【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

【一生ビジネス】アンティークコイン転売を詳しく解説【初心者でも上級者でも】

船原徹雄
更新日:2022年5月14日
投稿日:2022年2月28日

この記事の内容

皆さん、こんにちは。物販総合研究所の船原です。

今日はアンティークコイン転売について詳しく解説していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

アンティークコイン転売なんですけれども、結構アンティーク転売界ではメジャーな転売方法なんですけれども、多くの方がやられていまして、本当に1枚のコインの転売で100万円を超える利益を上げている方もいらっしゃるという感じです。

今日はこのアンティークコイン転売について、かなり詳しくお話ししていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

今日のお話なんですけれども、まずアンティークコイン転売ってそもそも儲かるの?という話をしていきたいと思います。

そして次にどういうコインが儲かるっていうのを実例を挙げながら、こういうコインを転売したら儲かるよというお話をしていきたいと思います。

そして次に、誰かが儲かっても仕方がないわけじゃないですか。あなたが儲からないといけないと思いますので、じゃあ誰でもできるのか?あなたでもできるのか?ということについてお話していきたいと思います。

そして、このアンティークコイン転売についてのWEBセミナーを、僕が運営する物販総合研究所で行っています。

もし、このアンティークコイン転売に興味が湧いた方は、概要欄からWEBセミナーに申し込むことができますので、ぜひご覧いただければと思います。

WEBセミナーは完全無料ですね。誰でもお気軽に受講することができるので、ぜひこの動画を見終わったら、WEBセミナーの方をご予約いただければと思います。

予約して頂いて、時間になってからWEBセミナーを受講していただくという形になっていますので、ぜひご予約下さい。

そして最後の最後に、ちょっとしたプレゼントが僕の方からありますので、ぜひ最後まで見ていただければと思います。

船原徹雄
この記事の監修者
船原 徹雄
物販総合研究所 所長
1980年 兵庫県出身。資金3万円を元手に個人輸入転売を開始。「これは稼げるぞ!」と確信し、2007年に会社設立。3年目で年商2億円と順調に業績を伸ばし、2018年の年商は14億円。自分で物販をする傍らで情報発信活動も行い、物販で稼ぐ方法を提供するために物販総合研究所を設立した。現在は初心者から上級者まで、ありとあらゆる人が物販で稼ぐための最新の方法を日々提供中。
▶著書:世界一楽しく儲かる金持ち教科書
▶Twitter:https://twitter.com/funahara
▶YouTube:https://www.youtube.com/c/FunaharaTetsuo/

本記事の下↓の動画をテキストと画像に再編集したものです。

 

【ノウハウ提供者について】

 

それでは早速行きましょう。

まず今回のアンティークコイン転売なんですけれども、僕だけではなくてノウハウの提供者がいらっしゃいます。

萬田直和さんという方で転売歴は20年ですね。アンティーク系商材全般が大得意の方です。

 

実は僕が主催している物販総合研究所という会社がありまして、こちらの役員をしていただいている方です

 

今回、アンティークコイン転売についてのWEBセミナーも萬田さんにやっていただくことになっております。

 

ぜひ今回このアンティークコイン転売について興味が湧きましたら、萬田さんのWEBセミナーをぜひ受講していただければと思います。



【アンティークコイン転売とは】

 

では、そもそもアンティークコイン転売って何なのかということなんですが、まずアンティークコインって何なのかというと、もうこれ超厳密にいうと、一般的には100年以上前に製造されたコインのことです。

アンティークじゃないかっていう境目が一応100年経っているかどうかなんですね。

 

例えば、アンティークウォッチっていうんだったら、50年以上前の時計のことでもアンティークウォッチと言います。

 

製造から100年以上経過=アンティーク

製造から100年経過していない=ヴィンテージ

 

基本的にアンティークコインというと、本当は100年前に製造されたコインのことを言うんですけれども、最近の希少なモダンコインと言われるものもありまして、こちらもいわゆるアンティークコイン転売の対象となっております。

 

