【無料】副業&本業 物販ノウハウ
メニュー
【無料】副業&本業 物販ノウハウ

noteで稼ぐにはどうすれば良いの?稼ぐためのポイントを解説!

船原徹雄
更新日:2020年3月5日
投稿日:2020年3月5日

この記事の内容

ブログで副業を始めたものの、なかなか利益につながらなくて困っている人も少なくないでしょう。

そんな時には、ブログだけでなく、noteで稼ぐことについても考えてみてはどうでしょうか?

この記事では、noteとはどのようなものであるか説明したうえで、noteで稼ぐためのポイントやnoteで稼ぐために向いている人の特徴などを解説します。

 

noteとは?

068ce6bc6c2d47930210995da0992ac0_s

noteは無料で利用できるブログに似たサービスであり、自分がもつ知識やアイデアを記事にまとめて販売できるのが特徴です。

noteでは知識やアイデアを文章に書いてまとめるだけでなく、イラストや写真・映像などさまざまな形式を選んで表現することができます。

選べるジャンルも多種多様なので、工夫次第で自分の得意分野を活かすこともできるでしょう。

noteの利用者は徐々に増えていることも考慮すると、note内で記事を販売すれば多くの人に興味を持ってもらったり、購入してもらったりできる可能性があります。

noteは無料で始められるので、気軽に取り組めるのも魅力です。

 

noteで稼ぐメリット

38b78b3260d7c2990605b8a6989bc2e9_s-1

noteには、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

noteには注目すべき複数のメリットがあり、noteを利用するならそれらについて理解しておいた方が良いでしょう。

ここからはnoteで稼ぐメリットについて、詳しく解説していきます。

 

収益化までが早い

235_01

noteで稼ぐメリットとして、収益化までにかかる期間が短いことが挙げられます。

例えば、ブログを作って記事を書いていく場合は収益化できるまでに半年近くかかることも多く、収益化できるまでの間は無収入で記事を書き続ける必要があります。

それに対してnoteは一記事書ければそれをすぐに販売することができ、売れればそのまま収入になります。

収益化するまでが早いので、普段から記事を書く習慣がない人でも取り組むことができるでしょう。

 

どこでも更新できる

235_02

インターネットに接続できる環境さえあれば、noteはいつでもどこでも記事を更新できます。

noteはパソコンだけでなく、スマートフォンからでも記事を書くことができるので、簡単に更新しやすいのが魅力です。

例えば、外出先でnoteに書きたい内容が急に頭に思い浮かんだ場合でも、すぐにnoteを開いて記事を書くことができます。

途中まで書いた下書きを保存することもできるため、隙間時間を使って少しずつ記事を書き貯めていくのも良いでしょう。

 

自分で値段を決められる

235_03

noteで作成した記事を公開する場合、無料と有料のどちらにするかを自分で決めることができます。

有料で販売するときには、値段についても自由に設定することができるため、自分自身が記事を作成するために費やした労力などを加味して値段をつけるといったことが可能です。

また、noteを販売すれば購入者から意見や感想などをもらえるため、新たに有料で記事を販売するときはそれらを参考にして最適な金額を決めることもできます。

 

コストがかからない

235_04

noteは取り組む際にコストがほとんどかからないのも魅力です。

例えば、ネット上で商品を販売するときは原価や手数料がかかるため、実際に手元に残る金額は購入金額全体の1~10%程度となります。

一方、noteは手数料が20%前後かかりますが、それ以外にコストはかからないため、多くの利益を得ることが期待できます。

もちろん、noteにまとめる知識やアイデアを得るまでには間接的に費用がかかる場合もありまが、noteを更新するためにかかる直接的な費用は少ないので、無理なく続けられるでしょう。

 

追記がすぐにできる

235_05

noteではすぐに追記ができることも魅力です。

noteでは記事を書くと、読者からフィードバックをもらえることがあります。

フィードバックをもらった後にすぐに追記をすれば、記事が良くなるだけでなく、読者と一緒にnoteを作るという楽しさも味わえるでしょう。

そうしたコミュニケーションをとることで、note内での人気も少しずつ高まり、自分の記事に多くのファンを獲得できる可能性があります。

 

noteで稼ぐ際の注意点

07880cc853eace02232cb820fe40498e_s

noteには、デメリットも少なからず存在します。

ここからはnoteで稼ぐ注意点について解説していくので、しっかり確認しましょう。

 

