【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

【ヤフオク出品者完全ガイド】出品の流れ・落札後・取消など全解説

萬田 直和
更新日:2022年5月6日
投稿日:2021年12月16日

この記事の内容

「ヤフオクの出品って難しそう」なんて、出品を躊躇していませんか。こちらのページでは、ヤフオク初心者の方向けに、登録から落札後、取引完了するまでの出品者の流れを丁寧にわかりやすく解説。あなたをしっかりサポートします。自宅の不用品処分や物販で活用し、安全に収入アップを目指していきましょう。

ヤフオク出品の手順解説

ヤフオク出品で落札されたら

ヤフオク出品の取リ消しと注意点

萬田直和
この記事の監修者
萬田 直和
物販総合研究所 社長 講師/欧米輸入
1978年 東京都出身。中学生の頃にFAXを使った個人輸入を開始し、2000年にネット物販に参入。趣味であったヴィンテージ、アンティーク商材を取扱い、初月で利益20万円、 3ヶ月後に売り上げ100万円、利益70万円を達成する。ライバルが真似出来ない独自の手法で、安定した販売手法を確立し、現在は自分が働かなくても稼げる仕組みを作ったことで、月収200万円以上を稼ぎ、悠々自適な生活を送っている。
▶YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCAnOshS82q-kkIY63thfi_g

ヤフオクとは?

ヤフオク!のトップページ
「ヤフオク!」は、1998年にアメリカ合衆国にてスタートしたオークションサイト。

1999年には、Yahoo! JAPANにより日本向けのオークションサイトとして「Yahoo!オークション」が開始、2013年に通称となっていた「ヤフオク!」に名称変更され、現在に至ります。

ヤフオクは現在、国内最大のオークションサイトに成長しており、その利用者数は1,000万人以上、出品商品は常時7,000万点超となっています。

自宅の不要品など、身近な日用品だけでなく、レア物のコレクターグッズ、さらには自動車まで、出品商品も多種多様。

ヤフオクは近年、スマホアプリからも簡単に出品や落札ができるようになっています。この【ヤフオク出品者完全ガイド】を参考に、挑戦してみてください。

ヤフオク 公式HP

▼ ▼ 限 定 公 開 中 ▼ ▼

『 eBayという海外のオークションから儲かる商品を仕入れ → 日本のヤフオク販売 』というビジネスモデルで副業でも楽に収益を出すことが可能。

banner-sample2

>>無料マニュアルをもらう<<

ヤフオクの出品方法は2種類

ヤフーオークションの2種類の販売形式

ヤフオクでは現在、

  • オークション出品
  • フリマ(定額)出品

の2種類の販売形式から選んで出品することができます。

この2つの出品方法についてさらに詳しく見ていきましょう。

ヤフオクのオークション出品

ヤフオクのオークション出品

ヤフオクと言えば、オークション出品。オークションと言えば、高額商品を競り落とすといったイメージが強いでしょうか。

ですが、実際ヤフオクでの落札額は、6割程度の商品が3,000円以下となっています。

「オークション出品」というのは、出品者が開始価格を設定し、そこから落札希望者に入札をしてもらい、商品を競り落としてもらうスタイル。

例えば、ある商品を開始価格3,000円で出品した場合。

落札したい人が復数いれば、3,100円、3,500円、と少しずつ入札額を上げながら競っていき、最終的に最高入札額を入れた方が落札できる、という仕組みです。

ヤフオクでは開始価格を1円に設定する「1円オークション」も多く見られます。

1円オークションとなると、その安さから目を引きますよね。開始価格をあえて1円に設定することで「多くの落札者に出品を見てもらい、入札に参加してもらおう!」という狙いがあるのです。

1円スタートであっても、入札が進むにつれ、商品の相場までは自然と価格が競り上がっていくので、集客目的としても有効な手法と言えるでしょう。

ただし、そのまま1円など、安い価格で落札される可能性もあるので、初心者がいきなり挑戦することはおすすめできません。

ヤフオクのフリマ(定額)出品

ヤフオクのフリマ(定額)出品

ヤフオクのもう1つの出品方法であるフリマ(定額)出品。

フリマ出品は、出品者が決めた価格、つまり定額で出品するスタイルのことであり、オークションのように、入札で価格が変動することもありません。

ヤフオクフリマ出品の場合、終了する日時として最大7日後までの日付を設定することになります。この期間に売れなかった場合は、再出品が必要となります。

オークションでは、どこまで入札額がアップするかわからない、予測のつかない面がありますが、フリマ出品ならそういった不安がありません。もちろん、どちらも「売れるか、売れないか」というのが大前提ですが。

