9 min read

ラクマとメルカリどっち?手数料からサポートまで違いを徹底比較

Featured Image
フリマアプリというとメルカリやラクマがよく知られていますよね。ラクマとメルカリ、買うなら、売るなら、それぞれどっちがいいのか迷うところではないでしょうか。こちらのページでは、ラクマとメルカリの違いを7つの要素で徹底比較しています。手数料からサポート体制まで、各要素で詳細に違いを比較していますので、あなたに合ったサービスはどちらかチェックしてみて下さい。
 

 

神岡進也
この記事の監修者
神岡 進也
物販総合研究所 講師/韓国輸出
1984年 静岡県出身。2015年にノーリスクで出来る極秘ビジネスを発見し、ライバルの進出が難しい独自の販路を開拓。初月から売上77万円、月利益10万円を叩き出し、開始3ヶ月後には売上450万円を達成。 その後、日本で唯一のオンライン教材を作り、限られた人にだけコンサルを開始し、初心者、経験者問わず過去300人にノウハウを提供しており極秘ビジネスに関して日本でのパイオニア的存在。
▶Twitter:https://twitter.com/kamioka0909
▶YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCrac6hJJpLHDv87m5K7byVg

ラクマとメルカリ|それぞれのサービスの特徴

ラクマとメルカリのサービス比較

ラクマとメルカリ、どちらが売れるのか。それを知るためにも、まずはラクマとメルカリがそれぞれどんな特徴を持ったフリマアプリなのか、簡単におさらいしていきましょう。

ラクマとは

ラクマとは

ラクマは、楽天株式会社が運営しているフリマアプリです。

同じように楽天株式会社が運営するサービスといえば、誰もが知っている国内最大のインターネットショッピングサイト「楽天」が有名ですね。

サービス自体は2014年から配信されていますが、2018年に老舗フリマアプリである「フリル」と統合され現在の「ラクマ」になりました。

フリルというのは日本初のフリマアプリで、女性専用のファッション特化という特徴がありました。

もちろん、現在のラクマは、女性に限らず、ファッション以外のカテゴリーでも利用可能です。

ラクマ

メルカリとは

メルカリとは

「メルカリ」は、フリマアプリ業界最大手のサービスです。

メルカリがフリマアプリを一般的なものにしたと言っても過言ではありません。

2020年12月27日時点で、累計出品数が20億品を突破しました。

コロナウィルス感染による影響でフリマアプリにも一層の注目が集まり、利用者数や購入総数なども右肩上がり。

メルカリによると、2020年4月から2021年3月までの1年間で

  • 60代以上の年間利用者数が前年比約1.4倍
  • 年間購入商品総数が前年比約1.4倍
  • 年間出品商品総数が前年比約1.6倍

と、大きな伸びを示し、2021年度通算連結決算(2021年8月12日発表)では売上高で前年比39%増、上場後初の通期黒字を達成しています。

もともと20~30代の女性に人気のサービスでしたが、近ごろは40~60代といった年齢層、男性や未成年者の利用も増えています。

メルカリ

ラクマとメルカリの違い比較|7つの要素で比べてみた

ラクマとメルカリの違い

ラクマとメルカリには、どんな違いがあるのか、比較してみましょう。

ラクマとメルカリの違いを比較するため、項目別にまとめてみました。

ラクマとメルカリの違い比較項目 メルカリ ラクマ
ダウンロード数 2216万人(2019年4月時点) 1115万人(2019年4月時点)
販売手数料 10% 6%+税
発送方法 らくらくメルカリ便
ゆうゆうメルカリ便
梱包・発送たのメル便
かんたんラクマパック
振込手数料 1回につき200円 1回につき210円
1万円以上の振り込みで楽天銀行宛ての場合のみ手数料無料。
振込スケジュール 【ゆうちょ銀行以外】
翌日または翌々日
【ゆうちょ銀行】
3~6日後

