【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

ブックオフせどりはもう稼げないのか?最新状況と今でも通用するコツ!

船原徹雄
更新日:2020年3月21日
投稿日:2019年9月20日

この記事の内容

せどりは物販未経験でも挑戦できて稼ぎやすいことから、副業・本業を問わず、人気があります。

自宅近くにブックオフなどのリサイクルショップがある場合は、仕入れ先として使えるのではと考える人もいるかもしれません。

しかし、近年のブックオフせどりは稼げる・稼げないで意見が分かれており、実際のところが気になる人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ブックオフせどりの最新状況や稼ぐコツ、仕入れにおすすめの商品などを解説します。

 

ブックオフ(BOOKOFF)せどりとは?

412_01

まずは、ブックオフ(BOOKOFF)せどりの基本的な情報をおさらいしていきます。

ブックオフはブックオフコーポレーション株式会社が展開する有名なリサイクルショップです。

2019年6月の時点で全国に800店舗以上を構えているので、中古品を売り買いしたことのある人もいるでしょう。

「せどり」という言葉には、昔から行われてきた古本の転売を意味するという説があります。

転売屋が古本屋に並ぶ本の背表紙を見て仕入れを判断していたことが、その由来です。


ブックオフせどりは2012年頃に大流行し、今となっては現在に続くせどりブームの元祖形として知られています。

具体的には、ブックオフで古本を仕入れて、Amazon(アマゾン)に出品するというのが王道のやり方でした。

当時はブックオフに行くと、必ずと言っていいほど、せどらーに出くわす盛況ぶりで、実際に大きな利益を上げた人も多かったといわれています。

8年ほど経過した現在は、ブックオフせどり以外にも新たなやり方が開拓され、せどらーによって得意なジャンルや方法もさまざまです。

とはいえ、ブックオフせどりが完全になくなったというわけではありません。

転売する商品によってはブックオフを有力な仕入れ先の一つとして活用する人もいます。


ブックオフせどりのメリット

bbe78f3385d5fbc42352e7ffb1ef29fd_s-1

せどりのパターンが増えたことでせどらーの活躍場所や稼ぎやすいジャンルも常に変化するようになりましたが、どんなやり方にもメリット・デメリットはあるものです。

そこで、ブックオフせどりの利点について確認してみましょう。

 

店舗数・商品数が多い

ブックオフせどりの最大のメリットは、店舗数と商品数が多い点です。

もともとブックオフは、街の古本屋というポジションからスタートしたサービスでしたが、現在は知名度も上がり、800店舗以上を展開するまでに至りました。

マーケットの規模が大きいことは、せどらーが仕入れをする上で重要なポイントとなります。

買取希望者が集まりやすくなる分、仕入れ対象となる商品の選択肢が広がるからです。

特に、近年のブックオフは、古本以外にもゲームやおもちゃ、洋服など、扱うジャンルも拡大しています。

これにより、仕入れがしやすくなったと感じるせどらーもいるのではないでしょうか?

例えば、ゲーム目当てで仕入れに行ったついでに、アパレル商品もチェックするといった使い方ができるようになったからです。

 

ライバルが少ない

ブックオフせどり以外のやり方が発達したことで、せどらーの仕入れ先は、もはや、ブックオフだけではなくなりました。

これは裏を返せば、ブックオフで仕入れをするライバルが減少したことを意味します。

他のせどらーが少なければ、商品をじっくり吟味できるので、初心者でも掘り出し物を見つけやすくなったといえるでしょう。

逆に、家電量販店などには、せどり慣れした上級者も多い傾向があり、稼ぐにはそれなりの技術が欠かせません。

こうした競争の激しいところで難しい勝負をするよりも、ライバルの少ないところで活動した方が上手くいくこともあります。

ちなみに、「ブックオフせどりはもう稼げない」といった情報の真偽は後ほど詳しく解説するので、気になる人は参考にしてみてください。

 

