【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

ラクマの送料はどこが安い?利用できる方法を一覧表で分かりやすく解説!

船原徹雄
更新日:2020年9月4日
投稿日:2020年4月27日

この記事の内容

フリマアプリ「ラクマ」で利用できる配送方法は複数あります。

ラクマ独自の配送方法をはじめ、宅急便などの利用もできるため、どの配送方法を選ぶべきか迷う人も少なくないです。

この記事では、ラクマで利用できる配送方法で送料はどこが安いのかなどについて紹介します。

 

ラクマの送料一覧表で簡単チェック!

スクリーンショット 2020-04-26 22.16.46

ラクマで利用できる主な配送方法別の送料一覧表を確認してみましょう。

 

かんたんラクマパックの送料と特徴

スクリーンショット 2020-04-26 22.22.27

かんたんラクマパックとは、ラクマ独自の配送方法です。

その他の配送方法にはない特徴も多く、多くのユーザーから支持されている配送方法でもあります。

送料や特徴を見ていきましょう。

 

ヤマト運輸と日本郵便の2種類

かんたんラクマパックには、ヤマト運輸と日本郵便の2種類があります。

かんたんラクマパックのうち、「匿名配送」ができるのは日本郵便のみです。

匿名配送は、購入者や出品者の個人情報を明かさずに配送ができる方法 です。

かんたんラクマパックは、いずれもラクマ以外で売れた商品やラクマ経由で取引をしていない場合には利用できません。

 

コンビニ発送や配送状況の確認ができる

スクリーンショット 2020-04-26 22.25.17

日本郵便は、郵便局とローソンから発送できます。

ヤマト運輸はヤマト運輸とファミリーマートから発送できます。

取引完了までの状況をアプリの取引ページで確認することができるため安心 です。

 

全国送料一律

スクリーンショット 2020-04-26 22.30.26

かんたんラクマパックはいずれも送料が全国一律であるため、計算が簡単 です。

【日本郵便】

小型サイズ(ゆうパケット)→送料179円(税込)

中~大型サイズ(ゆうパック)→送料800円(税込)~



【ヤマト運輸】

小型サイズ(ネコポス)→送料200円(税込)

小~中型サイズ(宅配便コンパクト)→送料530円(税込)

中~大型サイズ(宅急便)→送料800円(税込) ※2019年10月の消費増税後も料金は据え置きです。

 

宛名書き不要で補償付き

スクリーンショット 2020-04-26 22.31.25

取引画面の案内に従ってバーコードを機会にかざすだけなので宛名を書く手間が省けます。

荷物の配送中のトラブルについての保障を受けることができます。(ラクマあんしん補償)

配送が禁止されている商品については適用されないため確認が必要 です。

送料は売上金から自動的に差し引かれる

かんたんラクマパックは、発送の際にその場で送料を支払う必要がありません。

取引完了の際に、送料が売上金から自動的に差し引かれる仕組みになっています。

このため、かんたんラクマパックは、「送料込み」で出品する場合のみ使える方法になっています。

送料の設定時は、「配送料の負担」で「送料込み」を選択し、「配送方法」を「かんたんラクマパック」にすることで設定できます。

 

送料の金額はサイズ情報がラクマに反映されてから決まる

かんたんラクマパックの場合、送料の支払いは売上金からの後払いとなるため、荷物をコンビニに持ち込んだタイミングでは、送料がいくらになるかはっきりした値段はわかりません。

送料の金額が確定するタイミングは、日本郵便(郵便局)またはヤマト運輸の計測したサイズ情報が、ラクマに反映されたときになります。

コンビニに荷物を持ち込んだ場合、コンビニではサイズ計測は行われません。

もし、送料の価格がいくらになるのかすぐに知りたい場合には、コンビニ以外に荷物を持ち込むようにしましょう。

日本郵便のかんたんラクマパックなら郵便局に、ヤマト運輸のかんたんラクマパックならヤマト運輸の営業所に持ち込めば、その場でサイズ計測のうえ、金額を教えてもらうことができます。

 

かんたんラクマパックの注意点

鈴木_リライト_19_1

かんたんラクマパックの注意点を3点説明します。

【かんたんラクマパックの注意点】

  • 「ゆうパックスマホ割」が使えない
  • 販売価格によって、使えるラクマパックに制限がある。
  • かんたんラクマパックの場合、集荷サービスは受けることができない。

