16 min read

ネットで稼ぐ方法まとめ!おすすめ24選と儲けるコツを紹介!

Featured Image

ネットの普及に伴い、企業に勤める以外にもさまざまな働き方ができるようになりました。

特に、新型コロナウイルスが流行してからは在宅時間も増え、ネットで稼ぐ方法に興味を持つ人も増えたのではないでしょうか。

とはいえ、オンラインでお金を稼ぐとなると、本当に儲かるのか、そもそも何をすればいいのか疑問に思う人もいるかもしれません。

そこでこの記事では、初心者を対象にタイプ別の稼ぎ方や儲けるコツをまとめて紹介します。

 

ネットで稼ぐとは?

加藤政則_リライト_03_01

オンラインで完結できるサービスは年々拡大している一方で、ネットを活用してお金を稼ぐことには怪しさを感じる人もいるかもしれません。

そこでまずは、ネットで稼ぐ仕組みや働き方のパターンを紹介します。

 

ネットで稼ぐ仕組みって?

ネットで稼ぐ仕組みはとてもシンプルで、実際にある店舗の仕事をオンライン化するものであり、やるべきことはリアルの店舗とあまり変わりません。

ネット上で完結することから「ネットビジネス」ともいわれています。

たとえば、商品のネット販売、オンラインでのスキル指導などは実際の店舗で言うところの商店や塾です。

ネット特有といえばWebサイト作成代行ですが、これはお店を作るので建設会社のようなイメージと言えます。

ほとんどの場合、物やサービスを提供したり、誰かの「できない!」を代行したりするのが仕事で、なかには手軽な娯楽系のサービスも充実しているので、初心者が挑戦するのにも適しています。

ちなみにネットビジネスとネットワークビジネスは全くの別物ですので気をつけてください。

ネットワークビジネスは会員紹介で利益を上げる方法であり、違法ではないものの社会問題になるケースもあります。

 

働き方のパターン

ネットで稼ぐ人の働き方には、副業と本業の2つのパターンに分けられます。

【副業パターン】
一般的には会社員が空いた時間に取り組むタイプの働き方です。

家事や育児で一時的に仕事から離れている主婦も副業パターンに含まれます。

働き方の変化に伴い、副業で始める人は増加傾向にあるようです。

【本業パターン】
個人事業主として独立したり、起業してネットビジネスを専業としたりする働き方です。

人を雇わなければ何から何まで自分一人で行わなければならないので大変ですが、軌道に乗れば大きな利益を期待できます。

ネットで稼ぐには、副業のまま収入を増やして将来に備えたり、副業から本業へとステップアップさせたりすることも可能ですから自由度は高いです。

自分のライフスタイルに合わせて職種は選べるので、まずは体験してみると良いでしょう。

 

ネットで稼ぐメリット

加藤政則_リライト_03_02

ネットで稼ぐ方法には幅広い選択肢があり、何を選ぶにしても共通するメリットが存在します。

ネットビジネスの具体的なメリットが分かれば、これから何をするべきか見えてくるかもしれません。

そこで、ネットビジネスにはどのようなメリットがあるのか紹介します。

【ネットで稼ぐメリット4つ】

  • 時間や場所を選ばずにできる
  • 学歴・経歴を気にする必要がない
  • 初期費用が不要なものが多い
  • 起業できる可能性がある

 

時間や場所を選ばずにできる

ネットで稼ぐ方法はインターネット環境さえ整っていれば、時間や場所に縛られないのが魅力です。

いわゆる「ノマドワーカー」と呼ばれる働き方であり、チャレンジ精神さえあれば誰もが実現できる可能性があります。

さらに、都心と地方といった地域格差による影響も少ないという特徴もあります。

たとえば、地方だから稼げない、魅力的な仕事が少ないなどの問題を気にせずに済むのです。

賃金水準の低い地域に住んでいても、東京圏の人と同じ水準の収入を得ることも可能です。

 

学歴・経歴を気にする必要がない

ネットビジネスは「行動すれば稼げる」のが基本ですから、誰にでもチャンスがあります。

学歴・経歴を気にする必要はありませんし、スキルによる有利・不利も発生しにくいので、稼げるチャンスは平等にあります。

一方、日本で企業に勤める場合、学歴や経歴を全く気にしないというわけにはいきません。

事実、初任給は高校卒で約167,000円→高専・短大卒で約184,000円→大学卒で約21万円というように、学歴に応じて高くなる傾向にあります。

しかし、ネットビジネスは頑張り次第で上限なく稼げるのが特徴です。

高校卒の人がネットビジネスを始めてすぐに、大学卒の人と同じ水準の収入を得るのも不可能でありません。

 

初期費用が不要なものが多い

ネットで稼ぐ場合、初期費用を必要としないものが多い点もメリットです。

一般的に、初期投資が大きいビジネスほど回収に時間がかかるため資金面でのリスクがあります。

たとえば、実際にお店を構えて営業するリアルビジネスでは、店舗を借りたり従業員を雇用したりするなどのコストが大きくなりがちですから、参入へのハードルは高いと言えるでしょう。

その点、ネットビジネスはパソコンが1台あれば、お金をかけずに始められるのが魅力的です。

初期費用を準備できないという人でも全く問題ありませんし、何に取り組むかも自由に選べます。

物販に挑戦する場合は仕入れ資金が多少必要ではあるものの、最初は数万円あれば十分です。

 

