【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

【中国輸入】これで完璧!アリババで商品を購入する方法を解説|物販・せどり・転売ノウハウブログ

船原徹雄
更新日:2020年9月20日
投稿日:2017年4月15日

この記事の内容

中国最大手の通販サイトであるアリババ。
 
その圧倒的な品数の多さから掘り出し物を上手く見つけられれば、大きく稼げる魅力的なサイトです。
この記事ではアリババで商品を購入する方法や輸入の際の注意点、おすすめの代理店などをまとめて紹介していきます。
 
【初心者】中国輸入ビジネスで稼ぐ方法 年間5000万円の利益を得ているアカウント見せます
アリババを使って仕入れる、中国輸入ビジネスについて初歩の初歩から解説しました。まずはこの動画でビジネスの全体像を掴んでから、この先の記事を読めむことをおすすめします。
 
中国輸入を解説する無料WEBセミナーも開催中です! ↓↓↓
 
無料で確認する
 
 
 

中国の商品が購入可能 アリババとは?

No.900_1

アリババは中国の通販サイトです。

アリババの規模は中国国内でも屈指を誇り、2019年には流通総額8,530億ドルを達成しました。

近年ではさまざまな種類のサービスも展開しています。


アリババの創業はいつ?

No.900_2

1999年に創業したアリババドットコムは、世界を代表するインターネット上の国際B2Bプラットフォームサービスです。

アリババの創業者であるジャック・マー氏はソフトバンクグループの取締役も務めており、中国の起業家として初めて「フォーブス」に掲載されました。

アリババはグローバルトレード・マーケットである国際サイト 「アリババ.com」、中国国内取引のための中国サイト 「アリババ1688.com」、小口取引が可能な卸売サイト「アリエクスプレス」の3つのサイトを軸に、世界のバイヤーとサプライヤーのオンラインビジネスをサポートしており、国際サイトは190カ国約3,670万、中国サイトは約7,770万のユーザーが利用しています。

アリババドットコムは、現在中国、インド、日本、韓国、ヨーロッパ、アメリカ等70以上の都市に事業所があります。

アリババドットコムは、BtoBつまり企業間の取引が中心のECサイトとしては、世界でもトップクラスのシェアを獲得しているほど大きなマーケットです。

新興市場で急成長してきたアリババドットコムは競争力が高く、アマゾンに匹敵するほどの時価総額を誇っています。

アリババドットコムは中国版アマゾンと評されることも多いですが、実際にはアマゾンとビジネスモデルは異なっています。

アマゾンのように在庫を持たず、配送も自社では行いません。

また、アマゾンはBtoCサイトですが、アリババドットコムはBtoBサイトです。

こうした点から、アリババは独自のユニークなビジネスモデルを形成しているといえます。

ただ、消費者に大きな価値を提供することと、事業をグローバルに拡大することを目指しているという点では、アリババとアマゾンは似ているといえます。

 

タオバオマーケットプレイス|中国最大級のCtoCショッピングサイト

No.900_3

2003年にオープンしたタオバオマーケットプレイスは、中国最大のC2Cショッピングサイトです。

掲載商品点数8億点以上、会員数5億人以上のショッピングサイトで、アクセス数の多いサイトとして、世界でトップ20に入っています。

また、天猫Tmallとタオバオマーケットプレイスは、2012年の11月11日に、一日の流通総額191億元の最高記録を達成し、2012年の年間流通総額は1兆元を突破しました。

タオバオマーケットプレイスはアリババグループの事業です。

 

天猫Tmall|中国BtoC電子商取引のリーディングカンパニー

No.900_4

天猫Tmallは高品質、高付加価値な商品を求める中国の消費者のために2008年に設立された、中国でもっともアクセスの多い総合オンラインショッピングモールです。

2011年6月に独立事業となり、2012年1月に中国語名称を「天猫(ティエンマオ)」と改名しました。

天猫Tmallには、越境ECサイトの「天猫国際 Tmall Global」もあります。

Tmall Globalは海外企業向けのグローバルモールで、世界中の有名メーカーまたは独占販売権を得た業者のみが出店可能です。

このように、だれもが出店できるわけではなく、出店の基準を厳しくすることによって、消費者は偽物をつかまされる心配することなく安心して買い物ができる市場となっています。