【楽天銀行】
当日または翌日
【楽天銀行以外】
翌日または翌々日

電子マネーとの連携 メルペイ 楽天ペイ
サポート体制 メルカリ事務局 ラクマカスタマーサポート

それぞれの項目について、ラクマとメルカリの違いを詳しく比較してみましょう。

ラクマとメルカリのDL数(ユーザー数)を比較

ラクマとメルカリのDL数(ユーザー数)を比較

まずはラクマとメルカリ、それぞれのDL数(ユーザー数)の違いを比較してみましょう。

2019年時点でのダウンロード数は、メルカリが7500万ダウンロード突破、ラクマが2000万ダウンロード突破となっています。

ダウンロード数はどちらも多い数字ですが、それにしても、メルカリの知名度の高さがうかがえる数字となっており、その差は3倍以上です。

利用者数では少し異なり、2019年4月の月間利用者数は、メルカリが2216万人、ラクマが1115万人です。ダウンロード数ほどの差はないものの、それでもメルカリが約2倍と利用者数の多さを見せています。

利用者数が1年前と比較してどれだけ伸びたのか。伸び率でいうと、いずれも33~34%で同じくらいでメルカリもラクマもあまり違いはありません。どちらのサービスも順調に右肩上がりで推移しています。

ラクマとメルカリの販売手数料を比較

ラクマとメルカリの販売手数料を比較

ラクマとメルカリの手数料はどう違うのかを比較してみましょう。

ラクマもメルカリも、出品するだけなら手数料や初期費用などはかかりません。

ただし、どちらのサービスでも、出品した商品が売れて取引が完了した際に、出品者の売り上げ利益から決まった割合で販売手数料が差し引かれる仕組みとなっています。

販売手数料は、

  • ラクマは売り上げ金額の6%+消費税
  • メルカリは売り上げ金額の10%

となっています。

例えば、1000円で商品が売れた場合の手数料は

  • ラクマなら6%の60円にプラス消費税で66円
  • メルカリなら10%の100円

がかかります。ラクマとメルカリで比較すると、手数料はラクマの方が安いです。

ラクマとメルカリの発送方法で比較

メルカリとラクマの違いを発送方法で比較

フリマアプリを利用する際は、どんな発送方法を選べるかも比較しておきたいポイントのひとつです。

ラクマとメルカリの違いは、それぞれに独自の配送サービスを用意しているところ。

  • ラクマなら「かんたんラクマパック」
  • メルカリなら「らくらくメルカリ便」・「ゆうゆうメルカリ便」・「梱包・発送たのメル便」

があり、例えば60~170サイズのものであれば、料金は、

  • ラクマの「かんたんラクマパック」が700円から1,500円(60~170サイズ)
  • メルカリの「らくらくメルカリ便」が700円から1,600円(60~160サイズ)
  • メルカリの「ゆうゆうメルカリ便」が700円から1,000円(60~100サイズ)