なので、アンティークコイン転売とは言いつつも、要は希少な珍しいコインの転売のことを「アンティークコイン転売」と言ったりします。

 

ちなみに、この画像に出てるのはモルガン銀貨ですかね。これは1898年のものなので、100年以上前のものなので、アンティークコインという感じですね。

アンティークコインの特徴は、まず二度と作られないと。100年以上前のコインがもう一回作られることはないんですね。

 

もちろん、復刻という形で結構昔に流行ったやつを最近作るっていうものがあるんですけれども、それはやっぱり復刻版なんですよね。あくまでも復刻版。

例えば、1898年のモルガン銀貨というのは1898年にしか作られていないわけで、基本的には数は増えないんですね。

 

数が増えないどころか、紛失したり、絶対放出しないようなコレクターもいるので、そういう人に当たったら、そのコイン自体は市場から失われたと一緒なので、どんどんどんどん減っていくので、希少価値が増していくという感じになっています。

 

これがアンティークコインの特徴です。



【アンティークコインはなぜ人気なのか】

 

アンティークコインがなぜ人気なのかというと、1つ目はこれ。

単純にカッコイイです。アンティーク全般カッコイイ。

 

僕みたいな、そういう人が多くて、なんか分からないけど、古いもの大好きみたいな人が世の中にいっぱいいるんですけれども、その中でもやっぱりアンティークはめっちゃカッコイイですよね。

 

アンティークっていっても、例えば本当にローマ時代のコインとかもあるんですよ。ローマ時代っていったら2000年前とかですよね。こんなコインが現存しているわけですからね。超胸がときめきますよね。

 

ということで、そういう古いものに対して、胸のワクワクを抑えられずにいれないようなオタクが結構いるということで、単純にカッコイイというのが1つです。

 

なので、まあ欲しいんです。そういう人がいっぱいいますっていうのが1つ。

 

次は価値の保存ですね。

小さくて劣化しないし、持ち運びも容易ということで、例えば1億円っていうお金があるとして、1億円を保存しておくのって、めちゃめちゃムズいんですよ

 

「銀行に入れておけばいいでしょ」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、でも銀行って潰れるんです。

結構銀行潰れてまして、潰れたらこの1億円おじゃんになるわけですね。日本だと1000万円までしか補償されないんですよ。この1億円どうしようかみたいな感じで考える人は結構多いです。

 

1億円とまでいかなくても、100万200万くらいでも、結構すぐなくなってしまうので、じゃあこの価値の保存どうするのかってことを結構考えます。

 

現金って、この時代って中央銀行がお金を刷りまくってるんで、どんどん現金の価値が薄まっていってる時代なんですね

 

なのでこの価値保存っていうのは結構難しいんですけれども、そこでアンティークコインですね。コインに換えておけば、このコイン絶対増えないわけですから、価値の保存ができると。

 

なんかビットコインが流行った時もそんなこと言われていましたけれども、それと一緒ですね。

 

さらにこの価値保存の媒体としては、小っちゃくて持ち運びしやすいので、いいなということですね。これ時計とかもそうなんですよね。

 

例えば、時計とかでも3000万4000万くらいする時計ってあるんですけれども、あれ付けとくだけで、世界中に3000万4000万持っていけるんですよね。

 

このあたりはすみません、お金持ちになったらわかると思うんですけれども、金を持ち運ぶのってめちゃめちゃリスキーなんです。

 

が、こういうなんか時計とかコインとか超小っちゃいのを持ち運ぶっていうのは結構簡単にできますし、税関とかでも見つからないんで、まあこれ以上僕は何が言いたいか、ぜひ察してくださいということですね。

 

そして次ですね。投資対象としてアンティークコインが人気というのがあります。

これまた後でお話ししますけれども、近年このアンティークコインの値段がどんどん上がっているんですね。

 

先ほども言いましたように、今現金を各国の中央銀行がもう刷りまくって、どんどん現金の価値が薄まってきている中、絶対に数量が増えない希少なアンティークコインというのは、どんどん価値が上がっているんですよ。

 