フリマ出品は、転売やせどりで確実に利益を出したい人や、高額商品を出品する人にとって、安心感があり使い勝手のいい方法といえるでしょう。

オークション出品の1円スタートで、1円のまま落札されてしまいそうな商品は、フリマ出品がおすすめです。

続いて、フリマアプリで人気の「メルカリ」と「ヤフオク」の違いを比較してみましょう。

「ヤフオク」と「メルカリ」の違い

ヤフオクとメルカリの違い
フリマ出品と言えば多くの方が「メルカリ」を思い浮かべるのではないでしょうか。ヤフオクのフリマ出品との違いも気になりますよね。

ここでは、ヤフオクとメルカリについて、ユーザー層と手数料の違いや特徴を、比較解説していきます。

メルカリ 公式HP

ヤフオクとメルカリのユーザー層の違い

ヤフオクとメルカリのユーザー層の違い

ヤフオクとメルカリでは、ユーザー層に大きな違いがあると言われています。

ヤフオクのユーザー層のメインとなるのは30~50代の男性。

オークションサイトは、複数の入札者による競争入札を楽しむという要素があります。ちょっとギャンブルに近い感覚かもしれません。

こうしたオークションサイト特有の、競争心を煽るような要素が、男性を魅了していると分析する専門家もいます。

ヤフオクでは、玄人向けの商品やレア物などの出品も豊富で、価値のわかる人も多く、高く売れる傾向にあります。

一方、メルカリのユーザー層のメインとなっているのは20代から30代の女性で、ヤフオクとは対照的です。

メルカリで売れやすいのは、安くて身近なものなど。値下げ交渉も頻繁に行われています。

気軽なメルカリも便利でよく売れますが、価値あるものをより高く売りたい場合は、ヤフオクも選択肢として検討することをおすすめします。

ヤフオクとメルカリの手数料の違い

ヤフオクとメルカリの手数料の違い

ヤフオクもメルカリも、商品を出品するのは無料ですが、落札または商品が売れると、それぞれ以下の料率で手数料がかかります。

ヤフオク メルカリ
Yahoo!プレミアム非会員→10%
Yahoo!プレミアム会員(月額税込508円)→8.8%
10%

ヤフオクで落札された場合の手数料

ヤフオクで落札された場合の手数料

ヤフオクで出品商品が落札された場合、落札システム利用料として落札金額の10%を出品者が負担することになります。

ただし、出品者がプレミアム会員であれば、落札システム利用料が8.8%と優遇されます。プレミアム会費は月額508円(税込)。

以前は、ヤフオク出品にプレミアム会員登録が必須とされていたのですが、2018年からは非会員でもヤフオクが利用できるようになりました。ただし、非会員の場合は、ヤフオク出品は1商品のみ限定と制限があります。

ヤフオクでの送料は落札者負担のケースがほとんどです。

メルカリで売れた場合の手数料

メルカリで売れた場合の手数料

メルカリで出品した商品が売れた場合は、販売手数料として販売価格の10%を出品者が負担します。

ちなみに、ヤフオクのように、優遇されるような会員システムなどもありません。

送料はヤフオクとは真逆で、出品者負担のケースがほとんどです。

ヤフオクでプレミアム会員になる場合、販売するものがあっても無くても、毎月固定費として508円の負担が発生することになります。

手数料だけ比較すると、ヤフオクとメルカリであまり大きな違いは無く、プレミアム会費や販売金額、送料なども絡んでくるため、どちらが良いか、というのは一概には言えません。

どちらも簡単に利用できますので、試してみてお好みの方を選ぶか、商品に応じて使わけると良いでしょう。

続いて、ヤフオクで商品を出品する手順を、アカウント登録から順に解説していきます。

ヤフオクで出品するためのアカウント登録

ヤフオクの出品前に必要なアカウント登録

ヤフオクで出品するためには、ヤフーアカウントの登録が必要です。

まずは、ヤフオクの出品に欠かせないヤフーアカウント「Yahoo! JAPAN ID」の登録についてチェックしていきましょう。

ヤフオク出品に欠かせない「Yahoo! JAPAN ID」

ヤフオク出品に欠かせない「Yahoo! JAPAN ID」

Yahoo! JAPAN IDというのは、Yahoo!の各種サービスを利用するためのアカウント。無料で簡単に登録できます。

現在、Yahoo! JAPAN IDは携帯電話番号を所有していないと登録ができない仕様となっています。携帯電話番号での認証が必須条件なのです。

ヤフオク取引に欠かせない「Yahoo!ウォレット」

ヤフオク取引に欠かせない「Yahoo!ウォレット」

ヤフオクでの取引には「Yahoo!ウォレット」の登録が必要です。

Yahoo!ウォレットというのは、Yahoo!JAPAN内で利用できる決済サービス。

クレジットカードか銀行口座を登録し、Yahoo!JAPANへの料金支払いや、ヤフオクでの売上げ金の受け取りに使用します。

ヤフオクで出品した商品が、Yahoo!かんたん決済で決済された場合、Yahoo!ウォレットに登録の銀行口座にて、売り上げ金を受け取ることができます。

Yahoo!ウォレット 公式HP

Yahoo!かんたん決済というのは、クレジットカードや口座情報の開示不要で、ヤフオクでの購入ができる便利な決済方法。支払い時の手数料も通常無料ですので、ヤフオクで落札する方にもよく利用されています。