購入してくれる人が少ない

235_06

noteで稼ぎたい場合、購入してくれる人が少ないことに注意した方が良いでしょう。

というのも、noteに記事を投稿するクリエイターの数が増えているのは事実ですが、記事を購入して読もうとする人の数が増えているかどうかは分からないからです。

そもそもnoteには無料の記事が多く掲載されているため、わざわざお金を払ってまで記事を読もうとする人はそれほど多くありません。


そのような状況のなかで多くの人に記事を購入してもらうには、無料の記事も数多く用意し、自分の記事の魅力を知ってもらことが大切です。

最初からたくさん記事が売れるわけではないため、忍耐力もなければいけないでしょう。

 

稼いでいる人が少ない

235_07

noteは有料で販売できますが、実際に稼いでいる人はあまり多くありません。

noteとよく比較されるブログアフィリエイトは経験者も多く、なかには月100万円以上稼いでいる人もいます。

そのため、ブログアフィリエイトは実際に稼げるビジネスとしてのイメージが確立されているともいえるでしょう。

しかし、noteは知名度が少しずつ上がりつつあるとはいえ、まだまだ稼いでいる人は少ない状況です。


なお、noteでは高額商品は売れにくい傾向があるため、1商品当たりの単価は低く設定しなければ、売れない可能性があります。

そのうえ、手数料も20%前後かかります。こういった部分もnoteでまとまった金額を稼いでいる人が少ない理由の1つだといえるでしょう。

 

一定の知名度が必要になる

235_08

noteで稼ぐためには、一定の知名度があることが前提となります。

どんなに素晴らしい知識やアイデアがあったとしても、その人がどんな人なのかよく分からない状況では記事はなかなか売れません。

対して、知名度が高くてイメージもいい人であれば、買う前に内容をすべて確認できるわけではない有料の記事であっても売れやすくなります。

内容はもちろん大切ですが、noteで記事を売るためには知名度を上げることが重要です。

そのためには、無料で記事を提供したり、誰でも自由に見られるブログを書いたりして、自分のことを知ってもらう必要があるでしょう。

一定の知名度を得るためにはある程度の期間が必要になるため、計画的に取り組まなければなりません。

 

価値のある情報が求められる

235_09

noteで有料の記事を書く場合、日記のように中身のない内容では稼げません。

noteで稼ぐためには、購入者に価値のある情報を提供できるような記事を多く書く必要があります。

そのためには、noteで扱うジャンルに対する深い知見や経験が必要不可欠です。

誰でも知っているような内容では、わざわざ記事を購入しようとは思ってもらえないでしょう。


さらに、そのジャンルについて情熱をもって記事を書き続けられるかどうかも重要です。

単に事実を羅列するだけでは、ファンになってくれる読者は増えず、記事に説得力が生まれません。

また、情熱がなければ、記事を更新し続けるのも負担に感じやすいため、できるだけ自分が情熱を持ち続けられるジャンルを選ぶのがおすすめです。

 

noteで稼ぐためのポイント

1f7a1e8fc7b8552ccf1fe9e818c73ee2_s

noteで稼ぎたいなら、さまざまなことを意識しなければなりません。

ここからはnoteで稼ぐためのポイントについて解説していくので、ぜひ参考にしてください。

 

自分の書きたいジャンルを見つける

235_10

noteで稼ぐためには、まず自分が発信したいジャンルを探すところから始めましょう。

発信するジャンルは、なるべく自分自身との関わりが深く、思い入れが強いものを選ぶのがおすすめです。

noteで収益化できるようになるまでは、ひたすら記事を書き続けなければならず、たとえ収入にならないとしても、情報発信が苦にならないと感じるジャンルを選ぶ必要があるでしょう。


また、noteで稼ぎたい場合、ジャンルを選ぶ段階で収益化についてきちんと考えておく必要があります。

具体的には、無料の記事を読んでもらったうえで、最終的に記事を買ってもらうことを意識しましょう。

この流れを実現するためには、自分自身に専門的な知識や経験があることをアピールした方が良いでしょう。

もし、そういったものがないのであれば、自分自身が強い興味をもっていたり、これから始めようと意識したりしていることを選ぶようにしましょう。

 

