【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

副業でWebライターをしたい!仕事の取り方や始め方について解説

船原徹雄
2020年3月8日

この記事の内容

さまざまな副業の手段があるなかで、特に主婦を中心として人気があるものの1つがWebライターの仕事です。

これから副業を考えている人は、一度はやってみようと思ったことがあるかもしれません。

しかし、Webライターの仕事をするにしてもどのように始めるべきか、どうやって仕事を取るのか分からない人はきっと多いのではないでしょうか?

この記事では、Webライターの仕事について、始め方や仕事の取り方などを詳しく解説していきます。

 

Webライターとは?

27_27_1_44711481

Webライターとは、Web上で文章を書いて報酬を得る仕事です。

インターネットが普及したことにより、ブログの記事執筆やWebメディアに掲載する文章、商品紹介などといったさまざまな仕事がネット上で募集されるようになりました。

Webライターは場所を指定されずに働くことができ、隙間時間を使って作業ができることから多くの人が副業として取り組んでいます。

 

副業でWebライターをするメリット

7a8b7b912fc26b5672bec9caab1735eb_s

副業でWebライターをするにはどんなメリットがあるのでしょうか?

ここからは、Webライターの仕事をするメリットについて詳しく解説していきます。

 

スキルが身に付く

副業でWebライターをするメリットとしてスキルが身に付くことが挙げられます。

Webライターの仕事をすることで文章力以外にもWebマーケティングやSEOに関する知識などが身に付きます。

これらの知識は本業で活かせる余地が十分にあるため、キャリアアップに役立つでしょう。

 

転職・独立ができる

副業でWebライターをするメリットとして次に挙げるのは、転職・独立ができることです。

Webライターの仕事は、特別なスキルを持っていなくても始めることができるので、文章を書くことができれば、誰でも始めることができます。

記事を書く経験を積むことができれば、Webライターとしてのスキルが身に付いていくので、Webマーケティング企業やWebメディアなどへ転職できるようになるでしょう。

実績を積んでクライアントから評価を得られれば、個別で仕事を受注できるようになるので独立も目指すことができます。

 

自由な働き方ができる

Webライターをするメリットには、自由な働き方ができることも挙げられます。

Webライターの仕事は、パソコンとインターネット環境さえあれば、好きなときに好きな場所で仕事ができます。

会社から帰宅した後の時間や家事の合間、休日を使ってなど自分なりにスケジュールを立てながらマイペースに作業できるのです。

場合によっては、旅行をしながら仕事することもできるため、自分の状況に合わせた働き方ができるようになるでしょう。

 

副業でWebライターをするデメリット

dcaf2ebd2cd931ccd799520e083dad0b_s-1

Webライターの仕事はメリットがあることが分かれば、次に気になるのは注意点です。

Webライターの仕事にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

ここからは副業でWebライターをする注意点について詳しく解説していきます。

 

記事を書くのに時間がかかる

副業でWebライターをするデメリットの一つとして、記事を書くのに時間がかかることが挙げられます。

文章を書くという経験が少ない人はどうやって文章を書いて良いか分からないため、一記事を仕上げるのにどうしても時間がかかってしまいます。

また、記事の内容によっては調べ物をしなくてはならないので、リサーチにかける時間も計算しなくてはなりません。

Webライターの仕事のほとんどは1文字当たりの値段である文字単価で計算されます。

そのため、文字数が多いと報酬も多くなりますが、その分、時間をかけて作業することになるので、割に合わないということにもなりかねません。

記事を継続して書くことでこの問題点は解決できるものの、なぜ書くのが遅いのか、改善点を明確にしないと上達は見込めないでしょう。

 

最初は単価が低い

次に副業でWebライターをするデメリットとして挙げられるのが単価が低いことです。

Webライターは特別なスキルを持っていなくても始められますが、その分、初めのうちは単価が低めに設定されています。

また、Webライターを始めたばかりのころは実績がないため、高単価の案件を引き受けることも難しいでしょう。

もし、引き受けられたとしても、ライターとしてのレベルは低い状態なので修正依頼が頻繁にくることになり、割には合わないでしょう。

最初の半年程度は自信をつけるために単価の安い仕事から始めて実績を積み上げるように辛抱強く続けなければなりません。

 

スケジュール調整が難しい

副業でWebライターをするデメリットとして、スケジュール調整が難しいことも挙げられます。


Webライターの仕事のスケジュール調整はすべて自分で行わなければいけないため、本業をしている人は影響が出ないようにバランスを考えて予定を組まなければなりません。

しかも、Webライターの仕事の多くは納期が設定されているので、納期を重視したスケジュール調整が必要になってきます。

もし、納期を守ることができなければ、信用問題となり、仕事が受注できなくなるでしょう。

 

Webライターの仕事を受注する方法

5f6238bad97b4b3e56654fca9afc9ae1_s

WEBライターとして働き続けるためには、いかに継続して仕事を撮り続けるかが重要になって来ます。

では、仕事を取るにはどうすれば良いのでしょうか?

