16 min read

せどり初心者におすすめなジャンル7選と選び方のポイントとは?

Featured Image
このページでは、これからせどりを始めるせどり初心者の方におすすめジャンル7つをご紹介します。せどりは取り扱う商品によって売上・利益が大きく変わってくるため、ジャンルごとにどのような違いがあるのかと共に、あなたに最適なジャンルを見付けてみましょう。
ココ↓を押してショートカットOK
The lower column's button is short cut link.
せどり初心者におすすめなジャンル
 
 

せどりのジャンルは何種類くらい?

山内_リライト_54_01

せどりは、店舗やネットショップで商品を安く仕入れてネット上で高く売り、その差益で稼ぐビジネスです。

要するに、差益が出せれば商品は何でもよいということになります。

ただし、売れなければ利益が出ないため、需要のある商品を見つける必要があります。

せどりで扱えるジャンルは、世の中のものの数だけ無限にあるともいえますが、売れるかどうかというフィルターをかけると、ある程度絞られてきます。

さらに、自分のこれまでの経験や知識と関連するジャンルであれば、仕入れの際の商品価値の判断に活かせるため、さらに絞り込めます。

実際には、3〜5ジャンルを中心にして仕入れの目を鍛えるようにするとよいでしょう。

 

初心者がせどりのジャンルを選ぶポイント

山内_リライト_54_02

この段落では、初心者がせどりのジャンルを選ぶ際に参考になる4つのポイントについて紹介します。

 

【初心者がせどりのジャンルを選ぶポイント】

  • 好きなジャンルを選ぶ
  • 回転率が高いジャンルを選ぶ
  • 仕入れ先店舗の多いジャンルを選ぶ
  • 在庫管理しやすいジャンルを選ぶ
  • 出品可能なジャンルを選ぶ

 

1.好きなジャンルを選ぶ

山内_リライト_54_03

最初に始めやすいジャンルは、自分の好みにあった商品です。

 

好きなジャンルであれば、継続しやすく、元々、持っている知識を活かしやすいものです。

初心者のうちはここから始めましょう。

たとえば、アナログAV機器に詳しければ、その知識を活かして大手オークションサイトやフリマアプリなどで商品を仕入れてみるのがおすすめ。

現代はデジタルが全盛ではありますが、アナログ機器を高く評価するコアなファンも一定数存在します。

レコードプレーヤーなどは特にに穴場かもしれません。

もちろん、仕入れの前にはしっかりリサーチをして収益ラインを意識した値段で買い取る必要はあります。

 

2.回転率が高いジャンルを選ぶ

山内_リライト_54_04

せどりに限らず、物販の基本は「利益率」と「回転率」が重要です。

この2つの指標を管理しなければ、利益は上がりません。

まず、利益率ですが、これは利益額を売上高で割った数値です。

たとえば、ある商品の仕入れに10万円使って、売上高が20万円で、経費が5万円だったと仮定しましょう。

売上額から仕入額と経費を差し引くと、利益額は5万円になります。

また、利益額5万円を売上高20万円で割ると、0.25となるため、利益率25%です。

 

売上高が同じでも、経費が8万円になると、利益額は2万円になり、利益率は10%になります。

このような利益率の計算によって、前者より後者のほうが儲かっていないことが数値として確認できました。

なお、利益率にはいくつかの種類があります。

たとえば費用対効果を評価するためには、投資した費用に対しての利益額の割合を指標とする、投資利益率を見ます。

 

回転率については、仕入れた商品の在庫がどのくらいの期間で売れるのかを表す指標です。

具体的には、売上高を平均在庫高で割って求めます。

たとえば、ある月のある商品の売上高が20万円で、月初の在庫高が8万円、月末が6万5,000円とします。

 

この場合、月初と月末の在庫高を足した14万5,000円を2で割って平均在庫高7万2,500円を求め、売上高20万円をその平均在庫高で割ります。

すると、回転率は2.76(小数点第3位四捨五入)です。

仮に、売上高を固定して、月末の在庫高が1万円だったとすると、平均在庫高は4万5,000円となり、回転率は4.44となります。

前者と後者を比べると、回転率が上がっていることがわかります。

 

