副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

大副業時代到来!副業を始めようと思っている方必見!オススメの副業とは?

朝野拓也
2018/05/14 10:45:48

これまで多くの企業が副業を禁止としているのが当たり前であり、社員もそれを受け入れざるを得ないような文化が根付いていました。

実際に私が以前勤めていた会社でも副業は禁止されていました。

給料がかなり低かったので「副業くらいさせてくれよ!」と思いましたね。

それか「禁止にするくらいなら給料をあげろよ!」と。

しかし、時代は大きく変化しています。2018年に入り、副業に対する人々の捉え方が大きく変わってきています。

その大きな要因となったのが厚生労働省による「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を提示した事と、「モデル就業規則」から副業禁止を削除した事です。 

国が率先して副業を推進しているという事実が、副業の人気の要因なのです。

今まで副業を禁止してきた大手企業も、副業を解禁するなど「副業」というものが身近になっていっています。

2018年は「大副業時代の到来」、「副業元年」とも呼ばれています。

今まで副業禁止のため「副業」というものを考えたことがなかった人が、副業を始めようとすると大きな失敗や詐欺にあったりする可能性も出てきます。 

ですので副業に着手する前にどんなものがあるのかを知った上で副業に取り組んでいただきたいと思います。

ちょっとどんな副業があるのか調べて見ました。

副業にはどんなものがあるのか?

副業にはいろんなものがあります。

  • アフィリエイト
  • アドセンス
  • せどり・転売
  • 専門的なライティング
  • ネットショップ開設
  • 宿直
  • 治験
  • FX
  • 運転代行
  • 株式投資
  • Youtube
  • 仮想通貨

こうして見ると、いろんな副業がありますね。

逆にサラリーマンにオススメしない副業もあるみたいですね。

  • アンケートモニター
  • 仕分けスタッフ
  • 引っ越しスタッフ

引っ越しスタッフは僕が工場勤務していた頃にやったことがありますが、めちゃめちゃキツかったですね。

本業の休みの時だけやっていたんですけど、休みが近づいてくるたびに鬱っぽくなるというよくわからない状況でした。

なぜ引っ越しスタッフをしたのかというと、本業があるためシフトに入れるのが週に1回、2回なので普通のバイトができない中で、引っ越しスタッフは融通がきいたからですね。

今では二度とやりたくない副業です。

やはり副業ということで本業があるわけですから、自宅でできるレベルのものがいいですよね。

在宅でできる副業は、アフィリエイト、アドセンス、ライティング、電脳せどり、FX、仮想通貨、株式投資、Youtubeなどですね。

逆に在宅でできないのが、宿直、治験、運転代行ですね。

治験は非常に興味がありますが、ちょっと怖いですね。

運転代行は東京に住んでいる人なんかはあまり馴染みがないかもしれませんね。 

オススメの副業

前章でどんな副業があるのか見ましたが、その中でも僕がオススメしている副業は「せどり・転売」です。

せどり・転売という言い方をしましたが、正確には物販です。

なぜ物販がいいのかというと物販には色々な手法があり、自分にあった手法を見つけることができれば利益はいくらでも出すことができるからです。

また専門知識やスキルなんかも必要ないのもメリットですね。

アフィリエイトなんかは原価ゼロなので売り上げ=利益なので非常に魅力的ですが、専門的なスキルがないと大きく稼ぐことが難しいですね。

物販は「安く仕入れて高く売る」ということを行うだけなので非常に単純ですね。

手法によっては売れてから仕入れるものもあるので、リスクが一切ないものもあります。

副業を行う人はそれぞれ環境が違いますね。

使える時間、資金など。

様々な手法があるのでそれらの環境の違いによって、どんな手法でも選ぶことができるのでやはり物販は再現性が高いです。

僕はもともと工場で働いていましたが、副業として物販を初めて半年で月商1,000万円を達成することができました。

利益額でいうとその時は200万円弱ですかね。

本業をはるかに超えたお金を半年で得ることができるようになったのです。

多分こんなこと物販以外は難しいんじゃないですかね。

最初は転売から始めた物販ですが、今では国内工場に製造依頼して独自商品を作って販売しています。

自分で商品を作るというとすごく難しそうに思う方もいるとは思いますが、そんな難しいことではないんです。

ですので副業を始めようと思っている方は、ぜひ物販を入り口にして見ませんか?

メールにて通知をうけとる