なので、「現金を持っておくくらいだったら、コインに換えておこうか」みたいなお金持ちは結構いまして、どんどん相場が上がっていってます。

ということで、所有するという目的でも人気ですし、投資対象としても人気というのがアンティークコインです。

 

相場が本当年々上がってまして、こちらスタンレーギボンズっていうイギリスの会社が出しているレアコインインデックスというインデックスがあるんですよ。

希少なコインの価格を平均して出したレアコインインデックスというのがありまして、こちらこの20年で見てください。5倍に上がっているんですね。

 

これは例えば、金とかですね。あとイギリスの不動産とかイギリスの株式市場よりも、この上昇率は高くなっているという感じで、しかも波にのまれないですね。

 

例えば、2009年あたりに株式とか不動産の価格ドカンと下がっていますが、これはリーマンショックです。この時も全然アンティークコインの相場って上がっていっているんで、今後も色んな経済災害が世界中で起こると思います。

 

リーマンショックとか、地震がきたりとか、ウイルスがきて世界中がヤバいことになったりとかなると経済ヤバくなるんですけれども、なぜかアンティークコインの相場はどんどん今後も上がっていくんじゃないかなと思われます。

 

という感じで、投資対象としてもすごく人気なので、結構このアンティークコイン欲しいという人が年々増えているということは、まず頭に入れておいてください。



【アンティークコインはなぜ儲かるのか】

 

で、「相場が上がっているのは分かった。でもそれが儲かることにはならないよね?」って思いますよね?

なので、まずなんで儲かるのかということについてお話ししたいと思います。

 

まず1つですね。比較的簡単に転売できるんですね。

これはなぜかっていうと、まず日本コインの相場よりも海外のコイン相場の方が安いことが多いからです

例えば、日本で10万円で売っているコインが海外だと6万円とか7万円で売ってるんです。全く同じコインですよ。

 

じゃあ、どう考えるかというと、海外で6万円でこのコインを買ってきて、輸送してもらって、日本で10万円で売れば、4万円儲かるじゃんっていうことになりますよね。

 

こういうコインが無数にあります。

 

またあとで実例を見せたいと思いますけど、こういうコインが無数にありまして、なんか宝探しみたいなもんですよね。

 

日本のコイン相場よりも安いものを海外で見つけて仕入れて売れば、それだけでお金が儲かるというのは1つ。

 

次ですね。比較が容易というのがあります。

ここはちょっとアンティーク転売全般のお話になるんですけれども、アンティーク転売って結構比較するのは難しいんですよ。

例えば、全く同じものがあったとします。じゃあマイセンのお皿というものがありまして、全く同じマイセンのお皿なんですけれども、こっちは状態がよくて2万円、こっちは状態が悪くて1万2千円みたいな感じになるんで、結構状態によってかなり相場が変わってきてしまったりするんですね。

 

あとはマイセンのお皿も見た目は一緒なんですけれども、裏を見ると刻印が違ったりするわけですよ。刻印が違って、こっちは1870年代、こっちは1850年代だみたいな感じで年代は20年違うからまた相場が違うみたいな。

 

こういう感じで商品知識が結構ないと同じものかどうかっていう比較ができないんですが、アンティークコインに関しては、アンティークコインの査定をする機関がありまして基本的にこの機関が査定しているんですね。

 

このコインは何年に製造された、こういうコインで状態は何点ですみたいな。そこまで出てるわけです。そしたら、この状態が何点まで出てるんだったら、比較がめちゃめちゃ容易ですよね。

 

ということで、全く同じものを比べ安いということで商品知識があんまりいらないという感じになります。なので、結構簡単なんです。

 

そして、次ですね。小さくて、壊れないので輸送も楽ということなんですが、これは何が言いたいかというと、アンティーク系の商材に限らず、物販系のものって、さらに中古系の転売をする時にめちゃめちゃ困るのがもう壊れるんです。輸送中に。

例えば、僕さっき言ったマイセンのお皿とかの転売も結構やってたんですけれども、マイセンのお皿とかをドイツで買いますと。

 