起業できる可能性がある

ネットでしっかりと稼げるようになると、起業できる可能性がある点もメリットのひとつです。

ネットで稼ぐ方法のなかには、スキルや経験値を上げると収入が上がっていくタイプのものもあります。

継続的に高収入を得られるような段階になると、起業や独立することも不可能ではありません。

そのためには、最初から将来性を視野に入れて仕事を選ぶのがポイントです。自分の希望も考慮しながらじっくりと検討しましょう。

どのような職種や稼ぎ方が将来性を期待できるのかが気になるところですが、詳しくは後ほど紹介します。

 

ネットで稼ぐデメリット

加藤政則_リライト_03_03

ネットで稼ぐメリットは魅力的ではあるものの、何事もメリットがあればデメリットも存在するものです。

そこで、ネットでお金を稼ぐ際のデメリットも確認しておきましょう。

【ネットで稼ぐデメリット3つ】

  • 孤独を感じることがある
  • プライベートとの線引きが難しい
  • すぐには稼げないものもある

 

孤独を感じることがある

ネットで稼ぐ仕事のデメリットに挙げられるのは、孤独を感じるときがある点です。

ネットで稼ぐ場合、在宅で行うにしても外出先のすき間時間を使うにしても、その多くは1人作業で進めます。

コミュニケーションが少なくなりがちですから、人によっては孤独を感じることがあるかもしれません。

また、答えを教えてくれる人がいないので、自力で情報収集をしたり、試行錯誤をしたりしなければならない点も認識しておく必要があります。

 

プライベートとの線引きが難しい

ネットで稼ぐ仕事は在宅で働くことが多く、生活空間と仕事場が共通のため、プライベートとの線引きが難しい点もデメリットに挙げられます。

特に、誘惑に弱いタイプの人ほど慣れるまで苦労する傾向にあります。

仕事に没頭しすぎてしまったり、逆に怠けて稼げなかったりする可能性があるので、時間管理はしっかり意識することが大切です。

ネットビジネスで上手に稼ぐコツは記事の後半でも紹介しているので参考にしてください。

 

すぐには稼げないものもある

ネットで稼ごうと思っても、すぐにお金を稼げるわけではありません。

ネットで稼ぐ方法のなかには、即日で収入が発生するものもあれば、最初の数カ月は無収入のものもあります。

お金を稼ぐのに時間がかかるネットビジネスに挑戦する場合は、生活費を確保したり、副業から始めたりするなど、お金を手元に残しておく工夫をしましょう。

とはいえ、時間をかけるほど収入も上がる可能性はあるので、一概にデメリットとは言えません。

 

ネットで稼ぐ!【手軽に取り組みたい初心者向き】

加藤政則_リライト_03_04

ここからは、ネットビジネスを始めたい人に向けて、タイプ別の稼ぎ方を紹介します。まずは「とりあえずやってみたい!」という人や「簡単にできるものがいい!」という初心者向けのものから見ていきましょう。

 

ポイ活

加藤政則_リライト_03_05

ポイ活とは、ポイント活動を略した言葉です。

ポイントサイトなどで貯めたポイントを現金や電子マネー、ギフト券などと交換して普段の生活に役立てている人は多くいます。

たとえば、ミニゲームやCM視聴、アプリDLなどで月数千円程度を稼げるのが相場ですが、クレジットカードの発行や口座開設をすると数万円稼ぐことも可能です。

ポイ活の魅力は、仕事の合間や通勤・通学の途中など、すき間時間を使って簡単にお小遣い稼ぎができること。

ただし、プラス収入というよりは節約に活用するイメージですから「稼ぐ」とまで言えるものではありません。

 

おすすめサイト

ポイントサイトでは「モッピー」「ハピタス」「ECナビ」などが有名で、どのサイトも運営期間が長く、会員数は数百万人を誇ります。

ポイ活をすることに不安がある人は、まずはメジャーなポイントサイトを利用してみましょう。

近年は健康志向の高まりを背景に、歩くだけでポイントが貯まる「Coke ON」や「WalkCoin」といったアプリも人気を集めるようになりました。

歩いただけで貯まるポイントは、商品に交換できたり抽選に応募できたりするので達成感も得られるでしょう。

 

アンケートモニター

加藤政則_リライト_03_06

アンケートモニターとは、登録したサイト内でアンケートに回答して稼ぐ方法です。

アンケートは企業や研究機関などが市場調査のために実施しているものであり、調査に協力する見返りに謝礼をもらうという仕組みになっています。

ポイ活同様、報酬はポイント式で現金やギフト券と交換するのが一般的です。

1回答につき数ポイントが相場で、1カ月で数百から数千円程度の収入が目安になります。

アンケートモニターの魅力は、ポイ活同様に手軽なところ。

スマホを使って1つ数分で回答できるので、すき間時間を有効活用したい人におすすめです。

 

おすすめサイト

アンケートモニターのサイトは「マクロミル」が代表的な存在で、2000年にスタートした老舗のアンケートサイトです。

そのほか「アイリサーチ」や「リサーチパネル」なども有名どころで、特にアイリサーチは会員数が約639万人もいます(2020年9月時点)。

リサーチパネルはポイントサイトの「ECナビ」と提携しており、もらえるポイントは「ECナビポイント」になります。

アンケートに参加するには両サイトへの登録が必須です。

 