 

「ゆうパックスマホ割」が使えない

まず、日本郵便のかんたんラクマパックでは、「ゆうパックスマホ割」は使えません。

ゆうパックスマホ割とは、「ゆうパックスマホ割アプリ」を使ったサービスです。

ゆうパック基本運賃から180円割引になったり、受取場所を郵便局に指定して発送する場合100円割引になったりと、お得な特典があるシステムですが、かんたんラクマパックの場合このサービスは使えませんので気を付けましょう。

 

販売価格によって、使えるラクマパックに制限がある

2点目の注意点は、販売価格によって、使えるラクマパックに制限があることです。

日本郵便のかんたんラクマパックには、ゆうパックとゆうパケットの2種類がありますが、ゆうパックの場合、販売価格1560円以上の商品でないと利用できません。

一方、ゆうパケットは販売価格300円以上なら利用できます。

ヤマト運輸のかんたんラクマパックは、「ネコポス」が販売価格300円以上、「宅急便コンパクト」は販売価格555円以上、「宅急便」は販売価格1560円以上の商品でのみ利用可能となっています。

 

かんたんラクマパックの場合、集荷サービスは受けることができない

最後の注意点は、かんたんラクマパックの場合、日本郵便でもヤマト運輸でも両方、集荷サービスは受けることができないことです。

コンビニや郵便局、営業所などに持ち込む必要があるため、大きいものや重いものを配送する場合には特に注意が必要です。

 

レターパックの送料と特徴

鈴木_リライト_19_2

ラクマではレターパックが利用できます。レターパックの送料と特徴について紹介します。

 

レターパック2つの種類 

スクリーンショット 2020-04-26 22.33.22

レターパックには、レターパックライトとレターパックプラスの2種類があります。

いずれも封筒サイズはA4サイズ、従量は4kg以内です。

配送できる商品の厚みに違いがあり、3㎝以内ならレターパックライト、3㎝を超える場合は、レターパックプラスが最適です。

いずれも、ポスト投函で配送することができます。

 

全国送料一律

スクリーンショット 2020-04-26 22.30.26

【レターパックライト】
サイズ:A4×厚さ3㎝以内
重量4kg以内
<送料>370円

【レターパックプラス】
サイズ:A4(厚みの規定はなし)
重量:4kg以内
<送料>520円
※いずれも2019年10月の消費増税に伴って送料が変更になっています。

 

追跡番号があるが配送補償はない

スクリーンショット 2020-04-26 22.38.40

レターパックライトもレターパックプラスも追跡番号がついているため、荷物の配送状況の確認ができます。

発送するまえに、シールをはがすことを忘れないように注意しましょう。

配送補償がないため、安価で配送ができます。

ですが、割れ物や壊れ物などの配送には向いていないため、その場合は配送補償がついている方法を利用するようにするといいです。

 

クリックポストの送料と特徴

スクリーンショット 2020-04-26 22.37.19

ラクマでは、クリックポストを利用することができます。その送料と特徴について紹介します。

 

全国送料一律

スクリーンショット 2020-04-26 22.30.26

クリックポストも送料は全国一律です。

サイズ:長さ34×幅25(A4サイズ)×厚さ3㎝以内

重量:1kg以内 <送料>188円

Yahoo!ウォレットでの決済が必要です ※2019年10月の消費増税により送料が変更となっています。

 

追跡番号があるが配送補償はない

スクリーンショット 2020-04-26 22.38.40

追跡番号が発行されるため荷物の追跡をすることができます。

しかし配送補償がないため、高価な商品や壊れやすいものの発送には向いていません。

その場合、送料が高くなっても配送補償がある方法にする必要があります。

 

郵便扱いとなる

スクリーンショット 2020-04-26 22.40.42

荷物を発送する際には、ポストに投函することができますが、配送ラベルは自宅のプリンターやコンビニなどで印刷をする必要があります。

郵便扱いであるため、受け取りもポスト投函であるが日時指定はできません。

 

Yahoo!JapanIDの取得などが必要

スクリーンショット 2020-04-26 22.42.18

クリックポストを利用するためには、Yahoo! JAPAN IDかAmazonアカウントの取得とYahoo!ウォレット(クレジットカード払い)その他、Amazon Pay(クレジットカード払い)の利用登録が必要です。