少ない資金で始められる

ブックオフはリサイクルショップという性質上、仕入れに大金を用意する必要がありません。

できるだけ少ない資金でせどりを始めたい人には商品の安さもメリットとなります。

確かに、せどりの情報を集めていると月商数百万円、年商数千万円といった数字を目にすることもあるでしょう。

しかし、これだけの売上を手にするには、需要や利益率の高い商品を狙うため、数十~数百万円を仕入れに使うこともあります。

初心者の場合は大きな損失を出すリスクを避けて、少額からスタートするのが賢明です。

ブックオフで安い古本のせどりからスタートしても、慣れれば家電や高額のアパレル商品へとレベルアップできます。

 

ブックオフせどりのデメリット

2a36d8ad0c631dab6b722140f7b8e37d_s

一般的に、物事にはメリットもあれば、デメリットもあり、ブックオフせどりも例外ではありません。

そこで、ここでは、ブックオフせどりのデメリットにはどんな点が考えられるのかを見ていきましょう。

 

先行きが読みにくい

近年のブックオフは変化が激しく、先行きが読みにくい面があります。

実際、ブックオフはこれまで主力だった古本ジャンルを縮小し、家電やアパレル、高級ブランド品の買取に力を入れたり、店舗数を減らしたりする対応を行っています。

これは、メルカリなどのフリマアプリの台頭によって古本だけではお客さんを集めにくくなったことが一因でしょう。

とはいえ、こうした変化をキャッチして対応すれば、せどりの仕入れ先として活用を継続することは可能です。

 

検品作業に手間がかかる

せどりでは、買い手の評価がその後の売上を左右するので、販売前の検品が欠かせません。

チェックを怠って状態の悪い商品を販売してしまうと、クレームや返品につながるリスクがあるからです。

しかし、ブックオフはリサイクルショップという特性上、中古品が多く、検品にも手間がかかります。

例えば、値札シールをきれいに剥がしたり、傷や汚れを確認したりする作業は念入りにしようと思えば、時間が必要になるでしょう。

さらに本であれば、書き込みがないか角煮にしておくのも必須です。

慣れるまでは出品までに手間取ることがあるかもしれません。

 

大量仕入れができない

ブックオフせどりで扱う商品は仕入れ値が高くないので、利益率も低くなる傾向があります。

一般的に、利益率が低いアイテムで稼ぐには、薄利多売で勝負するのがセオリーです。

しかし、中古品で同じ商品を大量に仕入れるのは難しく、その点はデメリットといえるかもしれません。

例えば、新品の商品であれば数十個、数百個単位で仕入れて販売することも可能ですが、ブックオフでは同じ商品が揃うとしても2~3個でしょう。

とはいえ、数が少なければ、希少性が上がるので、売れやすいことも事実です。

むしろ、不良在庫を抱えずに済むと考えればメリットとなります。

 

ブックオフせどりは稼げないのか?

a6d764716c71d94030951648ae611459_s-1

これまで解説してきた情報からすると、ブックオフせどりには、まだまだ可能性がありそうですが、世間では「ブックオフせどりは難しい、稼げない」という声も耳にします。

そこで、実情がどうなっているのかを見ていきましょう。

 

ブックオフせどりの現状

2020年現在、ブックオフせどりは盛り上がっているとはいえないのは事実です。

人気のピークだった2012年頃から時間もたっているので、状況が変わるのは当然でしょう。

その間、せどりにはさまざまな変化が起こりました。

例えば、仕入れ対象が中古品から新品へと拡大したのも変化の一つです。

大量仕入れが難しい中古品よりも、新品の方が数を売れる点で有利とするせどらーもいます。

また、せどり対象の商品ジャンルも幅広くなったのが特徴です。

古本がメインだった時代から、家電やカメラ、海外商品などのせどりも普及しています。

さらに、電脳せどりが発達したことも大きな変化です。

ネット上で仕入れを完結できるようになったことで、店舗を回らないタイプのせどらーも誕生しました。

 

