【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

輸入転売ビジネスについて徹底解説!失敗事例や注意点も参考にしよう

船原徹雄
更新日:2019年11月27日
投稿日:2019年11月27日

この記事の内容

転売は日本国内の商品を扱うだけではありません。

中国や欧米などの商品を輸入することで利益を上げることもできます。

しかし、輸入転売ビジネスは日本国内から仕入れるのに比べて注意しなければいけない点があるのも事実です。

そこで、この記事では輸入転売ビジネスの方法や種類、中国転売の仕入れ先と注意点を紹介したあとで、輸入転売ビジネスのメリットや失敗事例と注意点、ポイントを紹介します。

 

輸入転売ビジネスとは?

18_18_1_53830455
 
輸入転売ビジネスとは、輸入品を扱うビジネスです。
 
つまり、日本国外から安く商品を仕入れて、国内で高く売ることで利益を得るビジネスモデルだといえます。
 
転売は一般的にインターネットを活用して個人を対象にして販売するビジネスというイメージが強いですが、輸入転売ビジネスは実店舗で商品を扱うケースもあります。
 
また、輸入品は商品を仕入れるのに独自のルートがないと難しい場合もあるので、企業に転売してもうけているケースも珍しくありません。
 
かつては、輸入品を扱うことは一個人には難しいビジネスでした。
 
しかし、インターネットが普及したことで、海外から商品を仕入れて販売するまでのすべての工程を個人の自宅で行うことができるようになったのです。
 
法人で輸入品を扱うと、事務所の家賃や光熱費はもちろん、広告費などの経費がかかります。
 
従業員を雇っているときは人件費もかかるでしょう。
 
しかし、個人でインターネットビジネスを行う場合には自宅を事務所や倉庫代わりにすれば家賃などの固定費や広告費はかかりません。
 
法人よりも有利な条件でビジネスを始められる場合もあるのです。
 

 

輸入転売ビジネスの種類を紹介!

ebay-881309__340
 
輸入転売ビジネスを始める方法にはさまざまなものがありますが、比較的メジャーなのが「ebay輸入」と「中国輸入」です。
 
ebayは欧米を中心に世界中で利用されているショッピングサイトです。
 
欧米以外の国の商品もありますが、品ぞろえが豊富なので欧米をメインにして輸入転売をする人によく使われています。
 
欠点は、欧米諸国は世界的に見ても物価が高い傾向にあるので、全体的に商品価格が高いことです。
 
そのため、慣れないうちは失敗したときの損失を抑えるためにも、安いものから無理なく始めることをおすすめします。
 
一方、中国輸入はebay輸入に比べると商品単価が安い傾向にあるので、仕入れやすい点はメリットです。
 
大量に輸入して転売することで大きな利益を得られるので、そのような取引手法が向いています。
 
大量に仕入れると発送する手間がかかりますが、中国輸入は外注に対応しているのも特徴です。
 
転売をする個人は、商品のリサーチと仕入れのみに注力できるのは大きなメリットだといえるでしょう。
 
ebay輸入と中国輸入は、それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらがいいかは一概には言えません。
 
ただし、ebay輸入のほうが、中国輸入よりも発送などに時間がかかる点は覚えておくとよいでしょう。
 
回転率を重視する人であれば中国輸入のほうが向いているといえます。
 
とはいうものの、転売初心者にはebay輸入のほうが向いていると考えられる点があるのも理解しておくとよいです。
 
その理由としては、「中国語よりも世界共通言語の英語のほうがなじみがある」「商品の種類が多いのでもうけやすい」といった要素が挙げられます。
 

 

中国輸入転売ビジネスでおすすめの仕入れ先は?

c6991d9abf838fce66169e5c4f417660_s
 
中国輸入でAmazonへ転売するビジネスにおいて、おすすめの仕入れ先として挙げられるのは「タオパオ」です。
 
タオパオは、世界一の売り上げを誇るといわれるアリババグループが運営しているインターネット上のショッピングサイトです。
 
全体的に商品価格が安いうえに、品ぞろえがよいので仕入れ先にうってつけだといえます。
 
ただし、もう1つのおすすめの仕入れ先の候補である「アリババ」に比べると、個人取引がメインのタオパオは価格が高い傾向にある点はデメリットです。
 
アリババもタオパオと同じく、アリババグループが運営するインターネット上のマーケットである点は同様です。
 
しかし、大きく異なるのは、タオパオが個人をターゲットにしているのに対して、アリババは主に業者を対象に商売をしている点だといえます。
 
そのため、販売されている価格も卸値なので、タオパオよりも安い傾向にあるのが特徴です。
 
ただし、個人が直接仕入れることはできないので、代行業者を利用する必要があります。
 
仕入れ代行業者とは日本語でやりとりできるので、中国語が不安な人でも心配する必要はありません。
 
アリババは業者向けのサイトであるため、一定の品質が保たれているケースが多いです。
 
また、1年間の保証がついている点でも安心感を得られるというメリットがあります。
 

 

中国輸入転売ビジネスの注意点!