となっています。

またメルカリの「梱包・発送たのメル便」は、例えば個人では発送が困難な大型家具などを梱包から発送までおまかせできるサービスとなっています。

特に利用者に人気があるのが、匿名配送できる独自の配送サービスで、ラクマでもメルカリでも利用可能です。

フリマアプリは個人間での取引になりますが、見ず知らずの他人に、お互いの個人情報を知らせたくないというケースは多いです。

匿名配送を利用すれば、相手に個人情報を知らせることなく、安心して取引できます。

ラクマとメルカリ、発送で比較するとメルカリの方が種類が豊富ですが、料金的な違いはほとんどありません。

ラクマとメルカリの振込手数料で比較

ラクマとメルカリの振込手数料で比較

ラクマもメルカリの振り込み手数料の違いも比較してみましょう。いずれも基本的に売上金を振り込んでもらう際には1回ごとに手数料が発生します。

  • ラクマ 210円
  • メルカリ 200円

ラクマの場合は、1万円以上の振込申請で振込先を楽天銀行にした場合、振込手数料が無料になります。できれば振込手数料は無料が嬉しいですよね。

また、振り込み申請ができる金額でも違いがあります。

  • ラクマは売上残高が1000円以上
  • メルカリは売上残高が201円以上

で、それぞれ振り込み申請が可能となります。

ラクマとメルカリの振り込み手数料自体はほぼ違いがありませんが、条件付きとはいえ手数料無料になる選択肢のあるラクマがお得ですね。

ラクマとメルカリの振込スケジュールで比較

ラクマとメルカリの違いを振り込みスケージュールで比較

フリマアプリはお小遣い稼ぎになる点でも幅広い層に人気です。

自分が出品した商品が売れたら、売上金はできるだけ早く受け取りたいもの。振込スケジュールも重要なポイントです。

ラクマもメルカリも、申請した曜日・時間・振込を希望する金融機関によって、いつ売上金が振り込まれるかが異なります。

メルカリ ラクマ

【ゆうちょ銀行以外】
0時00分~8時59分の申請の場合翌日振込み(ただし金曜日の場合は月曜日、土日の場合は火曜日)。
9時00分~23時59分の申請の場合翌々日振り込み(ただし木曜日の場合は月曜日、金土日の場合は火曜日)。
【ゆうちょ銀行】
0時00分~8時59分の申請の場合3~5日後振込み(曜日により異なる)。
9時00分~23時59分の申請の場合4~6日後振り込み(曜日により異なる)。
※200円の追加手数料を支払うことで通常より早く振り込んでもらえる「お急ぎ振込」サービスもある。

【楽天銀行】
0時00分~8時59分の申請の場合当日振込み(ただし土日の場合は月曜日)。
9時00分~23時59分の申請の場合翌日振り込み(ただし金土日の場合は月曜日)。
【楽天銀行以外】
0時00分~8時59分の申請の場合翌日振込み(ただし金土日の場合は月曜日)。
9時00分~23時59分の申請の場合翌々日振り込み(ただし木金土の場合は月曜日、日曜の場合は火曜日)。

ラクマとメルカリで違いを比較すると、

  • ラクマは基本当日または翌日に振り込み
  • メルカリは基本翌日または翌々日(ゆうちょ銀行なら3~6日後)

となります。

ラクマとメルカリで比較すると、振り込みが早いのはラクマです。

メルカリはラクマより遅いですが、200円の追加手数料を支払うと、急ぎでの振り込みにも対応しています。通常の振込手数料と合計で400円かかるので、これはちょっとデメリットに感じるところですね。

お急ぎ振込とは(メルカリガイド)

ラクマとメルカリの電子マネー比較

ラクマとメルカリの電子マネー比較

利用者が増えどんどん便利になっている電子マネーですが、フリマアプリとの連携も進んでいます。

  • メルカリ ⇒ メルペイ
  • ラクマ ⇒ 楽天ペイ

売り上げ金をメルペイ残高、楽天キャッシュ、それぞれにチャージが可能で、こちらを利用すれば振り込み手数料もかかりません。

チャージされた電子マネーは、街中の店舗やネットでの買い物に便利に利用できます。メルペイはiD決済にも対応しています。

メルペイ

楽天ペイ

ラクマとメルカリの電子マネーは、楽天の魅力である楽天ポイントも絡む部分であり、魅力的と言えるでしょうか。メルペイは使用できる店舗が少ないものの、iDで利用できるように設定すれば使用範囲が広がります。

ラクマとメルカリのサポート体制で比較

ラクマとメルカリのサポート体制で比較

フリマアプリで安心して取引を行えるように、サポート体制の充実度もチェックしておきたいポイントです。

ラクマもメルカリも、違反商品のパトロールを行ったり、本人確認を徹底したり、安全な取引のためのさまざまな取り組みを行っています。

万が一トラブルに巻き込まれたり、不明な点があったら、

  • メルカリならメルカリ事務局
  • ラクマならラクマカスタマーサポート

に連絡することができます。

どちらも、電話での問い合わせはできませんが、アプリから問い合わせフォームを使って、コンタクトを取ることが可能です。

事務局へのお問い合わせ方法-メルカリガイド

お電話でのお問い合わせに関して - ラクマ公式ガイド

ラクマもメルカリとの比較ですが、実はどちらもあまりサポートの評判は良くないです。極力お世話にならないよう、日頃からルールを遵守して利用するのがベストです。

▼ ▼ 限 定 公 開 中 ▼ ▼

『 ネット物販に興味を持ち始めた人にメルカリ転売は最もおすすめのやり方の一つです。マニュアルを片手に、まずは自宅の不用品販売からはじめてみてください。』

メルカリスタートアップマニュアル
>無料でマニュアルを受け取る

 

ラクマとメルカリ売るならどっち?