ブックオフせどりが難しいとされる理由

ブックオフせどりのピークを知るせどらーのなかには、ブックオフの運営の変化が仕入れの難易度を上げたという人もいます。

そこで、ここでは、ブックオフの店舗内で起きた変化について解説します。

1.せどらーが注意を受けるようになった

412_02

ブックオフの仕入れが難しくなった理由の一つは、ビームせどりを行うせどらーに対して、店員が注意をするようになったことだとされています。

ビームせどりとは、小型のバーコードリーダーで棚にある本のバーコードをピッピッと片っ端からスキャンするリサーチ方法です。

読み取った商品情報はスマホに転送され、アマゾンの中古価格やランキング情報と比較でき、仕入れの目利きに活用されていました。

しかし、せどらーにとっては便利な方法でも、一般客からすると異様な光景に映ったのでしょう。

棚の前を占拠するせどらーの行動に苦情が出るようになったことで、ブックオフ側も対策に乗り出すことになりました。

これにより、仕入れがやりにくくなったといわれています。

2.価格設定が工夫されるようになった

412_03

ブックオフの値付け方法に「単品管理」が導入されたことも仕入れの難易度を押し上げた一因とされています。

単品管理とは商品1点ごとに価格を設定する方法のことです。

当たり前に感じるかもしれませんが、かつてのブックオフは棚や商品ジャンルごとに「この棚は全品500円」、「ここにある商品は全て2000円」といった大雑把な値付けをしていました。

それがある時を境に、アマゾン最安値よりも1~2割程度低い値段を設定できるよう、商品のデータが管理されるようになったのです。

結果として、ブックオフとアマゾンの価格差が縮まり、大きな儲けが期待できる掘り出し物を見つけるのが難しくなりました。

せどらーのなかには、この時点でブックオフでの仕入れを諦めた人もいるようです。

3.1dayサンクスパスが廃止された

412_04

「1dayサンクスパス」の廃止も、当時のせどらーたちにとって大きな打撃となったといわれます。

1dayサンクスパスとはブックオフの買い物で貯めたスタンプが10個になると、1日だけどこの店舗でも商品を10%OFFで購入できるサービスです。

より安い値段で仕入れができるため、せどらーたちに愛用されていましたが、2015年8月いっぱいで終了となってしまいました。

ビームせどりへの対策や価格設定の見直しもあり、当時のせどらーたちにとってのブックオフは段々と居心地の悪い場所になっていったことは事実です。

 

ブックオフせどりで稼ぐ人の特徴

確かに、ブックオフせどりの難易度はかつてと比べて上がってはいますが、依然として稼いでいる人もいます。

では、稼ぎ続けられる人にはどんな特徴があるのでしょうか?

ブックオフせどりで現在も活躍しているせどらーは状況の変化に応じて自分のやり方を工夫している人です。

ブックオフの事例に限らず、せどりや転売で長く稼ぐには市場動向のチェックと対策が欠かせません。


少し厳しい言い方かもしれませんが、「ブックオフせどりは稼げない」というのはピーク時のやり方を変えられなかった人たちの主張によるところもあります。

例えば、ブックオフの価格は単品管理がされているとはいっても、商品の状態が良ければアマゾンの最安値に合わせる必要はないでしょう。

価格設定をうまくすれば、十分儲けが出せます。

ちょっとしたコツを押さえれば、いくらでも対応はできると思っておくことが大切です。

 

ブックオフせどりの仕入れを成功させるコツ

4097cd8249e41b999f1ca95630bcd421_s

ブックオフせどりはコツを押さえればまだ稼げますが、具体的な内容がわからなければ行動しようがありません。

そこで、ブックオフせどりで仕入れを成功させるためのポイントを紹介していきます。

 

