【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

起業アイデアの見つけ方!7つの発掘方法と陥りやすい失敗ポイント

船原徹雄
更新日:2022年5月6日
投稿日:2022年4月12日

この記事の内容

自分で起業しビジネスをしたいけど、よいアイデアがなかなか見つからないという人も多いでしょう。起業は会社設立をしなくとも、個人事業主として十分に始めることができます。そこで、起業のアイデアを見つける7つの方法と、陥りやすい失敗ポイントについてまとめるので参考にしてみてください。
船原徹雄
この記事の監修者
船原 徹雄
物販総合研究所 所長
1980年 兵庫県出身。資金3万円を元手に個人輸入転売を開始。「これは稼げるぞ!」と確信し、2007年に会社設立。3年目で年商2億円と順調に業績を伸ばし、2018年の年商は14億円。自分で物販をする傍らで情報発信活動も行い、物販で稼ぐ方法を提供するために物販総合研究所を設立した。現在は初心者から上級者まで、ありとあらゆる人が物販で稼ぐための最新の方法を日々提供中。
▶著書:世界一楽しく儲かる金持ち教科書
▶Twitter:https://twitter.com/funahara
▶YouTube:https://www.youtube.com/c/FunaharaTetsuo/

起業アイデアの作り方!どうやって生み出す?

起業アイデアの作り方!どうやって生み出す?

起業したいと思っても、なかなかよいアイデアが思いつかないという人も多いでしょう。

そこで、起業するためのアイデアをどのようにして生み出せばよいのかを解説します。

不便・不満をヒントにする

不便・不満をヒントにする

起業をしている人の中には、生活や仕事をするうえで、不便なことや不満なことを解消するために起業している人もいます。

まずは、自分自身が不便や不満に思っていることを考えてみましょう。また、友人や家族に不満や不便なことを聞いてみるのもよい方法です。

不便や不満に思っていることは、自分だけでなく他の人も同じように悩みを抱えていることが多くあります。

解消する方法を思いつけば、ビジネスとして成り立つので、考えてみるとよいでしょう。

趣味や好きなこと極める

趣味や好きなこと極める

趣味や好きなことを極めて、起業している人もいます。

趣味や好きなことであれば、専門知識を持っていることも多く、他の人のために活かすこともできるでしょう。

起業する仕事としては、専門家やアドバイザーなどがあります。専門家やアドバイザーは、自分の得意なことを仕事としている人の代表例です。

また、興味のあることは自身に投資をし、さらに成長できるので、起業した後に情熱を持ってやっていくことができるでしょう。

特化・限定する

特化・限定する

既存のビジネスでも一部分を切り取り、特化・限定させることで起業も可能です。

現在勤めている会社の業務でも、何か1つに特化することで、起業できることもあります。

すでにできあがっているビジネスでも、何かに限定したり特化したりすることで、十分に起業できるチャンスがあるでしょう。

また、特定や限定をすることで、ターゲットとなる人や企業も決まるため、ビジネスとして始めやすくなります。

足す・掛け合わせる

足す・掛け合わせる

すでにあるビジネスを足したり、掛け合わせたりすることでビジネスとして起業できます。

例えば、訪問介護というビジネスも、介護と宅配を掛け合わせることによって生まれた仕事です。

掛け合わせるものとしては、技術、ターゲット、手法、データなど色々な組み合わせが考えられます。

身近なビジネスを掛け合わせることで、思いもよらなかった発想が出るかもしれないので、掛け合わせてみるとよいでしょう。

イベントなどに参加して情報収集する

イベントなどに参加して情報収集する

自分で考えても思いつかない場合には、イベントなどに参加して情報収集するとよいでしょう。

起業家や経営者が集まるイベントやセミナーは、積極的に行動することで、起業のためのヒントが見つかるよい機会になります。イベントに参加している人とのコミュニケーションは、起業のアイデアにつながるでしょう。