ちなみに、この後者の例では、わかりやすくするために売上高を固定して、期末在庫を減らしています。

実際は値引き販売して在庫を減らしているような状態となるため、利益率はよくありません。

せどりで利益を上げるためには、このような利益率や回転率を初心者の段階から意識しておくことが重要です。

特に最初のうちは、回転率の高い商品ジャンルを選んでおくと、資金ショートのリスクを抑えることができます。

初心者におすすめの「高回転・低利益」のジャンルは、書籍、ゲーム、ホビー系や日用品などがあります。

これらのジャンルは仕入れや出品に多少の手間がかかりますが、回転率が比較的よいジャンルですが、仕入れ価格は安い半面、利益率は低くなります。

 

3.仕入れ先店舗の多いジャンルを選ぶ

山内_リライト_54_05

仕入れ先店舗が多ければ、より稼ぎやすい高利益な商品を見つけられる可能性が大きくなります。

中古品にはメーカー希望小売価格が設定されていないため、仕入れ値の価格差が店舗によって異なります。

これは、中古品は状態が一つ一つ異なるため、標準的な値付けができないためです。

場合によっては、同じメーカーで同程度の商品であっても、なんとなく決められた値段や廃品同然の「捨て値」が付けられていることもあります。

このような高利益を生む商品を見つけるためには、仕入れ先店舗数が多ければ多いほどよいのです。

実際、店舗ごとに得意・不得意なジャンルがあるため、その店舗の不得意ジャンルは捨て値品が見つかる可能性が高く、仕入れの要注目ポイントといえます。

 

4.在庫管理しやすいジャンルを選ぶ

 

山内_リライト_54_06

 

せどりで問題になることの一つが、商品在庫の管理です。

特に、個人の副業として活動している場合、仕入れた商品の在庫は自宅に保管することが多くなります。

そのため、初心者の段階ではよりコンパクトで軽い商品ジャンルから始めたほうが、在庫管理はしやすいといえます。

たとえば、CDやDVDなどが初心者に人気があるのは在庫管理しやすいためです。

一方、せどりで高い利益率の期待できる大きめの家電などは、相応のスペースが必要になります。

ある程度の経験を積んだ中級者になってから、参戦しましょう。

 

5.出品可能なジャンルを選ぶ

山内_リライト_54_07

せどりでは、仕入れる商品が出品可能なのかについて確認しておくことも重要です。

たとえば、Amazonでは。下記のジャンルの商品を出品する際に許可が必要になります。

 

【Amazonで出品許可の必要な商品例】

  • Amazon限定商品
  • イタリア製の商品
  • ストリーミングメディアプレーヤー

 

上記のほか、商品登録時に「出品許可申請ボタン」が出るものもあります。

ただし、この場合はボタンを押すだけで登録できるものもあるため、とりあえずボタンを押してみるようにしましょう。

また、ASIN毎に出品許可申請が必要になる場合もあるため注意しましょう。

 

初心者におすすめのせどりのジャンル7選

山内_リライト_54_08

せどり初心者が最初に扱いやすい、7つのおすすめのジャンルを紹介していきます。

 

1.コミック

山内_リライト_54_09

せどり初心者が最も始めやすい商品は書籍です。

その中でも漫画は、せどりを手軽に始めるには、理想的なジャンルです。

なぜなら、一般的な単行本のサイズはコンパクトで軽いため、在庫管理や梱包・発送などの費用がかからないからです。

また、コミックジャンルには高値で取引されるパターンがあります。

たとえば、有名作家の限定本などには、数百万円の値段がつくこともあります。

 

2.CD・DVD

山内_リライト_54_10

CDやDVDは、通称「円盤系」と呼ばれ、せどりの代表格といえます。

まず、仕入れの対象となる店が多いことが初心者にも扱いやすい点です。

大手中古買取りショップやレンタルCD&DVDショップなどで豊富な在庫から選ぶことができます。

また、在庫管理の点からは、商品は小さくて軽いので保管場所にも困りません。

加えて、棚卸しも簡単。

さらに、他のジャンルの商品と比べて数千円台と単価が安く、資金が少なくてすむ点も初心者には嬉しいところです。

音楽や動画の入手先は、インターネット経由のダウンロードという方法も一般化していますが、CDやDVDの需要も高いため、回転率も良いのです。

ただし、CDについては手軽なだけに、あまり高利益商品とはいえません。

CDの中でも初回限定など希少価値の高いものが売れれば、利益が見込めることもあります。

 

