【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

情報商材っていったい何?販売方法と気をつけるべきこととは?

船原徹雄
2020年2月12日

この記事の内容

本業とは別に副収入を得られることから副業に注目が集まっていますが、その副業の一つとして知られるのが情報商材を売るビジネスです。

言葉は聞いたことがあっても、実際のところ情報商材とはどんなものなのかを知らない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、副業としての情報商材ビジネスに興味がある人向けに、販売方法と気を付けるべきことを紹介します。

 

情報商材とは何?

bc99a7d2aa28e4480911792fce9f0cda_s

情報商材とは、端的に言うならば、ネットで販売される売り物になる情報のことを指します。

文章を書いてメルマガや電子書籍という形で販売する人もいれば、音楽や動画、PDF形式などメディアで販売する人もいます。

情報商材と一言でいっても、その種類はさまざまです。

投資で勝つ方法や儲かる副業の始め方などのノウハウを提供するものが一般的ですが、価値のある情報かどうかは受け手が決めるものなので、一見ニーズが無いように見えても意外と売れている情報商材も少なくありません。

自分の趣味に関する情報を販売することができるため、稼げるチャンスを秘めた副業ということができます。


以前は、情報商材というと書籍で出版されるのが一般的で、出版に費用がかかるために資産のある人や有名人、企業など限られた人しか参入できませんでした。

しかし、インターネットの普及によって販売にかかるコストが大幅に減り、一個人でも参入しやすくなってきています。

情報商材の提供に手間がかからず、リスクを抑えながらチャレンジできる環境が整っているともいえるでしょう。

当然ながら、参入しやすいということはそれだけライバルが多いということでもあり、受け手にとって有益である情報を提供しないと売り上げにはつながりにくいですが、自分にしか提供できない情報を持っている人などにとっては儲けやすい副業となっています。

 

情報商材の作り方

93d6c6f2c41debbefd93e4e3c72ab3c4_s

情報商材を提供するにあたって、最も簡単に作ることができるのは、文章です。

従来であれば、書籍を出版するためには出版社による構成チェックが入り、印刷、製本などの行程が必要でしたが、ネットが普及したために、パソコン一つあれば簡単に作ることができるようになりました。

Wordやテキストエディタで文章を作成し、その文章をPDF化することで商品になります。

当然、文章だけよりも、写真や動画などを組み込んだ方が差別化は図れますが、時間やコストがかかる側面もあるので、リターンを予測しながら計画的に行う必要があります。

よりデザインにこだわりたい場合には、安価で外注できるクラウドソーシングという手段もあるので、初心者でも情報商材を比較的簡単に作ることができます。

 

情報商材の販売方法

cd76281975fbba6daf6ec60d974af8d4_s-1

情報商材をつくるのはそこまで難しくありませんが、重要なのは商品ができた後の販売です。

いくら良質な情報商材を作っても、販売方法次第では売れ行きに大きな差が出てきます。

ここでは、事前によく理解しておきたい情報商材の販売方法を紹介します。

 

1.ホームページ・ブログでの販売

186efe476f1114e2dbab62a40e8b6483_s-1

情報商材の販売方法の一つにホームページやブログなどサイト上で販売する方法があります。

有名ブロガーのようにサイトにファンが付いている状態だと、情報商材の訴求がしやすく、売上につなげやすいという利点があります。

また、自分のホームページやブログを通して販売することになるため、余計なコストが発生せず、利益の全額が手元に残るのも大きな特徴です。

一方で、この販売方法を取るためには、自分のホームページやブログなどにある程度アクセス数がある必要があります。

ブログアフィリエイトなどの副業とも通じるところがありますが、アクセス数が集まるまで時間がかかる傾向があり、利益につなげるまでのハードルが高いという側面もあります。

情報商材を売るためにサイトを作成するのは遠回りともいえるので、既にアクセス数のあるブログを保有している人には向いているといえるでしょう。

 

2.情報商材販売サイトの利用

60927f3819e3733123e6472fba396936_s-1

情報商材は、自分のサイトで販売するだけでなく、情報商材販売サイトを利用して販売する方法もあります。

自分のサイトで販売するのはハードルが高いため、最も利用されている販売方法がこの情報商材販売サイトです。

情報商材を売りたい人は、情報商材販売サイトに登録するだけで集客する必要がなく、すでに集客できている人が販売を代行してくれることになるので、手間がかからないという大きなメリットがあります。

一方で、注意したいのは販売手数料がかかることです。

販売サイトによっても異なりますが、50%前後の販売手数料が取られることもあり、売上がすべて手元に残らないのはデメリットといえます。

とはいえ、宣伝力がなければそもそも売れないため、高い販売手数料を支払ってでも売れる販売方法を利用する人が多いのです。

 