ドイツの人に「これは本当に本当にめちゃめちゃ頑丈に梱包して送ってね」って言ってるのに、なんかチラシみたいなので包んで送ってきたりして、もう日本に着いた時にバッキバキになってたりするんですよね。

 

こういうのが結構アンティーク系あるあるなんですけれども、アンティークコインって固いじゃないですか。しかも小っちゃいじゃないですか。

 

だから壊れないですよね。なので輸送も楽。送料もほぼかからないですよね。

 

なんかお皿とかだと、あれ石なんで結構重いんで、結構送料かかったりするんですけれども、もうコインなんて本当に小っちゃいですからね。

 

本当に500円とか1000円くらいでアメリカとか、イギリスとかから送れますんで、本当に楽ですよねという感じです。

さらに低価格帯から高価格帯までありますので、安いものですと本当1000円くらいで買えるようなコインもありますし、高いものですと何億みたいなものもあります。

 

もちろんその何億みたいなのに手出せとは言いませんが、どうですかね。例えば、本当に100万円くらいで仕入れて、250万で売るみたいな人もいるんですよね。

 

こうなると、本当に一発で150万抜くみたいなケースも結構あります。

 

安いところからもできるので初心者向けですし、高いところもできますので、ここは玄人向けですよねというのはアンティークコイン転売になります。



【どんなコインが儲かるのか】

 

では、どんなコインが儲かるのかということを実例を挙げながら、説明していきたいと思います。

じゃあ、本当の実地調査ということで調査してみたいと思います。

 

まず仕入れはeBayで行います。eBayというのは、世界最大のオークションサイトになりますね。で、販売をヤフオクですね。日本最大のオークションサイト。

つまり、eBayで仕入れてヤフオクで売ることで儲けましょうということなんですけれども、何が知りたいかというと、eBayの値段がヤフオクよりも安かったらいいわけですよね。

 

ヤフオクで5万円で売ってるものが、eBayで3万で売ってたら2万抜けるよねっていう話になりますので、こういうので探していきたいと思います。

 

が、ここでリアルタイムで探してるとすごく時間がかかるので、もうさっき探しておきました。



【儲かるコインの実例①】

まず1つ目は、グレートブリテン1983年です。

イギリスの1983年のモダンコインで金貨ですね。ゴールド1/2ソブリン。ソブリンっていうのはポンドのことなので、1/2ポンドの金貨ですね。

 

ヤフオクとeBayで見ていきたいと思います。じゃあ、まずヤフオク。こちらですね。

「イギリス 1983年 エリザベス女王 ソブリン プルーフ 金貨 PF69 NGC」。この「PF69 NGC」というのが、先ほど言った鑑定機関の格付けですね。

 

このNGCっていうのと、もう一個あるんですけれども、このNGCで69点を取った金貨。まあ品質というか、コンディションですね。コンディションがかなりいいですよということですね。

 

こちらが日本で41,300円で売られていました。これはヤフオクですでに落札されています。

 

入札件数が4件ということは、ちょっと安めから出したと思うんですけれども、実はこのコインもうちょっと高く売れるんですよね。

 

おそらく、どうだろう。もうちょっと高めに出しておけば、49,800円とかで出しておけば、ちょっと時間かかるかもしれないけど売れたんですけど、この人はちょっと安めから出しちゃったので、41,300円で売れましたということですね。

 

じゃあ、こちらeBayで購入するとどのくらいの金額なのかということなんですが、eBayで調べてみると…。はい、これ今売ってますね。

もしこの動画を見た方がいらっしゃったら教えてもらってもいいんですけれど、グレートブリテンですね。

 

イギリスの1983年の1/2ソブリンゴールドで、NGCでPF69の格付けも一緒。

 

つまり、先ほどの商品とこの商品は格付け的には全く一緒です。年式も一緒で、モノも一緒ということで、要は一緒の商品です。

 

一緒の商品がeBayだと、259.99ドル。260ドルと考えると29,000円くらいですかね。これ見ているときの為替によって違いますけど、大体28,500〜29,000円くらいで仕入れられるものが、ヤフオクで41,300円で売れています。