商品モニター

加藤政則_リライト_03_07

商品モニターとは、発売前や話題の商品を無料または格安で体験し、アンケートやレビューで稼ぐ方法です。

報酬はポイント制が多く、ポイ活の一環として取り組む人も少なくありません。

商品モニターの魅力は、美容系の案件が多いこと。

そのため、男性よりも女性のほうが魅力に感じやすいでしょう。

一方で、商品を体験するために費用が発生することもあるので、稼げるとは言えない部分もあります。

たとえば、5,000円の商品を購入して試し、5,000円分のポイントを還元してもらうパターンもあるので、気になる商品を試したいときに利用する程度に考えたほうが良さそうです。

 

おすすめサイト

商品モニターサイトとしては「ファンくる」がよく知られています。

全国にある約7,500店舗を対象にしたミステリーショッパーが人気で、最大100%のポイントバックが売りです(2020年9月時点)。

SNSへ投稿できる人は「コエタス」、美容系が好きな人は「とくモニ」などの選択肢もあります。どちらのサイトもミステリーショッパーがあるのがポイント。

また、アンケートモニターのサイトでも商品モニターを募集していることも多いので、気になる人はチェックしてみましょう。

ゲームコイン換金

加藤政則_リライト_03_08

ゲームコイン換金とは、スマホでゲームをしながらお金を稼ぐものであり、嘘のような本当の話です。

たとえば、RPGのゲームアプリ「DORAKEN」は、ゲーム内で貯めたG(ゴールド)を10Gあたり1円のレートで換金できる仕組みになっています。

アプリは無料で、DL数は300万超えの人気ゲームです(2020年9月時点)。

また「ナンプレde懸賞」などパズルを解いて懸賞に応募する方法も人気があります。

稼げるわけではありませんが、Amazonギフト券などの景品が当たることもあるのでおすすめです。

ゲームコイン換金は、遊ぶついでにお小遣いが貯まるので、ゲームが好きな人には魅力的でしょう。

ゲームを思いっきり楽しみつつ、気づいたころには予想以上にお金が貯まっているかもしれません。

ただし、あくまでゲームなのでポイントサイトのほうが稼げると言えます。

 

ネットで稼ぐ!【趣味に燃える人向き】

加藤政則_リライト_03_09

好きなことや熱中している趣味のある人は、それを活用してお金を稼げないか考えてみるのもおすすめです。

実は意外に高収入を得られるかもしれません。

ここでは、自分の「好き」を大切にしながらお金を稼ぐ方法について紹介します。

 

ハンドメイド作品の販売

加藤政則_リライト_03_10

ハンドメイド作品の販売とは、自分で作った雑貨や小物などを商品として売って稼ぐ方法のことです。

たとえば、アクセサリーやネイルチップ、洋服、バッグ、おもちゃなどがあるので、手先が器用な人に向いています。

ハンドメイド作品を販売する魅力は、モノづくりが好きな人がリアル店舗を持たなくても商売できることであり、最大のメリットです。

また、他の人の作品に刺激を受けたり、ファンを獲得できたりしてモチベーションがアップすることも魅力でしょう。

ハンドメイド作品は同じものが2つとないので、オリジナル商品を欲しいという人からの需要もあります。

 

おすすめサイト

ハンドメイド作品を販売できる国内サイトは「minne」と「Creema」が有名です。

「minne」は大手企業の運営、「Creema」はポイント付与などの特徴があります。

プロ志向が強い人には「iichi」もおすすめ。洗練されたハンドメイド作品なら高値で売れる期待もあります。

売れるハンドメイド作品を制作できれば、各サイトが運営するリアル店舗に出品できるチャンスに恵まれる可能性もあるので夢が広がります。

また、海外を視野に入れるなら、世界最大級のハンドメイドマーケット「Etsy」も検討してみましょう。

写真販売

加藤政則_リライト_03_11

写真販売とは、自分で撮った写真をストックフォトサイト上に公開し、ダウンロード数に応じた報酬を得る方法です。

インスタなどに載せる写真にこだわっている人なら撮影スキルが高いかもしれません。

どのような写真が売れるのかをチェックすることで、写真販売で稼げるチャンスがあります。

写真販売の魅力は、自分の写真が選ばれれば、企業などのサイトで画像が活用される点です。

有名企業のホームページに掲載されるようになるとモチベーションも上がるでしょう。

ダウンロード1回につき数十円から数百円が相場ですが、腕を磨いたり、ニーズの高い写真を用意したりすることで高収入を得られる可能性があります。

 

おすすめサイト

写真販売ができるサイトは「PIXTA」がよく知られています。

ただし、クオリティの高い写真が多く並んでいるので競争率は高いです。

画像の審査もやや厳しめなのがデメリットと言えます。

初心者は会員数の多い「写真AC」や自分で販売価格を決められる「フォトライブラリー」もの利用も検討してみましょう。

また、スマホで撮影した写真を販売するなら「Snapmart」もおすすめです。

インスタにアップするような、おしゃれな写真を取り扱っているため需要があります。

 

有料note販売

加藤政則_リライト_03_12

noteは個人や企業が情報発信できるサービスで、ブログと同じようなものですが、有料販売できるという特徴があります。

ブログよりも機能がシンプルで継続しやすい設計になっているため、記事を書くのが続かない人にもおすすめです。

有料noteを販売する魅力は、自分のオリジナルコンテンツが価値あるものとして他人に評価されるところにあります。

たとえば、記事のほかに映像や音楽なども公開できます。

ノウハウを書いた記事に具体的な映像を付け加えるとイメージが湧きやすいので、販売につながる可能性が高くなるでしょう。

ちなみに、小説などの純粋な創作物よりは「副業で月10万円稼いだ方法」など、ノウハウ系のコンテンツが稼ぎやすく、アピールできる実績がある人ほど有利と言えます。

通常会員は1つ100円から1万円の範囲、有料のプレミアム会員は5万円までの範囲で価格設定できますが、継続的に高い価格で売るには工夫が必要です。

商品が売れた場合は、申請をすると手数料を引かれた金額が指定の口座に振り込まれます。

 