人が集まるイベントに参加することで、情報量が多くなり、起業が実現しやすくなります。

SNSを活用する

SNSを活用する

SNSを活用し、他の人が発信している情報をもとに、考えるのも一案です。

SNSでは、多くの人が情報を発信しているので、アイデアを見つけやすいでしょう。

また、情報を発信している人に対し、メッセージを送ることもできるので、コミュニケーションをとることも可能です。メッセージを送ることで、発信者の考え方も聞くことができます。

さらに、SNSを通じてアイデアの募集もできるでしょう。SNSのフォロワーが多ければ、自分のアイデアがビジネスとして成り立つかどうかを聞くこともできます。

SNSを活用し、アイデアになりそうな情報を収集しましょう。

社会の動向からトレンドをつかむ

社会の動向からトレンドをつかむ

社会の動向やトレンドからアイデアを見つけることもできます。

ニュースやSNSなど世の中で話題になっていることをもとに、どのようなビジネスができるかを考えることもできるでしょう。

近年では新型コロナウイルスが流行し、新しいビジネスの形も生まれています。

社会の動向やトレンドからアイデアを出す場合には、変化が早いため、タイミングが過ぎた後でもビジネスとして成り立つのかどうかも考えましょう。

社会の動向やトレンドからアイデアを得るためにも、ニュースやSNSなどの確認は重要です。

▼ ▼ 限 定 公 開 中 ▼ ▼

『大副業時代到来!』年功序列や終身雇用に頼れない、、収入が伸ばしたいアナタにぴったりな副業とは?

新規CTA
>無料で副業大百科を受け取る

 

起業アイデアの狙い目のネタは?

起業アイデアの狙い目は?

起業するにも、どのようなアイデアが狙い目なのか気になるでしょう。

そこで、起業アイデアを出すうえで狙い目となるものを紹介するので、参考にしてください。

競合が少ない新しい サービス

競合が少ない新しい サービス

競合の少ない新しいサービスは、ビジネスアイデアとして狙い目です。

最近はやり出したサービスであれば、新規参入している人も少ないので、起業するチャンスとなるでしょう。

競合が少ない新しいサービスは、ライバルの存在も少ないため、大きなビジネスとして展開していくチャンスもあります。

しかし、ビジネス内容によっては真似されやすく、どんどん新規参入してくる企業が増えるケースもあるので注意しましょう。

ニッチなビジネス

ニッチなビジネス

 