コツ1:複数店舗を回る

一口に「ブックオフ」といっても、実は店舗の種類は複数あり、力を入れている商品ジャンルも異なっています。

まずは、それらを把握した上で、複数店舗回ってみるのがコツの一つです。

では、店舗ごとの特徴を見ていきましょう。

1.BOOKOFF

412_05

「BOOKOFF(ブックオフ)」は最も基本的なタイプの店舗で、歴史も一番長いのが特徴です。

扱う商品は本、CD・DVD、ゲーム類が中心ですが、店舗によっては中古のトレカやスマホも置いています。

ちなみに、BOOKOFFには直営店とフランチャイズ店があり、せどりの仕入れはフランチャイズ店の方がやりやすいでしょう。

直営店に比べて、店舗のルールや価格設定が緩い傾向にあるからです。


フランチャイズ店は看板の色で見分けられます。

BOOKOFFの看板デザインには左右に矢印がついており、先が赤いのがフランチャイズ店、青いのが直営店です。

また、出かける前にチェックしたい場合はホームページの店舗URLでも確認することができます。

URL内にある「shop」の後ろに入っている数字が1から始まっていたらフランチャイズ店、2から始まっていたら直営店という意味です。

2.BOOKOFF SUPER BAZAAR

412_06

「BOOKOFF SUPER BAZAAR(ブックオフスーパーバザー)」はブックオフが展開する店舗のなかで最も品ぞろえが豊富な大型店です。

通常のBOOKOFFが扱う商品に加えて、アパレル、スポーツ用品、ベビー用品、生活雑貨、楽器、ブランド品と数十万点のアイテムを揃えています。

BOOKOFF SUPER BAZAARの魅力は、とにかく来店者数が多いことです。

店舗に足を運ぶ人が多いということは買取希望者も大勢いると期待できるので、仕入れ用の商品も豊富に選べます。

店舗数は多くありませんが、特にアパレル系のアイテムを狙うなら一店舗は押さえておきたいところです。

生活圏内に店舗がないか、探してみるといいかもしれません。


3.BOOKOFF PLUS

412_07
「BOOKOFF PLUS(ブックオフプラス)」は、BOOKOFFとBOOKOFF SUPER BAZAARのいいとこ取りをしたようなスタイルの店舗です。

本、CD・DVD、ゲームなどの商品に加えてアパレル系のアイテムも手に入るので、チェックしてみると良いでしょう。

BOOKOFF SUPER BAZAARが近くにないという人でも、BOOKOFF PLUSがあれば、ファッションアイテムの仕入れができるようになります。

店舗によっては、ブランド品なども扱っているので、有効な仕入れ先になるかもしれません。


4.BOOKOFF Online

412_08

「BOOKOFF Online(ブックオフオンライン)」は、ブックオフの公式通販サイトです。

電脳せどり派でブックオフを仕入れに活用したいという人には重宝するのではないでしょうか?

店舗せどりと違って店員の目を気する必要がないので、じっくり商品を選んだり、好きなだけアマゾンと比較できたりするのが魅力です。

また、BOOKOFF Onlineでは、狙った商品が値下げされた時にお知らせメールを受け取れる設定もできます。

さらに、欲しい商品をブックマーク登録しておくと、入荷された時点で教えてくれる機能もあって便利です。



コツ2:仕入れのタイミングを見極める

ブックオフはリサイクルショップなので、店舗に足を運ぶタイミングによって出会える商品が変わるのが特徴です。

そこで、より多くのアイテムをチェックできたり、安く買えたりする狙い目のチャンスを紹介していきます。


1.年末年始

412_09

リサイクルショップでは買取希望者が増えるほど、店舗内の商品が充実します。

つまり、人が不要品を一気に処分したくなる時期が仕入れにおすすめのタイミングということです。

特に年末年始は大掃除の時期なので、12~1月は狙い目といえるでしょう。

買取を希望する人によっては、いらなくなった本や洋服を段ボールに詰めて持ち込む場合も少なくありません。

しかも、年末年始はブックオフのセール時期と重なる点もポイントです。

例えば、店内の本が全品20%OFFになるウルトラセールや冬物クリアランスセール、新春セールなどが目白押しとなっています。

ただし、この時期のブックオフは混み合うので、商品を選ぶときはマナーを守るようにしましょう。

2.引っ越しシーズン

412_10

進学や就職、人事異動などで引っ越し需要が高まるシーズンも買取希望者が増えるので狙い目です。

代表的な時期は3月の新年度直前や9月の人事異動のタイミングでしょう。

9月は3月に比べると激しい動きはありませんが、転勤などで引っ越しをする人たちが買取を希望する可能性があります。

また、ブックオフは店舗によって出張買取サービスも展開しているので、引っ越し準備中に大量の不要品を処分する手段として活用された場合、年末年始よりもいい物が仕入れられるかもしれません。