253bd087e8ebd06ffc150a0e67181ec4_s
 
中国から輸入した商品をAmazonで転売するときの注意点は「安すぎる商品には注意すること」です。
 
転売で利益を出すために、少しでも安い商品を仕入れたい気持ちは分かりますが、粗悪品を仕入れてしまうとトラブルが起こってしまい、後処理が大変になります。
 
安すぎる商品には何かしらの欠陥がある場合が多いので、品質に不安がある商品は仕入れないほうがよいです。
 
価格につられるのではなく、見本品をチェックするなど、慎重に見定めるようにしましょう。
 
また、輸入転売ビジネスでは該当する国の事情を考慮する必要もあります。
 
たとえば、中国では春節(旧正月)のお祝いなどで1週間程度休日になる店舗や工場が多いです。
 
そのため、商品の仕入れに通常よりも時間がかかるケースがあります。
 
もともと商品の到着までに時間がかかる輸入ビジネスでは、目的によって運転資金をある程度プールしておくことが大切です。
 
現地で生産する期間などを考慮すると、2カ月分程度の資金を用意しておいたほうがよいでしょう。
 
さらに、輸入品で気を付けたいのがコピー品やブランド品の偽物です。
 
当然、知っていて出品するのはいけませんが、仮に知らずにAmazonに出品した場合でも、しんがん調査が入って最悪の場合にはアカウントの取り消し処分を受けることがあります。
 
ブランド品などを取り扱うときは、十分注意しましょう。
 

 

輸入転売ビジネスのメリットは?

30_30_1_54764162
 
輸入転売ビジネスのメリットは「幅広い商品を扱えること」です。
 
輸入転売ビジネスがターゲットとするのは日本国内の商品だけでなく、海外商品も含まれます。
 
その結果、対象になる商品の選択肢は非常に幅広くなるのが特徴です。
 
日本国内だけでビジネスをしていると、同じような商品を狙うライバルとの競合に陥ってしまい、思ったように利益がでないケースがあります。
 
しかし、海外に目を向ければ市場は広大なため、ライバルがいても飽和状態で稼ぐことが難しいという状況に陥ることは、ほとんどありません。
 
また、輸入した商品とはいっても、実際に売るのは日本国内です。
 
そのため、リサーチや出品などの手続きが特に難しいということはありません。
 
ライバルに気をつかうことなく、自分の得意ジャンルで勝負できるという点は大きなメリットです。
 
そして、輸入転売ビジネスのもう1つのメリットは「仕入れ価格を抑えられること」だといえます。
 
特に中国輸入は多くの工場で安い人件費で生産しているため、商品価格が安いケースが多いです。
 
仕入れ値を抑えられるので、高い利益率を出しやすいというメリットがあります。
 

 

輸入転売ビジネスの失敗事例を参考にしよう!

27c44dc59d28fb29fc57fdd188f37315_s
 
輸入転売ビジネスの失敗事例としてよくあるのが「法律や通関でのトラブル」です。
 
たとえば、「薬事法関連商品」を知らずに輸入してしまうケースが該当します。
 
薬事法に触れている商品を許可なく輸入してしまうと税関から連絡が入り、返送するか廃棄するかの選択を迫られます。
 
万が一税関を通ってしまった場合でも、法律に触れた商品を販売すると逮捕されてしまう恐れがあるので、十分確認をしたうえで仕入れましょう。
 
また、英語や中国語のサイトの扱いに慣れていない人は、「通貨単位を間違える」というケースも多いです。
 
アメリカドルや中国元は日本円と単位が違うので、桁が多くなるなどのケアレスミスが生じてしまい、支払う関税が大幅に増えてしまうことがあります。
 
支払いの際には代金をよく確認しておきましょう。
 
さらに、初めての取引先との大口契約で、「銀行振り込みをした後に連絡が途絶えた」というトラブルが起こるケースもあります。
 
ある程度の信用が担保されるまで大口契約は控えたほうが無難ですが、どうしても取引したい場合にはペイパルやクレジットカードを利用すると保険が使えて便利です。
 
輸入転売ビジネスは、お金の単位や支払い方法で失敗する事例が多いといえるので、国内の転売よりも慎重に取引をしましょう。
 

 

輸入転売ビジネスには注意点もある!?