LIVE配信

加藤政則_リライト_03_13

LIVE配信とは、専用アプリで歌やトークなどをリアルタイムで配信して稼ぐ方法のことです。

「投げ銭」と呼ばれるファンからのポイントを換金できる仕組みになっており、ファンが多ければ、そのぶんだけ稼げる魅力があるため人気になっています。

また、自分の好きなことを配信するスタイルなので、楽しみながらできるのもLIVE配信の魅力です。

人気が出てくるとコンスタントに毎月数万円売り上げる人もいるので、稼ぎやすい仕事に分類できるでしょう。

とはいえ、工夫は必要です。たとえば、twitterなどのSNSを配信予告に活用して集客するのもひとつの方法です。

 

おすすめサイト

国内では「Pococha」や「17LIVE」がよく知られるLIVE配信サイトです。

ランキングで上位になるとボーナスポイントなどがもらえることもあります。

場合によっては雑誌への出演権を得られるなど、他媒体で活躍できる可能も。

ただし、ライバルが多いほど稼ぐ難易度は上がる点は認識しておきましょう。

また、全世界で2億回以上もダウンロードされている「BIGO LIVE」も注目です。


海外ライブも見られるうえに、翻訳機能があるのでコミュニケーションもできます。

 

プラモデラ―

加藤政則_リライト_03_14

プラモデラーとは、プラモデルの製作でお金を稼ぐ人のことです。

完成品をネット上で販売したり、製作の依頼を受けたりする方法で収入を得ます。

このうち、完成品を販売するやり方のほうが参入のハードルは低いといわれています。

完成品の販売はヤフオクやメルカリを活用するのが一般的です。

最初は数千円程度の利益が一般的ではあるものの、名前が知られてくると1体で10万円稼ぐ人もいます。

製作依頼を受注するのは難易度が高いとはいえ、そのぶん単価も上がる傾向にあります。

ただし、1体数万円まで到達するためには相当な努力と製作技術が必要です。

たとえば、よりリアルに感じられる塗装技術や、パーツを改造または加工できる技術があれば、プラモデルに付加価値を与えられるので単価を高くして販売できるでしょう。

プラモデラーの魅力は、趣味で稼ぎつつ、プラモデル好きとのネットワークができる可能性がある点です。

プラモデルコンテストなどで入賞すれば、SNSを通じて直接依頼が来ることも期待できます。

 

音楽制作

加藤政則_リライト_03_15

音楽制作とは、自分が作曲した楽曲を販売したり、他の人が作った楽曲をアレンジしたりする稼ぎ方です。

特に、DTMのスキル(パソコンで音楽制作する技術)を持っている人は需要があるため、案件も豊富にあります。

また、音楽制作は自分の音楽を多くの人に聞いてもらえるチャンスがあるのがメリットです。

ちょっとしたことがきっかけで制作した楽曲が注目され、一躍時の人になる可能性もあります。

報酬面は実績次第です。

初心者のうちは単価を下げて受注数を増やす必要があるので1曲数千円、実績を積むと1曲数万円がおおよその相場といわれています。

 

おすすめサイト

個人を相手にスキル販売ができる「ココナラ」や「タイムチケット」などのサイトは、音楽制作に関する商品やサービスの取り扱いが多いです。

楽器レッスン、ボーカル指導などの出品もあるので、音楽に携わってきた人なら稼ぐチャンスがあります。

また、企業相手ではないので、実績を積むのに向いている環境と言えます。

そのほか、クラウドソーシングサイトで活用する人もいます。

クラウドソーシングサイトについては、後ほどライターのところで詳しく紹介します。

 

イラスト販売

加藤政則_リライト_03_16

イラスト販売とは、自分の描いた絵をお金にする稼ぎ方のことで、写真販売のイラスト版というイメージです。

汎用性の高いイラストでダウンロード数を狙う方法と、個別のリクエストに応じて描く方法があります。

ダウンロード数を狙う方法では、登録するサイトの多さが物を言います。

写真販売ができるサイトにイラスト素材もアップできるので有効に使いましょう。

個別リクエストに応じる方法は「ココナラ」やイラスト販売専門の「SKIMA」などでオファーを受けるのが一般的です。

サンプルのイラスト素材をアップしておくと受注数が伸びる可能性があります。

そのほか、LINEスタンプに挑戦するのもおすすめです。

イラスト販売は、個人的な趣味がビジネスに変貌する可能性があるのが魅力の働き方と言えます。

ただし、稼ぐためにはどれだけニーズに応えられるかという点が重要なポイント。

そのため、作画スキルだけでなく需要を意識できるほど有利です。

 

パーソナルスタイリスト

加藤政則_リライト_03_17

パーソナルスタイリストとは、クライアントの要望に合わせてファッションコーディネートを提案する仕事です。

パーソナルスタイリストとして独立する方法もありますが集客が大変です。

そのため、先ほど紹介した「ココナラ」などのスキル販売サイトを活用したり、スタイリスト事務所に所属したりする方法で始めるのが良いでしょう。

1回の相談で数千円が相場で、オンラインのみで活動している人のなかには2,000円以下の出品者もいることから、低価格競争に巻き込まれないように注意が必要です。

パーソナルスタイリストを仕事にする魅力は、ハードルが高いとされるファッションの仕事を気軽にできることです。

ただし、資格が不要な仕事であるため実力を証明しにくいデメリットもあります。

ファッションに敏感な人に見てもらえるように、SNSに力を入れておくと実力の証明とともに宣伝にもなるので、積極的に活用しましょう。

また、センスとともにコミュニケーションスキルもあると人気を得やすくなるので、SNSの活用は有効と言えます。

 