 

ということで、これだけで13,000円くらい利益がでます。

 

もちろん仕入れてくる時の送料もかかりますし、ヤフオクの8.8%かな?手数料もかかりますので、13,000円全部利益出るというわけじゃないんですけれども、どうですかね?それ全部引いても6,000〜7,000円くらいは儲かるのかなと思います。

 

こういう商品を1個仕入れて、販売するだけで6000円とか7000円くらいは儲かりますよというのが一つの例ですね。

 

これは今買えますからね。この状態で「Buy It Now」押せば買えちゃうんで、今現状存在するこういうものがいっぱいあるんですよ。



【実例②】

 

じゃあ、どんどん行きましょう。せっかくなんで、このグレートブリテン系で調べてみました。

イギリスの1984年、金貨。今度は1/2じゃなくて、1ポンドですね。さっき1/2だったじゃないですか。今度は1ポンドコインを探してみますので、ヤフオクを見てみましょう。

 

イギリスの1984年、エリザベス女王 ソブリン プルーフ金貨で、今度PCGSっていう、こちらさっきのよりもうちょっと厳しめの機関があるんですけど、こちらの70点ですね。

 

それが98,000円です。おぉ、やっぱり大きいですよね。さっきのよりね。さっきの0.5ポンド、こっちは1ポンドだったんで、98,000円です。

やっぱり金貨なんで、この金の価値もあるんですね。

 

だからこの金の価値を下回ることは基本的にないので、金の価値が上がれば上がるほど、この金貨の価値も上がるという感じになるんですけど、それはちょっと置いといて、このコインが98,000円でした。

 

これをeBayで調べてみるとどうなるかというと、はい、出てきました。

先ほどと一緒ですね。グレートブリテンの1984年の金貨で1ポンドNGC。まあNGCなんで、先ほどのとちょっと違うんですけど。

 

さっきはPCGSと、こっちはNGCなので、格付け機関が違うんですけれども、基本的にPCGSの方がちょっと厳しめなんで、同じ70点なんですけれども、もしかしたらこっちの方が安めにつく可能性はあります。

 

それでも、とりあえず点数は一緒と考えて600ドルです。だから65,000円くらいか。eBayで65,000円くらいで売られている商品。これ今も買えますからね。「Buy It Now」押せば買えます。

 

こちらが日本で98,000円なんで、33,000円くらいの利益が出る。この商品を仕入れて売るだけで33,000円くらい利益が出ますよという感じですね。

 

もちろん、先ほどいったように手数料とかかかりますね。どうだろうな…。24,000円くらいは残るかなという計算になりますので、これを1個仕入れて売るだけで2万ちょいぐらいは利益出ちゃうよっていうのがアンティークコイン転売です。

 

これを1日1個くらいやっていけば、月収で30万から50万くらいは行けるかなと思います。



【実例③】

 

はい、どんどん行きましょう。

次は、先ほどと同じなんですけど、1985年の0.5ポンドどうなるかなという感じで探してみました。

ヤフオクで1985年の0.5ポンドでPCGSで67点取っているものが52,800円ですよと。

 

では、eBayではいくらでしょうか。

1985年の0.5ポンドで69点。さっきのは67点なんで、こっちの方が状態としては良いと考えられますね。それでも259ドルなんで、29,000円くらいですね。

 

仕入れは29,000円くらいで、販売金額が52,800円なんで、これもやっぱり23,000円くらいは価格差があるという感じですね。

 

まあ手数料とか引いても、15,000〜16,000円くらいは出るかなっていう感じですね。

 

この商品も今まだ買えます。買おうかな。

今この3つを買って売れば、5〜6万くらいは儲かる感じですね。

もしこの動画をかなり早期に見られた方がいらっしゃいましたら、この商品を仕入れてみてください。多分儲かります。



【実例④】

 

では最後に、同じ系列で1983年の2ポンドって一番特大の金貨があります。これめちゃめちゃカッコイイんですよ。でかくて。ただめっちゃ高いですね。

こちらはどのくらいの金額なのかというのを見ていただこうと思いますが、まずヤフオク。

 