3.おもちゃ

山内_リライト_54_11

子どものいる家庭では、おもちゃは必需品ですが、大抵の子どもは飽きやすいため、新しいものを欲しがります。

その結果、子育て家庭の収納スペースには大量の「在庫」が保管されている場合があります。

必要なくなったおもちゃを処分するために、大手オークションサイトやフリマアプリに出品する家庭は少なくありません。

おもちゃは状態の良いものも多く、中には未使用新品などもあり、高く売れる可能性があります。

また、クリスマスなどで需要が高まって品薄になった商品にはプレミアがつく可能性がある、時期によって値動きが激しくなるという点も特徴です。

このような特徴をうまくつかめば、おもちゃは継続して収益を得られるジャンルといえます。

 

4.食品

山内_リライト_54_12

食品は、消耗品なのでダース買いなどの大量一括購入も期待できるため、高い利益率が期待できるジャンルです。

気に入ったブランドなどはリピート購入される可能性があるため、うまくいけば高回転率で在庫を回すことができます。

なお、初心者が仕入れやすい場所としては、格安で有名なスーパーや、外国人観光客が大量買いする格安チェーン店などがおすすめです。

 

5.家電

山内_リライト_54_13

せどりで扱う物品のなかでも、家電は全体的に利益額が大きいジャンルといわれています。

家電といっても大小さまざまなものがありますが、初心者が扱うことを考えると、比較的安価でコンパクトなものがよいでしょう。

具体的には、ドライヤーやヘアアイロンなどの美容系家電や、扇風機などの季節家電は底堅い需要があります。

サイズ的にも価格的にも、初心者でも管理しやすいのでおすすめです。

 

6.ゲーム

山内_リライト_54_14

ゲーム関連アイテムは、せどりのおすすめジャンルのなかでも最も商品サイズが小さく軽い点が特徴です。

仕入れ価格は高めですが、高利益が見込めます。

たとえば、1980年代に一世を風靡した家庭用ゲーム機用のカセット型ソフトなどは、タイトルによっては数万円から数十万円の値段がつけられているものもあります。

初心者であれば最初はソフトの販売から取り組み、慣れてきたら周辺機器・本体など単価の高いものに挑戦しましょう。

 

7.美容関連

山内_リライト_54_15

美容関連ジャンルの商品は、小さくて軽いため、在庫管理がしやすいのが魅力です。

せどりで高収益が期待できるおすすめアイテムは、「デパコス」とよばれる百貨店の美容コーナーで販売員が販売している高級化粧品です。

初心者が扱いやすいのは、各化粧品ブランドが魅力的なポーチにおすすめの化粧品をパッケージにして販売する「コフレ」です。

特に、発売後に即完売するようなクリスマス時期の限定品などは高値で取引されています。

大手オークションサイトやフリマアプリなどで新品未使用品が出品されることがあるのでチェックしてみましょう。

 

8. パソコン・オフィス用品

パソコン周辺機器やオフィス用品のジャンルでは、マウスやキーボード、プリンターのインクなどのパソコン周辺機器や、文房具などのオフィス用品を扱います。

パソコン周辺機器やオフィス用品はコンパクトな商品が多く、Amazonではよく売れます。

わざわざ家電量販店に買いに行かないで、Amazonで購入してしまう人が多いのです。

また、コンパクトであることから、大型家電よりも保管スペースを取らず、管理の観点からもおすすめです。

さらに、パソコン周辺機器はAmazonでの販売手数料が8%と、比較的安い点もメリットといえます。

 

パソコン・オフィス用品で儲けるコツは、ディスカウントストアや家電量販店のワゴンセールで、安く売られている商品を仕入れることです。

仕入れの基準価格を前もって設定しておいて、見つけたら即決で仕入れましょう。

 

9.ドラッグストア・ビューティー

ドラッグストア・ビューティーのジャンルでは、洗濯洗剤や芳香剤などのドラッグストアアイテムや、サプリメントなどのビューティー商品を扱います。

このジャンルの商品の特徴は生活必需品であり、消耗品であるということ。

繰り返し同じものを購入する人がいるため、継続的な需要が見込めます。

また、商品のサイズが小さく、軽いものが多いのも管理をするうえではメリットになります。

 

なお、ドラッグストア・ビューティーのジャンルで儲けるコツは、薄利多売になることを覚悟することです。

商品ひとつあたりの設けは少ないので、大量に仕入れを行い、小さな利益を積み上げる必要があります。

一方、ある程度の個数でまとめ売りをする場合は、配送の手間が減り、送料も安くなります。

購入者にとっても、まとめ買いのほうが喜ばれる場合があるため、需要が見込める商品については、まとめ売りも検討しましょう。

 

