7 min read

物販ビジネスの魅力が知りたい!副業で始めるための方法も紹介!

Featured Image

副業にはさまざまなビジネスがありますが、その中でも物販は人気のビジネスの一つです。

物販とはどのようなビジネスなのでしょうか?

この記事では、副業としての物販ビジネスの魅力や始め方、物販ビジネスのメリットやデメリットなどについて解説していきます。

 

物販ビジネスとはどんなもの?

buy-3692440_640

物販ビジネスとは、仕入れた商品に利益をのせて販売することで儲けを得るビジネスです。

転売やせどりなども、物販の一種になるでしょう。

物販ビジネスで買い手が付く理由は、付加価値があるからです。
 
例えば、コンビニで考えてみましょう。仕入れ価格が80円の飲料を、150円で販売するとします。
 
一方、スーパーに行けば同じ飲料を100円で買うことができます。
 
しかし、コンビニには手軽であるといった利点があるのです。
 
近くにスーパーがない、スーパーだと混んでいて時間がかかるなどの理由から、「楽に購入できる」という付加価値を求めて、高いコンビニで買い物をする人は少なくありません。
 
このように、値段が高くても買い手が付くのには理由があります。

物販ビジネスの場合には、「すぐに買いたいから」「この人から買いたいから」という付加価値があるため、買い手が付きやすくなっているのです。

 

物販ビジネスの主な種類

42bbf7eee5ea894962e43f005c9df4e0_s

物販ビジネスにはさまざまな種類があり、大きく4つに分けられます。
 
まずは、「国内転売」です。

国内転売はその名の通り、国内で仕入れて国内で販売します。

海外から商品を仕入れる場合と比べると、国内の商品は取り扱いがしやすく、初心者でも比較的、始めやすい物販ビジネスです。

また、国内の商品は信頼性が高いものが多いので、売れる商品さえ、見極めることができれば、安定して稼ぐこともできるでしょう。

 2つ目は「輸入転売」です。

輸入転売では、海外から仕入れて国内で販売します。

海外から安い商品を仕入れて国内で高く売ることで、差額を大きくし、利益を出します。

一般的には物価の低い中国や東南アジアなどから仕入れ、Amazonなどに出品して販売します。

輸入転売は偽物を仕入れてしまうリスクや海外から仕入れなければいけないというハードルがあるため、初心者にはあまり向いていない方法といえるでしょう。

3つ目は、「輸出転売」です。輸出転売とは、日本で仕入れたものを海外で販売する方法です。

日本でしか手に入らないものや海外で人気のあるグッズなどを、海外AmazonやeBayなどで販売することで利益を得ます。

日本の商品は、海外ではプレミア価格になったりするものも多いので、比較的、稼ぎやすい物販ビジネスです。

ただし、購入者は基本的に海外の人になるため、言葉の壁があります。

また、国によっては、法律や販売サイトの規約などが異なっている場合もあるので、注意が必要になります。
 
最後は「無在庫転売」です。無在庫販売は、その名の通り、在庫を持たずに転売する方法です。

販売が確定してから商品を仕入れて発送することになります。

在庫を抱える必要がないため売れ残ることがなく、確実に利益を得られるのが魅力の物販ビジネスです。

ただし、販売が確定してから仕入れることになるため、目星をつけていた商品が売り切れていて仕入れることができない場合は、購入者とトラブルに発展する可能性もあります。

確実に商品を確保できる手腕が求められるでしょう。

 

物販ビジネスのメリットとは?

4ad6131cacf09171cc92486744a5a6ce_s-1

取り組むうえで特別なスキルが必要ないのは、物販ビジネスのメリットです。

基本的に、物販ビジネスは、商品を仕入れて売るだけという非常にシンプルなつくりのビジネスなので、特別な知識や専門性は必要ありません。

よく売れる商品も専用のツールなどを使えば、簡単に見極めることもできるので、副業初心者にもおすすめのビジネスといえるのです。

また、利益の計算方法も売上から仕入れ値から送料を引くだけなので、簡単に利益計算をすることができます。

また、小ない自己資金から始められる点も物販ビジネスのメリットです。

小額しか資金を用意できない場合でも、本や日用品などの小額から仕入れられるものを中心に扱うことで、着実に資金を増やしていくことができます。

慣れてくれば、徐々に扱う商品の金額を増やしていき、大きな利益を狙うのが良いでしょう。

 