1983年の2ポンドですね。NGC69点が付いているものは、なんと138,000円。こんな金貨が138,000円で売られていましたということですね。

こちらeBayで見てみるとどうなるかというと…。

 

はいはい、こちら1,029ドル。これちょっと高いですね。同じやつですね。

全く同じ格付け機関の全く同じ点数のものが1,029ドルで、110,000円くらいですね。

 

11万円くらいで仕入れて、138,000円なんで一応27,000円くらいの価格差あるんですけれども、まあ手数料とかかかるんで、これ本当1万ちょいくらいしか抜けないかなと思います。

 

効率的にはあまり良くないですけど、やっぱりそれでも、このコイン仕入れて売るだけで1万儲かるんで、まあまあ効率いいですよね。

 

もう一個見つけました。eBay2個目を見つけたんですけど、それが終わっちゃってたんです。

 

さっきのはまだ売ってるんで、「これ買ってください」って言えるんですけど、もう一個見つけたのが終わっちゃってたんですよね。

 

それが828ドルだったということで、これもさっきのNGCの69点なんで、90,000円かな?90,000円くらいで仕入れられます。

 

90,000円で仕入れて、138,000円なんで、50,000円近く一発で抜けるという感じで、利益も多分35,000円くらい出るかなっていう感じですね。



【儲かるコインの実例おまけ】

 

eBayとヤフオクを見ていると、こういうコインって本当無限大にあるんですよ。「そう言ってもそんなないんでしょ」って思われている方もいらっしゃるかなと思うんですけど、本当に無限大にあります。

今僕が紹介したのは、今まさに買えるものという感じでちょっと小一時間探して出てきたものなんですけれども、過去に落札されていたものであれば、本当に無限に探し出せるので、ちょっと見ていただければと思います。

 

例えば、1861年のドイツのコインなんですけれども、こちらはeBayで510ドルで売れていたものが、ヤフオクで80,250円ということなんで、価格差で24,150円出ているという感じですね。

はい、どんどん行きましょう。

 

1880年のモルガンダラーですね。これは先ほど出したやつです。こちらは安いんですよね。仕入れが100ドルなんで、11,000円くらいですね。

 

ヤフオクで20,400円で売れているので価格差で9,400円出てます。

モルガンダラーって無数にあるんですよ。これ100年前のやつなんですけど、eBayで見てもらったら、もうめちゃめちゃあるんで、こういうのを仕入れて2万円で売ると。

 

1日1個とか仕入れて売るということも可能なんで、これだけでも本当に20万30万くらい儲けられるんじゃないかなと思います。

 

次ですね。こちらはハンガリーのコロナ。金貨ですね。

仕入れは下の方のeBayが1,150ドルなんで、仕入れ価格が126,500円と。まあまあ高いですけど、日本で売れてる価格が驚愕で、217,100円です。

 

またこれ入札件数9件って書いてるんで、ちょっと安めから出したんですよね。175,000円から出したんで、もうちょっと高く売れたんじゃないかな。

 

24万とかでも、もしかしたら売れたかもしれないですけど、現状でも価格差で90,600円ありますので、これ一発転売しただけで90,600円の利益ですからね。すごいですよね。

 

っていうのが本当に無数にあるんで、今日はお話してたらこの動画が3時間くらいになっちゃうので、もっとあるんですけど続きは萬田さんがWEBセミナーでもっとご紹介していただけるので、ぜひWEBセミナーを見ていただければと思います。



【アンティークコイン転売ができるようになるとどうなるか】

で、このアンティークコイン転売ができるようになるとどうなるか。こんな感じで売れていきますよというのがあります。

 

これね、ヤフオクの落札の画面なんですけれども、698,000円で売れて、601,000円出売れて、248,000円、210,000円で売れて…、

108万、105万、79万、69万8千、ここは結構エキスパート。これは萬田さんのアカウントだったか忘れましたけど。

これは270万円。108万、105万、79万8千みたいな感じですね。

 