どちらにしろ、人が動きやすい時期はブックオフを仕入れ先とするせどらーも来店頻度が上がるので、乗り遅れずにチェックするのがコツです。


3.セール時期

412_11

ブックオフは定期的に大規模なセールを実施しています。

例えば、先ほども紹介したウルトラセールもその一つです。

開催時期はお正月・GW・お盆の年3回が慣例となっており、20%OFFの価格で本の購入が可能となります。

本せどりをする人にとっては重要な仕入れタイミングとして外せないセールでしょう。

また、毎月29日にはブックの日・服の日として購入金額によるサービス券の配布や割引が実施されています。

買取価格もUPするので売りたい人が集まりやすく、商品も充実する傾向です。

その他、地域や店舗ごとに展開されるセールも活用すると良いでしょう。

細かい店舗ごとの情報はホームページで確認できるので、近くで利用できそうな店舗があれば、チェックすることをおすすめします。


4.棚卸し後

412_12

棚卸しは店内の在庫を全て確認する作業のことで、商品を正確に把握するため、定期的に実施されます。

ブックオフの場合は毎月24~26日頃と期末にあたる3月末~4月の頭です。

棚卸し期間中は作業を混乱させないために新しいアイテムの品出しがストップします。

そのため、仕入れのタイミングとしてはおすすめできません。

しかし、棚卸しの直後は狙い目です。

というのも、棚卸しが終わると一気に新しい商品を追加するのが一般的だからです。

商品数が多くなれば、その分仕入れの選択肢も増えるので、お得に利用できる可能性も高まるでしょう。

こうした仕入れ先の動きを把握しているかどうかで売上も変わってきます。

せどりで稼ぐなら、情報収集には手を抜かないことが大切です。

 

コツ3:値札シールの仕組みを知る

ブックオフでは値札シールの仕組みも知っておくと仕入れの判断に役立ちます。

ブックオフの値札シールは入荷した時期によって4つに色分けされているのが特徴です。

具体的には1~3月に入荷した商品は黒枠、4~6月は緑枠、7~9月が青枠、そして10~12月が赤枠となります。

例えば、7月初旬に仕入れに行ったとして考えてみましょう。

商品を手に取ったときに値札シールが黒枠だった場合、入荷は1~3月ですから、直近の半年程度売れ残っていることがわかります。

これでは仕入れても儲けられる可能性は低いかもしれません。

逆に、青枠のシールが貼られている商品は、その月に入荷したばかりなので、チェックする価値があるということです。

基本的には長期間売れていない商品はスルーするやり方で問題ありません。


また、シールの色は値下げタイミングを見極めるのにも有効です。

ブックオフで売られている商品のなかには値下げによって色の違う2枚の値札シールが重ねて貼られていることがあります。

例えば、7月初旬に緑枠1000円のシールの上に青枠500円のシールが貼られていたら、値下げされたばかりだとわかるのです。

物によっては、その値下げによって儲けの出る商品になっている可能性があるので、チェックしてみるとよいでしょう。

 

【ジャンル別】ブックオフせどりのおすすめ商品リスト

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s-2

ブックオフでは幅広いジャンルのアイテムを扱っていますが、せどりに挑戦するなら最初は自分の好きな分野や仕入れ値が高くないものを選ぶとリスクが低くおすすめです。

そこでここでは、ジャンルごとの狙い目商品について紹介します。

 

1.本

412_13

ブックオフは古本以外の分野にも力を入れつつありますが、本は依然として王道のジャンルです。

ただし、商品数が非常に多いので、ポイントを絞って効率的に見て回りましょう。

具体的には「単C棚」と「プロパー棚」の2つを狙っていきます。

単C棚は「単品Cランク」の単行本や文庫本が置かれている棚で、全ての商品が税抜100円なのが特徴です。

この棚からマンガの全巻セット本として売れそうなアイテムを仕入れるのがブックオフせどり流となります。

特に、映画化・アニメ化などのタイアップ系は需要が高まりやすく、おすすめです。


一方、プロパー棚では新品の5~6割程度の価格の商品が扱われています。

ブックオフが値段を下げなくても売れると判断したアイテムなので、チェックする価値があるでしょう。

目利きができるジャンルの本があれば、単C棚よりも高い利益率で稼げます。

その他には発売から一年以内の中古雑誌も注目です。

人気アイドルが表紙のものはファンの需要が期待できるかもしれません。

特に、発売時から人気があり、アマゾンでも欠品している雑誌が見つかった場合は仕入れのチャンスです。

付録の有無を確認して問題なさそうであれば、高額転売ができる可能性があります。

 