物販ビジネスのデメリット

dcaf2ebd2cd931ccd799520e083dad0b_s-1

物販ビジネスのデメリットは、ライバルが多いことです。

物販ビジネスは非常にシンプルな仕組みでリスクも低いため、副業として行っている人も多くいます。

時には、ライバルとの価格競争に晒され、思うように利益が出せないこともあるでしょう。

また、商品を保管するためのスペースも必要になります。

特に、大きな商品を扱う際には、自宅では保管しきれないケースも多いでしょう。

物販ビジネスが軌道に乗り、多くの商品を扱うようになればその分、在庫は多くなります。

自宅で保管できない場合には、保管のために別の部屋を借りる、レンタル倉庫を用意するなど、保管のための費用が必要になるでしょう。

 

副業としての物販ビジネスの魅力

5000_10

副業としての物販ビジネスの魅力はどこにあるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

少額資金で始められる

副業を始める人は、収入を増やしたいと思っていることがほとんどでしょう。

中には、収入が低くて困っていて、副業をしたいと考えている人もいます。

その際、大きな費用が必要になるようなビジネスは副業としては向いていません。

物販ビジネスは、初期費用が少なくても始められるビジネスです。

初めは、身の回りの不用品を売ることから始めることもできるので、収入が低い人でも始めやすいのです。

 

常に需要がある

売れる商品には流行り廃りがあるものの、物販自体は常に需要があります。

そのため、しっかりと売れる商品を選んでいけば、安定して利益を出すことができます。

生活するうえで衣食住は欠かせないものなので、モノの売買がなくなることはないでしょう。

そのため、ビジネス自体の需要がなくなることは、ほぼないといえます。

長く続けていくことができるので、副業として続けていくのにもいいでしょう。

 

サラリーマンの副業に物販が向いている理由

efa97f95a34521cf8c46372a875f46b7_s (1)

物販ビジネスは、サラリーマンの副業にも向いています。

物販ビジネスでは、リサーチや仕入れ、出品といった一連の作業をインターネットを通して行うことができます。

何時から何時まで働くか、週に何日働くかなどは基本的に自分で自由に決めることができるので、忙しいサラリーマンでもすき間時間を活用して働くことができるでしょう。

スマートフォンがあれば、通勤時間や昼の休憩時間、帰宅してからの時間などを活かして、必要な作業の大部分を行うこともできます。

また、サラリーマンは、ある程度の資金があるということも有利です。

物販ビジネスは少額の資金からでも始めやすいとはいえ、まずは仕入れのためにある程度の資金が必要になります。

毎月安定した固定収入のあるサラリーマンなら、資金力で有利に立つことができ、資金繰りに困るという可能性も低くなります。

また、会社員という信用がインターネットで物を売るときや物販用クレジットカードを作るときなどにプラスに働くこともあります。

フリマアプリやネットオークションなどで販売するとき、自己紹介欄に会社員である旨を明記しておくと、信用力のある人と思ってもらえるかもしれません。

物販ビジネスが軌道に乗って専用のクレジットカードを作ろうとする際にも、会社員であるなら審査に通りやすいでしょう。

 

物販ビジネスに必要なもの

2500_01

物販ビジネスを始めるにあたって必要なものがいくつかあります。

まず、始めに用意するものとして挙げられるのが、販売するサイトです。

d仕入れをしても販売する場所がないのでは意味がありません。

そのため、Amazonやヤフオク、メルカリなどに登録をしておきましょう。

必要があれば、クレジットカードを用意しておくこともおすすめです。

仕入れの際にクレジットカードを利用することで、ポイントが貯まるなどのメリットを得られます。

物販ビジネスをしながらお得にポイントを貯められるので、特別な理由がなければ作っておくと便利です。
 
スマホやパソコンも必要です。
 
物販ビジネスはインターネットから仕入れ、出品などをするため、スマホやパソコンは必須でしょう。
 
リサーチなどにも、スマホやパソコンが必要になります。
 
発送のための備品も必要です。

物販ビジネスは、商品を発送するための段ボールや梱包材などを用意する必要があるのです。

必要なら、バーコードリーダーも用意しておくのもいいでしょう。

小型のバーコードリーダーがあれば、商品情報やAmazonとの価格差などを簡単に調べることができるので、作業時間を大幅に短縮することができます。

 

物販ビジネスの始め方とは?