大手企業や中小企業などが手を出しづらい、ニッチなビジネスで起業する方法もあるでしょう。

ニッチなビジネスは、市場規模が小さすぎたり、開発リスクが大きすぎたりするため、大手企業が参入しにくくなっています。

スタートアップのベンチャー企業であれば、リスクをとってでもチャレンジできるため、ニッチなビジネスは狙い目になるでしょう。

また、ニッチなビジネスで成功できれば、市場を独占できることもあり、支援を受けて事業を拡大させていくことも可能です。

海外ではやっているビジネス

海外ではやっているビジネス

日本のビジネスだけでなく、海外のビジネスに目を向けるのもよいでしょう。

海外でははやっているものの、日本ではまだはやっていないというもので、ビジネスとして成功した事例もあります。

海外でビジネスとして成り立っているのであれば、ビジネスモデルの要素を真似できるので、起業しやすいでしょう。

日本のビジネスだけでなく、海外のビジネスに目を向けることも大切です。

アイデアを探す際に陥りやすい失敗ポイント

アイデアを探す際に陥りやすい失敗ポイント

アイデアを探していると迷うことも多く、どうしてよいのかわからなくなることも多いでしょう。

そこでアイデアを探す際に失敗しないよう、陥りやすいポイントについて紹介します。

ネットのアイデアをそのまま実践する

ネットのアイデアをそのまま実践する

ネット上にあるアイデアを、そのまま実践すると失敗する可能性が高くなります。

ネット上のアイデアは、実際にどれくらいの利益が出るかを算出しているわけではないので、そのまま鵜呑みにすると危険です。

顧客のニーズを把握していない

顧客のニーズを把握していない

アイデアを先行してしまい、消費者のニーズに応えていないこともあります。

思いついたアイデアをそのまま実施するのではなく、顧客のニーズがあるか調べましょう。

本当に続けられるか検討していない

本当に続けられるか検討していない

ビジネスは永久的に続けることが大切です。
しかし、儲かるという理由だけで始めると、自分がやりたくないことばかりになり、うまくいかないこともあります。

長くビジネスを続けていけるかを考えてみましょう。

見つけたアイデアにこだわりすぎる

見つけたアイデアにこだわりすぎる

見つけたアイデアが、誰もやっていないからうまくいくと、こだわりすぎないようにしましょう。

見つけたアイデアが、ビジネスとして、利益を生むのかさまざまな視点で分析をすることが重要です。

目移りして選べない

目移りして選べない

起業のアイデアを多く見つけて、何をしようか迷うと失敗する原因となります。

見つけたアイデアに取り組んだ時に、困難や辛いことがあったとしても、情熱を持って取り組めるかを考えましょう。

0円起業のアイデア

0円起業のアイデア

起業というと潤沢なお金が必要と思う人も多くいるでしょう。しかし、資金が0円からでも起業できるビジネスもあります。

そこで、資金がなくてもできる0円企業のアイデアを紹介するので、参考にしてください。

フリマ・オークション

フリマ・オークション

フリマ・オークションで不用品などを売ることで、利益を得ることもできます。

スマホを1つ準備すればビジネスを始めることができ、誰でも簡単に始めやすいのが特徴です。

フリマ・オークションでは、初めから商品を仕入れるのではなく、自宅にある不用品販売から始めましょう。

商品販売に慣れてきて、資金に余裕が生まれたら、売れやすい商品を仕入れて販売することで利益が出せるようになります。

メルカリ

ヤフオク!

WEBライター

WEBライター

WEBライターは、WEBサイトでのさまざまな分野のブログや記事を執筆する仕事です。

現代では、インターネットの普及に伴い、ホームページの記事を執筆する仕事として、需要が高くなってきています。

WEBライターとしての仕事を探す際も、クラウドソーシングサイトがあるので、すぐに見つけることができるでしょう。

WEBライターは、記事の執筆経験がなくても始められる案件もありますが、SEOなどの専門知識を身に付けることで、高い単価の仕事を得ることもできます。

クラウドワークス

スキル販売

スキル販売とは、自分の特技や知識、仕事で培ってきたスキルを販売することです。

WEBデザイナーをはじめ、プログラミング、イラスト制作、SNS運営など、さまざまな仕事があります。スキル販売

スキル販売では、スキル販売サイトやSNSを通じて仕事を受注するケースが多いでしょう。

ライバルが多くいる仕事なので、他の人と差別化を図ることが必要です。差別化を図るには、受注額を安くしたり、自分の実績をアピールしたりする方法があるでしょう。

ココナラ

コンテンツ販売

コンテンツ販売

コンテンツ販売とは、自分の知識や経験を、動画やWEBサイトなどにまとめ、販売する方法です。

コンテンツ販売するスキルはないと思う方もいるかもしれませんが、経験してきたことをコンテンツとしてまとめて、販売もできます。

コンテンツ販売は、ブログや電子書籍などに記載して販売するため、初期費用も必要ありません。

最初はなかなか売れないことが多いですが、コンテンツが売れるにつれて、実際に真似した人が同じようにできれば信頼され、価値の高いコンテンツとなり、注目されるでしょう。