2.CD・DVD・ゲーム

412_14

CDやDVD、ゲームもブックオフせどりでは本と並ぶおなじみのジャンルです。

CDは初回限定版や未開封の商品を需要に合わせて選んでいきます。

アーティストの引退やスキャンダルなどのニュースが需要を生むこともあるので、トレンド情報をまめにチェックして仕入れのタイミングを逃さないのがコツです。

DVDの場合は単品よりも人気ドラマのBOXセットの方が売れる傾向にあります。

割安の価格で手に入るアイテムがないか探してみましょう。


ゲーム類の場合はゲーム機本体もゲームソフトも仕入れ対象として有効です。

当然、外箱やケースなどの付属品が揃っているほど価値が高くなるので、確認はしっかりすることをおすすめします。

また、ゲームソフトは在庫数の関係で特定の店舗だけ値下げされることも少なくありません。

複数の店舗を回りながら価格を比べてみるのも手段の一つでしょう。

ただし、ゲーム系はライバルせどらーも多い人気のジャンルなので、儲かる商品を見つけるには根気が必要です。



3.おもちゃ

412_15

ブックオフでは掘り出し物のおもちゃが割安の価格で売られていることもあります。

例えば、タカラトミーの鉄道おもちゃ「プラレール」やミニカーの「トミカ」は子供から大人までファンがいる、長年の人気商品です。

せどりでも売りやすいアイテムとして知られているので、見かけたらチェックしてみましょう。

おもちゃに詳しい人はプラモデルやフィギュアなどのマニア向け商品を仕入れるのも有効です。

ただし、おもちゃのせどりでは基本的に未開封のものを狙った方が稼げます。

開封済みのおもちゃは部品が欠けている可能性があり、買い手がつきにくいからです。

ブックオフはリサイクルショップですが、未使用品の買取も行っています。

おもちゃの棚を見るときは値札をよく見て未開封であることを確認するのがポイントです。

 

4.洋服

412_16

不要になった洋服をメルカリなどのフリマサイトで売る方法が盛り上がりを見せているように、ブックオフでもアパレル商品の充実度が増してきているようです。

せどらーのなかには本やゲームといったジャンルよりも、古着のせどりに力を入れる人もいます。

ブックオフでメンズアイテムを狙う場合はスポーツ系やストリート系のブランドが狙い目です。

例えば、アディダスやナイキの商品がわかりやすいでしょう。

また、質が良い割には安売りされているジーンズは利益率が高くなる傾向があります。

ただし、人気ブランド品には偽物が紛れている可能性もあるので、目利きが重要なポイントです。


レディースであれば、ブランド品よりもデザイン性を重視した方が仕入れしやすくなります。

レディースの場合、ブランド数が非常に多く、選ぶのに手間がかかってしまうからです。

ノーブランドでも見た目が気に入れば、買うという人もいるので、おしゃれに見えるかどうかに着目してみると良いでしょう。

特にレディースのトップスは需要が高くおすすめです。

 

5.家電

412_17

一般的に家電のせどりは仕入れ資金がかかるため、難易度が高めのジャンルとされますが、ブックオフであれば、少ない資金でも挑戦できる可能性があります。

ポイントは季節家電を狙って仕入れをすることです。

例えば、夏前に扇風機、冬前に加湿器を扱うと買い手がつきやすくなります。

ただし、中古家電は価値の見極めが難しい部分もあるので、初心者や目利きに自信のない人は未使用品を仕入れるようにしましょう。

また、ブックオフの家電は他ジャンルとは違って、店舗ごとの値段に差が出やすいのが特徴です。

相場よりも値付けが甘い店舗が見つかれば、その分利益率を高く保てます。

家電せどりの経験値も上がるので、興味のある人は挑戦してみるといいかもしれません。

 

