では「ジモティーの概要と実態・評判」や「トラブル例や安全に利用するポイント」について紹介します。

 

ジモティーについて

ジモティーに興味がある人が、ジモティーのサービスや特徴を理解できるように、概要を紹介します。


ジモティーの概要


地元情報の発信や、情報の検索に使える掲示板的な役割があります。

地元利用に特化したコミュニティーサービスで、パソコン・スマホ・タブレットなどから不用品の処分ができます。


ジモティーのサービスの特徴

商品の受け渡しは直接取引で行い、取引交渉はジモティー内のチャットを利用します。

ジモティーは、登録料や手数料が一切かからず無料で利用でき、日用品や家電などの取引だけでなく、アルバイトや正社員など人材募集もできます。

 


ジモティーを利用するメリット

ジモティーは広告収入で運営が行われているため、利用者は手数料などを負担することなく利益が得られます。

無料出品の商品も多く、せどりや物販ビジネスの仕入れコストを下げられます。

出品者は家具や家電などの処分料を負担することなく、売ったり譲ったりできるためお得です。

 

 

ジモティーを利用するデメリット

商品購入希望者からの相談や質問、さらに値引き交渉や受け渡し方法のすり合わせなどに手間がかかります。

ジモティーには決済システムがなく、商品代金の受取りや支払いを個人間で行う必要があり、商品代金の支払をめぐってトラブルが起こる場合があります。

無料で始めやすいこともあり、商品の売買や譲渡に不慣れな利用者も多く存在します。

 

ジモティーの実態と評判

ジモティーを利用するのであれば、まずは安全性や利便性を知っておくことが大切です。

ジモティーの実態を知るために、利用者の声を参考にし、利用者の質・システム面・運営の対応力などの評判について解説します。

 

良い評判4つ

ジモティーは、誰でも手軽に利用しやすいサービスであり、リピーターも多く存在します。

ここでは、ジモティー利用者が挙げる良い評判について紹介します。

 

直接取引なのが良い

他のフリマアプリと異なり、直接取引だから実際に商品の状態をチェックしてから、購入するかどうか最終判断ができるのが良いところです。

お互いに顔を合わせて取引できるため、相手の人柄が伝わりやすく安心でき、仲介の手間がなく、売主と買主の間で即売買が成立するのもメリットです。

 

利用者が多いのですぐに取引ができる

利用者が多く、出品後すぐに購入者が決まってスムーズな取引が期待できます。

不用品の処分は費用がかかりますが、利用者が多いジモティーならすぐに引き取り手が見つかる可能性が高いです。

 


欲しい商品がタダな場合もある

欲しい商品をタダ(0円)、または格安で手に入れられるからとてもお得です。

また商品取扱数が多く、状態が良い中古品を安く手に入れられるので節約にもなります。

 

地元だからこそコストがかかりにくい

発送料が高く送りにくい大型商品も、地元で購入希望者が見つかるから、送料や梱包費用などのコストがかからず、取引がスムーズです。

地元密着型だから、気軽に商品を取りに来てもらえるし、都合が合えばすぐに取りに行けるのも魅力です。

 

悪い評判3つ

安心してジモティーを利用するためには、悪い口コミにも目を通しておくことが大切です。

ここでは、ジモティー利用者が挙げる悪い評判について紹介します。

 

連絡先を交換できないため不便に感じる

以前は連絡先の交換ができましたが、規約が厳しくなり不可能になったため使いにくくなりました。

連絡先を交換できないため、ドタキャンや音信不通など、当日の取引で不便を感じます。

 

有料販売だと取引が決まりにくい



無料で出品した商品へのリアクションは多いですが、有料販売だと取引が決まりにくく感じます。

有料販売だと値切り交渉が多く、メッセージのやり取りに手間がかかります。


悪質な利用者に当たることもある

連絡が途絶える、挨拶がない、理由もなく悪い評価を付けるなど、マナーが悪い利用者に当たると、損をしたり不快な思いをしたりすることがあります。

商品の状態を偽って出品する人や、買う気がない冷やかしも存在します。

 

システム・運営の評判

ジモティーのシステム・運営に対する口コミは、ネガティブな内容が多く見られます。

ここでは、ジモティーのシステム・運営の評判について紹介します。


システム・スタッフの対応が悪い

運営の対応が遅く、問い合わせをしても的外れな回答が届いたり、心当たりがない理由や不明確な理由でアカウント停止されたりする。

同じ投稿内容でも掲載停止になる、取引に必要な情報を送ろうとするとエラーになるなど、システムの不具合が多いです。

 


トラブル対応が不十分である

個人間の取引であるため、トラブルが起こっても十分な対応をしてもらえません。

トラブルの相談をしても「利用者への通告」のみで、警察に相談するように言われます。

 

ジモティーでよくあるトラブル例

ジモティーを利用する中で、実際にどのようなトラブルがあったのかを知ることで、対策を考えたり注意を払ったりできます。

ここでは、トラブルの具体例を紹介します。

 

代金を支払ったのに商品が届かない

商品を購入する場合、前払いで料金を支払ったのに、商品が届かないというトラブルが起こることがあります。

ジモティーには、他のフリマアプリやオークションサイトが導入しているような決済システムや、トラブルお見舞い制度などがないため、トラブルは取引者同士での解決が必須です。