あて名書きや切手の貼り付けなどの手間が省けます。

 

普通郵便の送料と特徴

鈴木_リライト_19_3

ラクマでは、普通郵便を利用することもできます。その送料と特徴について紹介します。

 

定形郵便と定形外郵便の2種類

普通郵便には、定形郵便と定形外郵便の2種類があります。

どちらも値段が安いのが特徴で、重さが軽い商品に向いている配送方法です。

値段は安いですが追跡ができず、補償もないため、高額な商品の配送には使わないほうが無難です。

封筒や紙袋、箱などに商品を入れたうえ、郵便局から発送することができます。

 

重さとサイズで値段が異なる

普通郵便は、重さとサイズによって値段が変わるようになっています。

[定型郵便]
サイズ:最小で14cm×9cm、最大で23.5cm×12cmおよび厚さ1cm以内
25gまで→84円
50gまで→94円

[定型外郵便]
サイズ:
(規格内)最小で14cm×9cm、最大で長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内
(規格外)最小で14cm×9cm(または円筒形か似た形の場合長さ14cmx直径3cm)、最大で長さ・幅・高さの合計が90cm以内(最長辺 60cm以内)
規格内の場合50gまで→120円、最大1kgまで→580円
規格外の場合50gまで→200円、最大4kgまで→1350円

 

その他の配送方法の送料

鈴木_リライト_19_4

その他の配送方法の送料は以下の通りです。

【宅急便コンパクト】通常料金610円~専用ボックス代金70円が別途必要
【ゆうメール】
・重量150gまで→180円
・最大1kg まで→360円
【スマートレター】
・重量1kgまで→180円

 

ケース別おすすめの発送方法

鈴木_リライト_19_5

ラクマで利用できる発送方法にはさまざまな種類があるため、どの方法を選んだらいいか迷うこともあるでしょう。

そこで、大きさや要望に合わせたおすすめの配送方法を紹介します。

大きさによって配送方法を選択する場合、ひとつの目安となるのが「A4サイズ対応の封筒程度の大きさ」(34cm × 25cm)です。

また、厚みも適切な配送方法を選ぶポイントになりますので、2点をイメージしながら読み進めてください。

 

A4サイズで厚さ3cm・重さ1kg以内の商品を送りたい

この場合、匿名配送できて、追跡サービスと補償もついたタイプなら、日本郵便のかんたんラクマパックのゆうパケットがおすすめです。

値段も一番安く、全国一律で179円です。

日本郵便のスマートレターでも、全国一律180円と安い金額で送れます。

ただし大きさが25cm×17cm以内で厚さ2cm、重さ1kgまでのものに限られます。

日本郵便のクリックポストも全国一律185円で送れる、比較的安価な方法です。

ただしクリックポストの場合、事前にYahoo! JAPAN IDまたはAmazonアカウントの取得が必要です。

さらにYahoo!ウォレットかAmazon Payの利用登録も必要となるなど条件が多いため、手間と感じる人も多いでしょう。

厚さが2.5cm以内であれば、かんたんラクマパック(ヤマト運輸)のネコポスを利用することもできます。

料金は全国一律 200円です。

こちらの方法はかんたんラクマパックでもヤマト運輸のものになるため、補償と追跡サービスはありますが、匿名配送には対応していない点に注意してください。

 

A4サイズで厚さが3cmを超える商品を送りたい

A4サイズでも厚さが3cmを超える商品なら、日本郵便のレターパックプラスがおすすめです。料金は全国一律510円です。

追跡サービスもついていて、受取人に直接荷物を手渡しする対面配達なので安心です。

定形外普通郵便の規格外料金で配送したほうが、レターパックプラスより安くはなります。ただし追跡はできないため、注意してください。

 

箱を用意するのが手間!梱包が簡単な方法

鈴木_リライト_19_6

商品を配送する際、梱包は意外と手間になるものです。

なかでも箱の用意が面倒と感じる人は多いです。

そんな人におすすめなのが、ヤマト運輸の宅急便コンパクトです。

宅急便60サイズ(縦、横、高さの寸法の合計が60cm以内のサイズ)よりも小さな荷物を送る際に利用できます。

専用BOXが用意されているので、梱包がとても簡単です。

専用のBOXは2種類あります。

「専用薄型BOX」は縦24.8cm×横34cm です。

鈴木_リライト_19_7

 


