【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

ドロップシッピングは初心者でも稼げる?ブログやせどりとの比較も紹介

船原徹雄
2020年2月13日

この記事の内容

副業を解禁する企業が増えていく中で、自宅で手軽に取り組むことができる副業に注目が集まっていますが、その中の一つが「ドロップシッピング」というものです。

なかなか耳なじみのないドロップシッピングという言葉ですが、具体的にどのような副業なのでしょうか?

そこで今回は、ドロップシッピングについて似たような副業として知られるブログやせどりと比較しながら紹介していきます。

 

ドロップシッピングとは?

0e579d5f9844fa4ae019e7920d851293_s-1

ドロップシッピングとは、簡単に説明すると、実際に商品の販売を代行するビジネスのことをいいます。

ネットショップを運営する感覚でサイトを構成し、特定の商品の紹介をするのが主な作業です。

そのサイトを経由して、特定の商品が売れたら、売上高の一部が報酬として手に入る仕組みとなっています。

在庫は業者が保管し発送なども行ってくれるため、無在庫で取り組むことができるのが最大の特徴です。

優れたページを作成して、販売の手助けをするのがメインというわけです。

ドロップシッピングを始めるためには、DSP(ドロップシッピング・サービス・プロバイダ)というサイトに登録をし、自分でショッピングサイトを構築していくところから始めることになります。

 

ドロップシッピングのメリット

cb34a8c03ad95c1316fd3db0b9899f44_s-1

ネットショップを運営したい人や商品を他人に勧めるのが好きな人に人気の高いドロップシッピングですが、数ある副業の中でどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、ドロップシッピングのメリットについて大きく3つ紹介します。

 

在庫を持たないのでリスクを抑えられる

ドロップシッピング最大の特徴といえるのが、無在庫で商売ができるという点です。

作業としては、商品紹介やページの構築がメインとなるため、仕入れなどに悩む必要がなく、在庫を持つ必要もありません。

自分でネットショップを開くのに比べて、商品の保管や不良在庫を抱えるリスク、発送の手間などが一切ないため、大幅にリスクを抑えられるといえるでしょう。

こうした不安を抱えずに、販売だけに注力できるのがドロップシッピングの魅力です。

始めるにあたっては、初期コストなどがかからないので、これから副業を始めようと考えている人にとっては魅力的といえるでしょう。

 

商品選定など自由度が高い

ドロップシッピングで利益を得るためには、何より商品が売れるサイトを作り上げることが最重要です。

ドロップシッピングの場合、サイトは自分で作り上げることができ、取り扱いたい商品の選定も自分で行うことになります。

そのため、単価の高い商品だけを集めてサイトを作ることもでき、自分の専門的な分野に特化した商品だけを取り扱うサイトを作ることもできます。

売りたい商品を自由に組み合わせてサイトを作っていけるので、自分なりのネットショップを作り上げる楽しさを感じられるでしょう。

また、価格設定も自由にすることが可能です。

少しでも利益率を高くして、儲けを出そうとすることもできるのはもちろん、価格を低めに設定して量を売ることで利益を出すという戦略も可能です。

このように自由度が高い部分もあることから、やりがいのある副業といえるでしょう。

 

特別な知識やスキルが必要ない

副業の中には、イラスト販売や翻訳など特別な知識やスキルを持っていないと稼ぐのが難しいものも数多くあります。

これに対して、ドロップシッピングは、一通りが準備されているため、特別な知識やスキルが必要なく、比較的、誰でも参入しやすい副業ということができます。

長年、ネットショップを開くのが夢だったという人にとっても、システムの導入やデザインの選定などが不要となっているので、ハードルが低いといえるでしょう。

誰でも参入できるということは、それだけライバルも多いということにはなりますが、商品の選定などによって差別化は容易なので、初めて副業を始める人にとってはリスクを抑えられる点も魅力です。

 

ドロップシッピングのデメリット

1b9a09fff80d213509699cdc3fcc618b_s

ドロップシッピングは、リスクが少なく、一見するとメリットの多い副業ですが、実はデメリットや注意したいポイントも存在します。

ここでは、ドロップシッピングのデメリットについて紹介します。

始めようと考えている人は、あらかじめよく理解しておきましょう。

 

安売りができない

ドロップシッピングでは、販売する商品の価格を自由に設定できると説明しましたが、一方で仕入価格は固定されていることが一般的です。

仕入価格と販売価格の差が報酬になるため、あまりに価格を安く設定しすぎると、利益が出ないということになってしまいます。

このため、安売りをすることができず、大手ショッピングサイトなどに比べると割高な商品を取り扱わなくてはならなくなるという点は覚悟をしておく必要があるでしょう。

特に、ネットが普及してからは、ショッピングサイトをいくつか回って安いところで購入するという人も増えてきているので、価格で勝負ができないというのは意外に痛いポイントといえます。