出店するには現地法人は不要で、日本法人も出店することができます。

出店者側にとっても、日本にながら自社の商品を中国の大市場に販売できるのは、大きなメリットです。

現在、天猫TmallはTmall Globalも合わせると、約5万の出店者がいて、中国国内外の約7万のブランドを取り扱っています。

取扱い製品別に、家電モール、書籍モール、家具モール、デザイナーシューズモール、美容モールなどが開設されています。

天猫Tmall上でオフィシャルオンラインショップを運営しているブランドはたくさんあります。

例えば、ユニクロ、ロレアル、アディダス、P&G、ユニリーバ、ギャップ、レイバン、ナイキ、リーバイスなど、どれも有名なブランドメーカーばかりです。

日本の化粧品は中国で人気が高いため、日本の化粧品会社やドラッグストアなどもたくさん出店しています。

天猫Tmallとタオバオマーケットプレイスは、2012年の11月11日に、1日の流通総額191億元の最高記録を達成し、2012年の年間流通総額は1兆元を突破しました。天猫Tmallはアリババグループの事業です。

このようにグローバルに展開しているので中国輸入の仕入れ先に使いやすいというメリットがあります。

さらに、日本にはアリババ株式会社というものがあり、日本語で見れるアリババのサイトがあります。

一旦はアリババは日本から撤退しました。

その昔はアリババで直接取引ができていてメールで問い合わせできていましたが、日本から撤退し日本語サイトが閉鎖になりました。

しかし、EC業界も日々進化していてソフトバンクグループと合弁して気がついたら日本でもアリババの日本語サイトができています。

現在、アマゾンでの販売が中国輸入の主流となった時から代行会社を使って仕入れる風潮が一般となり、アリババは中国語しかないという固定概念が広がってしまい、アリババでの仕入れは代行会社を使わなければダメだと思い込んでいる方が多いようです。

しかし、私の言うところの中国輸入の仕入れ先に使いやすいと言うのは、中国サイトでもありますが、日本語サイトも使いやすいです。

そのあたりをここでは解説していきます。

 

アリババで購入するメリット

No.900_5

一番のメリットは商品数が多く、安く、大量に仕入れられる点です。

アリババはBtoBサイトなので、納期や価格、最小ロット数などについて、出品者と直接交渉ができます。

メーカーと直接やり取りができるので、うまくいけば相場よりも安く仕入れることができます。

交渉したいときは、商品ページにある問い合わせフォームから問い合わせるだけと、操作は簡単です。

また、BtoBサイトとはいえ、普通のECサイトで買い物をするような感覚で利用できます。

日本語表記にも対応しており、使い勝手がよいように工夫されています。

アリババで購入するのは初めてでも、さほど戸惑うことなく、スムースに買い物ができるます。

支払いをする通貨や送付先は、複数の中から選択できます。

別のメリットは、アリババには買い手保護プログラムがあることです。

納期や商品の品質、支払いなどを、買い手の立場でアリババが保護してくれるのです。

納期までに商品が受け取れなかった場合や、品質が契約通りではない場合などは、100%の返金保証を受けられます。

 

アリババで購入するデメリット

No.900_6

やはりまだまだ中国ということがあり、物によっては品質が低い です。

もっと言えばお店の対応が悪いこともあります。

日本人の商習慣と違って、「パッケージなどはあくまで商品の保護だから少々汚くてもいい」という考えや「相場より安いんだから品質は悪くても目をつむってね〜」という開き直っていることろがあります。

ここら辺は日本人にとっては理解しにくいですね。

言葉の壁がある。ということですが、これはe-bayでもと同じなので私は気にしていませんが、やはり細かいやり取りや深い会話になると困りますね。

また、少ロッドの場合は買えないこともあります。

ここはサンプルが欲しいということをはっきり言えば、可能な場合がありますが、OEMするときはロゴマークなしで商品確認のためだけとなります。

 