3.ヤフオク!の情報カテゴリの利用

df59cfa1ad139c2883f32807ce8dc154_s-2

一昔前まで多く利用されていた情報商材の販売方法が、ヤフオク!の情報カテゴリを利用する方法です。

ヤフオク!とは、ヤフーが提供するネットオークションサイトのことで、ここで自身の情報商材を販売することができます。

自身でサイトを持っていなくてもすぐに販売できる利点がありますが、知名度が低いとかえって怪しまれ、相手にされないという側面もあります。

また、ヤフオク!で上位表示されるためには宣伝費を支払う必要があり、情報商材販売サイトの台頭を背景に、ヤフオク!を利用した販売は主流ではなくなってきています。

 

4.メルマガ販売

14228ded15d63c18f428421c68f7ba62_s

ヤフオク!と同様、一昔前は主流だったのがメルマガ販売です。

メールで有益な情報を提供し、利用料をもらうというのが基本的な収入源となります。

有料メルマガは、安定的な収入が得られることから人気が高く、ファンを取り込むことができる利点もあります。

しかし、SNSの普及によってメール自体の利用者が減ったことを背景に、下火になってきています。

また、集客自体はサイトやSNSを利用する必要があり、メルマガ登録に誘導するまでのハードルが高いというデメリットがあります。

 

5.SNSの活用

c38a05401af5271a34d6f63931f79904_s

スマホの普及によって身近になったSNSをうまく活用して、情報商材の販売につなげるという方法も増えてきています。

この方法では自分をフォローしてくれる人に対して直接的なアプローチができること、宣伝が比較的容易なことなどのメリットがあります。

一方で、SNSでの宣伝は警戒されるリスクも多くあり、うまく立ち回らないとかえって逆効果になる可能性もあります。

SNSを使ってブログやホームページへ誘導するという間接的な集客に利用するのが一般的といえるでしょう。

 

情報商材でおすすめのジャンル

888b9acf25b0e93ae7950f2ea131d456_s

情報商材は、受け手に有益な情報であればどんなテーマでも売れますが、その中でも人気のあるジャンルがいくつかあります。

これから副業として始めるのであれば、まずは人気のジャンルからチャレンジしていくのが良いでしょう。

ここでは、情報商材でおすすめのジャンルについて解説します。

 

1.稼ぐ系情報商材

0e579d5f9844fa4ae019e7920d851293_s-1

稼ぐ系情報商材とは、お金を稼ぐためのノウハウやスキルについての情報を販売するものです。

裕福になりたいというのは多くの人の願望であるため、ニーズの高いジャンルでメジャーなテーマでもあります。

具体的には、株式投資や投資信託、FXや仮想通貨などの金融資産運用から、競馬やパチンコなどのギャンブル系などが挙げられます。

実績がある人のノウハウを知りたいと思う人も多く、投資やギャンブルで成功した人の情報商材は人気があります。

お金にまつわるネタはトラブルの多いジャンルでもありますが、比較的稼ぎやすいテーマといえるでしょう。

 

2.恋愛系情報商材

c63cd78020be76f9b3dacdbcb6796df5_s

稼ぐ系情報商材と並んで人気なのが、恋愛系情報商材です。

恋愛について悩む人も多く、その悩みもバラバラであることが多いため、幅広いテーマで売れるジャンルでもあります。

例えば、恋愛に奥手な人へ向けた異性と付き合う方法をテーマにしたものや、理想の結婚をするためにはどう立ち回れば良いのかを書いたものなどさまざまです。

恋愛の悩みを解決することを目的とした情報商材が多く、的確な解決法を提供できれば利益につながります。

珍しい恋愛経験がある、恋愛テクニックを習得している、など恋愛に自信がある人に向いているでしょう。

 

3.スポーツ系情報商材

6b7aa7aae678a228375929c80fb30115_s

スポーツ系情報商材とは、スポーツがうまくなるために必要なスキルやノウハウを販売するものです。

スポーツがなかなか上達せずに悩みを抱える人も多く、こうしたジャンルにも一定のニーズがあります。

野球やサッカー、バスケットボールなどのメジャーなスポーツを筆頭に、アメリカンフットボールや足が速くなる方法などテーマは多岐に渡ります。

元プロの人や実績がある人が情報商材を提供しているケースが多いのが特徴です。

 

4.コンプレックス解消系情報商材

c79f0c79c94c8d39048893fd80773781_s

お金や恋愛、スポーツなど情報商材で売れるコンテンツの共通点は、悩みを解決できるかどうかにあります。

その点では、自分の身体に悩みを持つ人へ向けた、コンプレックス解消系情報商材にも一定のニーズがあるといえます。

ニキビやダイエット、身長や猫背など身体に関する悩みはたくさんあり、実際に悩みを克服した人が提供する情報商材が売れている傾向にあります。

身体の悩みのみでなく、人見知りを克服したい、聞き上手になりたい、などの悩みを解決する情報商材も商機があるといえるでしょう。

 