差別化が狙えるせどりのジャンル3選

山内_リライト_54_16

せどりのジャンルの中には、差別化が狙えるため高収益が得られるものがあります。

この段落では代表的な3つのジャンルを紹介します。

初心者であっても、知識に自信がある人は挑戦してみるとよいでしょう。

 

 

1.カー用品

山内_リライト_54_17

カー用品は、知識さえ、あれば稼げるジャンルの代表格です。

特に、カーナビやドライブレコーダーなどの電子機器、CDプレーヤーやスピーカーなどのカーオーディオは高収益が望めます。

また、特定の車種用の部品などは海外転売でも人気です。

専門的な知識があれば初心者でも利益が見込めます。

 

2.楽器 

山内_リライト_54_18

せどりで扱うジャンルのなかでも、楽器は最も専門知識が必要になる分野の一つが楽器です。

反面、競合が少ないというメリットがあります。

たとえば、ギターなどの楽器を見て価値を判断できれば、在庫の回転が遅くても高収益率でせどりビジネスを回すことができます。

初心者のうちは、価格の低めなエフェクターやミニアンプなどの楽器周りの小物を扱うのもおすすめです。

 

3.トレカやフィギュアなどのホビー 

 

山内_リライト_54_19

 

ホビー系のジャンルは、高額商品やプレミアのつく商品も多いため、高利益が期待できるジャンルです。

たとえば、トレーディングカードは、保管に場所も取らず、一枚ずつの売買が可能なので、商品としての扱いやすさは抜群です。

そのうえ、カードによっては高値で売れる可能性があるのが魅力です。

また、フィギュアについては、キャンペーンやゲームの景品フィギュアがプレミア化することが多く、安定的な仕入れができれば、高収益が期待できます。

 

ジャンルを決めたらリサーチしよう

山内_リライト_54_20

取り扱う商品のジャンルを決めたら、利益が出る商品をリサーチします。

販売価格を確認し、仕入れ値との差を確認することで、利益が出そうな商品を絞っていくことが大切です。

Amazonでの販売情報をリサーチするのであれば、「セラースプライト・Keepa」というサイトを利用します。

セラースプライト・Keepaでは、Amazonで販売されている商品のランキング、最低価格、価格変動、出品者数などの情報がグラフと表で確認することができます。

 

また、スマホのカメラで商品バーコードを読み込んで、その商品の情報を確認できる「アマコード」というアプリもあります。

せどりでは他にも、ヤフオクの情報をリサーチできる「オークファン」というサイトも活用できます。

オークファンでは、一定期間内の取引数をみて、人気の商品かどうかを読み取れます。

 

インターネットを使った仕入れ先

 

山内_リライト_54_21

 

仕入れをインターネットを使って行う場合の、おすすめの仕入れ先について紹介します。

 

ヤフオク!などのオークション

ネットでの仕入れで、よく使われる仕入先といえば、「ヤフオク!」があります。

ヤフオクは利用者数、一日あたりの商品出品数が多く、仕入れ先として優秀で、ユーザーや商品の入れ替わりが激しいため、今後も使える仕入れ先であることが予想されています。

利益の出そうな商品に入札していく場合は、落札するために無理な金額まで粘らないのがコツです。

落札手数料や、出品の際の手数料などを考慮したうえで、入札の上限金額を決めてことがおすすめです。

 

楽天市場などのネットショップ

楽天市場は、日本国内でもユーザー数の多いネットショップであり、仕入れ先としても優秀です。

また、楽天市場の利用などで貯めることのできる楽天ポイントは、現金同様に利用することができ、貯まったポイントを仕入れに利用することも可能です。

 

 

 

メルカリやラクマなどのフリマアプリ

メルカリやラクマなどを代表とするフリマアプリは、スマートフォンから簡単に出品することができることから、一般の出品者が多く利用しています。

値付けの甘い商品も多いため、狙いの商品を安く入手できる可能性があるのが魅力です。

ただし、利益の出そうな商品は、ライバルたちも狙っていて先に購入されてしまう可能性もあるので、新着をチェックし、早目に購入するようにしましょう。

 

 

店舗仕入れでおすすめの仕入れ先

山内_リライト_54_22

店舗で仕入れを行う場合のおすすめの仕入れ先について紹介します。

 

1.ブックオフ

山内_リライト_54_23

ブックオフは日本最大手の古本リサイクルショップで、全国各地に店舗があります。

ブックオフでは本を中心に仕入れることになりますが、利益を稼ぐには「本」に注目しましょう。

たとえば、おもちゃや家電などのジャンルでは利益率は30%程度ですが、本の場合は利益率が40~50%ほども見込めます。

ブックオフでは、100円(税別)から商品が販売されているため、仕入れ値を抑えることもできます。

なお、せどり初心者向けのターゲットとしては、雑誌やセット販売の本、絶版した本などがおすすめです。

 