2500_02

物販ビジネスを始める場合には、まず、どこで、何を販売するのかをしっかりと考えましょう。

初めは商品ジャンルをある程度絞っておくと効果的です。

販売するものと場所が決まったら、どこから仕入れるのかを決めましょう。

仕入れ先は、大きくインターネットと実店舗に分けられます。

インターネットなら、主な仕入れ先は、フリマアプリやオークションサイト、ショッピングサイトなどです。

フリマアプリやオークションサイトは個人間の取引であるため、定価よりも低価格で仕入れやすいという特徴があります。

値下げ交渉が可能であれば、さらに安く仕入れることができるかもしれません。

ショッピングサイトなら、セールで大幅に割引されるものを狙います。

実店舗なら、リサイクルショップや家電量販店、ホームセンターなどで仕入れをします。

仕入れたい商品によって仕入れに適した場所は変わるので、積極的にリサーチをすることが大切です。

地元のチラシなどを確認し、目玉商品がないかチェックするとよいでしょう。

商品を仕入れることができたら、後はサイトを選んで、価格を設定します。

価格設定は利益を決める重要な要素ですが、初めのうちは、最安値で設定しておきましょう。

これは、値段を安くすることで商品を売りやすくし、販売実績をつくるためです。

販売実績をつくっておくことで、後々の商品が売れやすくなるのです。

 

物販ビジネスで扱う商品のジャンル

2500_03

続いて、物販ビジネスで稼ぎやすい商品の例や扱う商品の決め方などを紹介します。

 

物販ビジネスで稼ぎやすい商品の例

物販ビジネスには、稼ぎやすい商品カテゴリが存在します。

例えば、よく挙げられるのはカメラです。

キャノンやオリンパスなど人気メーカーのカメラは中古でも需要があり、高い値段で売れやすいのです。

「カメラ女子」などという言葉がある通り、女性にもカメラ愛好者は多く、コンパクトな一眼レフカメラなども人気があります。

精巧な作りであるカメラは偽造品が出回りにくく、中古でも売れやすいという面もあります。

家電やパソコン、カーアクセサリーなどもおすすめです。

実店舗で目玉商品として数量限定で売り出されているものや、フリマアプリなどで不用品として出品されているものなどは、価格差が出やすいので狙い目です。

洋服や小物などアパレル関係のものも稼ぎやすい商品といわれています。

ハイブランドのバッグや財布、人気メーカーの腕時計などは、インターネットでの取引も多い、売れ筋のアイテムです。

この他、楽器やフィギュアなどもおすすめです。

中古でも需要が高く、コレクターが買い集めているケースもあります。

希少性の高いフィギュアなどは、定価よりもずっと高い値段で売れることもあります。


 

扱う商品の決め方

物販ビジネスで扱う商品のジャンルは、得意分野または興味がある分野から選ぶのがポイントです。

利益を出すためにはリサーチが必要になりますが、得意分野や興味のある分野なら、ある程度、価格の見通しがつくうえ、リサーチも楽しくできて続けやすいからです。

さらに、送料を抑えるために、まずは小さくて軽いものを選ぶとよいでしょう。

 

物販ビジネスでNGな商品とは?

物販ビジネスでは、転売が禁止されている商品を販売することはできません。

例えば、偽ブランド品や転売目的で仕入れたチケットなどが該当します。

偽ブランド品を転売した場合は、商標法違反となり、偽物と知らなかったとしても処罰の対象となることがあります。

チケットの転売も、迷惑防止条例違反となってしまうことがあるので、注意が必要です。

また、賞味期限・消費期限が短い、または切れている食品の出品も、多くのサイトで規約違反として禁止されています。

医薬品やアルコール品などの転売も、薬機法や酒税法の違反となってしまうので絶対に避けるようにしましょう。

 

まずは物販ビジネスの練習をしてみよう!