アリババで購入するために必要な準備

ここからは、中国語のアリババではなく、日本語で見ることができるアリババの紹介をしていきます。

まずはこちらを開きます。
https://japanese.alibaba.com/

アリババの会員登録をしましょう。無料でできます。

こちらをクリックしてください。

順番に従って記入するだけです。

No.900_7

このように全て半角英数字で記入します。あとは送信ボタンを押せば終わりです。

次に翻訳などで使用するのでGoogleChromeを用意しておきます。

あとは、購入したい商品や売れている商品をリサーチしていくだけです。

 

アリババで商品を購入する方法

続いて商品を購入する手順を紹介していきます。

  • 1.商品を検索する
  • 2.FOB価格と支払い方法を確認する
  • 3.商品の価格を交渉する
  • 4.商品代金を支払う
  • 5.届いた商品を確認する

 

1.商品を検索する

まずは購入する商品を検索しましょう。

Amazonと同じく、アリババではパソコンとアプリの両方から商品を検索できます。

例えば、パソコンから以下のような商品を検索する場合、日本語でこのように検索すると、

No.900_8

No.900_9

簡単に似たようなものが出てきます。

No.900_10

この時、各お店ごとに「Supplier’s transaction level」という評価が表示されます。

レスポンスの早さや時間通りに配送してくれるかといった要素が項目ごとに評価されているので、商品選びの参考にしてみましょう。

ただし、この評価はあくまで取引量や金額に応じて自動的に決定されているものです。

ユーザーからの評価ではない点に注意しましょう。

なお、英語で検索もできます。英語の場合は、google翻訳などで英語にしてから検索します。

No.900_11

アリババのアプリから検索する場合も日本語で検索することができます。

IOS、Androidの両方でリリースされているうえ、日本人でも使いやすい設計になっているのでスマホのある人は利用を検討してみましょう。

ただし、アプリからは「Supplier’s transaction level」を確認することができません。

信用のないお店からは購入しないように注意しましょう。

 

2.FOB価格と支払い方法を確認する

商品ページに書かれている価格はかなりアバウトなものと認識しましょう。

書かれている価格を信用して購入ボタンを押さないようにします。

当たり前ですが、まずは問い合わせからします。

しかし、いきなり商品ページからお問い合わせするのではなく、数カ所ページを見るポイントがあります。

No.900_12

ある程度の価格を知ることができます。

この数字は、基本的にFOB価格ですが、この場合は③にある1000PCSからの価格になります。

ここから簡単に見積もりが取れます。

OEMのMOQになります。最低発注量です。

しかし、あくまでメーカー希望の数値なので交渉次第で変更できます。

納期になります。OEMした場合の納期です。

桑田はここをよく見ます。返信率81.7%となっていますが、この辺は普通ですね。

平均対応時間はアリババを通しての問い合わせや見積もりに対する返信時間です。

アリババが集計していますので割と正確かと思います。

ここはできれば、24時間までが望ましいです。

桑田は、返信率70%以上、平均対応時間24時間なら即問い合わせします。

それ以下であれば、返信あればラッキーくらいに思います。

ここは支払い方法やアリババが保証していますよ〜ってことであまり気にしません。

 

3.商品の価格を交渉する

簡単に価格交渉や数量の交渉ができます。

No.900_13

①からお問い合わせすると、ワンクリックで見積もり可能。

No.900_14

この画面でOKをクリックするだけです。


No.900_15

無事に送信されました。

もう少し詳しく何かを話したい場合は、②から問い合わせます。

 

4.商品代金を支払う

アリババの決済ではカードではなく、電子送金がおすすめです。

これはカード決済で大量に購入してしまうと、手数料だけでかなりの金額になってしまうためです。

また、アリババは「Trade Assurance」という保証サービスが付いています。

期日通りに商品が届かなかった場合はもちろん、粗悪品であった場合にも返品・返金保証が受けられるので、覚えておきましょう。

 

