副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

初心者必読!ヤフオク!のリサーチ

萬田 直和
2019/02/07 15:40:33

以前メルマガにも書きました最初にやるべきリサーチから、少し発展させた方法まで私、萬田が考えるヤフオク!における商品リサーチをまとめてみました。

今回こちらに書かせていただくリサーチ方法は、ヤフオク!で商売を行う上でとても重要な工程です。そのためにはまず理解することが必要です。ツールを使いこなし、効率化を行えば、100万円の利益も夢ではありません。まずなぜ商品リサーチが重要なのか書いてみます。

欧米輸入の萬田が大事だと思っていることです。

なぜヤフオク!ではなぜ商品リサーチが重要なのか。

萬田の場合

私も昔、ヤフオク!初心者でした。当たり前ですけど、今いろいろな商売を教えている人もみんな初心者でした。試行錯誤して、たくさん失敗して、ついには本業として生活しているという人もたくさんいます。今、ヤフオク!の場合はオークファンというサイトの機能を使用して儲かる商品を探すことができます。これは本気でヤフオク!で売ろうとしたことがある人なら誰でも知っていることですが、慣れれば慣れるほど仕入れには個性が出てきます。

私はオークファンを使います。

オークションは相場価格に支配された世界なので、相場を把握し、差額のある儲かる商品を欧米から仕入れるというスタイルです。やっていくうちに私はもともと古いものが好きだったせいもあって中古商品、中でもアンティーク、ヴィンテージ、コレクティブなどの商品を主に扱うようになりました。1人でヤフオク!生活していた頃はこれで十分でした。

私には現在、スタッフもいますから新品商品も扱います。新品の商品は繰り返し売ることができるというメリットが多く、縦積みすることも可能な商品が多く見つかります。その代わり飽和が早い商品も多いので注意が必要です。

私の場合はライバルの少ないところに身を置くことで今もやってこれたという印象もあります。正直なところ何を売っても良いですが、得意商材を見つけて、専門家に一歩でも近づくことがヤフオク!では一歩抜き出るコツになります。

初心者におすすめのリサーチに対する考え方

最初は今売れているものをスピーディーに、今売れている価格で売ることから始めることがおすすめです。この売れているものを調べることをリサーチと呼びます。今回は基本的なリサーチと、初心者がその際にどこを見れば良いかを徹底解説します。

ここで言いたいのは一番になる必要はないということです。売れているものを売れている人の売り方を勉強しながら、少し安くなっても良いから売ることを最初に始めます。

続けて行くには出来るだけ早く売ることも意識します。それにはリサーチが必要になるわけです。

オークファンの登録などは今回説明しません。オークファンプレミアム会員に入会している前提で検索をしていきます。具体的な商品が出てくることもあるかと思いますが、そのまま仕入れることは控えてください。初めて仕入れる方には実感がないかもしれませんが、たくさんの人がこの記事を読んでくれています。同じものを仕入れると必ず飽和します。それ以前に在庫が枯渇するかもしれません。飽和と枯渇という状況も必ず意識していきます。

なぜリサーチを行うか

一生儲かる商品を持っているヤフオク!出品者というのは少ないです。特に初心者はすでにこれを売れば儲かるということがわかって、商品も持っているという方でない場合は、ほとんどの方が今売るものを探します。永遠ではないですが、少しでも息の長い商品を見つけることを目的にリサーチを行います。

また、商品を知ることができるため、自分の商品知識を大幅に広げることができます。

実際にリサーチを行っていきます。

売れ線リサーチ

一番最初にやるべきリサーチ

これから見ていただくリサーチは私が知る最も基本的なリサーチ方法です。この方法は誰でも誰でもすぐに実践できるため、まず最初に実践してみるべきです。その代わり、すぐに飽和し在庫枯渇しやすいです。

飽和、枯渇したらすぐ別の商品を仕入れれば良いだけですが、何週にも渡って仕入れ続け売れ続ける商品を見つけることができることもあります。

なぜすぐに飽和し、eBay上の出品も枯渇するようなリサーチを行うかというと、このリサーチは商品を知るため(現在の流行りを知るため)にとても重要ですし、自分の凝り固まった観念を壊したり、その次に行う超重要で利益直結型のリサーチを行うステップとしてどうしても必要だからです。

このリサーチでは稼げないという意味ではありません。むしろ稼げますし、こればっかりやっている方も多いです。ただ短命です。私がこのブログで読者だけにお知らせしたいのは、長く稼げる商品探しです。