また、ヤフオクでは、PayPayをYahoo! JAPAN IDと連携させることで、支払いや、売上金チャージに利用することもできます。

ヤフオクの出品手順

ヤフオクの出品手順

Yahoo! JAPAN IDを作成、Yahoo!ウォレットの登録をすれば、ヤフオクでの出品が可能となります。

早速、商品を準備することから始めましょう。

ヤフオクで出品する商品を決める

ヤフオクで出品する商品を決める

ヤフオクで既に出品する商品は決まっているでしょうか。

ヤフオクの出品に初めて挑戦するならば、まずは自宅にある不用品の出品から始めることをおすすめします。不用品であれば、それほど大きな期待もせず、気楽に試せるでしょう。

例えば、着なくなった衣類や、使わなくなった小型家電など、できればコンパクトで梱包に困らないようなものから始めてみてはいかがでしょうか。

出品する際は、汚れをキレイに拭き取ったり、梱包されていた箱に入れたりすることで、より高く売れる可能性があります。

ただし、ヤフオクでは出品できないものもあります。

例えば、

  • たばこ
  • 医薬品等
  • コンタクトレンズ
  • 危険ドラッグ
  • 著作権を侵害する商品等
  • マスク

などは、ヤフオクでは出品できません。この他にも出品禁止の商品はありますので、必ず事前にチェックしておきましょう。

ヤフオクのガイドラインに違反すると、アカウント停止などのペナルティを受けることがあります。一旦アカウント停止になると、新しいアカウントを作ることも難しくなりますので、十分に注意してください。

ヤフオク ガイドライン

手元に商品が無い状態で出品する「無在庫販売」や「無在庫転売」もヤフオクガイドラインで禁止されています。

ヤフオクの出品ページに投稿する

ヤフオクの出品ページに投稿する

ヤフオクで出品する商品が決まったら、ヤフオクの出品ページに商品情報を入れていきましょう。

ヤフオクで出品するには、ヤフオクトップ画面の[出品]ボタンをクリックします。こちらはPCの画面ですが、スマホアプリの場合は、画面下に同じカメラのアイコンで[出品]とありますので、そこから進みます。

ヤフオクのトップ画面(PC)の右上に表示されている出品ボタン

初めてヤフオクで出品する場合は、最初に出品者情報を登録するフォームが出てきますので、必要事項を入力します。

出品者情報は以下の項目です。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号

これらの情報は、出品が落札された際に、お互いに開示されます。ただし、匿名配送を利用する場合は開示されません。

ヤフオクの出品編集画面は、以下のように表示されます。こちらはPCでの画面表示です。

ヤフオクの出品編集画面

 

ここから、ヤフオク出品ページの入力項目について解説します。

商品写真を撮影する

商品写真を撮影する

ヤフオクの出品ページには、出品画像を最大10枚まで掲載できます。商品に興味を持った人にしっかりと内容が伝わるように、見やすくわかりやすい写真を準備しましょう。

見やすくわかりやすい写真を撮影するためには、

  • 全体像がわかるもの
  • さまざまな角度から撮影
  • ダメージ等の状態

など、手にとって見てもらうのと同じくらい、わかりやすいものを意識します。

商品の見栄えを良くするための、過度な画像加工はトラブルの元。

出品写真は見栄えも大事ですが、明るく現状がよくわかる写真であることのほうが、相手にとって親切と言えるでしょう。

ヤフオクのスマホアプリを利用すれば、スマホで写真を取りながら画像の投稿が簡単にできます。PCの場合は、撮影した写真をPCにダウンロードするなど、画像を取り込む手間がかかります。

Yahoo!プレミアム会員になっていると、出品の下書き保存機能が使えます。スマホアプリで画像の撮影・投稿して保存、その後にPCから下書きを呼び出し、商品説明文などの編集をすることで、効率よく出品できます。

商品名とカテゴリ選択

商品名とカテゴリ選択

写真の投稿ができたら、商品名を入力し、商品のカテゴリを選択します。

最初に大カテゴリを選び、そこから表示されたリストで最も近いものを選んでいくだけです。

例えば、青春ドラマのDVDを出品する場合であれば、以下のような順にカテゴリを選ぶことになります。

[映画、ビデオ] → [DVD] → [映画] → [日本映画] → [ドラマ] → [青春]