ラクマとメルカリでユーザー数・利益額が大きいのは

ラクマとメルカリどっちがいいのか、ここまでそれぞれの特徴を紹介してきました。最も大きな違いは販売手数料でしょうか。

出品するならラクマとメルカリどちらが売れるのかという点も気になりますよね。

これらの違いをふまえて、ラクマとメルカリどちらを使うべきなのか、パターンごとに紹介します。

ユーザー数の多さはメルカリ

ユーザー数の多さはメルカリ実際、ラクマとメルカリどちらが売れるのか。売れやすさにつながるユーザー数の多さでは、メルカリのほうが断然有利です。

メルカリに出品すれば、よりたくさんの人の目に触れやすいというメリットがあります。

利益が多いのはラクマ

利益が多いのはラクマ

ラクマとメルカリ、利益という点では手数料の安いラクマのほうが魅力的です。

特に高価なものを売る場合、手数料の差額がより大きくなります。

10,000円の物が売れたとして、差し引かれる手数料は

  • ラクマなら660円
  • メルカリなら1,000円

です。これはなかなかの金額差ですよね。

出品物によって使い分けが◎

出品物によって使い分けが◎

どんなものを売るかによっても、選ぶべきアプリが異なります。

家具などの大型商品を売るなら、集荷・梱包・搬出を宅配業者にまるごと任せられる「梱包・発送たのメル便」が利用可能なメルカリがおすすめです。

【メルカリ公式】梱包・発送たのメル便

また、ファッション関係の商品の出品にも、メルカリがおすすめ。メルカリは特に女性の利用者に高い人気があるため、ファッション関係の商品が売れやすい傾向にあります。

振込のスピードという点ではラクマが早いですが、売れやすいのは利用者数が圧倒的に多いメルカリだと言えます。最近では電子マネーもあるので、現金でなくても良ければすぐに受け取り可能ですので、この点ではあまり大きな違いはないと言えるでしょう。

ラクマとメルカリ買うならどっち?

ラクマとメルカリ買うならどっち?

ラクマとメルカリ、買うならどちらがいいのか比較してみましょう。

まず、ラクマでもメルカリでも、利用料も無料で簡単に欲しい商品を買うことができます。

支払い手数料は、いずれも以下のとおりです。

  • クレジットカードなら無料
  • コンビニ/ATM/キャリア決済は100円

ラクマなら以下の方法での支払いでも、手数料無料で購入可能です。

  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • FamiPay
  • ペイディ
  • ラクマポイント
  • 楽天ポイント

 

メルカリなら、以下の支払いでも手数料無料で購入できます。

  • メルペイ
  • FamiPay
  • メルカリポイント
  • チャージ払い

安全性では、どちらのアプリでも匿名配送が利用できるので、自分の個人情報を相手に伝えることなく購入可能。

ラクマかメルカリか、買うならどちらのアプリでもほぼ違いはありません。欲しいものが欲しい価格であるアプリを優先させれば良いでしょう。

ただし、楽天ポイントでの購入ならラクマ一択ですね。

メルカリとラクマはどっちが初心者向き?

メルカリとラクマはどっちが初心者向き?

メルカリかラクマか、初心者でも使いやすいのはどちらのフリマアプリでしょうか。

メルカリは使いやすいが独自ルールがネック?

メルカリは使いやすいが独自ルールがネック?

メルカリには、「独自ルール」と呼ばれるユーザー間の非公式の決まりごとがあり、初心者にはわかりづらいかもしれません。また、値下げ交渉も多く気疲れしてしまうユーザーもいます。