商品の未着を運営に問い合わせた場合、相手への「通告分の送付」「アカウントの停止」のみ対応可能です。

 

商品に破損や不具合があった

購入した商品は届いたものの、破損や故障によって使えない状態の場合があります。

良識のある出品者であれば、返金手続きに対応してくれますが、悪質な出品者だと返金に応じてくれず、泣き寝入りになりがちです。

商品の破損や不具合を運営に問い合わせたとしても、「状況や事実の確認ができない」として対応してもらえません。

 

音信不通・ドタキャンがあった

ジモティーでは、取引相手との連絡が途絶えたり、ドタキャンされたりするケースも少なくありません。

無料で敷居が低いサービスであるため、コミュニケーションルールやモラルが低い利用者も少なからずいるのが現実です。

取引当日や待ち合わせ時間直前でドタキャンされ、時間や交通費がムダになるケースもあります。

音信不通やドタキャンについて運営に問い合わせる場合は、やり取り画面から「違反を報告」ができますが、期待できる対応は「通告分の送付」「アカウントの停止」のみです。

 

ジモティーを安全に利用する5つのポイント

安全にジモティーを利用するためには、正しい利用を心がけることが大切です。

ここからは、トラブルを避けるために押さえておきたいポイントについて紹介します。

1.SNSやメールを使った直接取引を避ける

ジモティーでは、取引相手とサイト以外で連絡を取ることを避けるように呼び掛けています。

個人情報の開示はトラブルのリスクが高まるため、SNSやメールを使った直接取引を避けましょう。

取引相手とのやり取りは、ジモティー内のチャットでやり取りを行うことが大切です。チャット内のやり取りは記録されているため、万が一の場合も証拠となり得るからです。

 

2.トラブルの心配がある取引相手は避ける

悪質な利用者に当たらないように、取引相手は慎重に選ぶことが大切です。

「事前振込を要求される」「受け渡しに駅のロッカーを指定される」などトラブルの心配がある取引相手は避けましょう。

出品者の評価や情報をよく確認し、取引に不安な点がないかチェックしましょう。

 

3.発送取引は追跡サービスや代引きを利用する

直接商品の引き渡しができない場合は、トラブルに合わないための対策が必要です。

商品を送ったのに、届いていないと言われトラブルになることがあるため、詐欺や配送トラブルに注意が必要です。

発送が必要な取引は、追跡サービスや代引きを利用するか、無料商品の場合は相手の合意のもと、着払いを選択しましょう。

 

4.商品の受け渡しは人目が多い場所で行う

外で商品の受け渡しをする場合は、トラブル防止のために場所にも気を配る必要があります。

直接商品の受け渡しをする場合は、人目に付く場所(利用者が多い駅周辺など)や時間帯を選びます。

できれば友達や家族と一緒に受け渡しに行き、商品の状態を必ず確認しましょう。

 

5.自宅や本名を知られないようにする

個人情報を知られると、後にトラブルに発展する可能性があります。

付きまといなどのリスクを避けるために、自宅から離れた場所を指定したり本名を出さないようにしましょう。

大きな家具などを自宅での受け渡しが必要な場合は、一人で対応せず複数人で対応しましょう。

 

ジモティーが向いている人の特徴

地元密着型でメリットが多いジモティーですが、人によって利用に向き不向きがあります。

ジモティーのサービスが向いている人ほど、コンスタントに利益につなげることができますが、どのような人がジモティーの利用に向いているのか説明します。


  • 他の売買アプリやサイトで売れ残ったものを捌きたい人
  • チャット内での取引や対面取引に抵抗がない人
  • 処分料や送料などの負担なく売買または譲渡をしたい人

 

ジモティーに近いアプリと比較してみました!

不用品の販売や、商品の購入できるサービスは他にもあります。

ジモティーに近いアプリの特徴・手数料の違い・商品の回転率について、それぞれ比較してみましょう。

メルカリ

メルカリは不用品の売却に特化したアプリで、ジモティーよりも利用者数が多く、商品の回転率も高いです。

ただしメルカリは販売手数料(10%)がかかるため、取引完了時に利益が減ります。

ラクマ

ラクマは楽天が運営するフリマアプリで、メルカリ同様利用者数が多く、商品回転率も高いです。

ラクマは販売手数料(3.5%)でメルカリより安いですが、送料は高めに設定されています。


シェアマ

シェアマは不用品の売買や譲渡だけでなく、レンタルシェアリングやノウハウの提供や求人募集もできるサービスです。

手数料不要で利用できますが、利用者数は他のアプリと比べて少なく、商品回転数は劣ります。

 

ジモティーを安全に利用するならトラブル対策が必須

ジモティーは無料で利用できるため、売買や譲渡に便利なサービスです。

とはいえ様々な利用者がいるため、安全に取引するためには、評判やトラブル例を参考にしながら、自分でできる対策を心がけることが大切です。

さらに、せどりや物販ビジネスのノウハウが学べる「物販総合研究所」を利用すれば、より効率良く利益を上げることができます。

まずはメールアドレスを登録してみてはいかがでしょうか。

(関連)

物販総合研究所のプロ講師がせどりの基礎を無料でお伝えします。

↓↓↓

せどりの無料WEBセミナー