「専用BOX」は、縦20cm × 横25cm で高さ5cmです。

鈴木_リライト_19_8

重さの制限はありません。

価格はどちらも70円で別途購入する必要があります。

送料は、かんたんラクマパックの場合、全国一律送料で530円です。

かんたんラクマパックで送らない場合には、距離や決済方法によって変わります。

605円~1160円です。

専用BOX、専用薄型BOXは、ヤマト運輸直営店、宅急便取扱店、コンビニエンスストアで購入することが可能です。

箱の用意が面倒だという人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

送料を購入者に負担してもらいたい

送料を購入者に負担してもらうには、着払いの配送方法を選ぶ必要があります。

ラクマのすべての発送方法が着払いに対応しているわけではなく、対応しているのは、ヤマト宅急便、ゆうパック、ゆうパケット、ヤマト便、ゆうメールの5つの方法のみです。

ちなみに、代引き(代金引換)で取引することは禁止されています。

利用しないようにしましょう。



ラクマとメルカリの送料を比較!安いのは?

鈴木_リライト_19_9

メルカリと言えば、ラクマと同様に有名なフリマアプリです。

ラクマと比べてメルカリの送料は安いのか高いのか、気になる人も多いでしょう。

ラクマとメルカリの送料を比較し、どちらがお得なのか紹介します。

 

送料はメルカリが若干安い

メルカリにもかんたんラクマパックのような専用の配送方法があります。

それが、「らくらくメルカリ便(ヤマト運輸)」「ゆうゆうメルカリ便(日本郵便)」です。

業者ごとにそれぞれの料金を比較してみましょう。

  • ヤマト運輸の場合
発送方法 メルカリ ラクマ
ネコポス 195円 200円
コンパクトボックス 380円 530円
60サイズ 700円 800円
80サイズ 800円 900円
100サイズ 1000円 1150円
120サイズ 1100円 1350円
140サイズ 1300円 1500円
160サイズ 1600円 1500円

 

 

  • 日本郵便の場合
発送方法 メルカリ ラクマ
ゆうパケット 175円 179円
60サイズ 700円 800円
80サイズ 800円 900円
100サイズ 1000円 1150円
120サイズ 対応なし 1350円
140サイズ 対応なし 1500円
160サイズ 対応なし 1500円
170サイズ 対応なし 1500円

 

比較すると、送料は全体的に若干、メルカリのほうが安くなっています。

小さいものを発送するネコポス、ゆうパケットでは4~5円、少し大きめの荷物や、衣服のまとめ売りなどでよく使う60サイズや80サイズでは100円ほど、メルカリが安いです。

 

販売手数料はラクマが安い

配送料をたとえ安くおさえたとしても、販売手数料が高ければ、その分売上金が減ってしまって損してしまうこともあります。

そこで、メルカリとラクマの販売手数料についても比較してみましょう。

配送料ではメルカリのほうがラクマより安いという結果になりましたが、実は販売手数料は、メルカリよりラクマのほうが安いのです。

メルカリは販売手数料10%なのに対し、ラクマは3.5%です。

例えば、商品価格3000円のものが売れた場合、メルカリで支払う手数料は300円になりますが、ラクマなら105円で済みます。

この場合、手数料はラクマがメルカリより195円安くなるため、送料の差額から考えてみると、ヤマト運輸で120サイズまたは140サイズを発送するケース以外の場合では、ラクマのほうが得ということになります。

配送料だけでなく販売手数料も考慮して、お得な販売先を選びましょう。

 

かんたんラクマパックはどんな商品も安い送料で配送することができる

スクリーンショット 2020-04-26 22.22.27

ラクマではさまざまな配送方法を選択できますが、商品によっては利用できないこともあります。

「かんたんラクマパック」を選択するとほとんどの商品を配送することができ、補償がついている割に送料が安いのが特徴です。

またラクマ以外にもせどりで効率よく稼ぐ方法がありますが、信頼できる情報を得るためには「物販総合研究所」がおすすめです。

物販総合研究所のメルマガ登録をして有益な情報を得ましょう。