それにはこのリサーチがどうしても必要です。

オークファンの機能を使います。

010-1.jpg

検索したキーワードを入力し検索するとヤフオクでどんな価格で売れているかを調べることができます。

有料会員が有利な理由

今回は無料会員のままでも始めることができるので過去1ヶ月のみ閲覧可能な無料会員としてできることを中心に書いていきます。無料会員は過去1ヶ月までしか調べることができないので、価格の推移を把握することができないという不安要素があります。

落札価格が急激に下がってきている商品を仕入れたくないので有料会員の私は過去3ヶ月の価格推移は必ず確認します。

検索窓に単語を入れて商品を探していきます。最初は何を調べて良いかわからない人もいるかと思いますので、今回はこんなワードで調べたらどうかと提案します。

有効なキーワード検索

売れ線リサーチは商品、商品の流行や傾向を知るために行います。Aという商品がいくらで売れているかというよりも、今売れているAやBやCという商品を知るために検索するリサーチです。

それには、まず下記のキーワードの中からどれかを検索してみることをおすすめします。いずれもヤフオク!で高く売れる理由があります。

集客力があるためスピーディーに売りたい出品者が使いたがるキーワードです。

・【輸入品】【並行輸入品】【海外輸入品】【日本未発売】【海外限定】

【逆輸入】【US限定】【海外モデル】【海外正規品】【正規輸入品】

 日本で手に入りにくいものはヤフオクで高額になりやすいです。

・【1円〜】【1円出品】【1円スタート】

定額からの出品スタートでも相場価格が形成されていることが多く利益が出やすいです。相場を調べた上で低価格帯から出品している可能性が高いです。

・【ヴィンテージ】【ビンテージ】【アンティーク】【30S】【40S】【50S】

多少の知識を要するため売り続けている出品者を見つけやすいです。同じものを売るのには真似れば良いです。スタートする時には知識なくて問題ないです。

オークファンで上記キーワードのどれかを検索。検出された商品が1ヶ月以内にヤフオクで売れた商品です。

その中で初心者は下記を欧米輸入では仕入れてないようにしてください。

注)初心者がビジネスで関わるべきでない商品

・酒類(酒税がかかる)

・大型商品(発送に莫大な費用がかかるため)

・キッチン用品など(食品衛生法により通関できず没収されることがあります。)

さて、すすめていきます。

002.jpg

「日本未発売」と入力した状態です。

①検索キーワード

→先ほど例に挙げたキーワード【日本未発売】

②検索結果数

→【日本未発売】で検索した検索結果

③落札価格の並び替え

→【落札価格】をクリックすれば最低価格と最高価格の切り替えが出来る

④入札数の並び替え

→【入札】をクリックすれば最少入札数と最多入札数の切り替えが出来る

⑤過去の落札相場

→3ヶ月・6ヶ月・1年・3年・5年・10年と過去の落札相場が見れます。

オークファンプレミアム会員のみ使用できます。

【日本未発売】と入力し検出されたものが、商品タイトルに「日本未発売」を含む落札結果です。

画面右側に『価格で絞り込む』に1万円〜5万円と入力し、その下の『検索』ボタンを押して再検索します。価格はいろいろ変えてみてください。

検索し並んでいる商品が1万円以上で過去1ヶ月間に売れて商品タイトルに「日本未発売」を含む商品群です。確実性が高く、送料や手数料を含み10000円よりも安く仕入れられれば同じような価格で売れる可能性が高く儲かる商品たちとも言えます。

ただしすぐに出品できた場合のみ有効で、たくさんのリサーチャーが簡単に見ています。スピーディーに買い付けできて、大量に購入できる方にはこの検索だけでも十分です。

ですからすぐに飽和し仕入れが困難なほど枯渇します。

1.キーワード【日本未発売】を入れて検索ボタンを押す

2.③の落札価格を高い順に切り替える

3.ヤフオクで売れている商品を探す

始めは上から下まで実際に価格差が見つかるか見ていけば良いと思います。eBayや海外ネットショップで購入することができる価格と比べます。日本未発売の中では、例えばこんな商品はいかがでしょうか?

