【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

《美女を雇うと稼げる》という事実

藤谷 銀
更新日:2019年11月7日
投稿日:2019年10月4日

この記事の内容

こんにちは、藤谷銀です。


先日行った中国広州ツアーで

無限に立ち並ぶアパレル商品の

卸売市場を見て回ったんですが、

 

商品のクオリティは

お店ごとに

天と地ほどの差がありました。

 

 

商品は手で触って

生地やデザインや縫製を見て

 

値段に見合うかをチェックし

良し悪しを判断しますよね。

 

でも

藤谷は ここ広州で

「秒速でお店のクオリティを判断する方法」

を発見してしまったんです。

 

何だと思います?

 

 

 

それは、

「お店の女の子がカワイイかどうか」です。

 

はぁ? と思うかと思いますが

顔立ちやスタイルも

もちろん大事ですが

 

「着こなしがオシャレかどうか」

「きっちりメイクをしているか」

「女の子のレベルが粒ぞろいか」

も重要です。

IMG_9950

 

メイク率が異様に高い日本人からすると

「メイクは社会人としてのマナー」と言われることも

あるほど、ごくごくフツーのことですが

 

中国の女の子のスッピン率は

8割5分くらいのイメージです。

 

 

卸売市場の中での

女の子の雰囲気は、

 

【女子①】

スッピン

部屋着並みにめっちゃラフな服

(店内に座ってなんか食べてる)

 

【女子②】

メイクバッチリ

全身トレンド服

読者モデル以上のルックス

 

・・・と、キレイに2パターンに

分かれていたんです。

 

 

実際、市場内をさーっと小走りで見て回っても

お客さん(バイヤー)がワラワラ入って

賑わっているショップは

 

店頭にオシャレ美女が

2、3人立って

「ぱんぱん」と手を叩いていました。

(呼び込み的な)

IMG_0045

店内に入るとまた

マネキンのようにすらっとした美人が

店内中央のお立ち台上で

「ぱんぱん」と手を叩いています。

※ただし営業スマイルは、皆無。

 

 

 

美女のお店は必ずと言っていいほど

商品の生地や縫製が

結構しっかりしていました。

 

それゆえ激安ではないけれど

トレンド感たっぷりで

 

個人的にも思わず買いたくなるものが

たくさんありました。

 

商品を、より魅力的に見せるために

美女に着てもらって

店頭に立ってもらうって

正しい方法だと思うんです。

 

 

日本のショップでも、

店員さんが商品を身につけているのを

頻繁に見かけますが

(昔カリスマ店員とか流行りましたよね)

 

 

その広州の美女店員さんたちは

「店頭販売」だけが

仕事ではないんです。

 

というのも、

 

購入した人だけにしか教えてくれない

WEECHAT」というLINEのようなものがあり

 

 

そのWEECHATに

随時、新作商品の着画をアップしているんです。

 

情報公開する対象を

「購入者(バイヤー)」に限定することによって

 

同業者にデザインを

パクられることなどを

防いでいるのだそうです。

 

 

1個でも商品を買えば

WEECHATを交換してくれるらしいと聞いたので

すぐに1個買ってみたのですが、

 

「WEECHATもwebsiteも名刺も、無い」と

冷たく突っぱねられました。(涙

 

1着だったので同業 or

冷やかしだと思われたんですかね・・

 

まぁ

ここは卸売市場ですから

どっさりまとめて受注してくれる

お客さんが優遇されるのは

当然ですよね。

 

 

しかし、

ここまで来て

その WEECHAT なるものを

GETせずに帰るわけには行かず

 

めげずにそのお店でさらに2点買って

 

しつこく

「WEECHAT プリーーーーーーズ!!!!!!(懇願」と

アピールし続けたら

 

店員さんが

めんどくさそうな顔で

WEECHAT  IDを教えてくれました。

 

 

ここのショップは

オネエさんも粒ぞろいで

商品もカッコ良く

 

当然賑わっていたので

 

WEECHAT獲得も

そこまで簡単ではなかったのですね。

 

 

 

このWEECHATなんですが、

まずショップと友達になります。

 

そうするとLINEでいう

「タイムライン」的なところに

商品の着画(お店のオネエさん)が

アップされていて

 

IMG_0102

(↑こんな感じ)

気になる商品があったら

WEECHAT上で、

 

随時問い合わせや

交渉やオーダーが可能ということです。

 

 

 

なので、

店員さんたちの仕事は

店頭販売のみにとどまらず

 

毎日のように

新作の着画撮影をし、

IMG_0104

WEECHAT上での

問い合わせや受注にも

随時対応するという

 

なんとも合理的な

ニュー営業スタイルでして

藤谷は衝撃を受けたわけです。

 

 

このクオリティの女の子たちを

揃えることは

 

普通の子たちよりも

コストがかかるだろうことは

ほぼ確実なのですが

 

メリットは

相当デカイ!と思いましたね。

 

美女を採用することで

お店の売り上げ

だいぶ上がると思います。

 

 

ちなみにこのお店で

サンプルとして購入した

ハット(135元=¥2700での仕入れ)の画像も

WEECHAT上で無事発見!

 

早速試しにこの画像を使って

BUYMAに¥6900で出品してみました^^

 

 

ちなみにこちらのような

広州の人気卸ショップは

 

タオバオ(http://world.taobao.com/)には

出品したがらないということで

 

BUYMAを日々実践している私としては

とっても好都合ですね。

 

 

なぜかというと

BUYMAの規則ではこの

タオバオの画像を使っての出品が

一切禁止されているからです。

 

 

知らずに画像を使ってしまうと

悲劇の「アカウント停止」になる

可能性大ですので

十分にご注意くださいね〜

 

 

現地ショップに行った際に、

タオバオに出品しているかどうか聞いておくと

安心できそうです。

 

 

 

ちなみにこのような  つば広ハット

この冬のトレンドど真ん中でして↓

428_5

すでに

「毎日 誰かしら ハット被ってる現象」が

起こっているのですが

 

ブランド問わず

¥10000前後のハットがかなり

BUYMAでも売れているので

 

こちらも余裕でイケるのではと

思っています。

 

 

反応良さげなら、

WEECHATからの

継続仕入れにも

トライしてみようと思います^^

 

 

 

広州にいって

いきなりガッツリ仕入れをしなくても

 

いい感じのお店のWEECHATを集めるだけで

かなり貴重な新作情報を

継続的に得られることになりますね。

 

しかもショップの品質は

自分でチェックしてあるので

安心できます^^

 

 

海外に出るって

発見ばかりで 本当に面白い!!

無料のメール講座でネット物販についてどこよりも詳しく解説します


登録後すぐに実践マニュアルも無料プレゼント!


✓ 副業メルカリで月収10万円
✓ 本業Amazonで毎月30万-100万円


物販総合研究所は年商12億円の物販ビジネスを運営しながら
物販に関する本格的な情報発信を行っています

現在募集中のセミナー

リアルタイムに情報を配信中 → Twitter_Logo_WhiteOnBlue Twitter

ノウハウ動画を毎週配信中 →  yt_logo_rgb_light