ヤフオク出品時のカテゴリ選択

この例でわかるように、ヤフオクには非常に幅広いカテゴリがあり、細かく分けるとその数は4万以上にも上ります。

もしかしたら、あまりに選択肢が多くて、どのカテゴリに出品すべきか迷うかもしれません。

ヤフオク出品でのカテゴリ選びに迷ったら、同じ商品名でヤフオク検索してみて、どのジャンルで出品されているか参考にすると良いでしょう。出品商品の、商品説明欄の一番上に表示されている「カテゴリ」で確認できます。

商品情報を入力する

商品情報を入力する

出品するカテゴリを選択したら、次に商品情報や配送情報を入力します。

具体的な内容としては、

  • 商品の状態
  • 商品説明
  • 配送元地域
  • 送料負担
  • 配送方法
  • 発送までの日数
  • 終了する日時
  • 販売形式
  • 開始価格

これらの項目です。商品説明と価格以外は、全て選択肢から選ぶだけ。

配送方法は、

  • ヤフネコ!パック
  • ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)

のいずれかから選択すれば、匿名配送で、発送連絡も自動化、配送状況の把握もしやすいので、快適でおすすめです。

オークション出品では「開始価格」の設定ができますが、合わせて「即決価格」も設定できます。

指定した価格以上で入札すれば、すぐに落札できるのが即決価格。「この価格が付いたら即売りたい」という価格があれば、入力しておくと良いでしょう。


全て入力できたら、画面下に表示されている[確認する]ボタンをクリックします。続いて、入力した内容の確認画面が表示されるので、間違いがないか確認しましょう。

一度出品すると、出品情報の内容は修正ができません。情報の追加、画像の追加はできますが、それでも対応できない場合は出品を取り消す必要が出てくるかしれません。

ヤフオクでは、出品後、入札が入ってから出品を取り消すとなれば、550円の手数料が掛かってしまいます。入札が入っていない場合の取消であれば、手数料は掛かりません。

ヤフオクの出品取消について、詳しくは後述します。今すぐ進みたい方はこちらからどうぞ。

ヤフオクの出品取消は可能?

商品を出品する際には、間違いがないか、不足している情報はないか、わかりづらい・誤解を招くような表現になっていないか、しっかりと確認しましょう。

オプションの設定をする

オプションの設定をする

商品情報の入力が完了すれば、あとは出品するだけですが、プレミアム会員登録している場合は、以下のような画面が表示され、オプション機能を設定することができます。

ヤフオク出品編集時のオプション選択画面

オプションには、無料のものもありますので、上手に活用しましょう。

  • 利便性アップのオプション(無料)
  • 取引の安全性をサポートしてくれるオプション(無料)
  • 出品を広くアピールしてくれるオプション(有料)

これら3つのオプションを詳しくチェックしておきましょう。

利便性アップのオプション(無料)

利便性アップのオプション(無料)

ヤフオク出品の利便性をアップしてくれるのは、

  • 自動延長
  • 自動再出品

の2つの無料オプションです。

1つ目の自動延長は、オークション出品で利用できるオプション。

オークションの終了時間、残り5分を切ってから高値が更新されると、自動的に終了時間が5分延長される機能です。

自動延長によって入札が継続していけば、落札価格が高くなる可能性があります。

もう1つの自動再出品というのは、オークション出品でもフリマ出品でも設定可能なオプション。

ヤフオクの自動再出品オプションの設定画面

出品した商品が落札されないまま終了に至った場合、自動的に再出品をしてくれる機能で、必要に応じて「自動値下げ」の設定をプラスすることもできます。

自動値下げというのは、あらかじめ指定しておいた値引率を自動的に適用し、再出品の開始価格に設定してくれる機能です。

売れなかった場合の値下げを、自動的に行いたい場合に便利です。

取引の安全性をサポートしてくれるオプション(無料)

取引の安全性をサポートしてくれるオプション(無料)

ヤフオクでは、取引の安全性をサポートしてくれる、

  • 入札者評価制限
  • 入札者認証制限
  • 出品者情報の手動開示

の3つの無料オプションがあります。

ヤフオクの取引の安全性をサポートしてくれるオプション

1つ目の入札者評価制限というのは「ヤフオクでの評価が一定レベル以上の人」のみが入札できるよう、制限するための機能です。

2つ目の入札者認証制限というのは、SMS認証を完了している人やプレミアム会員登録している人など、この制限の条件を満たす人のみに入札を許可する機能です。

3つ目の出品者情報の手動開示というのは、通常、落札者に自動的に開示される出品者の個人情報を、自分の手動操作で通知できる機能です。

出品者情報の手動開示を設定すれば、出品者側が落札者の情報を先にチェックすることが可能。安全性を確認してから、自分の情報を相手に伝えることができるというわけです。

出品を広くアピールしてくれるオプション(有料)