ネットで稼ぐ!【専門スキルがある人向き】

加藤政則_リライト_03_18

ネットで稼ぐ人のなかには、趣味の範囲を超えた専門スキルで活躍し、独立を果たす人もいます。

強みとなるスキルを持っていると、独立をする際に大きな武器になるでしょう。

そこで、堅実に稼ぐことを考えたときに選択肢となり得る稼ぎ方を紹介します。

 

ライター

加藤政則_リライト_03_19

ライターとは、企業や個人から依頼を受けて文章を執筆する仕事のことで、ネットで稼ぐライターはWebライターとも呼ばれています。

物を書くのが好きな人は、文章力を生かして稼げるのが魅力です。

報酬は1文字いくらという文字単価で決定するのが通常です。

たとえば、文字単価1円なら1,000文字の記事を書いて1,000円という計算です。

記事作成のスキルが上がり、良質な記事を書けるようになると文字単価も上がる可能性があります。

また、一緒に仕事をする相手次第で文字単価が上がる場合もあります。

ただし、初心者のうちは文字単価が0.3円ということもあるので、やはりスキルの向上が欠かせません。

 

おすすめサイト

ライターの仕事を進めるなかでは、クラウドソーシングサイトを利用するのが一般的です。

クラウドソーシングサイトでは、ライティングに限らず、さまざまな職種が募集されていて自由に応募できるスタイルです。

たとえば「ランサーズ」と「クラウドワークス」が二大巨頭。

そのほか、ライティングに特化した「サグーワークス」や「ライターステーション」などもあります。

やるべきことは文章作成ですが、ルールや文字単価などは違いがあるので、自分に合ったサイトを利用しましょう。

 

プログラマー

加藤政則_リライト_03_20

プログラマーとは、Webサイトの構築やデザイン、アプリ開発などをする仕事で、プログラミング言語を扱える人であれば、コンスタントに稼げる可能性があります。

IT業界は人材不足が続いているといわれているので、仕事には恵まれている傾向にあるうえに、在宅勤務で対応可能な案件も豊富なのがメリットです。

収入はスキルレベルと案件の規模によって大きく異なります。

あまりスキルが高くない人は、クラウドソーシングサイトを利用してみると良いでしょう。

クラウドソーシングサイトは比較的難易度が低めな仕事も多く、実績を積むのに適しています。

フリーランスで働く場合は専門のエージェントに仲介してもらう方法もおすすめ。

たとえば「PE-BANK」や「freelance hub」、「レバテックフリーランス」などはエンジニア専門のサイトですから、好条件の仕事を見つけられる可能性があります。

エージェントが仲介する仕事は高額な案件も多く、スキルが伴っていればまとまった収入を得ることも可能です。

 

翻訳家

加藤政則_リライト_03_21

翻訳家は、外国語を日本語に訳したり、日本語を外国語に訳したりするのが主な仕事です。

英語が主流ですが、中国語など多言語の需要も高くなってきています。

特に、契約書やマニュアル、パンフレットなどの情報資料を翻訳する案件のニーズが高い傾向にあります。

外国語を翻訳するのは誰にでもできるわけではないので、文字単価は高くなるのが大きなメリットです。

文字単価が4円~6円で受注できることも珍しくないため、日本語のライターよりも稼ぎやすいと言えるでしょう。

実際に仕事をするにはクラウドソーシングサイトを利用するのが効率的ですから登録は必須です。

高単価の継続案件を受注できると有利に仕事ができます。

外国語以外に、何らかの分野に関する専門知識があると依頼されやすいので、得意分野を活かしながら翻訳の仕事にチャレンジしてみましょう。

 

動画制作・編集

加藤政則_リライト_03_22

動画制作・編集とは、主にYouTube用に加工する仕事のことです。

ほかの人が撮影した動画素材を受け取り、不要な部分をカットしたり、効果音や字幕を入れたりするなどして、視聴者が興味を持って見やすくします。

動画制作・編集の仕事は、ほかの稼ぎ方に比べてライバルはまだ少なめで稼ぎやすい職業のひとつです。

なぜなら、YouTubeに参入する個人・企業は増えているものの、編集スキルを持つ人は少ないためで、仕事を受注しやすく単価も高い傾向にあります。

視聴者を引きつけ、登録者数を増やせる編集スキルを持っているほど稼ぎやすく、慣れてくると1本で数万円稼ぐことも不可能ではありません。

動画編集のスキルがほとんどない人でも、集中して学べば短期間で編集スキルを身につけることは可能です。

案件はSNSや直営業で受注することもできますが、売り込みが苦手な人はクラウドソーシングサイトを介して受注する方法が良いでしょう。

なお、YouTuberとして稼ぐ方法は後ほど紹介します。

 

コンサルタント

加藤政則_リライト_03_23

コンサルタントとは、企業や個人の課題を解決するための提案を行う仕事のことです。

コンサルタントと聞くと、経営に関するアドバイスをするイメージを抱く人も多いかもしれませんが、SEO対策などのWebコンサルやシステム構築・改善を扱うITコンサルもあります。