ターゲットを絞る

235_11

noteで稼ぎたいのであれば、ジャンルを決めるだけでなく、ターゲットも絞った方が良いでしょう。

ジャンルを決めた後は、さらにそのなかからテーマを1つ選び、ターゲットを絞る作業を行いましょう。

ターゲットを絞る理由は、読者が欲しいであろう情報を細かく設定することで満足度を上げるためです。

仮に、ターゲットを絞らずに記事を書いてしまった場合、記事が読者にあまり響かないため、noteの購入率も下がってしまうでしょう。

noteでしっかり稼ぎたいのであれば、読む人の立場や心境をよく考えて記事を作成する必要があります。

最初にしっかりとターゲットを絞っておけば、記事を更新すればするほど多くの人に購入してもらいやすくなります。

 

導入をしっかり書く

235_12

noteを有料で販売する場合、お金を払わなくても読むことができる無料ゾーンを自分で自由に設定できます。

この無料ゾーンは、noteの購入率を上げるために重要な部分です。

なぜなら、無料ゾーンでしっかり読者の心を惹き付けられるかどうかによって、noteが購入されるかどうかが決まるからです。

無料ゾーンには「どんな人が読むべきか」や「どんな悩みが解決できるのか」といった内容を書き、記事の全体像を把握できるようにしましょう。

導入の文章がないと、記事の購入をなかなか促せません。

また、導入の内容が不十分な場合、実際に記事を購入した人が「思っていた記事ではなかった」と感じてしまい、クレームの原因となる可能性もあります。

 

SNSを活用する

235_13

noteで稼ぎたいなら、集客に力を入れる必要があります。

noteで記事を書くだけでは集客はできないため、note以外の手段を使って訪問者を増やさなければなりません。

集客の方法としては、note以外にブログを書いて自分の存在を知ってもらうというのも一つの手段です。

TwitterをはじめとするSNSも活用するとさらに集客しやすくなるでしょう。

例えば、SNSのフォロワーが自分の記事を気に入ってくれた場合、SNS上で紹介してくれる可能性もあります。

そうなれば、自分が書いたnoteの記事に注目が集まる可能性が高くなります。

SNSを活用すれば自分のnoteに対する感想も把握できるため、よりよい記事を書きやすくなるでしょう。

 

noteで稼ぐのに向いている人は?

6b79a76a7a072a9de5ad762a1a40027a_s

noteで稼ぐのに向いている人のは、どのような人でしょうか?

まず、すでにブログやサイト運営などをしていて一定の知名度がある人は、note上でも集客がしやすく、すぐに利益を得ることが期待できます。

また、まだそのレベルに達していなくても、記事を書くのが好きな人であれば、収入がなかなか得られない間も継続的に情報を発信することができるでしょう。

そのため、将来的には、noteでの記事の販売で定期的な収入を得られる可能性があります。


さらに、特定のジャンルについて他人よりも深い知識がある人もnoteで比較的、早く収入を得られるでしょう。

自分だけが知っている情報や専門知識はnote上でも高い需要があるため、多少文章に難があっても売れる可能性があります。

一方、書きたいジャンルについての専門知識やスキルがない場合は、そのジャンルについて勉強するところから始めなければなりません。

時間がかかるうえに、継続できず挫折してしまう恐れも少なからずあります。


加えて、自分の経験や体験を形に残したいと思っている人も、noteで稼ぐのに向いているでしょう。

noteは文章をはじめとするさまざまな方法で情報を記録できる媒体であり、なかには自分自身の経験や体験をまとめることで収益化している人もいます。

これまでに一風変わった経験をしたことがあるという人であれば、稼げる可能性があるでしょう。

 

noteで稼ぐことのは簡単ではない!

099e93dd00f4121565cd12fe182aa57f_s

一定のスキルや知名度があればnoteで稼ぐことは可能です。

ただし、実際に集客できるまでには時間がかかることが多く、継続するのは簡単ではありません。

また、noteで稼ぐには、自分が扱おうと思っている知識やアイデアに対して需要があるかをリサーチすることも重要です。

そうしたコツを押さえることができれば、noteを使って自分の好きなことを仕事にできるでしょう。

コツコツ作業を積み重ねつつ、無理なく続けていきましょう。

無料のメール講座でネット物販についてどこよりも詳しく解説します


登録後すぐに実践マニュアルも無料プレゼント!


✓ 副業メルカリで月収10万円
✓ 本業Amazonで毎月30万-100万円


物販総合研究所は年商12億円の物販ビジネスを運営しながら
物販に関する本格的な情報発信を行っています

現在募集中のセミナー

リアルタイムに情報を配信中 → Twitter_Logo_WhiteOnBlue Twitter

ノウハウ動画を毎週配信中 →  yt_logo_rgb_light