【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

後発組でもせどりは儲かるの?利益が出やすい商品と出づらい商品の違い

船原徹雄
2019年8月20日

せどりというと、安くものを購入し、それを転売することですが、すでに多くの人が行っているビジネスでもあります。

しかし、これからせどりを始めたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

その人たちの中で、後発組でもせどりは儲かるのか知りたいという人もいるでしょう。

そこで、この記事では、せどりの仕入れ方法や儲かるためのポイントなどを紹介していきます。

せどりで仕入れるときのポイント

30_30_1_47103918

せどりをする上で、商品を仕入れる際にはいくつかのポイントがあります。
 
まずは、商品を安く仕入れないことにはせどりは成立しません。
 
そのため、セールを活用して安く仕入れを行うということがポイントになります。
 
通常の仕入れ価格では利益がでない商品であっても、セールを利用し、安く仕入れることで、利益が取れるようになるでしょう。
 
また、セールの中でも、決算セールは見逃してはいけません。
 
決算セールでは在庫一掃セールを行うこともあり、より安く商品を仕入れられる可能性があります。
 
見逃すことなく、商品を仕入れることができれば、より利益を出すこともできるでしょう。
 
また、決算セールの情報は、各店舗で確認することができるので確認が必要です。
 
住んでいる環境によっても、仕入れの方法を変えていく必要があります。
 
例えば、自宅や職場の近くにしいれができるお店がたくさんある場合、店舗せどりで仕入れることが可能でしょう。
 
また、車を持っているならば、車で行ける範囲のお店まで仕入れに行くことができ、なおかつ、大量に購入しても持って帰ってくることもできます。
 
車がない場合であったとしても、電車やバスを使い、駐車場がないような店舗を探せば、他にせどりを行っているライバルがあまり来ない店舗を開拓することも可能でしょう。
 
仕入れマップを活用することも、せどりでの仕入れのポイントの一つです。店舗せどりを行う場合、これはルート営業と同じになります。
 
仕入れマップを作り、そこに新規開拓の店舗を追加していくことで、自分だけのデータがどんどん追加されていくことになります。
 
どんな商材をどの程度仕入れをすることができるのかという、店舗ごとの情報も追加していくことで、効率的に店舗せどりを行うことが出切るでしょう。
 
 

モノレートは仕入れの要

analytics-3265840__340-1-1

仕入れの要ともいえるモノレートにはさまざまな特徴があります。
 
そもそもモノレートとは、Amazonでどのくらい商品が売れているのかが分かる、無料で使えるサイトになります。
 
つまり、Amazonを販売チャンネルとしてせどりを行う場合、必須のアイテムといっても良いツールです。
 
モノレートの見方は難しいように感じるかもしれませんが、マスターすることで、儲かるための情報を手に入れることができます。
 
モノレートは画面上に4つのグラフが表示されており、その中の最安値グラフを見ることで、どれくらいの価格で商品が売れているのかが分かるようになります。
 
しかし、必ずしも商品のすべてが最安値で売れているわけではありません。
 
中古商品などの場合は、コンディションによっても価格は変動します。
 
また、出品者数グラフというものがあり、このグラフでは、出品者がどのくらい推移しているのかということが分かるでしょう。
 
需要と供給の関係でグラフが変動することもあるので、出品者数の急激な変動には注意が必要です。
 
また、モノレートユーザーのグラフを見ることで、モノレートを見ているユーザーがどの程度いるのかということが分かります。
 
モノレートを見ているユーザーというのは、その商品に注目しているユーザーということなので、必ずチェックしましょう。
 
また、モノレートには、収益シュミレーターがあります。
 
モノレート上で、販売価格と仕入れ価格を入力することで、粗利益がどのくらいになるのかという計算をしてくれます。
 
聞くだけでは難しそうに感じる方もいるかもしれませんが、画面を見るだけで、どこに何を入力したら良いのか分かる、直感的な操作画面なので、初心者でも簡単に扱うことができるでしょう。
 
儲かるかどうかという判断をするために直接的に関わってくる機能だけに、落とすことができないポイントになります。
 
 

