副業物販で稼ぐ方法
副業物販で稼ぐ方法
Menu
副業物販で稼ぐ方法

【Amazon輸出】各国Amazonのメニューと規模比較

戸部 祐子
2018/04/19 17:05:17

Amazonは、承知の通り日本だけでなく、様々な国にプラットフォームがあります。日本からAmazon JPだけでなく、日本人が海外のAmazonで販売することもできます。

ではどのような国にAmazonがあるのか、国、メニュー、商品のボリュームについて調査結果を共有します。 

各国Amazonの国名

Amazonは、以下の国にプラットフォームがあります。2018年4月時点で14ヶ国です。

  1. アメリカ *
  2. イタリア
  3. インド
  4. オーストラリア *
  5. オランダ
  6. カナダ *
  7. スペイン
  8. ドイツ
  9. ブラジル
  10. フランス
  11. メキシコ
  12. 英国 *
  13. 中国
  14. 日本 *
amazon輸出 メニュー

メニューの違い

国によってAmazonトップ画面のメニュー項目を見てみましょう。

amazon輸出 メニュー

一見、画面構成が同じようですが、国によって若干の違いがあります。

アメリカ

https://www.amazon.com/

  • Departments
  • Browsing History  *
  • Amazon's Amazon.com
  • Today's Deals
  • Gift Cards
  • Registry *
  • Sell
  • Help

日本

https://www.amazon.co.jp/

  • カテゴリー
  • マイストア
  • タイムセール
  • ギフト券
  • Amazonで売る
  • ヘルプ 

カナダ

https://www.amazon.ca/

  • Department
  • Your Store
  • Deals Store
  • Gift Cards
  • Sell
  • Help

英国

https://www.amazon.co.uk/

  • Department
  • Your Amazon.co.uk
  • Today's Deals
  • Gift Cards & Top Up
  • Sell
  • Help

オーストラリア

https://www.amazon.com.au/

  • Department
  • Your Amazon.com.au
  • Sell
  • Help

中国

https://www.amazon.cn/

  • 全部商品分类(Department)
  • 我的亚马逊(Your Store)
  • Z秒(Today's Deals)
  • 杀礼品卡(Gift Cards)
  • 我要开店(Sell)
  • 海外购(Global Store)
  • 帮助(Help)

14ヶ国の中から、米国、日本、カナダ、オーストラリア、英国、中国の計6ヶ国のメニューを取り上げてみました。 

各国Amazonに表示されているメニューからわかることは、

  • Department
  • Sell
  • Help

この3つは全ての国で共通です。

Departmentは商品カテゴリのことです。SellはAmazon上での販売について、Helpは文字通り、サイトに関するヘルプを検索できます。

  • Today's Deals(米国/英国/中国)
  • Deals Store(カナダ)
  • タイムセール(日本)

このように、「Deal」がつくものは日本でいう「タイムセール」の画面に飛びます。

今回、確認した6ヶ国の内、オーストラリアには、Dealがありません。これは、Amazonオーストラリアがまだオープンして新しいことが要因です。 

米国のみにあるメニュー

「Browsing History」

これは比較的新しい機能です。閲覧した商品の履歴を遡って閲覧できます。昨日見たものをやっぱり買おう、と思った時に便利です。

「Registry」

こちらは、現時点でWeddingとBabyがあります。

amazon輸出 メニュー

お祝い関連のエントリーです。(結婚祝い、出産祝い)

登録すると、割引特典のメリットがあります。

《プライム会員は20%OFF、プライム非会員は10%OFF》

メニュー数は米国が一番多いですが、Amazonの特徴としては、まず米国Amazonに取り入れられてから、徐々に各国Amazonに反映される傾向があります。

よって、「Browsing History」「Registry」の機能が、後日、日本はじめ各国Amazonにも実装される日が近いかもしれません。 

END

関連記事


輸出に関する記事

メールにて通知をうけとる