ブックオフせどりの注意点

412_18

ブックオフせどりはコツをしっかり押さえれば、初心者でも儲けを出すことが可能です。

とはいえ、何も考えずにせどりに挑戦すると失敗するリスクも高くなるので、最後に注意点をいくつか紹介します。

 

1.店舗のルール・マナーを守る

412_19

かつてブックオフせどりがブームになっていた頃、ビームせどりが横行し、一般客から買い物がしにくいという声が上がっていたのはすでに述べた通りです。

自分勝手な行動は結果的に将来の仕入れチャンスをつぶしてしまう可能性もあります。

現在でも、せどり対策を実施している店舗はあるので、仕入れの際は店内のルールやマナーを守るようにしましょう。

基本的にビームせどりをするのは難しいと考えておいた方が賢明です。

また、上手く立ち回るためにいくつかの店舗を回って、比較的仕入れのしやすいフランチャイズ店を見つけておく方法もあります。

いずれにせよ、他のお客さんの迷惑にならないように商品を選ぶことが大切です。

 

2.利益率より回転率を優先する

412_20

せどりをする際は、儲けを出すために利益率と回転率を意識するのがセオリーです。

ただし、ブックオフせどりでは利益率よりも回転率を優先した方が良いでしょう。

元々、仕入れ値が大きくない分、利益率を追求するのが難しいからです。

高く売りたいばかりに相場を無視した価格設定をしても、結局、売れ残ってしまっては意味がありません。

小さな儲けを積み重ねるタイプのせどりだと割り切る姿勢が稼ぐポイントです。

回転率が高ければ仕入れたそばから売れていくので、在庫を抱える心配も少なくなります。


特に初心者の場合は、数をこなすことでせどりの経験値を上げることが重要です。

多少の失敗はあるかもしれませんが、まずは売り切ることを意識して続けると、比較的、短期間でやり方が身につきます。

そうすれば、より高額の商品を仕入れて大きな利益を狙うチャンスにも恵まれやすくなるでしょう。

 

3.商品のコンディションを確認する

412_21

中古品がメインのリサイクルショップでは、仕入れる前に商品のコンディションをよく確認しましょう。

状態の悪い商品はクレームや返品の原因となりやすいからです。

また、良いコンディションで仕入れができれば、アマゾン最安値よりも高い値段で売れる可能性も出てきます。

仕入れの際は自分が購入者のつもりで、その商品を買う気になるかどうかを意識するのがポイントです。

買い手の満足度が高ければ、その分出品者としての評価も上がっていきます。

そうすれば、より多くの購入者と取引する機会を得られるでしょう。

物販は買ってくれる人がいてこそ、成り立つビジネスです。常に相手の立場に立つ姿勢を忘れてはなりません。

 

4.ブックオフ以外の仕入れ先も確保する

412_22

ブックオフせどりに少し慣れてきたら、他のリサイクルショップも積極的に見てみることをおすすめします。

というのも、仕入れ先が一つしかない状態では、上手くいかない時に利益が激減する可能性があるからです。

例えば、家電や雑貨に強いハードオフや幅広いジャンルの商品を扱うセカンドストリート、CD・DVDに特化したディスクユニオンは有力な選択肢になるかもしれません。

また、チェーン店以外にも地元密着型のリサイクルショップを知っていれば、そこもチェック対象です。

地域の店舗はライバルのせどらーが少ない分、掘り出し物が見つけやすくなります。

地図アプリも活用しながら、自分の知らない店舗が近くにないか確認してみると良いでしょう。

 

ブックオフせどりは工夫次第でまだ稼げる!

412_23

ブックオフせどりは現在の転売ブームを生み出した基本の形として知られます。

時代の流れで他のせどり方法を選択する人も増えましたが、ブックオフは今でも初心者が少ない資金でせどりデビューできる場所であることは変わりません。

むしろライバルが少なくなった分、チャンスが広がったとも考えられます。

取り扱われている商品ジャンルも拡大傾向にあるので、工夫次第でまだまだ稼げるでしょう。

興味のある人は一度店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか?