副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

【輸出】海外の人気ショッピングサイト一覧

戸部 祐子
2018/08/07 13:23:10

輸出ビジネスは海外に銀行口座を持たなくても、売上金の受け取りが可能です。売上金は米ドルだけでなく、人民元やオーストラリアドルなどの通貨も受け取り対象です。

よって、日本から進出可能な世界のショッピングサイトを紹介します。 

売上金を受け取るには?

次の2つが知られています。

Payoneer(ペイオニア)

https://www.payoneer.com/ja/

Worldfirst(ワールドファースト)

https://www.worldfirst.com/jp/online-sellers/

海外に銀行口座を開設しなくても、これらのサービスのアカウントを開設しますと、海外の銀行口座に相当する銀行名や口座番号を取得でき、各プラットフォームでの売上金を受け取り、日本の銀行に送金ができます。

二大プラットフォーム

ネット物販で輸出ビジネスを行っているセラーの多くは、AmazonとeBayの2つを主に利用しています。AmazonとeBayは、アメリカだけでなく、各国にサイトがあります。

Amazon(アマゾン)

https://www.amazon.com/

《Amazonがある国

amazon_countries

eBay(イーベイ)

https://www.ebay.com/

《eBayがある国

ebay_countries

では、その他の人気ショッピングサイトを地域別に紹介します。

東南アジア

Lazada(ラザダ)

https://www.lazada.com.ph/

Lazadaはフィリピンが拠点で、東南アジア全域を担っているショッピングサイトです。「東南アジアのAmazon」とも言われており、日本からの出品も若干ですが見られます。

アメリカ

etsy(エッツィー)

https://www.etsy.com/jp/

estyは、ハンドメイド関連で有名なサイトです。一点物の商品から材料まで揃っています。月額15ドルでストアを持つことができます。

因みに日本でハンドメイドというと、ミンネminneが有名です。

minne(ミンネ)

https://minne.com/

Newegg(ニューエッグ)

https://www.newegg.com/

電化製品が豊富なショッピングサイトです。最近はアパレルやおもちゃも取り扱っています。会員数が3000万人くらいと多く、アメリカで人気のサイトです。

ヨーロッパ

Cdiscount(シーディスカウント)

https://www.cdiscount.com/

フランスのディスカウントストアです。フランスの小売大手である、Bic Cが手がけています。

ボルドーが本部ということもあり、ワインの取り扱いが充実していることでも有名です。

Priceminister(プライスミニスター)

https://www.priceminister.com/

フランス発の企業、個人の両方が出店しているECサイトです。現在は、楽天の欧州進出により子会社となっています。会員数1200万人以上でフランスではトップシェアのC to C, B to Cサイトです。

日本

mercari(メルカリ)

https://www.mercari.com/jp/

日本では、すっかり浸透している、フリマアプリです。ユーザーインターフェイスが優れており、シンプルなため、スマホで誰でも簡単に出品できる点がユーザ増加の要因でもあります。

このメルカリですが、以前より世界進出に力を入れており、イギリスとアメリカにもサイトがあります。日本発のプラットフォームとして、世界中に浸透して欲しいですね。

ちなみに各国でロゴデザインが違います。(2018年時点)

mercari

日本はAmazon.co.jp以外ですと、Yahoo!や楽天などの知名度が高いですが、このように各地域や国によって人気のサイトは様々存在します。近々、日本からのセラーが参入しやすいサイトが増え、AmazonやeBayに次ぐ第3のサイトの登場を期待したいです。

END 

関連記事


輸出に関する記事

メールにて通知をうけとる