2.ハードオフ

山内_リライト_54_24

ハードオフは、大型の家電製品からパソコンや周辺機器などのAV機器、インクなどの消耗品まで色々なジャンルを幅広く取り扱っているリサイクルショップです。

中古品のみの取り扱いではなく、新品の商品や本なども販売されていることもあります。

引っ越しシーズンや年末の大安売りセールなどは高利益の商品を見つけやすく、狙い目です。

空のCDやDVDなどの廃盤品はプレミアム価格になっていることもあるので要チェックです。

 

しかも、ジャンク品として販売されている商品の中には、商品の状態をよく確認せずに販売されている商品もあります。

実際にはジャンク品ではないものを安値で仕入れられる可能性があるため、見逃さないようにしましょう。

 

 

3.家電量販店

山内_リライト_54_25

家電量販店では、展示品が特に狙い目です。

展示品は店頭に展示されていたものであるため、他の商品よりも値引きされているものがほとんど。

その反面、品質に問題はなく、外装などもきれいに掃除されているため、新品同然のコンディションで入手できるのです。

また、おもちゃや化粧品などの商品は売れ残ることも多く、在庫処分で安く購入できる可能性があります。

頻繁にセールも行っているため、チェックしておくことをおすすめします。

 

4.ドラッグストア

山内_リライト_54_26

ドラッグストアではマスクやシャンプーなどといった消耗品を格安で入手できる可能性があります。

消耗品は一カ月程度でなくなるので、複数購入もされやすく、せどりでも人気のジャンルです。

特に、ワゴンセールに並んでいる商品の中には、すでに販売終了しているものなどもあり、プレミア価格で売れる可能性があるのでチェックしておきましょう。

  1. 美容機器なども販売しているので、家電せどりを専門にしている人にもおすすめの仕入れ先です。

 

仕入れた商品をAmazonのFBAを利用して販売しよう

山内_リライト_54_27

Amazonが提供するFBAでは、一定の手数料を支払うことで商品の保管や配送業務などを代行してくれます。

利用方法は条件を満たした商品を事前にAmazonに納品しておくだけなので、Amazonのせどりで利益を出したい人に特におすすめのサービスといえるでしょう。

また、FBAを利用することで、商品には「プライムマーク」が付くようになります。

プライムマークの付いた商品を好んで買う人もいるため、一部、商品の売上アップにも役立つでしょう。

 

 

Amazonでの送料や手数料はあらかじめ把握しておこう

山内_リライト_54_28

仕入前にはあらかじめ手数料や送料についても把握しておく必要があります。

たとえば、Amazonの利用をする場合には販売手数料やFBA手数料などが発生します。

Amazonの販売手数料は、販売する商品のカテゴリーごとに変わるため、仕入れる商品がどのカテゴリーで、どのくらいの手数料がかかるのかまで把握しておくようにしましょう。

特に、本やビデオ・DVDなどのカテゴリーは「カテゴリー成約料」が発生するので注意しましょう。

FBA手数料は、配達代行手数料と在庫保管手数料を合わせた金額になっており、商品のサイズ、重さ、在庫を保管していた日数によって変動します。

大型の商品の場合は、配達代行手数料が高くなるため、これもFBA料金シュミレーターなどを使い、計算に入れなければなりません。

 

せどりで失敗しないために気をつけておきたいこと

山内_リライト_54_29

せどり始めるにあたって、失敗しないようにするには、どうすればいいのか、気を付けておくべきことについて紹介します。

 

【せどりで失敗しないために気をつけておいきたいこと】

  • ランキング以外にも注目する
  • 価格差だけで判断しない
  • 偽物の商品に気を付ける
  • 価格の設定に気を付ける
  • 仕入れる理由を明確にしよう
  • アカウントの停止や閉鎖に気をつけよう



1.ランキング以外にも注目する

山内_リライト_54_30

セラースプライト・Keepaなどを使って商品リサーチをする場合は、正しく情報を読むことが重要です。

たとえば、ランキングが比較的高い商品であっても、数カ月に一個しか売れてないような回転率の悪い商品もあります。

ランキングが高いからといって、必ずしも売れている商品ではないことに注意しましょう。

セラースプライト・Keepaをチェックする際は、ランキングだけでなく、販売数の推移や競合の有無なども確認してください。

 

