3 min read

セラシオ日本進出!AmazonアカウントのM&Aについて

Featured Image

Amazonを使って自社ブランド商品を気軽に作れる時代になりました。

しかし、自社ブランド商品の売上が伸び悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

売上が伸び悩むと目先のことや小手先のテクニックに飛びついて悪循環になりがちです。

また、作ったブランドを最終的にどうしたいのか、出口戦略を考えたことがあるでしょうか。

今回紹介するセラシオは、Amazonのストアアカウントを買収している会社です。

買収やブランド力の強化についてノウハウを持っており、買収したブランドを世界規模のブランドに押し上げています。

自社ブランドの出口戦略の1つとしても考えられるでしょう。

当記事ではセラシオの事業内容や買収後の流れ、買収の基準について解説しています。

Amazonアカウント売却という新たな選択肢をあなたの手札に加えてください。

【黒船襲来】セラシオ日本進出!Amazonアカウント売却について直球質問をぶつけました。
 
 
 

新進気鋭、破竹の勢いで成長するセラシオ

セラシオは2018年にアメリカで創業した若い会社です。

アメリカにはニューヨーク、ボストン、ヒューストンの3カ所に拠点があります。

中国やヨーロッパ各国にも拠点が存在し、独自のグローバルネットワークを形成。

2021年6月時点のアメリカでは最短最速で※ユニコーン企業になっています。


※ユニコーン企業とは
創業10年以内で評価額10億ドル(約1000億円)を超える未上場のスタートアップ企業のこと。

創業2年目の段階ですでに評価額1000億円の大台を超えており、市場が期待していることから、セラシオ本体ではすでに約2000億円の調達に成功しています。

Amazonで自社ブランド商品を販売しているストアアカウントを買収しながら、現在も急激に拡大しています。

拡大の背景には、海外のネット物販事情が深く関わっており、インターネットを通じて商品を買うときはほぼAmazonで購入しているです。

Amazon1強といっても過言ではありません。
加えて、海外では買収のイメージがいいことも要因となっています。

海外では浸透していったセラシオですが、日本はマーケットが複雑で今まで進出を先送りしてきました。

理由としてあげられるのが、日本のプラットフォームの多様化。

日本でもAmazonの利用率は高く、年々伸びていますが、楽天やpaypayモールなど他のプラットフォームを利用する方も多いのが現状。

しかし今回、日本において買収予算270億円を調達。

満を持して日本に上陸しました。

日本法人は5月に出来たばかりです。

 

 

日本でのM&Aのイメージを払拭するビジネスモデル

日本で「買収」や「M&A」と聞くと、身売り、決定権を失う、失脚させられるといったマイナスなイメージがつきまとうのではないでしょうか。

従来の買収は「買って終わり」「転売される」という心配をされる方も多いでしょう。

しかし、セラシオは日本でのM&Aのイメージを払拭するビジネスモデルをしています。

買って終わりではありません。

買収という言葉だけ聞くとオーナーが変わってしまうことを考えます。

セラシオの買収は「協業」というキーワードがしっくりくるでしょう。

協業ですので、セラシオでは自社ブランドを買収してからがスタートなのです。

セラシオのコンセプトは「買収したブランドの商品を一緒に世界に売っていきましょう」というもの。

コンセプトからも分かる通り、一緒に我が子(商品)を育てる家族、仲間を探しているといった方がよいでしょう。

買収までのスピード感も驚異的で、日本では通常1年~1年半かかるところをセラシオは基本合意契約から最終締結まで平均で30~40日。

アメリカでは5日でこなした実績もあります。

このスピード感がセラシオの規模拡大のスピードにもつながっているのです。

鉄は熱いうちに叩け。

現在は時代の変化するスピードがとてつもなく早いので、スピード感に適応するという意味でもできるだけ早い展開を望んでいます。

買収後にセラーが続投したいのかリタイアしたいのかも選択可能。

リタイヤの場合は引き継ぎ業務が発生します。

続投の場合は給料の設定等をしてリスタートとなります。

今までの「三方よし(売り手、買い手、社会)」の概念に「販売プラットフォーム」を加えた「四方よし」のビジネスモデルです。

セラシオは世界中の人が同じ価値観で同じ商品を購入できる環境をつくれます。
同じ商品でも日本と海外では価格差があります。

セラシオが1つのブランドを買収することで世界各国に在庫を持てるようになり、今まであった価格差をフラットにしていくのです。

 