価格以外の点で勝負をしていくことになるため、販売の工夫やサイトへの集客が不可欠といえるでしょう。

 

商品が突然終了することがある

ドロップシッピングは、無在庫でショップを運営できる利点がある反面、在庫の管理は業者が請け負っているため、取り扱っている商品が突然終了してしまうことも珍しくありません。

自分で仕入れや管理を行っていれば有り得ないことではありますが、ドロップシッピングをやる以上はこのリスクが常にあることを念頭に置いておく必要があります。

主力商品が突然終了してしまって収入が大幅に減ってしまうということも考えられるので、一つの商品に依存しない、収入源となる主力商品を何個か作っておくなどのリスクを回避する行動を意識する必要があるでしょう。

ドロップシッピングは始めるハードルこそ低いものの、商品についてコントロールする権限を持たないということは覚悟しておく必要があります。

 

競争率が激しく工夫が必要になる

リスクが少なくハードルも低いドロップシッピングは、挫折する人も少なくありません。

というのも、大手ネットショップやアフィリエイトサイトと競合することが多いためです。

すでに説明した通り、価格では大手ネットショップには勝ち目がなく、商品紹介をしているサイトはネット上に数多くあります。

ポイントやおまけをつけることができないのも意外にデメリットでしょう。

このため、ライバルが多い中で収益を上げるためには、商品を販売するためのさまざまな工夫が求められます。

また、サイトが検索で上位に上がってくる保証もなく、稼げるまでに時間がかかるケースもあります。

特別な知識やスキルこそ必要ないものの、ライバルの多い中で埋もれずに商品を売るためには、SEO対策やマーケティングなどの工夫が必要不可欠といえるでしょう。

 

ドロップシッピングとブログの比較

34ced23d9d616c8ebbc6a5dd306a4d72_s

ドロップシッピングに似たネットを使った副業に、アフィリエイトがあります。

アフィリエイトサイトやアフィリエイトブログともいわれますが、ドロップシッピングとブログの違いはどのような点にあるのでしょうか?

ここでは、ドロップシッピングとブログの比較を見ていきましょう。

 

ブログとは?

ブログとは、日記形式で記録ができるサイトの総称ですが、アフィリエイトサービスを利用することで、収益を得る副業としても利用されています。

具体的には、集客できるブログを作成したうえで、広告を掲載したり、特定の商品紹介をしたりすることによって、成果が出た場合に報酬が得られる仕組みとなっています。

広告の表示やクリックだけで報酬が得られるものから特定の商品を紹介して広告に誘導し、アクセスした人が購入した場合に売上の一部をもらえるものなどさまざまな収益化の種類があります。

ネット上にサイトを構築して商品を売るために集客していくという点においては、ブログもドロップシッピングも同じということができるでしょう。

 

ブログのメリット

ブログは、パソコン一つで作業をすることができ、一度、集客できれば、後はほったらかしでも収益が得られるという特徴を持ちます。

この点は、ドロップシッピングについても同じことがいえます。

ブログにしかないメリットは、「趣味を活かせる点」と「アクセス数に応じて報酬が手に入る点」です。

ブログはもともと日記形式であるため、内容に囚われることがありません。

アフィリエイトに特化したブログも見受けられますが、得意分野や趣味のことをテーマにして書いているブログも多くあります。

ドロップシッピングは商品紹介をメインとしていますが、ブログはさらに自由に書けるというわけです。

また、ドロップシッピングは基本的に商品が売れないと報酬が手に入りませんが、ブログの場合にはアドセンス広告を活用することで、アクセス数に比例して利益を生むことも可能です。

商品の成約だけが収益化の手段ではないというのは、ブログの大きな魅力といえるでしょう。

 

ブログのデメリット

ドロップシッピングと同様、ブログも成果が出るまでに比較的、時間がかかる副業として知られており、忍耐力が必要となります。

挫折する人も少なくなく、ネット上に数多くある記事の中から見てもらうためには相応の工夫が求められます。

また、本格的に稼ぐためには、ある程度のコストがかかってしまうのもネックです。

独自ドメインやレンタルサーバーなど毎月数千円のコストが発生することになるので、ドロップシッピングよりもハードルはやや高くなるといえるでしょう。

 

ドロップシッピングとブログはどちらが稼げるか?