出品を広くアピールしてくれるオプション(有料)

オークション出品では、商品アピールのための、

  • 注目のオークション
  • あなたへのおすすめコレクション

の2つの有料オプションがあります。

「注目のオークション」というのは、ヤフオクのカテゴリ選択で表示されたページの上部に商品を掲載できるオプションです。

ヤフオクの「注目のオークション」オプション利用で表示される画面

 

注目のオークションのオプション料金は1出品1日あたり22円(税込)~となっており、高い金額順に上位に配置される仕組みです。

「あなたへのおすすめコレクション」は、マイオークションや商品ページにおすすめとして表示させるためのオプションです。

ヤフオクの「あなたへのおすすめコレクション」オプション利用で表示される画面

 

あなたへのおすすめコレクション経由で落札されると、「落札価格×設定料率」が費用として発生します。

ヤフオクには、このようにいろいろなオプションがありますが、プレミアム会員登録をしていても、フリマ出品の場合は仕様の関係で、一部利用できないものもあります。

ヤフオクの出品オプション(ヤフオクヘルプ)

ヤフオク出品後の管理

ヤフオク出品後の管理

ヤフオクへの出品ができたら、基本的には入札・落札されるのを待つだけです。

ただし、出品中は、入札を検討している方から質問が入ることがあります。質問があったら、なるべく迅速かつ丁寧に対応しましょう。

質問への回答は修正や削除ができません。慌てずに、しっかり内容を確認してから投稿します。

ヤフオク出品者への質問としてよくあるのは、送料や配送方法についての質問や、商品の状態等を確認する質問です。

商品説明として不足している内容があれば、出品編集画面で商品情報を追記したり、写真を追加することができます。

何度か出品を重ね、どういった内容を質問されるのかを把握、入札者の知りたいことを、あらかじめ商品説明に入れて改善することで、質問も減り対応の手間が省けるようになるでしょう。

ヤフオクでは一度出品すると、商品情報や画像の変更・削除ができないのですが、追加は可能です。

中には、嫌がらせ目的の質問が入ることもありますが、スルーして問題ありません。あまりにひどいときは、ブラックリストへの登録も検討しましょう。

この章のまとめ
ヤフオクでの出品を文字で説明すると長くなりますが、操作してみればとても簡単です。特に注意したいのは、画像・商品名・商品説明文です。ここでしっかり商品をアピールしていきましょう。

▼ ▼ 限 定 公 開 中 ▼ ▼

『 eBayという海外のオークションから儲かる商品を仕入れ → 日本のヤフオク販売 』というビジネスモデルで副業でも楽に収益を出すことが可能。

Click me
>無料でマニュアルを受け取る

 

ヤフオクで出品した商品が落札されたら

ヤフオクで出品した商品が落札されたら

ヤフオクで出品した商品が見事落札されたら、出品者と落札者との取引がスタートします。

ここからは、ヤフオクで商品が落札された後の、取引手順について詳しく解説します。

ヤフオク落札後の取引の流れ

ヤフオク落札後の取引の流れ

ヤフオクで商品落札後、取引がどのような流れで行われるのか、まずは全体を把握しておきましょう。

基本的には以下の流れで取引が行われます。

  1. 落札者 → 取引画面で必要事項入力のうえ出品者に連絡
  2. 出品者 → 落札者の情報確認(送料未定の場合は落札者に送料通知)
  3. 落札者 → 落札代金の支払い
  4. 出品者 → 支払い確認後に商品発送し、落札者へ発送連絡
  5. 落札者 → 商品を確認、問題なければ受け取り通知
  6. 出品者 → 落札代金を受け取り確定
  7. 両者 → お互いの評価

出品者も落札者も、それぞれ取引ナビ上のボタン操作だけで進められるようになっています。通知に従って対応すれば、難しいことはありません。

落札者とのやりとり「取引ナビ」

落札者とのやりとり「取引ナビ」

ヤフオクには、出品者と落札者が直接やりとりを行うための「取引ナビ」というシステムがあります。

取引ナビというのは、基本、出品者と落札者しか見ることが出来ません。トラブルが発生した場合には、運営側でも内容をチェックすることがあります。

ヤフオクで出品した商品が落札されたら、取引ナビを使用して、

  • 出品者と落札者のメッセージのやりとり
  • 配送方法の確定と送料確認
  • 商品発送に必要な個人情報の確認
  • 支払い完了通知
  • 発送完了通知
  • 受け取り連絡

など、ヤフオク出品者と落札者とで状況確認をしながら取引を進めていきます。

注意点としては、取引ナビのメッセージ投稿には回数制限があるということ。公式では回数制限があるというだけで、具体的な回数の記載はありませんが、上限は出品者と落札者それぞれ15回までと言われています。

取引ナビについて(ヤフオクヘルプ)

ヤフオクをよく利用するようになったら、場面ごとにメッセージのテンプレートを作成しておくと効率的。

例えば、落札者に対しての最初の挨拶文として、以下のような例文を保存しておくと、都度考えずにコピペで対応できます。

「はじめまして。この度は落札ありがとうございます。発送準備が整い次第、商品を発送してご連絡いたします。お取引完了までよろしくお願します。」

ヤフオク出品者評価は必要?