2. 価格差だけで判断しない

山内_リライト_54_31

仕入れで失敗するケースとして多いのが、価格差だけを見て仕入れをしてしまうケースです。

Amazonで定価よりも高値で販売されている商品でも、実際にセラースプライト・Keepaのようなツールで確認してみると、販売実績がゼロというものも実在します。

特に初心者のうちは、意識してツールなどをチェックするようにしましょう。

 

3. 偽物の商品に気を付ける

山内_リライト_54_32

個人の出品者が多いヤフオクやメルカリなどのサイトでは、偽物が出品されている場合もあるため、注意が必要です。

なかには、出品者自信も偽物だと知らずに販売しているケースもあるため、慎重に見極めるようにしましょう。

ブランド品は見極めるのに専門知識が必要にるため、自信がなければ手を出さないのも賢い選択です。

 

4.価格の設定に気を付ける

山内_リライト_54_33

価格設定も、気を付けるべきポイントの一つ。

希望の価格より高値で設定しているだけであれば問題ありませんが、問題は、少額に設定してしまっていたときです。

そのまま間違った金額で売れてしまうと、大きな損失に繋がる可能性があります。

特に、自動の価格改定ツールを使っている場合、下限設定をしていないと、値段がいくらでも下がってしまう場合があるので注意しましょう。

販路にAmazonを利用している場合では、大幅な金額の変更があると、自動的に価格設定ミスと判断されるため、Amazon側で出品を停止したうえで、メールで通知してくれるしくみになっています。

 

5.仕入れる理由を明確にしよう

山内_リライト_54_34

価格差や出品者数などだけでなく、利益が出る明確な根拠のもと仕入れねばいけません。

場合によっては、仕入れた商品が後から価格競争に巻き込まれてしまった、廉価版が出たなどして価格が暴落することもあります。

慣れるまでは、価格差・出品者数・回転率など複数の根拠を総合し、利益が出ると判断できるものを仕入れましょう。

 

6.アカウントの停止や閉鎖に気をつけよう

販路にAmazonを利用している場合、アカウントの停止や閉鎖には最大限の注意を払いましょう。

うっかり偽物を販売してしまったという場合はもちろんですが、自分が商品を販売することで、商標権や知的財産権など、メーカーの権利を侵害していると判断された場合にも、Amazonのアカウントが停止されることがあります。

アカウントが停止されると、Amazonで販売ができなくなるだけでなく、売上の入金もストップしてしまうので、それだけで自分の物販ビジネスが続けられてなくなってしまう可能性も大いにあります。

日頃から自分が販売する商品が偽物でないかや、メーカーの権利を侵害していないかという点には注意するようにしましょう。

 

自分の知識や対策だけでは心配、という方はAmzonアカウントの停止予防に特化した、専門のサービスを利用するのも有効です。

どのサービスを利用すればいいのかわからない、という方は、物販総合研究所公認のアカウントの停止予防サービス、セラースケットをご検討下さい。

※このリンクから申し込むと2,000円分のポイントが還元されます。

 

自分に合った商品ジャンルを選ぶようにしよう!

山内_リライト_54_35

せどりは、無数に商品ジャンルがあるため、扱うものを自由に選べるのが魅力です。

初心者のうちは、自分の得意分野や専門知識をもとにして、それを活かすことができる商品ジャンルから始めるとよいでしょう。

「物販総合研究所」ではせどりの販売のコツや最新のトレンド情報などをメルマガで配信しています。

登録は無料なので、興味のある方はぜひ、登録してみてください。

 

11 min read

セラースプライトの使い方は?Amazon物販ツールを使いこなそう!

2020年6月に、それまで人気のあったAmazon物販に役立つツール、モノレートが終了しました。

これにより、Amazonセラーの間には衝撃が走り、代替ツールとしてKeepa(キーパ)を使うようになった人もいます。

...

9 min read

クラウドファンディングとは?必須知識をわかりやすく解説!

「クラウドファンディングに成功!」といったニュースを目にすることが増えてきました。

実際、クラウドファンディングの世界では、数千万円や、数億円レベルの資金調達が行われることもあります。

...

16 min read

せどり初心者におすすめなジャンル7選と選び方のポイントとは?

このページでは、 これからせどりを始めるせどり初心者の方におすすめジャンル7つをご紹介します。せどりは取り扱う商品によって売上・利益が大きく変わってくるため、ジャンルごとにどのような違いがあるのかと共に、 あなたに最適なジャンル...