2500_04

物販ビジネスを副業としたいのなら、まずは練習をしてみましょう。

物販ビジネスは、少なからず資金が必要になるため、まずはお金をかけずに物販ビジネスを練習するのがおすすめです。

練習方法としては、家にある不用品を売ってみるといいでしょう。

売るものは不用品であれば、どんなものでも問題ありません。

ただし、大きなものはそれだけ送料もかかってしまうので、できるだけ、小さく、軽いものがおすすめです。

不用品を選んだら、後は、ヤフオクやメルカリなどのサイトに出品するだけです。

商品には、写真が必要になるので、スマホなどのカメラでさまざまな角度から撮影しましょう。

特に、キズや汚れは後からトラブルになりやすい個所なので、隠さず、撮影しておかなければいけません。

可能であれば、商品の説明欄にも記載しておきましょう。

出品作業が完了したら、後は待つのみです。

大体、数週間から数カ月で売れるので、注文が来たら商品を発送しましょう。

壊れにくいものであれば、必ずしも梱包材で包む必要はありませんが、配送途中でついたキズなどもクレームの原因になってしまうため、できれば、新聞紙などでクッション材を作りましょう。

無事に商品が届けば、口座に入金されます。

得た収益は、そのまま収入にするのはもちろん、新たな商品の仕入れ資金とするのもおすすめです。

 

物販ビジネスをするなら許可を取ろう!

2500_05

物販ビジネスをする際に取得しておきたいのが、「古物商許可証」です。

中古品を取り扱うためには、基本的に古物商許可証が必要になります。

取得のためには、1万円程度の現金と申請書類を提出する必要があるので、事前に準備しておきましょう。

古物商許可証は有効期限がないので、一度取得してしまえば、一生使用することができます。

ただし、許可を取得していても、チケットの転売や偽ブランド品の販売は違法となります。

チケットや偽ブランド品などは取り扱わないようにしましょう。

 

副業で物販ビジネスを成功させるには?

2500_06

副業で物販ビジネスを成功させるためには、よくリサーチをして仕入れをすることが大切です。

リサーチとは、特定の商品を安く入手できるかどうかを調べるだけではありません。

物販ビジネスで稼ぎやすい商品は、時代と共に変化します。

利益を上げやすい、「ブルーオーシャン」といわれるアイテムも、競争率が上がって「レッドオーシャン」となってしまい、売れにくくなる可能性もあるのです。

そ毎日いろいろなサイトをチェックして、利益の出る商品はないか、探すようにしましょう。

ライバルの少ない商品やこれからヒットする商品を見つけることを目的に、綿密なリサーチを行うのです。

ヤフオクやAmazonなど特定のサイトで売れ筋の商品を見つけるには、オークファンなどのリサーチサイトを使うのもおすすめです。

オークファンは有料サイトですが、入札額や商品の状態など過去の落札実績を確認して、今後の需要を予測することができます。

また、Amazonの分析をしたいなら、「モノレート」というサイトも活用できます。

こちらも、過去の販売価格や出品者数、ランキングなどをチェックできるので、どのくらいの値段で売れるかを把握するのに役立つでしょう。

 

副業で潤った生活を目指そう!

2500_07

副業はうまくいけば収入がアップし、生活を潤わせてくれます。

物販ビジネスは、初心者でも参入しやすいビジネスです。

少額資金で始められ、すき間時間を有効活用できるので、副業としては向いているでしょう。

副業で物販ビジネスを成功させたいのなら、「物販総合研究所」のメルマガに登録してみるのもおすすめです。

実際に試して効果のあった販売のコツなどを多数紹介しているので、効率的に利益を出したい方におすすめです。

2 min read

【韓国輸出】初心者にもおすすめ、盲点をついた無在庫物販を紹介

参入障壁が低く再現性は高いため、始めやすいのが物販のいいところ。

裏を返せば、在庫を持ち、参入者が多いため、価格競争に巻き込まれ最後は損切りをするといった側面もあります。

...

3 min read

セラシオ日本進出!AmazonアカウントのM&Aについて

Amazonを使って自社ブランド商品を気軽に作れる時代になりました。

しかし、自社ブランド商品の売上が伸び悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

売上が伸び悩むと目先のことや小手先のテクニックに飛びついて悪循環になりがちです。

...

3 min read

【shopify VS BASE】自社ECを構築するにはどちらがいいのか徹底検証

現在、自社ECをやってみたいという方が増えています。

物販を始めるならば、アマゾンや楽天、メルカリ、ヤフオクなどのプラットフォームを利用するのが一般的です。

プラットフォームは便利ですが不便なこともあります。

  • アカウント停止のリスク
  • ...