ヤフオク出品者評価は必要?

ヤフオクでの取引が完了したら、相手を評価します。

ヤフオクの評価は必須ではありません。あくまでも任意なのですが、評価はその後に取引する人の参考になります。

ヤフオクの評価は

  • 非常に良い
  • 良い
  • どちらでもない
  • 悪い
  • 非常に悪い

の5段階評価。

この評価により、

  • 「非常に良い」「良い」=1点
  • 「どちらでもない」=0点
  • 「悪い」「非常に悪い」=-1点

と、点数が付けられ、それがヤフオクで表示される「総合評価」となり、出品ページの出品者情報欄等に表示されます。

ヤフオクの取引で、特に問題がなかった場合は「非常に良い」をつけましょう。

もし間違った評価をしてしまった場合、追加評価で修正も可能ですが、修正後も最初に付けた評価やコメントは削除できません。全ての人が閲覧できる部分ですから、くれぐれも慎重に。

ヤフオクで評価するには、オークションの終了通知の商品ページ、もしくは、マイオークションの[評価]ボタンから評価画面を表示します。

評価画面で相手の評価を選択、コメントを入力し、[確認する]で内容を確認、[評価を公開する]をクリックすれば完了です。

この章のまとめ
ヤフオクで落札され、入金の確認ができたら、取引ナビに従って商品を発送しましょう。「非常に良い」評価を得るためにも、丁寧な梱包、迅速な発送が大事です。

ヤフオクでのお金の流れ|売り上げ金の受け取りは?

ヤフオクでのお金の流れ

ヤフオクで出品、落札されてからのお金の流れについても把握しておきましょう。

ヤフオクでのお金の流れ

ヤフオクでのお金のやりとり

ヤフオクでの落札後、

  1. 落札者がYahoo!かんたん決済などで支払い
  2. Yahoo!で預かり
  3. 支払い確認後に出品者が商品発送
  4. 落札者から受け取り通知
  5. 出品者に手数料を引いた金額の支払い

といった流れです。

ただし、ヤフオクの売り上げは自動的に受け取れるわけではありません。ヤフオクの売上金管理ページにて、受け取りの手続きが必要です。

ヤフオクの売上金を受け取る方法

ヤフオクの売上金を受け取る方法

ヤフオクの売り上げを受け取る方法としては、

  • Yahoo!ウォレット受取口座への振り込み
  • PayPay銀行口座への振り込み
  • PayPay残高にチャージ

この3つの方法があります。

PayPay銀行口座への振り込み、PayPay残高へのチャージの場合、手数料は無料ですが、PayPay銀行以外の銀行口座振込では1回100円(税込)の手数料がかかります。

ヤフオクでの売上金を現金で受け取りたい場合は、売上金管理ページにて、[現金で振り込み]を選択、振込先の口座情報などを確認してから[振込依頼]をクリックするだけ。

振込依頼が完了すると、依頼の曜日や時間帯によって振り込みスケジュールが変わります。PayPay銀行であれば、土日や夜間でも入金されるのですが、その他の金融機関については、基本的に、

  • 平日午後1時まで → 翌営業日
  • 平日午後1時以降 → 翌々営業日
  • 休日 → 翌々営業日

といった入金スケジュールとなります。ただし、ゆうちょ銀行については、この日数にプラス2営業日と時間がかかるのでご注意を。

ヤフオクの出品や入札の取り消しについて

ヤフオクの出品や入札の取り消しについて

ヤフオクでの取り消しは、場合によって費用が発生したり、悪い評価が付いたりするので要注意です。

こちらでは、ヤフオクの出品・入札の取り消しに関することをまとめて解説します。

ヤフオクの出品取消

ヤフオクの出品取消

ヤフオクで出品取り消したい場合、マイオークションのオークション管理画面にある[オークションの取消]から削除することができます。

ヤフオクの出品取り消しの場合「オークションの取り消し」メニュー

例えば、出品していた商品が破損した場合など、取引が不可能ですから、出品自体を削除するしかありません。

その出品にまだ入札者も落札者もいない段階であれば、何も問題はなく、費用も掛からず出品取消ができます。

ただし、ヤフオクですでに入札が入っていた場合は「出品取消システム利用料」というのが発生します。

「出品取消システム利用料」は1出品あたり550円(税込)。自動車やオートバイの特定カテゴリについては3,080円(税込)です。

ヤフオクの入札取り消し(出品者側)