ここからは、Webライターの仕事を取る方法について詳しく解説していきます。

 

ブログを作成する

Webライターの仕事を取る方法として、ブログを作成することが挙げられます。

ブログは自分の書いた記事を掲載することができるため、クライアントに自分がどんな記事を書けるのか、文章レベルはどれくらいなのかを判断してもらうことができ、依頼がくるかもしれません。

ブログを日常的に記事を更新し続ければ、それだけ文章も上手くなるので、練習用としても活用できます。

アフィリエイトと組み合わせることができれば、記事の練習をしながら収益を得られるようになるので、ブログに取り組む価値は十分にあります。

 

クラウドソーシングを活用する

Webライターの仕事を取る方法として次に挙げるのが、クラウドソーシングを活用することです。

クラウドソーシングサイトは企業などの依頼をWebで不特定多数の人に紹介し、仕事を仲介するサイトです。

Webライターとしての実績を積む場合、クラウドソーシングが最も簡単な方法であり、実際に多くの人がここから仕事を探しています。

案件も豊富なので、いろいろな記事を書くことができるため、記事を書くという経験を積むのにおすすめの方法です。

クラウドソーシングサイトは単価が低い案件が多く、最初はその仕事しかできませんが、実績を積むことで徐々に高単価の案件も引き受けられるようになります。

高品質の記事を書き続ければ、評判も良くなるので収入アップも目指せるでしょう。

 

編集者に直接交渉してみる

編集者に直接交渉してみることもWebライターの仕事を取る方法の一つです。

自分が執筆したい記事がある時には、直接編集者にコンタクトを取って自分の企画をプレゼンすることで記事が書けることがあります。

編集者と直接交渉ができるので高単価が見込めるだけでなく、好きなことを書けるので楽しく仕事ができるでしょう。

ただし、実績や専門性がなければ、認めてもらえる可能性は低く、企画力やコミュニケーション力も問われるのでライティングスキルだけで仕事を取ることはできません。

日頃からコミュニケーションを取るように心掛け、プレゼンをするためのプランを念入りに立てることが成功のコツです。

 

副業でWebライターを始めるための流れ

9eb90ee4b26cb5732b29a0eaa619bb7a_s

Webライターの仕事に興味を持った人は、何から始めるべきなのか知りたい人も多いでしょう。

ここからは、副業でWebライターを始めるためにするべきこと、その流れについて詳しく解説していきます。

 

勉強を始める

副業でWebライターを始めるためには、記事を書く基礎勉強を始めなくてはなりません。

Webライターは特別なスキルがなくてもできるものの、一定の基礎知識がないと始められないのでWebライティングに関する本を1~2冊読むことが必要です。

また、ブログを読むことも勉強になるので、ネットサーフィンをしながらいろいろな文章を読んでみると良いでしょう。

しかし、本や記事を読んだからといって記事をすぐに書くことは難しいでしょう。

文章を上達させるためには、目を通した文章を参考にして記事を書く習慣を身につけなくてはなりません。

文章は書けば書くほど上手くなるので、自分のブログを立ち上げて練習するのも良いでしょう。

 

仕事をする

副業でWebライターを始めるためのステップとして、すぐに仕事を始めることも重要です。

ある程度記事が書けるようになったら、多少、自信がなくてもすぐに仕事を始めるようにした方が良いでしょう。

Webライターの仕事を引き受けることで、記事を書くという経験をしながらお金を稼ぐことができるため、効率良くスキルを磨くことができます。

最初のうちは多くの修正依頼がきますが、それらの指摘をすべて受け入れることで上達することができます。


また、仕事に早く取り組むことで仕事の流れを早く知ることができます。

一つの仕事当たりで必要な時間なども分かるようになるので、どのようにスケジュール管理をするかを自分で考えられるようになります。

 

単価を上げる

副業でWebライターを始めるためのステップとして、単価を上げることも重要です。

Webライターの仕事を始めたばかりの時は、単価が低いところから始めることになるので、苦しい思いをすることになるでしょう。

一記事書いても割に合わないことが続くので挫折する人も多くいます。


しかし、記事を書き続けてしっかりと実績を積むことができれば、単価も上昇していきます。

最初は稼ぐことよりも、スキルを身につけることに集中することが続けるためのコツです。

また、実績があることを認められれば、クライアントに自分で単価交渉もできるようになるため、自信をつけるためにも、とにかく仕事をこなして実績を積むことを考えなくてはなりません。

 

Webライターのスキルはせどりにも使える?

163・ソ02

Webライターの仕事は文章力が鍛えられるので、さまざまな分野で活かすことができるでしょう。

例えば、せどりでは、出品をする際には商品の魅力や状態を伝えるための文章を書かなければいけません。

Webライターの仕事をしていれば、魅力的な商品であることを文章を通じて明確に伝えられるので、購入しようと検討している人の購買意欲を高められるでしょう。

 

副業でWebライターの仕事を始めてみよう!

fa2419a2b743e8abcc90db5a508fcb28_s

Webライターの仕事は隙間時間を使って始めることができ、さまざまなメリットがあるので、チャレンジしてみるのもおすすめです。

また、Webライターのスキルを活かす手段としてせどりも良いビジネスといえるでしょう。


物販総合研究所は年商12億円の物販ビジネスを運営しながら
物販に関する本格的な情報発信を行っています

リアルタイムに情報を配信中 → Twitter

ノウハウ動画を毎週配信中 → Youtube

参加者募集中 → セミナー情報


 

すでに48503名の方が無料メール講座に登録しネット物販をスタートしています