結構高いコインで、これ1か月ですよ。1か月でこれだけ売れてますよっていう例なんですけれども、ポンポンポンポン売れていきます。

なので、今くらい売れるとおそらく月収100万200万じゃきかないよねっていうぐらいの利益が出てしまいますので、アンティークコイン転売を極めるとこんな感じにできます。

 

ぜひやってみていただきたいなと思います。



【誰でもできるのか】

ぜひやってみてねって言われても、「誰でもできるの?」と「船原とか先ほどのアンティーク転売のカリスマみたいな萬田さんだからできるんでしょ?」と思う方もいらっしゃるかなと思いますけれども、先ほども言ったように比較的容易にできます。

 

何でかっていうと、アンティーク商材の中ではかなり簡単な部類に入るからです。何でかというと、カタログと格付け機関が整備されているからなんですね。

 

基本的にアンティークコインって、全て発見されているんですね。さらにこれが今何枚あるか、417枚あるみたいなところまで全て調査済みなんですよ。

 

だからこのアンティークコインがいっぱいあるとか、少ないとか全部出てまして、そういうカタログがありまして、それを見れば希少性とかも一目瞭然ですし、先ほども言ったように、状態とかも格付け機関が審査してくれてるんで、比較したときに間違えようがないということですね。

 

さらに輸送が楽で壊れません。

 

さらにいうと、ネットでできちゃうんですよ。インターネットで出来ますので、家にいるだけでOK。

家にいなくてもできるか。例えば、旅行に行っててもできます。ハワイに行っててもできます。ハワイに行きながらeBayで仕入れて、それをヤフオクで売るということも可能なんで、本当にどこでもできるということで、このアンティーク転売の中ではかなり容易にできる方なので、ぜひやってみて下さい。



【資金は必要か】

 

と言われても、「お金ないよ」「お金ないとできないでしょ」という方もいらっしゃると思います。資金についてすごく不安だという方もいらっしゃいます。

 

これ正直に言います。ある程度は必要ですよ。

「お金0円でもできました」と僕は言いません。なのである程度は必要ですが、初期は安いコインからでもいいかなと思います。

 

先ほどの例えばモルガンダラーとかだと、1万円を切るような値段で仕入れられるようなものもいっぱいありますね。

 

最初はそういうものをやっていって、どんどんどんどん資金を貯めていって、3ヶ月とか半年すると、結構何十万円という金額は利益が出てきますね。

 

それを使って、今度はもうちょっと高めのやつを狙っていくという感じでやっていけばいいかなと思います。

アンティークコインって本当に幅広い商材なんで、数千円のコインもあるし、数百万のコインもあるわけですね。

 

先ほど落札の画面も見ていただいたと思うんですけれども、270万とかで売れるようなコインもありますので、初心者のうちは安めのコインを仕入れて、上級者になってきたら高いコインを売ることによって一発の利益を上げていこうと。

 

高いコインは本当に何百万で売れますので、1回の取引で本当に数十万、数百万儲かるということもありますよというのは、アンティークコイン転売になります。



【まとめ】

 

じゃあちょっと第一まとめをしていきたいと思います。

 

もうちょっと重要なことが後にありますので、もうちょっと見ていただければと思うんですけれども、アンティークコインは近年注目されている商材でして、投資対象にもなっています。

相場がガンガン上がっています。で、相場がガンガン上がっているということは、もし長期在庫になったとしても、1年後だから価値が半減みたいな店舗セドリみたいなことはないわけですね。

 

在庫になったとしても、1年後「あれ?これ仕入れた価格よりも、今相場めっちゃ高いやん!」みたいな感じになることも多いので、在庫があんまり怖くないなっていうのはあります。

 

次ですね。日本の相場は海外よりも高いので、本当に転売向けです。結構この価格差を見つけるのは簡単な方です。

 

なので、転売初心者でも可能ですよということですね。

で、儲かっている人はヤバいくらい儲かっているので、「ちょっとこれ見せてもいいですか?」と萬田さんに聞いたら、「OKですよ」と言われたので、おまけとして儲かっている人の生の声をお伝えしたいと思います。