モノレートのグラフの見方

arrows-2899888__340-1-1

モノレートが仕入れの要であることは前述しましたが、グラフの見方がいまいち分からないという方もいるでしょう。
 
まず、モノレートのパラメーターは商品種別(新品・中古・コレクター商品・すべて)と、表示期間(3カ月・6カ月・12カ月・すべて)の2つしかありません。
 
自分が扱っている商品に合わせてパラメーターを設定することでグラフを見やすくすることができるでしょう。
 
まず、最安値グラフですが、これが一番上に表示されているグラフになります。
 
新品・中古・コレクター商品の最安値の推移が表示されているグラフで、色分けでどの商品かを見分けることができます。
 
最低値が上昇している場合、相場が上がったということであり、変動のないグラフは価格が安定している商品ということになります。
 
最安値グラフの下にある、出品者数グラフでは、需要と供給に合わせてグラフが変動していきます。
 
例えば、商品が売れることによって、出品者数が減り、グラフが安定している場合には、需要と供給が安定していることが分かり、出品者数も一定となります。
 
しかし、メディアの影響などによって、需要が急激に膨れ上がった場合、供給が追いつかないということがあります。
 
その場合、出品者数が減っていくのです。急に、出品者数が減ったという場合には、注文数が急激に増えたということが考えられるでしょう。
 
もっとも重要だといえるのが、ランキングのグラフになります。
 
これは、Amazonのランキングのグラフになっており、商品が売れることによって、ランキングが上昇するのです。
 
また、その反対に売れなければ、ランキングは下降してしまいます。
 
順位の数が小さくなった場合が、ランキングが上昇したということであり、数が大きいということはランキングが下降しているということです。
 
期間ごとの最安値一覧というものを合わせて読み解くことで、新品の商品が売れているのか、中古の商品が売れているのか、ということまでこのグラフから読むことができます。
 
モノレートユーザーのグラフでは、モノレートユーザーの数の推移を表しています。
 
このグラフを見ることによって、何人がモノレートのこの商品のページを閲覧しているのかということが分かるでしょう。
 
モノレートを見たユーザーが一人ならば、グラフは1になり、人数が増えれば、グラフの数も増えていくという仕組みになっています。
 
このグラフも、メディアへの露出によって、一気に跳ね上がることがあり得ます。
 
 

クレジットカードを利用して仕入れよう

american-express-89024__340-1

クレジットカードで仕入れを行うメリットとして、すぐに支払いをしなくても良いということが上げられます。
 
クレジットカードの会社ごとに、支払日は異なりますが、仕入れをする日程によっては、55~60日の日数で支払いを繰り越しすることができます。
 
また、クレジットカードで仕入れを行う最大のメリットは、カードによってポイントがつくということです。
 
そこでたまったポイントを金券などに替えることによって、現金と同じような価値を得られるでしょう。
 
金券の種類によっては、さまざまな所で使用することができ、食事代をまかなうこともできてしまいます。
 
また、ポイントの種類によっては、そのまま仕入れに使用することができ、ポイント分仕入れということも可能になるでしょう。
 
他にも、出張費のホテル代などに当てることも可能なポイントもあるので、経費削減の恩恵を受けることすらできてしまうのです。
 
仕入れにクレジットカードを使用するということは、通常の個人的な買い物とは一度に支払う金額の桁が違ってくるでしょう。
 
そのため、ポイントの貯まり方も通常の買い物とは違ってきます。
 
現金を使用することでは、ポイントなどの恩恵を受けられないので、仕入れのための資金に少々の不安がある場合や、少しでも得をしたい場合には、クレジットカードでの仕入れをしてみてはいかがでしょうか。
 
 