4c35ca715a1063ee46078f2444f47a55_s

輸入転売ビジネスはメリットもありますが、注意点もあります。

そこで、輸入転売ビジネスをするうえで、気を付けておきたい2つのポイントについて紹介します。

 

仕入れの量

輸入転売ビジネスにおいて「仕入れの量」というのは、非常に難しいです。
 
失敗事例にあるように、輸入転売にはそれなりのリスクもあります。
 
しかし、輸入転売のリスクを考えて仕入れの量を慎重にしすぎると、ビジネスとして前に進んでいくことはできません。
 
ある程度の規模で仕入れをしないと経験値が上がることはないので、慣れてきたら行動することが大切です。
 
ただし、大胆になって仕入れ量を増やしすぎると、売り切れなくなったときに在庫を抱えてしまいます。
 
輸入品ビジネスは国内の転売に比べて発送までに時間がかかるケースが多いので、在庫量を調節するためにある程度先を見越して仕入れ量を調整するのが難しいです。
 
そのため、特に資金力の乏しい初心者は売れる数を仕入れることが原則だといえます。
 
万が一仕入れた商品が売れなければ、次の仕入れに回す資金が少なくなって、より苦しい状況になるからです。
 

 

輸入禁止品

輸入転売ビジネスでターゲットとなる商品は非常に多いです。
 
しかし、ある程度の知識がないと輸入してはいけないものまで販売してしまい、取り返しがつかない事態になることもあります。
 
そのため、輸入販売ビジネスをする場合には、輸入禁止品について知っておくことが重要です。
 
具体的には関税法や食品衛生法などの法律で禁止されているものや、ワシントン条約などの国際法で禁止されている動物などが挙げられます。
 
また、日本の法律では輸入が禁止されていない商品であっても、Amazonの独自の規約で販売禁止になっているものがある点にも注意しましょう。
 
輸入品の管理については、日本貿易振興機構(JETRO)などの専門機関が行っているので、迷うことがあれば相談することをおすすめします。
 

 

輸入転売ビジネスのポイントは?

33a299251a4bc7805f1cdaa7d5c2621a_s

輸入転売ビジネスを成功させるためのポイントは主に3つです。

この段落では、それらのポイントについて詳しく解説します。

 

商品のリサーチ

輸入転売ビジネスを成功させるためには、実際に利益を上げている人の手法を真似するのも1つの方法です。
 
輸入転売ビジネスを成功させて高額の収入を得ている人は、「厳選した商品を数種類に絞り込んでいく場合が多い」です。
 
輸入転売ビジネスは非常に多くの商品の選択肢があります。
 
しかし、実際に利益を取れる商品の数も多いわけではありません。
 
そのため、輸入転売を行うにあたって、売れる商品を絞り込んで継続して利益を得ていくほうが効率がよいと考えられます。
 
とはいうものの、輸入転売の初心者がすぐに売れる商品を見つけられるわけではないので、一定期間は着実に経験を積んでいくことが大切です。
 
経験から得た知識や正しい情報を活用して、仕入れる商品の候補から絞り込んでいくとよいでしょう。
 

 

配送方法に留意する

国内転売の場合は、基本的に配送に何日もかかるということは考えられません。
 
しかし、輸入転売ビジネスでは、商品が手元に届くまでにそれなりの期間がかかるということを認識しておく必要があります。
 
そのため、輸入転売ビジネスでは配送方法ごとの輸送期間に気を付けなければいけません。
 
たとえば、航空便なら1週間程度、船便なら2~3週間程度かかるのが一般的です。
 
通常であれば仕入れは航空便が使われることが多いですが、たくさん販売することが決まっている場合、時間はかかりますが、コストの安い船便になるケースもあります。
 
国際配送料自体は船便のほうが安いケースが多いです。
 
国際配送料は経費として算出しておかないと、利益の計算がおかしくなる点には気を付けましょう。
 

 

自己流は避ける

輸入転売ビジネスは法律や諸外国の事情など、国内転売よりも知っておかなければいけないことが多く、基本的には難しいものです。
 
長期にわたって安定したビジネスにするためには、正しいビジネスの方法を構築することが重要だといえます。
 
輸入転売に関する正しい知識がないと、故意でなくてもコピー品を扱ったり、法律に触れてしまったりするリスクがある点は意識しておきましょう。
 
特に取引量が増えてくると法律やコピー品のチェックなどが雑になってしまうことがあります。
 
そのようなことがないように、自分ができる範囲の作業量で安定した利益を得られるようなビジネスの形を作ることが大切です。
 
自己流はどうしてもリスクが高い取引方法になってしまうので、避けたほうが無難でしょう。
 
最新の情報を得て学んだうえで、不正をしない輸入転売ビジネスをするとよいです。
 

 

輸入転売ビジネスは正しい知識をもとにして儲けよう!

1f3c7b0f1cdaaf550007ab5eec8759e7_s

輸入転売ビジネスには国内の転売にはないメリットがあります。

ただし、法律や規制など輸入転売ビジネスならではの注意点もあるので、気を付けなければいけません。

輸入転売ビジネスを始めるなら、リスクの高い自己流ではなくて正しい知識を得てから行うほうが無難です。

物販総合研究所では、転売に関する正しい情報を発信しているので登録して活用してみてはいかがでしょうか。