5.届いた商品を確認する

アリババは配送を自社で行っておらず、提携先の物流企業が配送を行っています。

当然ではありますが、商品が到着したら必ず検品するようにしましょう。

 

アリババで購入する際の注意点

No.900_16

問い合わせの段階で、サンプル仕入れをする旨を必ず伝えます。

最初から大量に仕入れない(テスト仕入れ)ことが大事です。

いくらアリババであっても色々な業者が入り込んでいます。

ですので、上記画像のようにいきなり1000個とか大量発注してしまい、思っていた品質と違うとなれば、ゴミの山になってしまいます。

初めは10〜30個でいいと思います。

また、輸入禁止品・既製品にも気をつけてください。

禁止品は当たり前なのですが、中国のメーカーは日本の事情を知りません。

大丈夫ですか?と聞いても他の国が仕入れているので大丈夫と言われます。

また、最近のアマゾンでは中国ブランドが記載されたものをそのまま販売されていますので、そのブランド名のまま仕入れてアマゾンで販売すると、中国ブランドであっても真贋判定が入ってきます。

そうなるとアカウント停止となりますのでしばらく販売活動ができませんので注意です。

もっと当たり前のことを言うと偽物商品は購入しない 、ということです。

最近は日本でOEMした商品をそのまま出品している中国業者が多くなりました。

日本のOEM商品のコピー品です。

これも避けるようにしましょう。

中国輸入ビジネスと言っても立派な貿易です。

まだまだ厳格なルールはたくさん存在しますので、不安な場合は代行を利用しましょう。

 

輸入代行サービスとは?

No.900_17

輸入代行を利用するメリットなどについて解説します。

 

輸入代行を利用して購入するメリット

最大のメリットは個人的には、言葉の障壁がないということです。

細かいことも聞けますし、注文から発送まで代行してくれます。

売れている商品をリサーチした後は、発注依頼や見積もり依頼をするだけで後は返事待ちになります。

時間と手間が短縮できるということですね。

また、商品が中国の代行会社に到着すれば、検品の依頼もできます。

これをすると、日本に来る前に品質確認ができます。

さらに、サンプルを発注してもサンプルの確認もしてもらえますので、日本に発送して自らサンプル確認するための輸送時間の短縮にもなります。

さらに、継続発注している商品であれば、OPPの袋に入れてアマゾンの商品ラベルを貼ってそのままアマゾンのFBA倉庫に直送することも可能です。

自分にあったサービスを選べるのが代行会社のいいところです。

 

アリババ輸入代行なら「リードエクスプレス」

No.900_18
「リードエクスプレス」は初心者はもちろん、アリババを使う中級者以上のOEMにも対応しています。

直接問い合わせしても全く伝わらないとか、どうしても欲しい商品なので確実に仕入れまでもっていきたい場合などに使用できます。

さらにOEMする際のパッケージ作成やロゴをつける場所などは簡単に「この辺につけて!」と言う感じで伝わります。

どうしてもメーカーとやり取りが不安であれば、「リードエクスプレス」を使ってみましょう。

 

アリババは中国転売攻略の鍵!

中国最大級の通販サイトであるアリババは中国版アマゾンといっても過言ではないサイトです。

不良品が多いことも事実ですが、返金保証サービスなどを使って上手く仕入れられれば、高利益の見込める可能性を秘めたサイトです。

上級者を目指すなら一度は挑戦を考えても良いでしょう。

メルマガではさらに詳しく、実戦的な販売のコツなどを紹介しています。

興味のある方は登録をおすすめします。

 

無料のメール講座でネット物販についてどこよりも詳しく解説します


登録後すぐに実践マニュアルも無料プレゼント!


✓ 副業メルカリで月収10万円
✓ 本業Amazonで毎月30万-100万円


物販総合研究所は年商12億円の物販ビジネスを運営しながら
物販に関する本格的な情報発信を行っています

現在募集中のセミナー

リアルタイムに情報を配信中 → Twitter_Logo_WhiteOnBlue Twitter

ノウハウ動画を毎週配信中 →  yt_logo_rgb_light