企業に勤めた経験がなくとも自分で実践して得た成果があれば、それを元にしてコンサルタントの仕事ができます。

ただし、クライアントから信頼されるような、はっきりとした実績を用意しなければ案件の受注は難しくなります。

顧客が抱える問題をどのように解決してきたのか、顧客にはどのような結果をもたらしたのかについて、分かりやすく説明できるようにポートフォリオを整理しておくのがおすすめです。

また、コンサルタントはプロとしてのアドバイスができるので、単価が高めなのが特徴です。

時給にすると数千円、1案件では数万~数十万円がおおよその相場になっています。

クラウドソーシングサイト以外にも「ビザスク」のようなコンサル専用サイトを活用するのも手段のひとつです。

 

オンライン講師

加藤政則_リライト_03_24

オンライン講師とは、自分の持つ専門スキルを人に教えることが仕事です。

専門スキルで稼ぎつつ、教える仕事もすればお金が入ってくる入り口を増やせるので、収入も上がりやすいと言えます。

オンラインでの学びは需要が増えているためチャンスが豊富にあるのが特徴です。

背景にあるのが新型コロナウイルスの影響で、将来に不安を持つ人が増加傾向にあることから「他職種でも活かせるスキルを学びたい」と考える人は少なくありません。

そのため、今の自分が有しているスキルが売れるのです。

実際の収入はスキルにもよるが、時給数千円のイメージを持っておけば良いでしょう。

気に入ってもらえれば、人気が出てさらに稼ぎやすくなるので、教える分野の知識以外に、相手とのコミュニケーションが重要になってきます。

実績を積めばオンラインサロンに規模を拡大することも可能で、そうなると収入はさらに上がるでしょう。

学び専門のマッチングサイトである「ストアカ」は、オンライン講師を始めるためのプラットフォームであり、豊富な機能を備えているのでおすすめです。

 

ネットで稼ぐ!【ガッツリ儲けたい人向き】

加藤政則_リライト_03_25

ネットで稼ぐことを考えている人のなかには、生活に困らない収入を得たい人もいるでしょう。

そこで、最初は収益が上がりにくいものの、継続するほど稼げるようになるビジネスを紹介します。

 

ブログアフィリエイト

加藤政則_既存_03_01

ブログアフィリエイトとは、自分のブログやホームページに広告を掲載して稼ぐ方法のことです。

文章を書くのが好きな人はライターと並行して挑戦する人も多くいて、参入のハードルが低い稼ぎ方として知られています。

スタートから半年程度は無収入なのが一般的ですが、成功すると安定して稼げるのがブログアフィリエイトの魅力です。

ブログアフィリエイトにおいて収入の柱になるのは、成果報酬型とクリック報酬型の2つがあります。

成果報酬型は、商品やサービスを紹介し、成約率に応じて報酬が発生する仕組みです。

クリック報酬型はGoogleアドセンスの広告を表示し、クリック数に応じて報酬が発生します。

どちらの場合も需要のあるジャンルに特化したサイトが強い傾向にあり、たとえば転職や金融、美容などは多くの人が悩みを抱えている傾向にあるのでアクセスを集めやすいです。

このようなジャンルの記事を書いてブログ内に広告を貼り付けるのがおすすめですが、さらにSEOの知識もあればアクセス数を集められ、収入につなげやすくなります。

 

YouTubeアフィリエイト

加藤政則_既存_03_02

YouTubeアフィリエイトとは、自分のチャンネルで公開する動画にアドセンス広告を入れて稼ぐ方法です。

多くの子どもの憧れの職業になっているYouTuberといわれる人たちの収益源は、アドセンス広告による収入がメインになっています。

YouTubeアフィリエイトの難易度は低くないものの、人気が出れば寝ているあいだも広告収入が発生するのが大きな魅力です。

特に、ゲーム実況やペット動画など、テーマが決まっているチャンネルほどファンがつきやすい傾向にあります。

収入を最大化させるためには、視聴者を飽きさせないように、こまめに動画をアップすることが重要です。

人気のあるYouTuberのなかには、1日に数回アップしている人もいます。

また、動画に広告を入れるにはチャンネル登録者数は1,000人以上必要ですし、直近12カ月間の総再生時間が4,000時間以上という条件をクリアしなければなりません。

この条件をクリアするには数カ月から1年程度かかることが想定されるので、即金性のあるビジネスとは言えないでしょう。

 

物販

加藤政則_既存_03_03

物販とは、主に市場にある既製品を安く仕入れて高く売り、差額を儲けるビジネスのことです。

「転売」や「せどり」と呼ばれることもあります。

特別なスキルがなくても取り組めるので敷居の低さが物販の魅力です。

たとえば、アフィリエイトは文章力や動画編集能力が必要になりますが、物販は既製品の宣伝文句を引用して売り込むため特殊な能力は必要ありません。

また、比較的短期間でしっかり稼げるようになるのもメリットと言えます。

なかには、数カ月で数十万円の利益を上げる人も珍しくありません。

物販はニーズの高い商品ほどよく売れて儲かるという特徴があるので、リサーチ力を高めるのが物販に強くなるためのポイントです。

逆に言えば、ニーズの高い商品を見つけられるリサーチ力以外に特別なスキルは必要ないので、物販で成功する可能性は高いということです。

また、海外市場との取引も可能であることも特徴のひとつ。

中国転売は仕入れ費用が安いことで知られているので、積極的な活用が大きな利益を生み出すためのコツと言えるでしょう。

 

