【無料レポート】副業物販ノウハウ
メニュー
【無料レポート】副業物販ノウハウ

【Amazon転売で儲かってる人へ】安易にネットショップ始めると痛い目みますよ

朝野拓也
2019年2月26日

こんにちは、朝野です。

今日はAmazonで販売している人が
次に夢見るネットショップについて、
安易に始めたら痛い目合うよー!というお話です。

Amazon販売は素晴らしい!!

Amazonバンザイ\(^o^)/

Amazon販売って本当に素晴らしいと思います。なぜかって?

  • 抜群の集客力
  • 洗練されたUI、UXによる高いCVR
  • 高いブランド信頼度
  • FBAによる発送の自動化
  • その他バックオフィスの代行

などなどなど

数え切れないメリットがあります。

売れてる商品をAmazonでリサーチして、中国から大量に商品を仕入れて、AmazonのFBAに入庫する。
それだけで売上と利益があがるなんて10年前では
とても信じられませんよね。。

個人では発送が大きなボトルネックとなって今まではできなかった
「薄利多売」ビジネスがAmazonを利用することで
個人でも気軽にできるようになりました。

月商数百万、月利数十万という規模はすぐに達成できます。
ヒット商品に恵まれれば数千万円という規模も夢ではありません。

Amazonはんぱない、、Amazon凄い!!

その一方で、、、

Amazonへの不満

Amazonのおかげで儲かってる一方で、
Amazonに対して不満を持っている方が沢山います。
田辺もよく聞きます。

「Amazon依存が怖い」「アカウント止められて痛い目にあった」
「手数料が高い」などなどなど。。

万人にとって完璧なプラットフォームはありえません。
Amazonは「購入者」の方向を向いてサービスを提供しています。
我々「販売者」の方向は向いてません。

優先度が高いのは確実に「購入者」です。

購入者 >>>>> 販売者(我々)

そのため、購入者に対して不誠実な対応をとるとAmazonは販売者を
排除します。購入者への不利益となりますからね。

 

もうAmazonには頼らん!ネットショップや!

アカウント止められてひどい目合った。
3ヶ月の入金停止(´;ω;`)もう、Amazonやめてやる!

と息巻いてネットショップを始めようとしているあなた!

ちょっと一息置いてこの記事読んで下さいね。

まず、、、集客どうやってやる?

集客できますかー?今までAmazonでしか販売していなかった人は
集客についてほとんど考えてなかったと思います。
Amazon内のSEOと広告くらいでしょうか。
しかし、Amazonの集客と、ネットショップの集客は全く異なります。

ネットショップの集客は広告前提で

まず、無料で集客しようなんて思わないほうが良いです。
SEOは時間がかかり、効果が出るかも不確かです。
ですが、つまり、広告を出す必要があるということですね。

ここで一つ認識しておいてもらいたいこと。

広告費は売れなくてもかかる

Amazonの手数料は売れたらかかります。
Amazonで売れなかったら基本料金以外はかかりません。つまり、Amazonの広告費は売れたらかかるのです。
(もちろんスポンサープロダクトの広告は除く)

実はこれってすごいことです。Amazonは超良心的です。
ネットショップの広告(PPC、ディスプレイ広告)はクリックされたら、もしくは表示されたら料金がかかります。
その後にあなたのサイトで商品が売れたかどうかは関係ありません。

極論、100万円広告費をかけても売上が0という可能性もあるのです。
(例外として、アフィリエイト広告は成約した場合のみ広告費を支払います。)

え、なにそれ!?怖い。。
やめとこ。。って人は
ネットショップやらないという
選択肢も全然ありです。
Amazonのルールに則って
商売すれば全く問題ありません。

CPOという考え方

広告前提でネットショップを運営する場合は、
CPOという考え方を理解する必要があります。*CPO = Cost Per Order

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料レポートを入手する