情報商材によるトラブルが頻発する理由

e27dc979b3c8b9d87e7a9bc45c942a30_s

情報商材は数多くありますが、実はトラブルの多い分野でもあります。

ここでは、なぜ情報商材によるトラブルが頻発するのかについて紹介します。

情報商材ビジネスを始めるにあたって押さえておきたいポイントでもあるので、よく確認しておきましょう。

 

1.売り方に問題がある

情報商材でトラブルが発生する大きな原因は、購入者が「思った内容ではなかった」と感じることによるものです。

こうした事態になってしまう背景には、売り方に大きな問題がある可能性があります。

情報商材の販売では、購入してもらうために、強調したキャッチコピーを付けてしまうケースも多々あり、これが購入者に勘違いさせる一つの要因となっています。

例えば、「〇日で〇万円稼ぐ」「必ずできる」、「効果は一生続く」などの大げさで誇大な表現がトラブルに発展したケースもあります。

こうした表現は、従来の書籍であれば出版社がチェックをして出版前に修正することで防いでいましたが、知識のない一個人でも販売できるようになってしまった昨今では、急激に増えてきています。


また、二重価格の表示にも注意する必要があります。

10万円で販売したことがないのにもかかわらず、「今なら10万円の商品が1万円」といったように安いと思わせるための嘘をついてしまうとトラブルにつながるリスクが高まります。

ひどいケースでは詐欺罪に該当する可能性もあり、購入者が被害届を出すケースも増えているので、これから始める人は注意が必要です。

情報商材であっても、商品を売ることになる以上、知らなかったでは済まされないので、基礎知識は身に付けておくようにしたいものです。

 

2.情報が使い物にならない

購入者の不満や不信感がトラブルに発展するケースも多くなっています。

特に多いのが、情報が使い物にならないケースです。

高いお金を出して購入したのに、全く使えない情報や嘘の情報ばかりであったら購入者は困惑してしまいます。

特に稼ぐ系の情報商材は、お金に関わるテーマであることから、情報商材自体が高価である傾向がありますが、ふたを開けてみれば、全然稼ぐことができなかったということも珍しくありません。

こうした使い物にならない情報商材はトラブルのもとになるので、販売しないことが賢明です。


また、情報の鮮度も意識する必要があります。

情報が古くて今は使えないノウハウを紹介していたり、今の時代に合っていなかったりすることでも、消費者は不満に思います。

ひとたびメルマガに登録すると、スパムメールが届くといったケースもあります。

こうした悪質な情報商材が多く出回っていることもあって、購入者は敏感になっているのも事実です。

これから始める人は、有益な情報の提供を心がけることはもちろん、こうした見方をされる可能性があることを念頭に置いて販売する必要があります。

 

情報商材販売で気をつけるべきこと

2010a9b99a501597c99b7b91f32f69a3_s

情報商材販売で気を付けるべきこととして、大きく3つ挙げられます。

1つが「情報商材に良いイメージを持っていない人もいる」こと。

すでに紹介しましたが、悪質な情報商材が出回っていることもあり、イメージが良くない業界であることは覚悟する必要があります。

2つ目が「価値のある情報を提供する」こと。

中身が薄いものや時代に合わないものは売らないようにし、受け手にとって価値のあるものを提供できるよう工夫が必要です。

3つ目が「常に経験を繰り返す」こと。

中身を充実させるためには、常に学ぶ姿勢を忘れず、多くのことを経験することが重要となります。

一度買ってもらった人に信頼されると、次につなげやすくなるので、情報の質の向上を意識しましょう。

 

情報商材ビジネスは慎重に始めよう!

f7448c93b3a696fae9216c98b4e6888e_s

情報商材ビジネスは、自分が提供する情報に価値がないと稼ぐのが難しい副業です。

とはいえ、ほかの人が持っていないような質のある情報を提供できるのであれば、購入者にとっても大きなメリットがあり、商機はあるといえるでしょう。

数ある副業を比較しながら、自分に合ったものを慎重に選択してみるのをおすすめします。

さらに情報商材について興味がある人は、「物販総合研究所」の別の記事もチェックしてより有益な情報をゲットしてみてはいかがでしょうか?


物販総合研究所は年商12億円の物販ビジネスを運営しながら
物販に関する本格的な情報発信を行っています

リアルタイムに情報を配信中 → Twitter

ノウハウ動画を毎週配信中 → Youtube

参加者募集中 → セミナー情報


 

すでに48503名の方が無料メール講座に登録しネット物販をスタートしています