ネットで稼ぐ!【リスクが取れる人向き】

加藤政則_リライト_03_26

ネットで稼ぐ方法には、投資という選択肢もあります。

ただし、元本割れするリスクがありますし、ある程度資金に余裕がある人向きのため簡単に稼ぐことはできません。

ここでは、参考情報としていくつかの投資方法を紹介します。

 

株式投資

加藤政則_既存_03_04

株式投資とは、企業の株を売買して稼ぐ方法のことです。

たとえば、ある企業の株を10万円で購入し、15万円になったタイミングで売ると5万円儲かるという仕組みです。

また、配当金や株主優待で利益を得ることもあるのが株式投資の特徴です。

株式投資で稼ぐには、業界や企業の分析能力が必須であり、毎日の情報収集が欠かせません。

なぜなら、株価が上がるかどうかは企業の将来性によるところが大きいからです。

日経新聞を読むのが大好きという人にはチャンスがあるかもしれませんが、相場がどのように動くかまでは分かりません。

社会や企業に大きな問題が発生したときには株価は大きく下がる傾向にあるので、リスクを取れる人でなければ難しい稼ぎ方です。

 

FX

加藤政則_リライト_03_27

FXとはForeign Exchangeの略で、外国為替証拠金取引のことです。

分かりやすく言うと、日本円と外国通貨を売買して稼ぐ方法になります。

たとえば、1ドル100円のときに1ドルを買い、1ドル120円となったときにその1ドルを売って日本円にすると、100円が120円になって戻ってくるので20円の利益が出るという仕組みです(実際の取引はより高額です)。

外国通貨はアメリカドル以外にユーロやポンド、オーストラリアドルなどさまざまあり、好みの通貨ペアで始められます。

少ない資金から始められますし、24時間いつでも好きな時間に取引できるのもメリットです。

ただし、為替相場は値動きが激しいため為替レートを常にチェックする生活になるので、はまりすぎないように気をつけましょう。

 

仮想通貨

加藤政則_リライト_03_28

仮想通貨(暗号資産)とは、デジタル世界にのみ存在するお金のことで、馴染みのない人も多いかもしれません。

日本円のように国が認めた法定通貨ではなく管理者もいないため、価格変動が大きいことで知られています。

仮想通貨の盗難事件や取引所の経営破綻など、何かと問題が噴出するのも仮想通貨の特徴です。

仮想通貨で稼ぐとは、日本円で仮想通貨のBTC(ビットコイン)などを買い、価値が上がったところで換金するのが主な方法です。

2017年頃は「億り人」と呼ばれる億万長者も出たものの、2020年現在は当時よりも下火になっています。

仮想通貨も値動きが激しいのが特徴であるため、挑戦するなら複数の仮想通貨を組み合わせてリスクヘッジをするのが賢明です。

 

ネットで稼ぐコツ

加藤政則_既存_03_05

ネットで稼ぐ方法は数多くあり、誰でも挑戦することが可能です。

しかし、稼げる人と稼げない人がいるのも事実。

そこで、ネットビジネスでお金を稼ぐコツについて紹介します。

【ネットで稼ぐコツ3つ】

  • 自分に合ったネットビジネスを選ぶ
  • 目標を決めて継続する
  • 成功している人からノウハウを学ぶ

 

自分に合ったネットビジネスを選ぶ

ネットで稼ぐなら、自分の興味に合った方法を選ぶのがポイントです。

「稼げる!」という情報だけで興味のないネットビジネスを始めるよりは、楽しみながら取り組めるほうが挫折する可能性が低くなるからです。

たとえば、カメラが趣味な人は写真販売、物を売りたいなら物販など、自分の趣味や興味を重視して始めるのがおすすめです。

また、稼ぐことも重要ですが、初心者のうちは楽しむことも大切です。

失敗をおそれて行動しなければ何も変わりません。

小さな資金から始められるビジネスがほとんどですから、成功のイメージを膨らませて楽しみながら行動してみましょう。

 

目標を決めて継続する

どのようなやり方を選ぶにしても、一定期間は継続することも大切です。

最初は試行錯誤する時間も多く、ビジネスとして直ぐに利益を上げるのは簡単ではありません。

うまく稼げるようになるには時間がかかりやすいため、途中で投げ出さないためにも興味の持てる分野を選択しましょう。

特に、専門スキルやアフィリエイトで稼ぐ場合、成果が出るまでには我慢が必要です。

収入が発生しないのに、毎日ブログを書き続けてSNSなどで宣伝活動を継続するという生活になるため、気持ちが切れてしまう人も少なくありません。

段階的な小さな目標を決めて、ひとつずつクリアして成功体験を重ねていく、といようなモチベーションが下がらない工夫をしておくのがおすすめです。

 

成功している人からノウハウを学ぶ

ネットビジネスを続けていくと「思ったよりも稼げない」と感じることもあるかもしれません。

自分なりに努力しているにもかかわらず、成果が見えないとやる気も下がりがちですよね。

そのようなときは、成功している人のノウハウを参考にしてみましょう。

人によってはコツコツ活動してきた過程をブログや動画で公開しているので、どのようにして成功したのか、躓いたときにはどのような思考で乗り換えてきたのかなどを知ることができます。

ネットビジネスは、成功者と同じようにすれば成功しやすい特徴があり、再現性の高いビジネスモデルといわれているので、成功者の情報を探してみましょう。

また、無料のセミナーなどに参加して情報を得るのも手段のひとつです。

 