 

こちらは萬田さん宛てにダイレクトチャットできたものです。

 

萬田さん、こんにちは

お久しぶりです


こういうご報告をすべきか迷ったんですが、

またコインの募集をしていらっしゃるようなので、

その時に話のネタにして頂ければと思いまして、送ります


じつは、チョー太いお客様をゲットしてしまいました

なんと、毎月200万円ぐらい買ってくれます

 

という感じですね。これ何が言いたいかというと、最初はヤフオクとかで販売しているんですけれども、ヤフオクで販売しているとお客さんがついて、直取引になっていくんですね。

 

なので仲良くなっていくと、「あれない?」「これない?」みたいな感じで直接注文が来るようになりまして、そうなると毎月何百万って買ってくれるような超太いお客さんができてくるということですね。

 

実はこの方、なんと今は月商1000万、月収、月の収入で400万ぐらい上げているらしいですね。

 

この辺も萬田さんのWEBセミナーで詳しく解説していただけるかなと思いますけれども、こういうモンスターみたいな人もいます。

 

またこちらもダイレクトチャットで来ているんですけれども、「1つのコインで10万円以上の利益でました」みたいなね。

「送料など込みで8万円で仕入れたドイツの金貨が22万円でヤフオクで売れました」みたいな感じのこともあります。

 

まあこんな感じで、多くの方がアンティークコイン転売で利益を上げていると。

 

本当に利益を上げている方は巨額の利益を上げているので、もちろん転売の初心者の方でもお勧めですし、転売の玄人の方、店舗セドリとかで30万とか50万くらい稼いでいるけど、ここからどうしたらいいかなって考えている方は結構いい商材かなと思います。

 

上限値がめちゃめちゃ高くて、アンティークコイン転売だけで100万200万くらいの月利を上げるという事も可能なので、ぜひ実践してみていただきたいです。

 

さらに詳しい方法は、萬田さんの無料WEBセミナーにて解説しますので、ぜひ概要欄のリンクを見ていただいて、そのリンク先でWEBセミナーの予約をしていただくことで、WEBセミナーを閲覧することが出来ます。

完全無料なのでぜひ見てください。めちゃめちゃ面白いWEBセミナーです。

 

ということで、いかがでしたでしょうか。

 

最後の最後にプレゼントがありますので、また最後まで見ていただきたいと思いますが、今回の動画が面白いなと思ったら、ぜひ高評価の方もよろしくお願いします。

コインを探してくるのも結構時間かかりましたので、高評価もよろしくお願いします。

 

もっと見つけられたら良かったんですけれども、ぜひWEBセミナー見て頂いて、ちょっと知識つけて頂ければ、あなたも簡単にアンティークコインで価格差あるもの探すことができます。

 

ぜひやってみてください。

あと、このYouTubeチャンネルでは、副業系、物販ビジネス系、経済系、お金系の情報を配信していますので、ぜひチャンネル登録の方もよろしくお願いします。

 

それでは最後、プレゼントになります。

 

概要欄にてネット物販ビジネスの無料マニュアルを配布していますので、ぜひダウンロードしてください。こちらは僕のプレゼント。

 

あとLINE登録ですね。こちらにQRコードを貼っておきました。

こちらのQRコードをピッと読んでいただければ、スマホにマニュアルのURLを送りつけるということができますので、こちらを見ていただくか、概要欄にもLINEのリンクを貼っていますね。

 

そちらをクリックしていただいて、マニュアルを受け取っていただければと思います。

 

メルカリマニュアルとか、輸入マニュアルとか、輸出マニュアルとか、国内転売マニュアルとかいっぱいありますので、こちら全部セットにして一発でお渡しします。ぜひゲットしていただければと思います。

 

それでは、また次の動画でお会いいたしましょう。

▼ ▼ 限 定 公 開 中 ▼ ▼

『 eBayという海外のオークションから儲かる商品を仕入れ → 日本のヤフオク販売 』というビジネスモデルで副業でも楽に収益を出すことが可能。

Click me
>無料でマニュアルを受け取る