副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法



中国輸入におけるリサーチツールの役割とは?

藤谷 銀
2019/02/27 10:05:27

 

 



中国輸入におけるリサーチツールの役割とは?

・ツールは業務を効率化するためのもの 

ツールを使いリサーチ効率化することによって作業や時間短縮ができます。

 

・多少は自力でリサーチすることも必要 

ツールを使うことにによって作業は効率化しますが、
まずはツールを使う前に自力でリサーチし理解することが大事です。

 

・あくまでもリサーチの補助として使用する

全て頼りきらず時短したい部分、補助として使いましょう。

 

 

中国輸入にリサーチツールは必要か 

・必要ではないが上手く使えば便利 

 中国輸入はリサーチツールがなくても大丈夫ですが
自分の手をあけてくれたりするので上手く使えば便利です。

 

・ツールに依存しないことが大切 

ついつい便利なので依存してしまいがちですが、
自分の目でいろんな商品を見ていくことも大切です。

 

・Amazonの販売数を知るツールを使おう 

Amazonでの販売数が分かるツールはとても便利です。
出品者数と月間販売数がわかれば自分の仕入れ数がわかります。

 

 

リサーチツールを使用するメリット 

・リサーチ初心者でも取り掛かりやすい 

リサーチをしたことがなくても簡単に取り掛かることができます。
ですので未経験の外注さんにお願いすることも可能です。

 

・自動で売れる商品が見つかる 

ツールを使うことによって自動で販売数の多い商品を見つけることができます。

 

・業務が効率化される 

業務が効率化され自動化できます。

 

・在庫管理が楽になる 

どの商品がどれだけ売れているかなど使うツールによっては楽になります。

 

リサーチツールを使用するデメリット

・価格競争・飽和状態になり易い 

 リサーチツール使うと同じ商品に多くの出品者が集まってしまうことが
あるので全てがそうではないですが飽和状態になってしまいまいます。

 

・リサーチのスキルが身に付かない 

頼りすぎてしまうと自分のリサーチのスキルが身につかず商品を見る力も養えません。
ツールがなくてもリサーチできるスキルを身につけましょう。

 

・ツールに依存しやすい 

作業の効率がよくなるので依存しやすいですが、
ダメではないですが頼りすぎないようにしましょう。

 

・サービス終了や変更時に困る 

ツールに頼りすぎてるといざなくなった時に困ってしまうので、
ツールがない状態で理解してからツールに頼るといいでしょう。

 

・ツールの利用費がかかる 

ツールによって価格は様々ですが月額料金は安くないと思います。
どのツールを使ってどの作業を効率化するかを考えて使いましょう。

 

 

中国輸入リサーチツールの種類と特徴

・リサーチツールの王道「アマテラス」 

リサーチが出来ない人でも儲かる商品を見つけれるようになることと、
リサーチへの作業時間が短縮できるというのがアマテラスです。

 

・リサーチが10倍速になる「Ama速」 

Ama速に登録すると、そのセラーがどんな商品を扱っていて、

その商品のランキング、出品者数、出品価格など、
すべてが見ることが出来るようになります。

 

・タオバオ仕入れを自動化「中国輸入せどらー」

中国輸入せどらーとはタオバオ上にある商品画像をAmazon上の画像と比較して商品を見つけ出すツールです。

 

・ライバルセラーが見られる「せどりアナライザー」

せどりアナライザーは、Amazonで売りまくっている出品者を監視して、その出品者が実際に売った商品のみを仕入れして、Amazonで稼ぐことを狙いとしたツールです。

 

ツールを使わずにリサーチするメリット

・ツールで見つからない商品が見つかる

ツールでは見つからない商品のほうが利益の出る可能性が高い商品です。

 

・リサーチ力が付く

リサーチ力が付くほか、手間がかかる分利益の出る商品に出会える事があります。

 

・競合が少なく売りやすい

競合が少ない他利益もとてる商品だとリピート仕入れもし易いです。

 

 

自作ツールを作ってオリジナルのリサーチをする

・自分に必要な機能だけで作れる 

不必要な機能つけずに自分の必要な機能だけでリサーチ出来るのでリサーチもはかどります。

 

・自分しか使わないため飽和しない 

自分の視点からできた自分専用のツールになりますので見つかる商品やいろんな目線でも飽和しにくいと思います。

 

・意外と安く作成できる 

自分でツールを作れてしまう方はいいですが外注さんなどツールを作れる人に頼んでもある程度はしますがそこまで高くないです。

 

 

自作ツールを作る際の注意点 

・本当に必要かどうか検討する 

自作ツールを作って、使ってどのくらいプラスになるか考えて
本当に必要であればツールを制作してもいいかもしれません。

 

・初期費用を計算する 

ツールを作るのにどのくらいの初期費用がかかる作る前に計算しましょう。

 

・独自の機能を持ったツールを作る

自分の組み込みたい機能を持ったツールをつくりましょう。

 

・ 実際に使用して改善していく

実際に使用して更に使いやすく改善していきましょう!

A Great Offer, Just a Click Away

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit

メールにて通知をうけとる