ネットで稼ぐときの注意点

加藤政則_リライト_03_29

ネット上の情報は玉石混交であることで知られています。

また、1人作業がメインとなるため、必要な判断は自分でしなければなりません。

誤った情報を信じてしまうと、成功が遠のくおそれがあるので気をつけましょう。

ここでは、ネットで稼ぐ際の注意点について紹介します。

【ネットで稼ぐときの注意点3つ】

  • 安全性をよく確認する
  • 最初から無謀な挑戦をしない
  • 体調管理に気をつける

 

安全性をよく確認する

ネットで稼ぐ場合、当然情報源はインターネット上のものになります。

しかし、嘘の情報も紛れている場合があることは心得ておかなければなりません。

実際、国民生活センターは高額収入を謳った詐欺情報への注意喚起を行っていることからも、嘘や紛らわしい情報、誇大広告などは少なくないと言えます。

一般的に、ネットで稼ぐには何らかのサイトに個人情報を登録することになるため、事前にサイトの安全性を確認することは必須です。

たとえば、運営会社を調べる、口コミなどの評判をチェックするなどは最低限行っておくべき対策です。

SNSやブログなどでサイトの安全性を発信している人もいるので、安全性を確かめたうえで始めるようにしましょう。

 

最初から無謀な挑戦をしない

ネットビジネスは「とりあえず月10万円!」と意気込んで参入する人が少なくありません。

しかし、ネットで1円も稼いだことのない人がいきなり10万円を目指すのは、やや無謀とも言えます。

商品やサービスを他人に販売するのは簡単なことではないため、ネットビジネスを始めると最初の1円の壁を超えるのが大変に感じることでしょう。

うまくいかない、継続できないなどの問題が生じると挫折してしまいがちですから、まずは1万円を目標にスタートするくらいの気持ちで取り組んでみてください。

たとえ利益が1カ月で1円だったとしても、継続するほど利益額が伸びていくものと考え、諦めずに継続しましょう。

また、無計画に大金を投資するような行為は避けて、なるべく小さく始めるのがおすすめです。

 

体調管理に気をつける

ネットで稼ぐ方法は在宅での1人作業となるため、時間管理には注意が必要です。

人によっては長時間の作業を続けてしまい、体調を崩してしまうこともあります。

特に、副業で取り組む人は、仕事が終わってから深夜まで作業する傾向にあるので、睡眠不足にならないように気をつけましょう。

一般的に、無理をしなければならない仕事は長く続かない傾向にあり、稼ぐ力も身につきにくいものです。

ネットビジネスの場合、安定して継続的に収入を得るためには単調作業を繰り返し、長い期間に渡って継続する必要があります。

体を壊してしまうと作業が滞ってしまい、収入も得られなくなってしまうので、自分に合った方法を自分のペースでコツコツ続けていくことが大切です。

 

初心者がお金を稼ぐなら物販がおすすめ!

加藤政則_既存_03_06

【転売】利益20万円を確実に!せどりビジネスを始めてみよう!
転売で20万円稼ぐ方法を知ることができます。


ネットでお金を稼ぐ方法は豊富にあるので「結局何をすればいいの?」と迷ってしまう人もいるかもしれません。

あれもこれもと目移りしてしまい、複数のビジネスを始めた結果、どれも中途半端になってしまっては台無しです。

そこでおすすめなのが、物販からのスタート。

ネットビジネスの場合、収入と時間に相関関係があるのが一般的です。

すぐに稼げるものは単価が低く、高収入の仕事は時間がかかりやすいので、できるだけ早く高収入を得たい人、継続するのが苦手な人には向いていません。

一方、物販は短期間でしっかり稼げるのが最大の魅力です。

しかも、物販総合研究所では無料のマニュアルやセミナーも完備しているので、初心者でも安心です。

たとえば、メルカリを使った副業の始め方、転売をするためのマニュアル、ノウハウを教えてくれるWebセミナーなど豊富に用意されています。

 

ネットで稼ぐには行動あるのみ!

加藤政則_既存_03_07

どんな方法を使ってネットで稼ぐにしても、最終的には行動することが欠かせません。

まずは興味のある分野でかまわないので、1円でも収入を発生させてみましょう。

少しずつ報酬が増えるうちに、やり方も上達していくことが期待できます。

ちなみに、物販に興味を持って、さらなる情報が知りたいという人は、ぜひ無料のメルマガにも登録してみてください。

ネットで稼ぐための実践的な内容がわかれば、何から始めるべきかもイメージしやすくなるはずです。

 

11 min read

セラースプライトの使い方は?Amazon物販ツールを使いこなそう!

2020年6月に、それまで人気のあったAmazon物販に役立つツール、モノレートが終了しました。

これにより、Amazonセラーの間には衝撃が走り、代替ツールとしてKeepa(キーパ)を使うようになった人もいます。

...

9 min read

クラウドファンディングとは?必須知識をわかりやすく解説!

「クラウドファンディングに成功!」といったニュースを目にすることが増えてきました。

実際、クラウドファンディングの世界では、数千万円や、数億円レベルの資金調達が行われることもあります。

...

16 min read

せどり初心者におすすめなジャンル7選と選び方のポイントとは?

このページでは、 これからせどりを始めるせどり初心者の方におすすめジャンル7つをご紹介します。せどりは取り扱う商品によって売上・利益が大きく変わってくるため、ジャンルごとにどのような違いがあるのかと共に、 あなたに最適なジャンル...