ただし、実際使用している人の声では、メルカリは「使いやすい」と支持を得ているので、初心者でも、さほど構える必要はないでしょう。

ラクマは楽天IDと紐付けOKで導入しやすい

ラクマは楽天IDと紐付けOKで導入しやすい

ラクマは、アプリの登録に楽天IDを利用できるので、もし楽天IDを持っているならラクマのほうが楽な手続きでフリマアプリを始められます。

また、他にもラクマは楽天との連携が多く、楽天ポイントが使えたり、楽天キャッシュへのチャージが手数料無料でできたり、楽天ユーザーが受けれられるメリットが多いです。

もともと楽天ユーザーでこれからフリマアプリを使いたいなら、ラクマがおすすめです。

ハンドメイド商品ならラクマやメルカリ以外のアプリも

ハンドメイド作品出品で人気のminne

メルカリでもラクマでも、ハンドメイド商品を販売することができます。ユーザー数の多さから、販売先として検討する人も多いです。

ただしメルカリもラクマも、ハンドメイド商品専門のアプリではありません。

客層だけで考えると、minneなどハンドメイド商品を専門に販売できるサービスのほうが、商品の需要は高く売れやすいです。

二次創作やキャラクターもののハンドメイドなら、イラストに特化した投稿サイトpixiv(ピクシブ)と連携している「BOOTH」がおすすめです。

BOOTH

また、BASEやstoresのようなサービスを使って自分だけのネットショップを作り、そこで販売するという方法もあります。

ハンドメイド商品にはこのようにさまざまな販売先の候補がありますが、ラクマ、メルカリを選ぶ大きなメリットが、電子マネーとの連携です。

他のサービスと比較して電子マネーとの連携が進んでいるため、売上金をどのように得るか、選択肢も自由度も高くなっています。

ラクマとメルカリで同時出品はアリ?

ラクマとメルカリで同時出品はアリ?

メルカリとラクマをさまざまなポイントから比較してみると、どちらもそれぞれに魅力のある便利なサービスであることがわかります。

商品を早く売るためにも「メルカリとラクマに同時出品することはできないだろうか?」と考える人も多いでしょう。

しかし、1つしかない商品をラクマとメルカリで同時出品することは、原則禁止です。

メルカリのガイドによれば、違反になるものの1つとして

同じ商品を他社のサービスやその他の方法によって二重に出品することにより、お客さま間でトラブルを引き起こすと思われるもの

とあります。

ラクマでは、購入申請という機能(購入希望者は出品者にまず「買いたい」と購入の申請をし、出品者からの承認を得てはじめて取引開始できるという機能)を設定し、メルカリでは購入前にコメントをくれるよう注意書きをすれば、購入者は基本的に出品者の許可なく取引できなくなり、無在庫になるのを避けることができます。

このやり方でメルカリとラクマで同時出品している人もいますが、ペナルティ対象になる可能性があるので注意しましょう。

ラクマとメルカリどっちにもメリットあり!上手に活用しよう

ラクマとメルカリどっちにも利用するメリットあり

ラクマとメルカリには、それぞれに特徴やメリットがあります。

売りたい人にも、買いたい人にも便利なサービスなので、ぜひ上手に利用してください。

「物販総合研究所」では、メルカリスタートアップマニュアルを無料配布しています。

メルカリの利用に関して役立つ情報を知ることができるのでおすすめです。

フリマアプリを便利に利用したいという人なら、ぜひ読んでおきましょう。

▼ ▼ 限 定 公 開 中 ▼ ▼

『 ネット物販に興味を持ち始めた人にメルカリ転売は最もおすすめのやり方の一つです。マニュアルを片手に、まずは自宅の不用品販売からはじめてみてください。』

メルカリスタートアップマニュアル
>無料でマニュアルを受け取る

 

5 min read

トレンドせどりのやり方とポイントを押さえよう!注意すべき点もある?

商品を安く仕入れて、利益を乗せて売るビジネスを「せどり」と呼びます。

せどりの中でも「トレンドせどり」は初心者でも挑戦しやすいことで有名です。

正しい手順を踏まえたうえで、Amazonやメルカリでの転売やせどりで成功を目指しましょう。

...

4 min read

イオンせどりは稼げる?おすすめジャンルと今すぐ実践できるコツまとめ

独立や副業に興味があるせどり初心者にとっては、なにかが稼げるかよくわからない人も多いはずです。

そのなかでも、比較的日常生活で身近にあるイオンを利用したせどりが稼げるかどうか気になりますよね。

...

34 min read

まだせどりやってる?副業転売を脱して年商3億稼ぐ物販ビジネスセミナー

みなさん、こんにちは。船原です。

今日はこちらの動画で「物販ビジネスで稼いでいく方法」について解説させていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

もしかして、あなたは...