005.jpg

17800円で落札されている商品です。1件となっているのが見えますか?即決での落札履歴です。この個体は箱付きでした。クッキージャーとは焼いたクッキーを入れておくためのコレクターも多い陶器です。割れます。アンディ・ウォーホールも蒐集していました。

そのためライバルは比較的少ないです。商品に対する知識は補足であって、初めて見る方が知らなくても問題ないです。むしろ知らなくて当然です。

価格差を見ていきます。今回は例えばeBayに価格差のある個体はないか確認します。

eBay

006.jpg

アメリカローカルのオークションサイトでアクティブユーザーは1億人以上、出品数は常時10億点以上の巨大オークションサイトです。ロナルドマクドナルド クッキージャーを英語で検索します。クッキージャーのスペルは「Cookie jar」です。

探し始めた瞬間に見つけました。

004.jpg

その中で35ドルしかも価格交渉(Besr Offer)までできる個体がありました。新品で箱付きです。古いものなので箱にあまり問題にならなそうなわずかなダメージはありそうです。仕入れて出品すれば儲かることがわかりますね。

即決での出品、落札結果なのでどれぐらいの期間で落札されるかはわかりませんが、季節に関係なく売れる商品です。

こんな感じで商品を見つけて行くのが初歩の初歩。知らない商品を学んだり見つけたりするにはとても有効なリサーチ方法です。ですが、この方法は何度も言うように基本であって、誰でも簡単にリサーチできるために飽和しやすく、商品枯渇しやすいです。

1ヶ月間の間に売れているのでかなり早く売れる可能性の高い商品です。

このリサーチだけで勝負する場合はよりマニアックな匂いがする商品を選ぶのがコツです。ライバルが少しでも少ない方がいいので、よりピンポイントなターゲットに向けた商品がベターです。

次はスピード感ある商品リサーチを行います。

1円出品リサーチ

少し発展させた方法です。

念のためお話しします。1円出品という出品手法があります。1円で売るのではなく、1円で出品スタートし相場価格まで入札が入るおかげできちんと利益が出るという手法です。商品力のある商品を(商品タイトルなど)誤りなく出品すればほとんどの場合にきちんと相場価格で売れます。

1円出品はとにかく人をたくさん集めます。

出品の1週間後には売れているというスピーディーな手法です。例えばこんな商品。繰り返し出品できるには理由があります。

00030.jpg

例えばこの商品。ライバルがいません。これはサイズがでかいです。

だからまとめて買うことができて、転送でいる環境、転送費用を抑える契約などができている人間だけが繰り返し出品できています。

他にはこんな商品。

00033.jpg

これはコレクティブなので最近は理想の仕入れ値で商品が減ってきました。バリエーションが豊富なので長く続けることが可能です。

00031.jpg

これも重いため、まとめて仕入れる必要がある商品です。

1円出品で販売した結果の写真ですが、注目すべきなのは価格だけではありません。

入札件数、それから画面右側のアクセス総数(閲覧)、ウォッチリスト数(これはライバルも含むため純粋に欲しいひとの人数ではない)、出品者への質問数(興味を持って実際に行動するところまで達している閲覧者数)も見るようにしてください。

かなり多いです。

それからもう一つ重要なのが現在の出品数。これが何件あるかを数えます。1ヶ月に10件も売れていれば自分の1件が売れてもおかしくないと思いませんか?

0501001.jpg

赤丸のオークション落札相場検索の右隣、青丸の開催中のオークションで現在の出品数を調べることができます。出品数を知りたい具体的な商品名を入力してリサーチします。

1円出品がひとをたくさん集めると言われるのは下記の理由です。

・安いからオークションに参加するひとがいる

・仕入れでオークションに参加するひとがいる

・いくら払ってもほしいエンドユーザーが参加する

大きくわけて3種類の入札者が参加します。

上から下にかけて順に高い値段を払える入札者です。エンドユーザーが2人以上いた場合に値段が上がっていきます。

オークファンの画面に戻ります。

0041-1.jpg

左側のボックス内の価格帯で絞り込みます。1万円以上2万円までとか5万円までという区切りで良いと思います。

赤い四角が落札価格、青い丸が入札件数です。ソートをかけて(ボタンを押すことで並べ替えて)、データを読み解いていきます。

例えば、落札価格高い順、入札件数多い順に並び変えると1ヶ月以内に一番高く、たくさんの入札を集めた落札商品が出てきます。今回は1円出品商品を探すので、「入札件数が多い順」に並べ替えます。

特定の価格帯内の入札件数が多い順になります。並んだ商品の中から見つけていきます。

0501200.jpg

「▼入札」(入札件数少ない順)と表記されている状態です。もう一回「▲入札」(入札件数多い順)が表示されます。もう一回押すと「▼入札」が表示された状態に戻ります。

入札件数が多い順で自分が仕入れることができる目ぼしい物をどんどん探していきます。1円出品できる商品、つまり入札件数が多いものに限って今回は探していきます。1円出品をしている出品者はリサーチを深く理解している可能性が高いので、ひとつで良いので商品を見つけたら、その出品者が過去に扱った商品を探していきます。