後発組でもせどりが儲かる理由

 money-2696229__340

後発組でもせどりで儲かるのにはいくつかの理由があります。
 
まずは、せどりはAmazonなどのインターネット通販を利用することが多いというのが理由になります。
 
ネット社会である現代では、多くの人がネット通販などを利用しているため、せどりが飽和するという心配がないのです。
 
ゲーム機器などの特定のジャンルでは飽和状態になってしまうこともありますが、中古品などのせどりではコンディションや仕入れ価格が千差万別になってきます。
 
そのため、購入するお客さんも千差万別になるので、飽和してしまうことがないのです。
 
他にも、ネット販売は拡大の一途をたどっているということも理由に上げられます。
 
ポピュラーなネット通販の1つであるAmazonでさえも、1994年の創業でそう古くない会社であることが分かります。
 
それ以外にも、数年前まで聞いたこともなかったようなフリマアプリなど、どんどん販売プラットホームは増えていっているのです。
 
個人がインターネットで簡単にものを売り買いできる流れがあるからこそ、後発組でもせどりでもうけを出すことは可能といえるでしょう。
 
ネット販売において、商品の種類はとても豊富です。
 
豊富であるということは、商品の選び方によってはライバルが少なくなるため、利益を出すことができる可能性が高くなります。
 
例えば、ほとんど自分しか知らないような仕入れ先があったならどうでしょう。
 
また、自分にしか仕入れられないような商品があったなら、ライバルは極端に少なくなるのではないでしょうか。
 
プレミア商品を、自分の好きな価格設定で売ることもできてしまうのです。
 
 

利益が出づらい商品とは

a0002_011580-2-1

せどりを行う上で、利益が出づらい商品というものがあります。
 
例えば、本やDVDなどは利益が出にくいものです。
 
このようなメディア系のせどりはかつては、誰でも始めることができる副業として人気でした。
 
しかし、年々プレミア価格をつけて商品を販売しているなど、仕入れ価格が高くなっている傾向があり、利益を出すことが難しくなってします。
 
他にも、最新のトレンドゲームも避けた方がいいでしょう。
 
例えば、一時期大変な人気で品薄になったゲーム機などがありますが、それらのものを3~5年といった長い期間、継続して定価よりも高い値段で買いたいと思ってくれるお客さんが居続けるでしょうか。
 
それらの機器はいずれ、値段が下がり、定価に戻ってしまいます。そうすると利益を出すことはできません。
 
これは、ゲームだけでなく、トレンドを売るせどりを行う限りつきまとう問題です。
 
また、家電量販店で展示品だった家電や、リサイクルショップで未開封だった商品を新品として売ることも避けるべきでしょう。
 
マナーの悪いせどりプレーヤーはこれらのものを新品として販売することもあるようですが、こういった行いをしてしまうことで、顧客からクレームがつく可能性は高くなります。
 
そうすることで、顧客満足度が下がり、リピーターは来ず、安定した利益にはつながらないでしょう。
 
中国のネットショップなどで仕入れた質の悪いものを転売するということも、避けるべきです。
 
さらに、その中でもオリジナル商品ではないのにそうであるかのように謳って転売を行うことがあるようですが、このようなせどりは規制の対象になる可能性が高く、長続きするものではありません。
 
長い目で見れば、利益が出づらいものといえるでしょう。
 
 

利益を出すためのポイント

ダウンロード (2)-6

せどりを行う場合、利益をだすためにはポイントがあります。
 
例えば、消耗品を中心に扱うことで、リピート戦略を意識することです。商売を行う上で重要なのは、リピート客を増やすことです。
 
生活用品全般や生理用品のような消耗品であれば、リピーターを得づらいといわれるネット販売でも、仕入れも安定しており、継続収入が得られるでしょう。
 
ネットの卸仕入れや、海外輸入メーカー取引を行うのも利益を出すためのポイントです。
 
小売店から仕入れを行い、せどりをする場合には、末端価格である小売店の価格にさらに上乗せした金額にしなければなりません。
 
これでは、稼ぎにくくなってしまいます。
 
そのような弱点を補うために、海外メーカーやネットの卸仕入れをしてくれる所を探し、独自の仕入れ先を開拓することが重要なのです。
 
フリマやオークションだけではなく、Amazonやヤフーショッピングに販路を広げていくということも利益を出すためのポイントの1つ。
 
ネット販売が多様化してきている中、どこかが強者であり続けるということはなく、販路を広げることが継続して利益を出すためには必要といえます。
 
また、サイトごとに特定の商材に特化しているということがあるので、そういった面でも販路を広げておくことで、利益を出しやすくできるでしょう。
 
 

後発組もせどりを始めてみよう!

ダウンロード (3)-6

昔からせどりをしている人でなければ、せどりでは稼げないと考える人もいるでしょう。

しかし、後発組でも利益を出すポイントを押さえておけば利益を出すことは可能なのです。

また、安易に始めることなく、どのような商品が利益を出し、利益を出しにくい商品はどのようなものなのかを把握する必要があるでしょう。

これらのことを理解した上で、せどりを初めてみましょう。