 

買収後の流れ

買収された直後のブランドは、素材を収穫したにすぎません。

セラシオにはアメリカに1000名以上のスタッフがいます。

マーケティングチーム、ブランディングチーム、広告チームなどいろんなチームが存在しており、チームごとに買収したブランドをうまく調理して最高に美味しくなるように味付けしていくのです。

Amazonで自社ブランドを販売していても、知識がなくてやっていないことや個人レベルではやれないことがあります。

例えば、資金的に余裕がなくてできない、といったこともあるでしょう。

そこをセラシオが協業という形でサポートし、ブランドを大きくしていくのです。

セラシオでは世界に羽ばたける可能性を秘めた商品を取り扱っているかを重要視しています。

買収したブランドは引き続き運営しつつ、ブランドが秘めているポテンシャルを最大限に引き出して、海外にも販路を拡大します。

どこの国で売れるのか、販売しようとする国にマッチングするかを考えます。

世界中に拠点があるため、グローバルネットワークを通じて商品を世界デビューさせるためのシナリオも描けるのです。

外国の会社だから日本のことはわからないのではないか、と疑問に思う方もいるでしょうが心配は無用です。

国内のメンバーも含め、アメリカにも日本人スタッフを徐々に配置しています。

日本人にとってハードルが高いとされる在庫と言語の問題もセラシオが解決します。

M&Aによくある※競業避止についてはケースバイケース。

競業避止を巻く場合はそれなりの理由があるので、セラシオ側が圧倒的に不利益を被る可能性があればそういった契約もありえます。

※競業避止
M&Aから最低2年間は同じビジネスをしないという契約。

 

 

セラシオのアカウント買収9個の基準

買収にも様々な形があります。

セラーの想い、売上金額、買収条件など、1つとして同じものはありません。

一定の基準は設けつつもガチガチのルールはなく、ケースバイケースという形をとることで柔軟に対応しています。

一定の基準は下記の通り。

  • 対応するプラットフォームはAmazonのみ
  • 自社ブランドを扱っている (OEMも可)
  • 日本発信のブランドである
  • アカウント運用歴1年以上
  • 取り扱い商品カテゴリーでFDAの許可が降りていないものは対象外
  • ファッション関連も買収の対象外
  • Eコマースにおいて年間1億円前後を売り上げている
  • 買収金額の算定は直近12カ月の売上、利益で算出
  • アーン・アウト条項を採用

 


対応するプラットフォームはAmazonのみ

対応するプラットフォームはAmazonのみ

物販においてAmazonは世界一のプラットフォームといっても良いでしょう。

操作性はよく、日本と海外でさほど変わりありません。

よって現状では、買収に対応しているプラットフォームはAmazonのみとなります。

今後は他のプラットフォームでの買収も検討しているとのことです。

 

 

自社ブランド商品を扱っている(OEMも可)

自社ブランド商品を扱っていることが最低条件です。

たとえAmazonのアカウントでも、転売やせどりといった自社ブランド以外の商品を取り扱っている場合は象になりません。

 

 

日本発信のブランドである

日本でできたブランドであることも最低条件の1つ。

どんな技術を使っているか、国内製造、海外製造は問いません。

 

 

アカウント運用歴1年以上

アカウントの運用歴は1年程度を基準にしています。

アカウント開設から数ヶ月しかたっていないにもかかわらず、急激に売上が伸びており、商品が世の中に必要な理由が明確であれば検討の余地があります。

 

 

取り扱い商品カテゴリーでFDAの許可がおりていないものは対象外

現状の取り扱い商品カテゴリーに関して、口に入るもの、塗るものは除外されます。

なぜならアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)という機関の許可を取るのに非常に時間がかかるからです。

FDAは日本でいう厚生労働省にあたる機関です。

ですので食品、化粧品、薬、お酒、サプリメントなどを取り扱うアカウントは買収の対象にはなりません。

 