1円出品で利益を獲得している出品者をマークすることで一度にたくさん稼げる商品を見つけることも可能です。私もたくさん真似されますが、商売というのはそういうものです。私は真似されても困りません。真似されて飽和する商品よりもたくさん商品を見つけますし、真似できない仕入れをします。

次は有望な出品者を見つけるところから書いていきます。

出品者追跡リサーチ

売れる写真の撮り方や説明内容の見本を見ながら出品できます。

1円出品できる商品を見つけていきます。入札件数が十分で入札人数も十分な商品を探していきます。最終的な目的は軸になるような繰り返し出品できる商品を探すことですが、実際に繰り返し出品できるかは試してみないとわかりません。上級者は繰り返し出品するつもりの商品を作れます。ですが、初心者のみなさんはまずはオークファンにある結果に忠実に仕入れを行ってください。

この出品者追跡リサーチは

1、商品を大量に見つけるきっかけになります。

2、商品を知るだけでなく、熟練者や趣味が良い出品者、良い感覚の出品者の「出品」を見ることができます。

私は特に2が大きな学びになりました。

出品タイトルはどのようにつければ良いのか、写真はどの角度で撮影するのが良いのか、商品をどれぐらい接写すれば良いのか、説明文はどのように書けば良いのかどこまで書けば良いのかなど。

この情報は落札価格帯にも影響する重要な情報ですが、ヤフオク!内にたくさん転がっているのです。

仕入れる商品が決まった、仕入れた、そしてその商品の正しい出品の仕方を参考にしながら真似すれば良いのです。できるのならより良く書き換えれば良いのです。

そのため、始めてしばらくはこのリサーチ方法と出品方法をどんどん取り入れてください。リサーチする価格帯を2万円以上とかで絞ると一気に稼ぎまくっている出品者たちのリストが集めやすくなります。5万円以上になるともっと良いです。10万円以上はさらに良いです。初心者には参入障害になる価格帯で勝負することで、値下げ合戦の初心者層との争いを避けることができます。同時に熟練者たちは同じ出品をする者が現れることをそれほど気にしませんから、むしろ彼らに習うつもりで、彼らの相場を崩さない意識で思い切って参入してください。

当時メルマガを書くために調べた「日本未発売」オークファン検索2万円以上で縛り5点以上見つけました。時間にすると15分ぐらいです。

すぐに見つかるのは私が慣れているからというのもあります。私は仕入れられない商品を知っていますし、送料が高いサイズだということも気付きます。この感覚は私や熟練者の武器ですが、やっていくうちに身につければ良いことです。(久々に見るとザクザクみつかるということもあります。)

写真で解説します。

008.jpg

青い四角の商品が気になりました。3月5日には35000円、約1週間後に55000円で売った出品者も現れました。1体で3万円で売った出品者もいます。

eBayで調べてみたところセットでの販売はなかったので、バラでそれぞれ仕入れることにしました。原価は2万円以下です。ただしかなりレアです。

ここからが出品者追跡リサーチになります。

商品をクリックすると下記ページに移ります。

0502_02.jpg

赤丸の出品者情報をクリックします。

開いた画面が下です。

0502004.jpg

緑の四角部分が出品者名です。クリックするとその出品者が過去に販売した落札一覧に飛びます。

出品者が過去に売った商品一覧を見ることができます。なぜか私好みの商品群でした。稼げる商品がたくさん一度に見つかることが多いです。儲かる商品を見つける方法を理解している出品者であれば当然です。

儲けている出品者を見つけたら勝ちです。

このリサーチは私も多用しています。ぜひチャレンジしてみてください。

リサーチは最初の1ヶ月、最初の10万円が大変

慣れたら本当に楽になります。コツをつかむまでが大変、いつになったらコツをつかめるのかという疑問にお答えします。

最初の10万円の利益獲得までです。

その頃には、ヤフオクの良いところ、大変なところを身にしみて理解できています。10万円の利益獲得は初心者にとっての壁です。

10万円の壁を乗り越えるには商品を多くうるか、高い商品を売るかのどちらかしかありません。

高い商品を売るということには安く仕入れるということも含みます。

10万円稼げてからの30万円、30万円稼げてからの50万円は方向が定まっている分、意外とあっけなく達成できることも多いです。

もう一個。

ただ生きているだけで生活費はかかります。手持ちの現金は減っていきます。ですから必ず必死に焦って早く達成するようにしてください。10万円の利益獲得までは自分一人で達成することを推奨します。(相談などはお受けします)

一人で達成したり失敗したり、自分で考え抜いたことは必ず力になります。自分の悪いところ、わからないところを明確にすることもできます。相談はどんどんしたほうが良いです。

A Great Offer, Just a Click Away

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit

メールにて通知をうけとる