ドロップシッピングとブログは、どちらも記事を書いて集客し、商品の購入やクリックに誘導するという点では、きわめて似た副業といえます。

ドロップシッピングの場合、商品の管理を行うのは業者です。

販売代行を行うのがメインとなるため、仮に商品が終了したらなす術がありません。

一方、ブログの場合は、自分のサイトにコンテンツを充実させ、そこに広告を貼り付けることで広告料を得るビジネスです。

仮に貼っていた広告が終了しても、コンテンツ自体が保持されていれば、すぐに立て直すことが可能です。

どちらも、稼げるようになるまでは相当な時間が必要といえますが、長い目で見てリスクが少なく、資産を蓄積していけるブログの方が稼ぎやすいといえるでしょう。

 

ドロップシッピングとせどりの比較

a38d3f57d3ae0ccd16b27312a15f4425_s

ネットで商品を販売するという点では、ドロップシッピングとせどりも似たような性質を持つ副業といえます。

ここでは、ドロップシッピングとせどりの違いについて詳しく見ていきましょう。

 

せどりとは?

せどりとは、安く仕入れた商品を高く販売することによって、その差額を利益にする転売ビジネスのことです。

スマホの普及を背景に定着しているフリマアプリやネットオークションなどを活用して、手軽に始めやすくなっています。

ドロップシッピングでは、無在庫が一般的ですが、せどりは自分で仕入れを行い、それを転売することで利益を得るため、有在庫であることが普通です。

 

せどりのメリット

せどりにはパソコン一つあれば好きな時に取り組むことができる、自分のペースで進められる、自宅でできる副業として人気が高い、などドロップシッピングと共通の特徴も多くありますが、せどりの最大の魅力は「即金性」です。

ブログやドロップシッピングが稼げるようになるまで時間がかかるのに対して、せどりは商品の仕入れコストこそかかるものの、それが売れた時点ですぐに現金が手に入ります。

売れる商品の見極めにはコツがいりますが、文章力やSEO対策などの工夫も必要ないのは嬉しいところです。

いきなり本格的に乗り出すのに抵抗がある人は、家にある不用品の処分から始めてみるのも良いでしょう。

 

せどりのデメリット

ドロップシッピングと比べてしまうと、せどりは有在庫であることが基本なので、不良在庫のリスクは当然あります。

とはいえ、商品を仕入れる段階である程度回避できる問題でもあるため、取り扱う商品が突然終了するといったドロップシッピングのリスクに比べれば大きな心配事ではないでしょう。

ただし、労働収入であるという点は覚悟しておく必要があります。

ブログやドロップシッピングは軌道に乗れば、ほったらかしで利益が生じますが、せどりで利益を上げるためには常に作業が必要となります。

とはいえ、こちらについても、大半の副業は報酬に対して労働が必要になるので、大きなデメリットとはいえないでしょう。

また、作業自体を仕組み化して外部に委託するといった対処法も可能です。

 

ドロップシッピングとせどりはどちらが稼げるか?

せどりは有在庫というリスクこそ抱えていますが、価格の設定や販売方法が自由であり、何かと制約の多いドロップシッピングに比べると柔軟に稼ぎやすいといえるでしょう。

仕入れ以上の損失を被ることもなく、高利益率であることも特徴的です。

これらの点から、初心者であれば、より即金性が高く安定性の高いせどりの方がおすすめといえます。

もし、せどりに興味が出た場合には、「物販総合研究所」のメルマガに登録をすることでより有益な情報が得られるので、ぜひチェックしてみてください。

 

ドロップシッピングよりも手軽な副業にチャレンジしてみよう!

16c36332f36974f42ef69a0a54cbcf2b_s

ドロップシッピングは、限りなくリスクを抑えながら収益を狙える副業ではありますが、ブログアフィリエイト同様に稼げるようになるまで時間がかかるデメリットがあり、取り扱う商品が突然終了するといったリスクもあります。

この点では、有在庫ではあるものの利益を狙いやすいせどりの方が手軽でハードルも低いといえるでしょう。

これから副業を始める人は、メリットとデメリットをよく吟味したうえで、自分に合ったものを選択するようにしましょう。


物販総合研究所は年商12億円の物販ビジネスを運営しながら
物販に関する本格的な情報発信を行っています

リアルタイムに情報を配信中 → Twitter

ノウハウ動画を毎週配信中 → Youtube

参加者募集中 → セミナー情報


 

すでに48503名の方が無料メール講座に登録しネット物販をスタートしています