ヤフオクでの入札取り消しの場合「オークションの入札取り消し」メニュー

ヤフオクでは、入札者が自身の入札を取り消すことができません。そのため、出品者に入札の取り消しを依頼してくることがあるのです。

また、嫌がらせ目的での吊り上げ入札があった場合など、出品者が該当者の入札を取り消すことも可能です。

入札の取り消しは、ヤフオクのマイオークション、オークション管理画面で行うことができます。入札の取消に関しては費用は発生しません。

嫌がらせ入札など悪質な場合は、その対象者の入札取り消しだけでなく、ブラックリストに登録することもできます。ブラックリストに登録すると、お互いに入札や質問をすることができなくなります。

ちなみに、ブラックリストに登録したという通知はされませんが、入札時に「出品者がブラックリストに登録している」旨のエラーメッセージが表示されます。

ヤフオクでの落札取り消しは要注意

ヤフオクでの落札取り消しは要注意

ヤフオクで出品していた商品が落札された後に、取り消ししたいというケースもあるでしょう。ですが、この場合は特に注意が必要です。

ヤフオクでの落札を取り消すケースとしては、

  • 落札者が取引を辞退
  • 出品者が落札を取り消したい

など、落札者側の都合、出品者側の都合、どちらかになるでしょう。

いずれにしろ、ヤフオクで落札の取り消しを行うと、自動的に「非常に悪い」という評価が付くシステムとなっていて、この評価を避けることはできません。

落札者側の都合であれば、落札者に「非常に悪い」の評価、出品者側の都合であれば、出品者に「非常に悪い」の評価が必ず付いてしまうのです。

ヤフオク出品での梱包と配送

ヤフオクでの商品梱包と発送方法

ヤフオクで商品した商品が落札されたら、出品者は商品発送の準備をします。

こちらでは、ヤフオク出品での梱包と発送について解説します。

ヤフオク出品の梱包は丁寧に

ヤフオク出品の梱包は丁寧に

落札された商品の梱包は、配送事故や水濡れが発生しないよう、プチプチなどの緩衝材を使ったり、防水対策をしたり、可能な範囲で丁寧な梱包を心がけましょう。

梱包が不十分だったり、雑だったりすると、クレームに繋がる可能性があります。できるだけ無駄なトラブル要素は排除しておきたいですね。

ヤフオクで使える配送方法

ヤフオクで使える配送方法

ヤフオクでは、発送方法が選べます。

「匿名配送」「追跡あり」などによって、選択肢が変わってきますので、詳しく見ていきましょう。

ヤフオクの匿名配送・追跡あり

ヤフオクの匿名配送・追跡あり

ヤフオクで匿名配送希望なら

  • ヤフネコ!パック
  • ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)

のいずれかの配送方法を選びます。この配送方法では、送料が落札者負担の場合と出品者負担の場合で、送料が変わってきます。

ヤフネコ!パックには、

  • ネコポス
  • 宅急便コンパクト
  • 宅急便

の3種類があります。各種配送方法ごとの送料は以下の通りです。

匿名配送 出品者負担の場合 落札者負担の場合
ネコポス 170円 210円
宅急便コンパクト 380円 444円~
宅急便 657円~ 700円~
ゆうパケット(おてがる版) 175円 210円
ゆうパック(おてがる版) 630円~ 700円~

「ネコポス」は本やDVDなど小型・薄型の商品に向いています。ポスト投函のため、配送日指定はできませんが、受け取りも楽です。

「宅配便コンパクト」は、1つ70円(税込)の専用BOXを使用する配送方法。専用BOXは、ヤマト運輸の営業所やコンビニで購入できます。

「ゆうパケット(おてがる版)」は、ネコポスとほぼ同じなのですが、こちらは万が一の時の補償が付いていません。

「ヤフネコ宅配便」と「ゆうパック(おてがる版)」は、通常の宅配便のように、ダンボールなどで配送する場合に利用します。

「ヤフネコ宅配便」は60サイズから160サイズまで、「ゆうパック(おてがる版)」は60サイズから170サイズまで、それぞれサイズによって料金が変わります。

ヤフネコ!パックとゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)は、匿名での配送や追跡ありというだけでなく、ヤフオク向けに料金がお得に設定されているので、おすすめです。ちなみに「ゆうパケット(おてがる版)」以外は全て補償も付いています。