 

ファッション関連も買収の対象外

食品や薬品と同様に、ファッション関連も買収の対象からは除外されています。

例えば、日本とアメリカでは同じMサイズのTシャツでも、アメリカのMサイズの方が大きいといったサイズ感のズレがあるためです。

サイズ感のズレをコントロールするのが難しいため、ファッション関連も除外しています。
シューズは取り扱いが可能です。

FDAの件も含めて今後は全カテゴリーの商品を取り扱えるようにする予定です。

 


Eコマースにおいて年間1億円前後を売り上げている

1億円も1つの基準にすぎません。

たとえ1億円未満でも、短期間で1億に迫る勢いで伸びているようなブランドならば検討の余地があります。

 


買収金額の算定は直近12カ月の売上、利益で算出

買収金額が高額になる傾向としては、比較対象が少なく、独自性、オリジナルティがあるブランドは査定の対象となるでしょう。

買収金額の相場観は、「年間の利益額×2~5倍」。

あくまでも目安です。

参考程度にお考え下さい。

ちなみにアメリカの目安は「年間の利益額×2~4倍」です。

Amazon内でのランキング、ベストセラーマークなど、誰が見ても人気商品と認識できると評価しやすいでしょう。

 


アーン・アウト条項を採用

一言でいえば、業績連動報酬のこと。

現在も発展途上中のブランドは、売上を伸ばしきらないと企業価値がつかないと考えている方もいるでしょう。

セラシオでは※アーン・アウトを設けているので条件付きで売却できます。

これにより安く買い叩かれることはありません。

ブランドのポテンシャルまでしっかりと見極めます。

国内でのM&Aにはあまり採用されない条項です。

海外の企業ならではといえるでしょう。

※アーン・アウト
M&Aにおける対価の調整方法の1つ。

売却金額とは別に、売却後に伸びた業績に対して一定の基準を設け、評価して支払われる対価。

 


セラシオと協業し世界に羽ばたこう

日本人は技術力はありますがマーケティングが苦手です。

苦手な部分はセラシオが負担してくれます。

セラシオと協業することで世界に通用するスーパースターを輩出することも夢ではありません。

また、これを機に売却目的でAmazonで自社ブランド販売を開始してみるのも良いでしょう。

売却後は完全リタイアもよし、続投もよし。

ブランドを完全に譲渡した後、新たにアカウントを開設、ブランド構築をして再度セラシオに売却することも可能です。

売却目的でブランド構築するという価値観、選択肢が1つ増えたのです。

もしもAmazonを使った自社ブランド販売で伸び悩んでいるのであれば、セラシオと協業するのを検討してみてはいかがでしょうか。


現在、小規模で自社ブランドを販売しているセラーの方はセラシオと協業することで世界に羽ばたける可能性があります。

しかし、自分が育てたブランドの売却を決めるのは非常に大きな決断です。

たとえ売却はしなくとも、売却という手段があるということを知っているだけでも取れる行動は変わってくるではないでしょうか。


まずは自社ブランドを構築したいという方向けに、Amazonを使った中国輸入OEMビジネスのWEBセミナーを開催しています。




2 min read

【韓国輸出】初心者にもおすすめ、盲点をついた無在庫物販を紹介

参入障壁が低く再現性は高いため、始めやすいのが物販のいいところ。

裏を返せば、在庫を持ち、参入者が多いため、価格競争に巻き込まれ最後は損切りをするといった側面もあります。

...

3 min read

セラシオ日本進出!AmazonアカウントのM&Aについて

Amazonを使って自社ブランド商品を気軽に作れる時代になりました。

しかし、自社ブランド商品の売上が伸び悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

売上が伸び悩むと目先のことや小手先のテクニックに飛びついて悪循環になりがちです。

...

3 min read

【shopify VS BASE】自社ECを構築するにはどちらがいいのか徹底検証

現在、自社ECをやってみたいという方が増えています。

物販を始めるならば、アマゾンや楽天、メルカリ、ヤフオクなどのプラットフォームを利用するのが一般的です。

プラットフォームは便利ですが不便なこともあります。

  • アカウント停止のリスク
  • ...