コンサルタント

コンサルタント

コンサルタントは、何かしらで成功した実績をもとに、顧客の課題や問題を解決する仕事です。

コンサルタントとして始める際は、特別な資格も必要なく、知識や実績があれば、「〇〇コンサルタント」としてすぐに始められます。

コンサルタントとして仕事を受注するためには、集客用のホームページを作成したり、SNSで自分の強みを発信したりするとよいでしょう。

初めのうちは、なかなか信頼されず仕事を受注できないこともありますが、実績をしっかりとアピールしていくことが大切です。

田舎起業のアイデア

田舎起業のアイデア

田舎だからといって、起業しても利益が見込めないことはありません。田舎だからこそ利益を出しやすいビジネスもあるでしょう。

そこで、田舎で起業できるアイデアを紹介します。

ハンドメイド

ハンドメイド

ハンドメイドの商品を制作、販売し、収益を出すこともできます。

好きなものを制作し販売していくので、楽しみながら仕事を行えるでしょう。

近年では、ハンドメイド商品の需要が増えているので、十分に収益が見込めます。

ハンドメイド商品は、メルカリなどのフリマアプリをはじめ、ハンドメイド販売専門のサイトで販売可能です。

好きなことを仕事にしたい人にとって、ハンドメイド販売は魅力的な仕事だと言えるでしょう。

オンライン教室

オンライン教室

オンライン教室では、自身の経験や知識をオンライン上にグループを作り、アドバイスをしていく仕事です。

オンライン教室に加入するために、会員登録をしてもらい、会費を払ってもらうことで収益を上げていきます。月会費が1,000円としても、オンライン教室の参加者を増やすことで収益を上げることが可能です。

オンライン教室ではYouTubeやZoomなどの無料ツールを使って、仕事ができます。

オンライン教室への集客は有名人が有利なところもありますが、実績があれば十分に集客は可能です。

まずは、しっかりと実績を作り、その上でオンライン教室を開き、集客できるようにすることが大切です。

撮影サービス

撮影サービス

撮影サービスとは、人物や商品の撮影を代わりに行うサービスです。

ネットショップでの販売が盛んになってきたことにより、魅力的な商品の写真をアップしようとする企業などからの撮影委託が多くなっています。

また、法人以外にも個人での記念日やイベントでの撮影依頼もあり、高い需要があるでしょう。

仕事を受託するには、SNSで自身が撮影した写真を公開するなどし、アピールすることが大切です。

自宅サロン

自宅サロン

自宅サロンとは、自身の家でネイルサロンや、エステサロン、リラクゼーションサロンを開くことです。

自宅でサロンを開業することにより、家賃や内装工事費などを削減できるため、資金調達のために融資をあまり受ける必要がありません。そのため、開業資金が少なくても始められるメリットがあります。

他にも店舗を持つことでかかるランニングコストを削減できるため、リスクが少なく開業ができるでしょう。

また、予約制にすれば時間管理の手間や、人件費を抑えることができ、1人で対応することもできます。

せどり

せどり

せどりとは、相場よりも安く販売されているものを仕入れ、利益の出る価格で販売するビジネスのことを言います。せどりは、副業としても人気のあるビジネスです。

自宅近くのブックオフなどの中古品店や、メルカリやヤフオクなどのネットから購入をして仕入れを行います。

田舎で近くに仕入れ先となるお店がなくとも、ネットで仕入れることができるため、場所を問わず始められるでしょう。

また、せどりはノウハウ通りに行うことで、物販未経験でも十分に収益を出せるチャンスがあります。

リスクが低い起業アイデアまとめ

リスクが低い起業アイデアまとめ

起業する際には、資金が潤沢になくとも0円から始めることができます。

コンサルタントの仕事やスキル販売、コンテンツ販売は、実績や知識があれば、すぐにでも始められるビジネスなので挑戦してみるとよいでしょう。

起業したいものの、よいアイデアが出てこない人は、当記事を参考にして起業をしてみてください。

▼ ▼ 限 定 公 開 中 ▼ ▼

『大副業時代到来!』年功序列や終身雇用に頼れない、、収入が伸ばしたいアナタにぴったりな副業とは?

新規CTA
>無料で副業大百科を受け取る