小さなものであれば、普通郵便の方が料金は安いですが、トラブル防止のためにも追跡はあった方が便利ですし、個人情報の開示も避けられるので、安心感が違います。

特に、高額な商品を発送する場合、配送方法によって補償額も異なりますので、しっかりチェックしましょう。

ヤフオクの追跡あり配送

ヤフオクの追跡あり配送

こちらは匿名配送ではありませんが、追跡のできる配送方法となります。

  • レターパック
  • ゆうパック
  • ヤマト宅配便

各配送ごとの料金は以下のとおりです。

追跡あり配送 配送料金
レターパックライト 370円
レターパックプラス 520円
ゆうパック 810円~
ヤマト宅急便 924円~

ヤフオク配送

ヤフオク出品|快適に使いこなすコツ

ヤフオク出品|快適に使いこなすコツ

ヤフオクを上手に活用している人たちは、トラブル回避や落札率アップのための工夫をしています。

ヤフオク出品を快適にするコツとしては、

  • ヤフオクガイドラインの確認
  • 商品情報の丁寧な記載
  • 出品時間帯などの工夫
  • 出品ツールの活用

などがあります。それぞれ詳しく解説します。

ヤフオクガイドラインをよく確認する

ヤフオクガイドラインをよく確認する

ヤフオクでは、ヤフオクガイドラインにより、

  • 出品禁止行為
  • 出品禁止物
  • 出品ルール

など、違反行為について、日々チェックされています。出品をする際は、必ずガイドラインに目を通して、不明な場合は都度確認するようにしましょう。

ヤフオク ガイドライン細則

ヤフオクガイドライン細則では、例えば、出品禁止物として、

  • たばこ
  • 医薬品等
  • マスク
  • コンタクトレンズなどの高度管理医療機器
  • 利用制限のかかった携帯電話

など、様々な商品が並んでいます。

ヤフオクのガイドライン違反と判断されれば、アカウント停止の可能性もありますので、出品前に禁止されているものでないか、自分の目で確認しましょう。

ヤフオクのガイドラインや規約は、改定もありますので、こまめにチェックすることをおすすめします。

商品情報を丁寧に記載する

商品情報を丁寧に記載する

ヤフオクで落札率をアップさせるには、出品する商品情報を、できるだけ充実させるのがポイントです。

ヤフオクで商品を検索する人は、ヤフオク内の検索機能を使います。その商品を検索する際、どのような検索をするのか、キーワードを意識して商品名や商品説明の欄に入れましょう。

特に、出品時に設定する「商品名」は、出品画面のタイトルとして表示されます。閲覧者の目に触れる大事な部分ですので、正しいブランドや商品名を含めてアピールすることが大事です。

出品商品に「限定品」や「未使用」など、商品情報としてプラスアピールできる要素があれば、商品名欄に含めると、より効果的。

商品名は65文字までの文字数制限があるので、アピールできる情報を無駄なく盛り込みます。商品名欄に書ききれない部分は商品説明欄に記載しましょう。

ヤフオクへの出品時間帯などを工夫する

ヤフオクへの出品時間帯などを工夫する

ヤフオクで落札率をアップさせるには、出品のタイミングも大事です。

例えば、平日の昼休みや夜間、休日などは、商品を探す人が増える傾向にあります。

出品している商品ジャンルのターゲット層が、どのような生活サイクルか想像し、出品に適した時間帯を探っていきましょう。

出品ツールを活用する

ヤフオクを便利にしてくれるヤフオク出品管理ツール

ヤフオクたくさんの出品をしている人は、出品ツールで作業効率を上げています。ヤフオクでの出品数が増えてきたら、出品管理ツールの導入も検討してみましょう。

ヤフオクの出品ツールというと、

  • オークタウン
  • App Tool(アップツール)

などがよく知られています。

オークタウンには予約出品機能もあります。ヤフオクで、狙った日時に投稿が難しい場合など、この機能があると便利です。

オークタウンもApp Toolも、ヤフオクでの一括出品などができる出品管理ツールで、それぞれ無料のプランも用意されています。

気になる方はチェックしてみてください。

オークタウン 公式HP

App Tool 公式HP

ヤフオクの出品は難しくない!まずは出品してみよう

ヤフオクの出品は難しくない
ヤフオクの出品は難しそう、という印象を持つ方も少なくないでしょう。

ですが、スマホアプリでもサクサクと出品できるほどに、ヤフオク出品画面の操作は簡単になっています。

最初は、手近にある不用品などを出品して、オークションの楽しさを体験してみてください。

▼ ▼ 限 定 公 開 中 ▼ ▼

『 eBayという海外のオークションから儲かる商品を仕入れ → 日本のヤフオク販売 』というビジネスモデルで副業でも楽に収益を出すことが可能。

Click me
>無料でマニュアルを受け取る